宣言文の中で三度も「平和」を繰り返された天皇陛下! 

 天皇陛下が即位を世界に宣言する儀式「即位礼正殿の儀」が22日、皇居・宮殿で行われた。

 この中で陛下は、「国民の幸せと世界の平和を常に願い、国民に寄り添いながら、憲法にのっとり、日本国及び日本国民統合の象徴としてのつとめを果たすことを誓います」と強調された。

 短い宣言文の中で陛下は三度も「平和」を繰り返された。そして「国民に寄り添いながら、平和憲法を守っていく」との前天皇(現、上皇)陛下のご意思を引き継ぐ考えを示された。

 国民が望んでいないにもかかわらず、改憲に執念を燃やす安倍晋三とは対照的な陛下のお言葉に、多くの国民は安堵し、励まされた。

 この日、午前中は時折激しく雨が降るなどあいにくの天候だったが、なんと、陛下の「即位礼正殿の儀」が行われる直前に雨は上がり、虹がかかった。

************************
即位礼正殿の儀 天皇陛下おことば全文は以下の通り。

 さきに、日本国憲法及び皇室典範特例法の定めるところにより皇位を継承いたしました。

 ここに「即位礼正殿の儀」を行い、即位を内外に宣明いたします。

 上皇陛下が三十年以上にわたる御在位の間、常に国民の幸せと世界の平和を願われ、いかなる時も国民と苦楽を共にされながら、その御心を御自身のお姿でお示しになってきたことに、改めて深く思いを致し、

 ここに、国民の幸せと世界の平和を常に願い、国民に寄り添いながら、憲法にのっとり、日本国及び日本国民統合の象徴としてのつとめを果たすことを誓います。

 国民の叡智とたゆみない努力によって、我が国が一層の発展を遂げ、国際社会の友好と平和、人類の福祉と繁栄に寄与することを切に希望いたします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント