山本太郎がこの場にいないのは痛手だ!

 「たらこ男」こと経産相の菅原一秀は15日の参院予算委員会で、2006年から07年にかけて、自らの選挙区の有権者にメロン、カニ、タラコ、スジコなどを配った件に関し、事務所が調査した結果、「贈答品のリストや領収書は見当たらなかった」と語った。

 複数の元秘書が証言している。送り先の一覧表も明らかになっている。それでなぜ「知らぬ、存ぜぬ」なのか?

 安倍政権は衆参で与党が多数を占めているのをいいことに、野党や世論を無視して居直っている。

 ならず者が二丁拳銃を見せびらかして「文句があるか?」と場末の酒場に居座っているようなものだ。

 こんな無法を見過ごしてはならない。

 野党は週刊誌の受け売りでなく、相手の急所を突いて二の矢、三の矢を放ち、テキを雪隠詰めにして追い込んでいくべきだ。

 こういう時、山本太郎が国会に不在なのは国民にとって痛手だ。

 彼に代わる議員がいないからである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント