日本の言い訳に中国や韓国の学生の間から冷笑が漏れた!

ブログ「半歩前へ」2009年04月09日の再録だ。


▼水を得た魚が突然、沈黙
 日本、韓国、中国3カ国の大学生9人による討論があった。最初、アニメや漫画、携帯電話についての議論では、日本の学生たちは水を得た魚のように活発に発言し、元気なところを見せていた。ところが、話題が歴史問題に入った途端、話し手は日本から韓国、中国の学生に代わった。日本勢は沈黙するばかりで、意見は途切れた。私はガッカリするより悲しくなってきた。

 司会者に促されて口を開いた学生は「われわれは受験勉強が忙しくて、近現代史までは行かなかった」と語った。有名大学に在籍する彼の説明に韓国、中国の学生から失笑が漏れた。

▼反日、愛国教育
 中韓の学生は世界史の中でも、近現代史についてはしっかり学習してきている。特に中国については1990年代に国家主席だった江沢民が、国家団結のテコとして「反日、愛国教育」を強力に推し進めるなどし、若者たちに誤った歴史認識を植え付けたきらいがある。

 それだけに、日本の学生たちにはこの場で、日本が犯した負の部分については率直に過ちを認めると同時に、、中国の改革・開放に際しては協力を惜しまなかった事実も語って欲しかった。鄧小平時代に掲げた「工業、農業、国防、科学技術」の4つの近代化に日本は全面的に協力した。

 とりわけ国家建設の礎である工業、科学技術については、当時の世界最先端の技術を惜しみなく提供した。中国一の宝山製鉄所の建設に当たっては新日鉄が全面協力したばかりか、建設資金については日本政府が保証するなど官民挙げてバックアップした。

▼真実を伝える大切さ
 中国の学生たちは「反日教育」は受けたと思うが、中国の近代化に対する日本の支援はまったく教えられていない。若者たちに一方的に都合のいい話ばかりを擦り込むのではなく、真実を伝えることが大切だ。そうすることで互いの誤解を解き、同じ目線で見ることで相手を理解することが出来る。

 せっせと受験勉強に勤しみ、有名大学に合格しても、「近現代史は授業で習わなかった」と平気で話すことに「恥ずかしさ」を感じないようでは「何をか言わんや」である。

 学校は学習の「きっかけ」を与える場で本来、勉強などというものは自分でやるものだ。授業で授業で学ばなかったら、自分で学習すればいい。高校生や大学生にもなって、まだ、おんぶに抱っこを期待しているようでは救いがない。

▼偏差値教育の弊害
 偏差値は「受験技術の優劣」を数値化したに過ぎない。偏差値が高いからといって別に頭がいいわけでも、教養があるわけでもない。偏差値と教養・社会常識の有無は別ものである。

 日本の学生は型にはまった「公式」だけのマニュアル人間だ。「自分から学ぼう、知ろう」と言う探求心が著しく欠けている。

 今回の討論で、日本の偏差値教育の弊害を垣間見た思いがした。大学と教養は無関係だ。

祝賀パレード延期は安倍でなく陛下の強い希望だった!

今月22日の天皇陛下の即位に伴う祝賀パレードが台風の影響を考慮して来月10日に延期となった。

官房長官の菅義偉は「首相から延期の方向で検討するよう指示があった」と説明。まるで安倍晋三の「英断=手柄」のような会見をした。

事実は真逆で、安倍は台風被害など頓着せずに、当初の予定通り22日にパレードを強行しようとした。

ところが、想像を絶する台風被害にお心を痛めた天皇陛下が延期を強く希望し、11月10日へ先送りとなった。

「即位礼正殿の儀」や「饗宴の儀」は既に世界各国から王族や大統領など要人を招待しているため、予定通り実施する。

山本太郎の身に「何か」など起きるわけがない!

 牧太郎が山本太郎を戦時中に東条英機を鋭く批判した中野正剛に例え、「令和の中野正剛」に「何か」が起こらないとよいのだがと週刊誌に寄稿した。

 この表現はいささか、筆が走り過ぎたきらいがある。

 山本太郎が安倍政権の土台を大きく揺さぶるような存在ならいざ知らず、彼が率いる「れいわ新選組は参院議員がわずか2人のミニミニ政党だ。太郎の身に「何か」起こるわけがない。

 これと言った組織もない山本太郎を安倍晋三は気にはしているが、恐れてはいない。

 太郎に早く、「恐れさせる存在」になってもらいたい。

**************************
牧太郎がサンデー毎日に書いた。

「れいわ新選組」の山本太郎は「令和の中野正剛」ではあるまいか?そんな気がする。

 彼は希代の雄弁家である。2時間も3時間も話し続ける。その馬力は並ではない。

 真っ向から、権力に立ち向かう。屈しない。独裁色が色濃い安倍政権にとって「最も警戒する人物」になっている。

 山本太郎は議員ではないが、最も注目され、時に羨望され、時に嫉妬されている。

「嫉妬」の「嫉」は「そねみ」。「妬」は「ねたみ」。二重の「ねたみ」である。

『広辞苑』(岩波書店)の「嫉妬」の項には「自分よりすぐれた者をねたみそねむこと」とある。

 自分より「すぐれた存在」に気づくと、抹殺するのが「無能な政治家」の常である。

 山本太郎のスキャンダルを探せ!という大号令が聞こえてくる。

「令和の中野正剛」に「何か」が起こらないとよいのだが。

山本太郎、瓢箪ナマズなど相手にせず態勢作りを急げ!

 次期衆院選を見据えて「れいわ新選組」の山本太郎が全国行脚を続けている。

 消費税廃止を基本としながら太郎は野党共闘のためにあえて消費税のハードルを5%にまで下げ、既成野党の出方を待った。が、同調したのは日本共産党だけで残りはあいまいな態度を続けている。

 こうした不ぞろいの野党を横目に、安倍自民党からは年内解散説まで飛び出す始末だ。いつもながら立憲民主党の動きは鈍い。本気で安倍政権を倒す気があるのか疑問だ。

 こんな瓢箪ナマズなど相手にせずに選挙態勢を整えた方がいいのではないか。選挙協力は可能なところとやるべきで、野党共闘の枠組みに無理をしてまでこだわる必要はない。 





これがNHK午後7時のトップニュースだって?

20日午後7時のトップニュースで、こう報じたNHKに多くの者が違和感を覚えたことだろう。

「嵐」「V6」メンバーらが被災地で炊き出し 福島 郡山。

台風19号で多大な浸水被害を受けた福島県郡山市に、人気グループ「嵐」の相葉雅紀さんや、「V6」の井ノ原快彦さんらが炊き出しに訪れ、被災者に温かい食べ物をふるまいました。

相葉さんや井ノ原さんに加え「NEWS」や「Hey!Say!JUMP」「Sexy Zone」のメンバーあわせて5人が郡山市のボランティアセンターを訪れました。  (以上 NHK)
******************************

 被災地を舞台に見立てたジャニーズ事務所のミエミエの「宣伝」、単なるパフォーマンス、「売名行為」に過ぎない。

 いまやNHKはジャニーズ事務所のタレントなしには番組が成立しないほど、日常的に彼らの世話になっている。だから、日ごろのお礼をしたまでだ。

 NHKはどこまで堕落するのか? ジャニーズのPRに一役買ったNHKは、恥かしいと思わないのだろうか?

 こんな公共放送はない。1日も早く、民放に衣替えすべきではないか。

 

 

台風の支援情報はここをクリック!

台風19号の被災地でのライフライン情報、支援の情報まとめ。

詳しくはここをクリック(このままコピー)
https://www.asahi.com/topics/word/台風%EF%BC%91%EF%BC%99号支援通信.html?iref=comtop_fbox_u01

地域を問わない支援情報
FB、被災地への寄付サービス開始(10/20 13:29)
クリーニング出した服、大雨で流出 弁償してもらえる?(10/19 10:40)
支援のポイントは 避難所で認知症の人・家族への配慮(10/19 9:46)
浸水防止、土のう代わりにごみ袋活用の水のうも有効(10/19 9:43)
リストでチェック 避難生活での安心なトイレ生活(10/19 9:36)
支援はモノよりお金で 「第2の災害」を生まないために(10/19 8:00)
台風被災地の労働局で相談窓口 失業給付の特別措置も(2019/10/18)
19・20日、住宅工事トラブルの相談電話を開設(2019/10/18)
避難生活、低体温症防ぐには? 服ぬれたらすぐ着替え(2019/10/18)
避難所でも子どもに遊びを 心の安定に効果(2019/10/17)
被災して薬がなかったら? 高血圧学会Q&A(2019/10/17)
災害ボランティアをやりたい③ 自己管理が大原則(2019/10/17)
災害ボランティアをやりたい② 準備は現地入り前に(2019/10/17)
災害ボランティアをやりたい① まず自分で情報収集を(2019/10/17)
塩漬け、みそ漬け…冷蔵庫ない時代の知恵 停電時に活用(2019/10/16)
日本学生支援機構が奨学金の減額返還など受け付け(2019/10/16)

台風19号災害INFO
台風19号に関する情報のリンク集です。
国や自治体の公式ページ、ツイッター公式アカウントなどを掲載しています。
避難生活に役立つ情報、被災地への支援の際の注意点などもまとめています。

長野の支援情報
高齢者や乳幼児らにホテルを提供 長野(2019/10/18)
戸倉上山田温泉を無料開放 長野・千曲(2019/10/18)
仕事や勉強のスペースを無料提供 長野(2019/10/18)
長野市、LINEで24時間自動対応(2019/10/18)
長野市立柵原小に小さな子どもの遊び場 19・20日(2019/10/18)
長野市、被災ペットの相談窓口を開設(2019/10/17)
長野県・湯田中で温泉無料開放 近隣の被災者対象(2019/10/17)
長野県・東北信地方でクリーニング無料 「ザれもん」(2019/10/17)
長野―新宿・池袋の高速バス再開 迂回路で運行(2019/10/17)
長野県弁護士会、無料で法律相談(2019/10/17)
長野県上田市、復旧支援のふるさと納税募る(2019/10/17)

福島・宮城・岩手の支援情報
宮城県丸森町、災害ボランティアの受け入れを開始(2019/10/20)
市民プールを無料開放、入浴も 福島・本宮(2019/10/19)
県営住宅など310戸、台風被災者の避難先に 福島(2019/10/19)
岩手県久慈市役所、22・26・27日に臨時の支援窓口(2019/10/18)
福島県いわき市、公園など7カ所に仮設トイレ 順次増設(2019/10/18)
福島県郡山市、安積・富久山・田村でり災証明申請窓口(2019/10/18)
宮城県丸森町・角田市・大河原町で自衛隊風呂や無料入浴(2019/10/18)
宮城県大崎市・角田市・丸森町 19日はボラ受け入れず(2019/10/18)
宮城県石巻市が災害ごみ受け付け(2019/10/17)
岩手県宮古海上技術短期大学校で入浴支援(2019/10/17)
岩手県釜石市社協がボランティアセンター開設(2019/10/17)

群馬・茨城・栃木の支援情報
常陽銀行、ATM搭載の移動相談車を出動 茨城(2019/10/19)
栃木市、2カ所で自衛隊風呂の無料開放(2019/10/18)
栃木県佐野市 栄公園野球場をごみ置き場として開設(2019/10/18)
栃木県鹿沼市、土日・祝日も相談窓口開設(2019/10/18)
茨城県常陸大宮市、3施設で無料入浴(2019/10/18)
栃木市で災害ごみ仮置き場設置(2019/10/18)
水戸など茨城4市1町でボランティアセンター開設(2019/10/17)
茨城・大子町へボランティアバス(2019/10/17)
茨城県常陸大宮市でボランティアセンター開設(2019/10/16)
仮設の屋外入浴施設「京の湯」を開設 栃木・佐野(2019/10/16)
栃木県那須烏山市で自衛隊による野外風呂はじまる(2019/10/15)
神奈川・東京の支援情報

東京都八王子市役所、週末も被災者相談窓口(2019/10/18)
東京都世田谷区、大蔵第二運動場の入浴施設を無料開放(2019/10/15)
東京都世田谷区、ごみ処分料減免 罹災証明書あれば(2019/10/15)
災害ゴミの受け入れ開始 神奈川県逗子市(2019/10/14)
東京都が英語の電話相談窓口を開設(2019/10/13)
神奈川県が被害通報窓口を開設 メールで受け付け(2019/10/13)
東京都と福島県いわき市が電話相談窓口を開設(2019/10/13)

千葉・埼玉の支援情報
千葉の災害ボランティア、まだまだ募集 がれき撤去など(2019/10/18)
千葉県市原市 消防署でブルーシートや土のう袋など配布(2019/10/18)
埼玉県東松山市、土のう袋を5カ所で配布(2019/10/18)
埼玉県坂戸市、土曜も罹災証明書発行(2019/10/16)
埼玉県東松山市で災害廃棄物の受け入れ開始(2019/10/15)
埼玉県東松山市で浴場を無料開放(2019/10/15)
災害ごみを無償処分 埼玉県越谷市(2019/10/14)
床下消毒を無償実施 埼玉県越谷市(2019/10/14)
千葉県でブルーシートによる修繕の相談など開始(2019/10/14)
災害ごみの持ち込み手数料免除 埼玉県川越市(2019/10/14)
ブルーシートや土のうを無料配布 千葉県市原市(2019/10/14)

「習近平思想」テストの合格者だけに記者証発行!

 信じられないようなことが中国で起きた。習近平思想テストの合格者だけに記者証を発行するというのだ。

 中国共産党が開発したスマホのアプリ「学習強国」で1人、1人テストするそうだ。

 共産中国にとって記者は完全に、自分たちの宣伝道具、ロボットだ。何とも恐ろしいことを考えるものだ。

 安倍晋三は何でも習近平のやり方をマネしたがるが、これだけは絶対にマネをしてほしくない。

 日本人は、香港の人たちが命をかけて「香港の共産化に反対」するか分かったはずだ。

 共産中国は民主主義も、人権も、何もない。

 そんなものは糞食らえ、と言うのが共産中国である。

**************************

 【北京共同】中国政府が国内メディアへの統制を強めている。

 記者らを対象にして、習近平国家主席の指導思想「習近平の新時代の中国の特色ある社会主義思想」の理解度を測るテストを今月下旬から新たに実施。合格者だけに新規の記者証を発行する方針だ。

 テストは原則、習氏の演説内容などを学ぶために共産党が開発したスマートフォンアプリ「学習強国」を通じて実施する。

 10月初旬にはアプリ上で、習氏の演説の空欄に入る言葉を選んだり、「党の新聞世論工作を行う際」に優先すべき点を挙げさせたりする問題が公開された。  (以上 共同通信)

環境相・小泉進次郎のバカさ加減に水俣病被害者が落胆!

安倍晋三は、なんでこんなアホウを閣僚に起用したのか?

議員でありながら水俣病一つ理解していない。担当大臣うんぬん以前の問題だ。

ちまたでは「バカは俺だけじゃやない」との証を示すために小泉進次郎を起用したとの見方がある。

アホらしくて開いた口が塞がらない。

それにしても、こんなバカとアホウのオンパレードに、怒りを見せない日本人の気は確かなのか?

**************************

 小泉進次郎は19日、水俣病犠牲者の慰霊式に出席した後、被害者団体と懇談した。

 「環境省は水俣病をきっかけに立ち上がった組織。心を砕いていく」と述べたが、具体的な施策に言及はなく、被害者側から「歯切れが良いだけ。何も言っていない」と落胆の声が相次いだ。

 懇談では、高齢化する被害者への福祉サービスの充実や、不知火海沿岸の住民の健康調査を求める意見が続出した。

 被害者の会の中山裕二事務局長(65)は「調査を求め続けたこの10年間に多くの人が亡くなった。環境省は被害者が死ぬのを待っているのか」と怒りをぶつけた。  (以上 共同通信)

こんな記事が出た!野田聖子が山本太郎とタッグ?

 「れいわ新選組」が参院議員2人を国会に送り込んだことでマスコミの注目度が一気に上がったが、今回は週刊実話が取り上げた。

 「自民・野田聖子元総務会長とれいわ・山本太郎代表がタッグ結成か」と派手な見出しが躍った。

 もし実現すれば政界へのインパクトが大きいとの観測記事に過ぎないが話題にしてくれることは有難い。

***************************

 自民党の野田聖子元総務会長が重い身体障害がある2人を参院議員に当選させた『れいわ新選組』の山本太郎代表にシンパシーを寄せている。

 自民党の一部では「野田氏と山本氏がタッグを組む可能性もある。そうなると物凄いパワーを持つ勢力になりかねない」と警戒感をあらわにする。

 かねてから自民党総裁選出馬に意欲を見せるなど、野田氏の動向には現政権も神経を尖らせていた。野田氏が『れいわ新選組』に共感しているのは、東京新聞のインタビューでこう述べたことでも明らか。

 〈二十四時間人工呼吸器をつけている人が国会議員になるのは、まさに驚天動地。うちの息子のような、2人の参院議員より軽度の障害者にとっては大きな風穴をあけてくれた〉

 〈障害があっても働いて自立し納税者になれる道を模索しなければならない〉〈スロープを作ればいいのではなく、発想を変えないといけない。国会議員や役人、記者が自分の目で見て接し、訓練し、心根が変わってくれたらうれしい〉(9月5日付)

 こうした野田氏の発言等は今回に限ったことではない。7月、れいわ新選組の2人の重度障害者が参院選に当選した直後、ブログで次のように記している。

 『他党であるけれど重度障害議員誕生 日本の国会を大きく変える 国民の代弁者は国民を守る強者ではない時代のはじまり』

続きはここをクリック
https://news.livedoor.com/article/detail/17250146/

満員札止めの大盛況!カナダ人の女性客も落語に大喜び!

 新宿から明大前で井の頭線に乗り換えて19日午後、4人で図書館に出前寄席を届けた。ここでの無料落語会も回を重ねて7回目とあって、常連客が増えた。ビックリしたのは客の中にカナダ人女性がいたことだ。

 落語は想像芸である。そのうえ、古典落語の会話は、現在使っている東京弁ではなく、「江戸弁」だ。「カッコいい」と言わず、そういう時は「様子がいい」という。これが江戸弁だ。

 話し手が投げたこうした言葉を聴き手が受けて、自分の頭の中でその「場面を想像」する。

「チョイとあんた、こっちおいで!・・・おいでったら」
「何だい、うるせーな」
「何だいじゃないよ、お前さんはいつもそうやってボーとしてんだから」

 このやり取りを聴いたら、カミさんに頭が上がらないダンナが小言を言われている夫婦の会話。そんな場面が想像つくはずだ。

 以前、ス-パー銭湯で落語会を開いた際、最初から最後まで耳を傾けていたとっつあんにあとで感想を聞いたところ「ちっともわからない」と言った。

 ほかの客は小学生の子供までみんな笑って落語を理解しているのに、この人だけは「何を言っているのかさっぱり分からなかった」の感想。

 想像力の乏しい人に100回、同じ噺を聴かせても分からないだろう。

 そんな中で外国人が聴きに来たので驚いた。あとで「いかがでしたか」と尋ねたら、「とっても楽しかった」と言ってくれた。

 なんとこの外国人女性はカナダ人で、落語仲間の友人だと知らされた。ご主人が日本人で、日本とカナダの両方にうちがあり秋は日本にいるそうだ。

 講座で演じた演目は、権助魚、雪の朝のしじみ売り、ガマの油、千早振る、明烏の計5席。

 この日はどんより曇っていたが客席はすべて満席。それでも席が足りず、立ち見が出たほどだ。

 終わった後、控え室でお茶を飲んでいると、図書館長がやって来て「お疲れさまでした。次回の落語会が決まりました。来年3月14日でお願いします」と言った。

 合点、承知の助である。