ウイグル弾圧に協力の28団体・企業に制裁措置!

 米商務省は7日、中国が新疆ウイグル自治区でイスラム教徒のウイグル族を弾圧しているとして、監視カメラで世界最大手の杭州海康威視数字技術(ハイクビジョン)や政府機関など計28団体・企業に事実上の禁輸措置を課すと発表した。

 公安部門など20機関のほか、監視カメラ世界首位のハイクビジョン、同2位の浙江大華技術(ダーファ・テクノロジー)、画像認識技術で知られるセンスタイムなど政府の弾圧活動を支えているとされたハイテク企業8社も対象に含めた。  (以上 日経)

************************

 共産中国はチベットに続きウイグル族の学者や文化人など知識層に様々な理由を付けて拘束し、闇に葬っている。

 これとは別に100万人を超えるウイグル族の人々を強制収容所に送り込み、洗脳教育を施している。拒否すれば拷問のあとで惨殺。

 21世紀の現代社会で共産中国はナチス・ヒトラーがやった残虐行為を今、繰り返している。

 中国国内でも民主派の弁護士やジャーナリストらを次々に拘束。一体どこに連れていかれたのか? 彼らの姿を再び見ることはない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント