「桜を見る会」を悪用し続ける安倍晋三の罪!

 首相主催の「桜を見る会」の招待客は、各界で功績や功労があった人が対象だ。ところが安倍晋三は自分の後援会の連中を毎年、大量に招待していた。公金を使った催し物を自己宣伝に悪用していた。日本共産党の機関紙「しんぶん赤旗」がすっぱ抜いた。

 朝日など一般紙はちょっと調べればわかるはずだが怠り、政党の機関紙に先を越された。日ごろから役所の「発表」ばかりに頼っていると取材の足腰が弱るのである。報道機関としてはみっともない話だ。

*****************************
「しんぶん赤旗」の抜きネタを紹介しよう。田村智子が8日の参院予算委員会で安倍を追及した。

後援会員招待の最多は安倍
 田村は「後援会・支援者の招待枠を自民党のなかで割り振っているのではないか」と追及。

 安倍が「私は主催者としてのあいさつや、招待者の接遇は行うが、招待者の取りまとめ等には関与していない」などと人ごとのように答えたのに対し、田村は「後援会のみなさんを最も大勢招待しているのが、安倍だ」とさらにたたみかけた。

 田村は、下関市選出の友田有・山口県議会議員がブログで「今回は私の後援会女性部の7名の会員の方と同行しました」と発信していることなどを紹介。

 安倍の後援会員が、安倍事務所が取りまとめ役になって「下関から毎年数百人が上京する」と証言していることなどを紹介すると、委員会室からは「ひどいな」などのどよめきがおきました。田村は、安倍自身が後援会員を広く招待している事実を突き付けて次のように迫りました。

 田村 案内状発送は内閣府が一括して行い、必ず招待者一人ひとりにあてて送付する。安倍事務所がとりまとめをしなければ、下関市の後援会員の名前や住所がどうしてわかるのか。

 大塚幸寛・内閣府大臣官房長 推薦者のとりまとめにかかる情報は、円滑な取りまとめに支障をきたす恐れがあるので、答えは差し控える。

 安倍 個人に関する情報であるため、回答を差し控える。
 安倍らが質問にまったく答えないため、質疑は何度も中断。田村は「税金を使った公的行事だ。どのような功労・功績があるのか説明できないとおかしい」として、きちんと調べて報告するよう要求。

手荷物検査せず開門前記念撮影
 さらに、田村は、安倍の後援会員の証言や首相動静から、桜を見る会の前日には安倍夫妻出席のもと毎年、前夜祭が開かれていることを明らかにして、安倍が桜を見る会への招待を地元後援会の恒例行事にしてきたことを指摘。

 桜を見る会の開門・受付開始は午前8時30分なのに、毎年午前8時前後に安倍が地元後援会の人と新宿御苑内で記念撮影をしていることもあげ、次のようにただした。

 田村 なんで開門前に、山口の後援会のみなさんと、あなたは写真をとっているのか。

 首相 セキュリティー(安全)にかかわることなので回答を差し控える。

 田村は、安倍の後援会員が手荷物検査も受けずに受付をすませていたと証言していることを示し、「開門前に手荷物検査もしないで大量に人が入ったら、それこそセキュリティー上問題だ」と強調。

 「そういうことを、公的行事で税金を利用して行っている。まさに(政治の)モラルハザードは安倍が起こしている」と厳しく批判した。

動画 鋭い国会での質問はここをクリック
https://www.youtube.com/watch?v=FqG_eybQ_ZE&feature=youtu.be

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント