たとえ危険があっても真相を伝えたいと香港カメラマン!

「涙を堪えられない時もある」若手カメラマンが香港の"今"を伝える25枚の写真
詳しくはここをクリック
https://www.buzzfeed.com/jp/sumirekotomita/hong-kong-photos

 香港出身の若手カメラマンが、6月からデモ隊に密着し、香港の「今」を伝えている。

 「撮り続ける理由は、使命感だと思います。メディアは第四権力であり責任があって、警察の職務のチェックは当然ですし、真実を伝えないと、と思っています。

 その中で、写真の力は大きいと信じてます。たとえ危険があっても、真相を報道することを続けます」

 カンさん「中学生や大学生が多いと思います。6月には、制服を着てる人を見かけました。仕事終わりにくる大人もいます。お年寄りもいて、特に彼らは最前線で学生たちを守るグループを作っているのを、現場では見かけます」

 チャンさん「一番若くて13~14歳の中学生くらいです。12歳が逮捕されたということはニュースにもなっていました。一番多いのは18~24歳くらいだと思います。雨傘の時より、高齢者や上の年齢層は本当に増えてます。それを見るとすごく感動します」

 「私はデモ隊と年が近いので、香港人としても、年の近い者としても、心が痛いです。撮影してる時、涙を我慢できないこともあります。デモ隊の誠実な気持ち、彼らが無情に鎮圧されることを見ると、やはり心が痛いです」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント