総理にしていけない政治家トップはやはりあの人物!

 永田町政治を「なりわい(生業)」にしている政治評論家や政治ジャーナリストら30人に週刊ポストが「総理にしてはいけない政治家は誰か」と聞いた。(投票者1人につき3人まで回答)。

 ダントツの票を集めたのは人呼んで「タカ派のマドンナ」、稲田朋美(14票)だった。

 安倍に目をかけられ、当選3回で規制改革担当相として初入閣。以来、自民党政調会長、防衛相と出世街道を走ってきたが、周知のように防衛省不祥事の迷走答弁で事実上更迭された。

ところが、その後も安倍の後押しで党総裁特別補佐兼筆頭副幹事長に抜擢された。政治学者の後房雄・愛知大学教授が指摘する。

「思想的理由で安倍首相の特別な庇護を受けながら、行政組織の掌握でも、社会的な説明責任の点でも、とても政府のトップの器ではないことを露呈した」

 評論家・古谷経衡は主義・思想面でも見るべきものはないと評した。

「彼女は南京百人斬り訴訟の弁護団で一躍保守論壇の寵児になったが、その歴史観はネット右翼の範疇を出ていないように見える」

 ワースト2位は同票(7票)で、枝野幸男・立憲民主党代表と茂木敏充・経済再生相。枝野は「野党をまとめる能力がないのに政権運営ができるとは思えない」(政治ジャーナリスト・藤本順一)

 茂木は自民党竹下派の会長代行で、次の総裁選への出馬が有力視。「政策能力は高いが、人望がないから仲間がいない。桜田義孝・前五輪相が答弁を間違った時も閣僚席で大笑いしていたが、自分は頭がいいから他人が幼稚に見えるんだろう。人望は総理に必要な資質だが、いつの間にか備わるものではない」(政治評論家・屋山太郎)

 奇しくも茂木に投票した全員が「人望」を理由に挙げた。

 4位(6票)には菅義偉・官房長官、岸田文雄・政調会長、石原伸晃という3人の次期総理候補が並んでランクイン。ポスト安倍の最有力とみられている菅にも多くの注文が付いた。

 「安倍政権のナンバー2として、総裁選出馬する前にやるべきは安倍政治の総括。それができなければ総裁候補の資格はない」(毎日新聞客員編集委員・松田喬和)

 「しょせんはナンバー2でトップに立つ政治家ではない。政策的にも、彼が導入したふるさと納税は故郷とは無関係に物欲しさに納税させ、人間を卑しくさせた」(元参院議員・筆坂秀世)

 前回総裁選で出馬を見送った岸田には“戦わない姿勢”を疑問視する声が強い。

 「安倍首相からの政権禅譲が岸田の基本戦略と見える。しかし、首相とは憲法改正など政治路線が異なるのだから、戦わない者は去るべし」(ジャーナリスト・手嶋龍一) 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント