再三の増税に耐え切れず閉店!熊本の過疎の小さな店!

 安倍政権は10月から消費税を10%に引き上げた。しかし、その増税に伴うレジ更新負担に耐え切れず、増税を機に店をたたむところが後を絶たない。

 集落支え70年の熊本県菊池市の丸山商店も、そのうちの1軒である。高齢者の買い物への影響が心配される。

*************************
地元熊本の県紙、熊本日日新聞が伝えた。

 熊本県菊池市龍門の「丸山商店」は、消費税率10%への引き上げを機に10月末で閉店する。食料品と日用品を扱って70年。地域の台所として住民を支えてきたが、3度目の消費税増税を受けて店主の丸山るみ子さん(66)が決断した。

 近くに住む常連の代々正治さん(70)が店を訪れた。「たいぎゃ不便になるね」とぽつり。購入したペットボトルの茶を飲み干すと、寂しげに店を後にした。

 昭和の時代、店はにぎわった。

 消費税3%が導入された89年、97年の5%、2014年の8%への増税は乗り切った。しかし、今回の10%は違った。周辺の人口減少を考えると、新しいレジ導入にも踏み切れなかった。

「頑張って続ける選択肢もあったが、お客さんは数えるほど。きっかけだと思った」

 この日、近くの川上ナツヨさん(86)は電動カートで約8キロ離れたスーパーを目指した。「バッテリーが古かけん、よう走らん。買い物も大ごと」。往復3時間の道のりを思うと、気が遠くなるという。

 負担軽減策の議論が続いた消費税増税だったが、新たな負担を背負う人たちもいる。山あいの集落の風景がひっそりと変わろうとしている。  (以上 熊本日日新聞)

詳しくはここをクリック
https://this.kiji.is/555999234533737569?c=39546741839462401

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント