紅蓮の炎に包まれ世界遺産の首里城が炎上!

 世界文化遺産で沖縄のシンボルである首里城が炎上。首里城の正殿と北殿、南殿がいずれも全焼した。沖縄県民は悲嘆に暮れている。

***********************
 31日午前2時40分ごろ、那覇市の首里城で「煙が上がっている」と警備会社から119番があった。正殿などが激しい炎を上げて燃え、消防車両が20台以上出動して消火に当たったが、首里城の正殿と北殿、南殿がいずれも全焼した。けが人の情報はない。

 正殿と北殿、南殿はいずれも木造。近接する「奉神門」や「書院・鎖之間」も延焼した。今月27日からは琉球王国の儀式を再現する「首里城祭」が開かれていた。

 琉球王国の中心だった首里城は太平洋戦争で建物が全て焼失したが、1992年に主要施設が復元された。首里城跡を含む「遺産群」は2000年に世界遺産に登録された。  (以上 共同通信)

燃え盛る写真はここをクリック
https://this.kiji.is/562368853626192993?c=39546741839462401

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント