拡散希望!「日本と韓国はこうあるべき」と無言で訴えた!

 いい記事だ。「日本と韓国はこうあるべきだ」と記事を書いた記者は、行間から私たちに訴えている。

******************************
NHKのスポーツ記事である。

 ラグビーW杯日本大会で、史上初のベスト8の結果を残した日本代表。チームで唯一の韓国選手として活躍したのが、フォワードのグ・ジウォン選手。

 中学生のときに来日し、日本代表を目指してきた。

 今大会、日本代表は「ワンチーム」の合言葉のもと、さまざまな国の出身者が一体となって戦った。

 韓国出身のグ選手もその1人でポジションはプロップ。7月の宮崎合宿中に右手の甲を骨折し、夏のテストマッチ3試合には出場できなかった。

 が、これまでの実績が認められ、日本代表として初めてのワールドカップの舞台に立った。

 今大会の日本代表の躍進の原動力となった「スクラム」。

 チームで最も重い122キロの、グ選手はスクラムで最前列を担った。練習では、言葉も文化も異なる選手たちが足の角度などを1センチ単位までこだわって、理想の形を追求してきた。

 「誰ひとり手を抜く人はいなかった。外国人もみんな一緒に手抜かず、ずっと最後まで頑張れたと思う。ずっと一緒にやっていたので、もうほんと家族ですね」とグ選手。

 築きあげてきた一体感が結果となって表れたのが、1次リーグ第2戦のアイルランド戦だった。
スクラムのさなかでも、グ選手には隣の堀江選手の「グ君、今隣にいるから一歩ずつ、一歩ずつ」という声が聞こえていた。

 日本選手と外国出身選手がひとつになったスクラムで、強豪アイルランドに勝利した日本代表。

 グ選手は「あの瞬間は、ほんと飛び上がるくらいうれしかった。ワンチームになって、その国のために戦わないと本当に勝てないと思うので、みんながすごく頑張ってくれたおかげだと思う」と今大会のベストシーンにあげた。

続きはここをクリック
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191027/k10012152021000.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント