「質問通告を受けていない」と逃げの一手の小泉進次郎!

 立憲民主党の辻元清美は11日の衆院予算委員会で、私たちの財産である国有地をタダ同然で払い下げた森友事件について入閣前の小泉進次郎の発言を取り上げた。

 辻元は、「平成の政治史に残る大きな事件だ」「自民党は官僚だけに責任を押しつけるような政党ではない」と安倍政権や自民党に対して厳しい発言をした環境相・小泉進次郎に、「今もそう思っているか」とただした。

 小泉は「疑惑に対して誠実に答えることが政治家の務めだ」と答弁。ところが、森友事件に絡む財務省の決裁文書改ざんについて「政治家が責任をとったか」と問われると、小泉は「質問通告を受けていない」「首相や関係大臣が説明しているので、それ以上のコメントは控えたい」と歯切れが悪かった。

 国有地をタダ同然で払い下げた森友事件を「平成の政治史に残る大きな事件だ」や、「自民党は官僚だけに責任を押しつけるような政党ではない」と発言したのは、単に「受けを狙って」発言したに過ぎなかったようだ。

 進次郎は「後出しジャンケン」が得意で、結論が出た後で毎度、イイカッコをするクセがある。無責任で始末の悪い男である。

 安倍晋三と同様に、世襲議員は使い物にならない。彼らは政治家の発言の「重み」を知らないから、その場しのぎで、出たとこ勝負でいい加減なことを口走る。

 国会議員の発言には「責任が伴う」ことさえ知らないバカどもだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント