やはり切り札は山本太郎を置いて他にない!

 NHKが「自民党の小泉進次郎氏は環境大臣として初めて入閣することが内定しました」と小泉進次郎を主人公にした改造人事の記事を流した。

 そして「党の若手のホープのひとりとして将来が期待されていて、各種の世論調査でも、総理大臣候補の1人として名前があげられます」などと、これでもかと気持ちが悪くなるほどベタ誉め。

詳しくはここをクリック
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190910/k10012074811000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

 こうして実像とかけ離れた「虚像」が世間に拡散し、テレビのワイドショーが繰り返し宣伝合戦を展開する。ニセモノのスターがこうして作られる。

 こんな子供じみた手口に騙されるか否かは、有権者次第だ。

 今、立憲民主党や共産党に対抗できるスターはいない。みんな手あかがついている。あれば有権者からとっくに声が上がっている。

 やはり私たちの切り札は山本太郎を置いて他にない。


中国が絡んだ途端に「沈黙」するナゾ!

 NHKが「韓国の文大統領が疑惑が追及されている人物を入閣させた」と報じているが、足元の日本のことを報じなさいよ。一人や二人じゃないよ、日本は!安倍首相を筆頭に「疑惑がある人物」ばかりじゃないか!

 この人は上記のように常に、安倍晋三および安倍政権を厳しく批判している人だ。この点では私の同志でもある。

 ところが、これほど不正や疑惑に手厳しい人が、中国共産党政権による弾圧に香港の学生、市民が命懸けで抵抗している香港問題や、ウイグル人に対する習近平政府の強制収容には一切触れようとしない。

 中国が絡んだとたんに「沈黙」する。なぜなのか?

 そこには何か特別なわけでもあるのだろうか?

沖縄県民との対話に応じない安倍政権は異常だと大作家!

 日本推理作家協会に加盟する西村京太郎さんら作家13人が、「辺野古基地工事中断と沖縄県との誠意ある対話を要求する提言書」を日本政府に提出したと明らかにした。

 今年2月に実施した沖縄県民投票で投票者の72%が反対していることについて「投票の結果を無視し、工事を中断することなく、また対話にも応じない現政権の対応は異常」と指摘した。 (以上琉球新報)

*************************

「現政権の対応は異常」と作家の西村京太郎。この感覚こそが「正常」な考えだ。米軍の海兵隊はグアム移転が可能と発言している。だったら、なぜ辺野古での基地建設を強行するのか?

 本当の狙いはゼネコンなどのカネ儲けではないのか?

 そこに様々な利権が絡み政治屋がくっついている。沖縄を食い物にしているのは利権屋だ。


 8月30日の共同通信によると、次のような記事が出ている。

 海兵隊グアム移転、24年可能に 米軍、沖縄知事に説明

 詳しくはここをクリック
https://www.at-s.com/news/article/international/675352.html?news=675472

あなたは覚えているか?あの、熱く燃えた夏を!

あなたは覚えているか?

あの、熱く燃えた夏を。

激しく心を揺さぶられ、涙したあの瞬間を。

私は忘れない。山本太郎の心からの叫びを。

そう、2019年5月5日の福岡・小倉駅頭での「伝説の叫び」である。



その一部を録画したものがこれだ。9分。

詳しくはここをクリック
https://www.youtube.com/watch?v=V6jbn9Ye670

報道にソンタク必要ない!日本の報道ここがオカシイ!

 承知の通り私はどの国であろうと不正義には異議を唱える。

 私は、疑惑の主チョ・グクを法の番人に起用した文在寅を厳しく批判する。

 と同時に、国家の私物化を続ける安倍晋三に加担した萩生田光一や、日本会議幹部の衛藤晟一を閣僚に起用することに抗議する。

 国家主義色を一段と鮮明にした安倍改造内閣を今後も批判し続ける。

 NHKをはじめ、日本のマスコミは、韓国の「不正入試」疑惑をきめ細かく報道した。その手法で垢にまみれた安倍政権についても追及、報道してもらいたい。

 他国のことは面白おかしく伝えるが、自国の疑惑や不正について中途半端な報道をするようでは信頼など得られない。報道にソンタクは必要ない。

 安倍政権の批判が出来ないようであれば、他国の批判をする資格などない。

総理候補が初入閣?ヤツの「黒い素顔」を知っているか?

 マスコミは「小泉進次郎の初入閣が固まる」と一斉に報道。

 サプライズ人事だ、内閣改造の目玉だ、将来の総理候補が初入閣だ、と勝手に大はしゃぎ。

 こうして巧みに世論を操作し、今から小泉の地固めを図ろうとする。

 11日には正式に閣僚名簿が発表となり、小泉が閣僚に就任すれば、テレビのワイドショーは小泉進次郎のオンパレード、一色となろう。

 うなされたように日本中がコイズミさーん、と騒ぎまくる。

 言っておくがこの男はおやじの選挙地盤を受け継いで国会議員となっただけの「でくの坊」「親の七光り組」だ。票だけでなく、利権までおやじから引き継いだ。

世襲議員は汚い。卑怯だ。

 100メートル競走に例えるなら、ほかの者はゼロ地点からスタートするが、「コイツ」はゴールのわずか10メートル手前から走り出す。

 勝負は初めからわかっている。これが世襲議員だ。こんな不公平なことがあっていいのか?

 マスコミはこの点を問題にしない。不公平なルールに目をつぶる。そして「勝った、圧勝した」と胸を張る男をいま、総理候補と持ち上げる。これ、おかしくないか?

 さらに用心すべきは小泉進次郎がジャパンハンドラーの操り人形であることだ。

 おやじの小泉純一郎は、米国の言いなりに郵政を解体し、地方の金融機関としての郵便局をメチャクチャにした。

 大型店舗法を改悪し、小さな商店を倒産、閉店の壊滅状態に追い込み、地方の商店街は「シャッター通り」に姿を変えた。

 法学院大学など日本に必要ないものを持ち込んで司法制度を訳の分からない形にしてしまった。米国の陪審員制度をまねた裁判員裁判も米国の押し付けだ。

 こうした対日要求56項目を忠実に守り、自民党をぶっこわさず、日本をぶっ壊そうとしたのが小泉進次郎のおやじだ。

 そしてセガレまでがCSISの指導を受けて「手先」になろうとしている。その第一弾が日本の農業改悪だったが、農民たちに手口を見破られ試みは失敗に終わった。

 私は、小泉進次郎は安倍以上に日本にとって「危険な人物」だと思っている。

国家主義者がズラリ!おぞましい安倍改造内閣!

おぞましい国家主義を掲げるメンバーが次々、閣僚の椅子に座る安倍改造内閣。安倍晋三の「悲願の改憲実現」に向けての布石か?

日本会議国会議員懇談会幹事長の衛藤晟一までが閣僚名簿に名を連ねている。

この改造の特徴は、安倍晋三の側近たちを優遇している点だ。萩生田光一、加藤勝信、菅原一秀、西村康稔、高市早苗らは、派閥は違えども、いずれも晋三の子分で、「隠れ安倍派」の面々である。

わけても高市早苗の総務相返り咲きは要注意である。

総務省は電波を統括する役所だ。

前回、高市は「私の一存で放送免許を取り消すことができる」と民放を恫喝。

それがきっかけでテレビが委縮し、政権批判が影を潜め、スシローや辛坊のようなゴマすりがテレビのワイドショーを占拠するようになった。政権を監視し、批判するゲストがテレビから姿を消した。

新入閣の残りは派閥順送りの滞貨一掃にともなう大臣待望組からの起用である。

自民党役員人事でも「日本に徴兵制は必要」と言ってはばからない稲田朋美が筆頭副幹事長に抜擢された。

「ハイヒールを履いた防衛大臣」と内外から非難されたバカ女だが、晋三のお気に入りだ。

詳しくはここをクリック
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190910/k10012074441000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

ゴリゴリの国家主義者、萩生田を教育の元締めの文科相に!

 まいど、「安倍総理大臣は」でニュースが始まるNHKが、内閣改造について以下のように報道した。

 仰天は、ゴリゴリの国家主義者、萩生田光一を教育の元締め、文科相に起用する人事だ。

 ヤツは安倍晋三の腰巾着。親分が立場上、言えないことを代弁した。だから「よく頑張ってくれた」としてのご褒美。完全な論功行賞である。

 しかし、おかしな話だ。教育の専門家でもなんでもない男を教育全般の責任を持つ大臣に就けるとは日本ぐらいではないか。

 日本では昔から大臣になるのに専門知識は必要ない。

 ひたすらゴマを擦って当選回数を稼げば、自動的に大臣の椅子が回ってくる。

 萩生田の様に人一倍、親分に忠誠を尽くすと「飛び級」で椅子がプレゼントされる。

 だから大臣など、何もエラクはない。立派でも何でもない。単なる利権ポストに過ぎない。

*****************************

外相に茂木氏 防衛相に河野氏 文科相に萩生田氏 起用へ

安倍総理大臣は11日の内閣改造で、外務大臣に茂木経済再生担当大臣、防衛大臣に河野外務大臣、文部科学大臣に自民党の萩生田幹事長代行、農林水産大臣に江藤拓総理大臣補佐官を起用する方針を固めました。自民党役員人事では、総務会長に鈴木オリンピック・パラリンピック担当大臣、選挙対策委員長に下村憲法改正推進本部長を起用することを決めました。

安倍総理大臣は11日、自民党の役員人事を行ったうえで、公明党の山口代表との党首会談に臨んだあと、直ちに組閣本部を設置して第4次安倍第2次改造内閣を発足させることにしています。

これを前に安倍総理大臣は、内閣改造で、
▽外務大臣に茂木経済再生担当大臣、
▽防衛大臣に河野外務大臣、
▽国土交通大臣に公明党の赤羽一嘉政務調査会長代理の起用を内定しました。

また、
▽文部科学大臣に自民党の萩生田幹事長代行、
▽農林水産大臣に江藤拓総理大臣補佐官を起用し、
▽自民党の加藤総務会長と西村官房副長官を重要閣僚で処遇する方針を固めました。

さらに、
▽自民党の橋本聖子前参議院議員会長のオリンピック・パラリンピック担当大臣への起用を、
▽衛藤晟一総理大臣補佐官と自民党の河井克行総裁外交特別補佐の入閣を、検討しています。

このほか官房副長官には、自民党の西村明宏衆議院議員と岡田直樹参議院議員を起用することにしています。

一方、自民党役員人事では、
▽総務会長に鈴木オリンピック・パラリンピック担当大臣、
▽選挙対策委員長に下村憲法改正推進本部長の起用を決め、党4役の顔ぶれがそろいました。

さらに
▽森山国会対策委員長の再任と、
▽甘利選挙対策委員長の税制調査会長への起用が固まりました。  (以上 NHK)

やめてくれ、比較されては太郎に傷がつく!

 この、小僧っこが、あの山本太郎の対抗馬だとは笑わせる。

 月とスッポンどころか、名画と便所の落書きほどの違いがある。

 互いの頭脳を見比べるがいい。こっちは独学で身に着けた知識がびっしり詰まっている。

 片方は、なんとかという大学に在籍したようだが、中学程度の基礎知識も心得ていない。

 親の七光りでハッタリを繰り返すだけのノータリン(脳足りん)だ。

 比較するには器が違い過ぎる。やめてくれ。比較されては太郎に傷がつく。

 「悲観的な考えしか持てない人口1億2千万人の国より、将来を楽観し自信に満ちた人口6千万人の国の方が、成功事例を生み出せるのではないか」と、親の七光りで国会議員になった小泉進次郎が言った。

 2016年9月に日本財団会長・笹川陽平が主宰した集会での発言だ。

 七光り男は何を根拠に「人口6千万人の国の方がいい」と言ったのか?

 小泉進次郎は承知の通り、安倍晋三と同じく能無しだから、時々意味不明のことを口走る。

 本人が何を言っているのか分からないのだから、聞かされる側が理解不能なのは当たり前だ。

 晋三に賞味期限切れが迫って来たので、権力側は後釜として名乗りを上げている石破や岸田を飛び越えて、小泉進次郎の売り込みを図った。

 日経がさっそく「総理にしたい政治家」などと小泉進次郎の名前を1位に挙げた。朝日や産経、週刊誌もひんぱんに小泉進次郎を取り上げている。今週は週刊文春に載った。意図的に彼にライトを当てようとしている。

 昔から「みこしは軽くてバカがいい」は永田町の常識。石破や岸田も世襲議員だが2人は自分で「考える頭」を持っている。そこへ行くと小泉進次郎はおやじや安倍と同様におつむの中は空っぽのピーマンだ。

 みこしの担ぎ手としては、これほどお誂え向きはない。自由自在に操れる。ジャパンハンドラーたちは人選を心得ている。

 進次郎が急浮上した背景には山本太郎の存在が見逃せない。先の参院選挙では山本太郎ひとりが話題をさらった。

 短期間の間に4億円を集めた。しかも少額寄付でこれだけのカネを集めた。得票も228万票を超えた。与野党はアッと驚いた。

 「れいわ新選組」の登場で、既成政党が褪(あ)せて見えた。テキ方は危機感を覚えた。そこで切ったカードが小泉進次郎だ。

 しかし、彼に何か実績があるだろうか?

 記憶に残るのは、すべて結論が出た後の「後出しじゃんけん」ぐらい。

 例えば、戦争法(安保法)の採決後に「慎重な審議をすべきだった」とふざけたことを言った。

 小泉進次郎とはそういう男だ。これが山本太郎の対抗馬だとは情けない。格が違い過ぎる。

メルケル首相が中国ナンバー2に面と向かってこう言った!

 フランスの通信社AFPによると、中国を訪問中のドイツのメルケル首相は6日、中国の李克強首相と会談し、香港市民の権利と自由は「保障されなければならない」と発言した。メルケル氏の報道官が明らかにした。

 報道官はツイッターで、メルケル首相が「香港の人々の権利と自由は保障されなければならない。打開策は対話の中にしか生まれない。暴力を回避するためにできることをすべきだ」と発言したと明らかにした。(以上 AFP)

***************************************

 現職のリーダーの中で、世界で最も尊敬される指導者は誰かと問われたら、100人が100人まで「ドイツのメルケル首相」と応えるのではないか。

 中国は各国で、カネをちらつかせて発言の封じ込めを図っている。

 イタリアは中国の経済協力で言いたいことが言えなくなった。こうした国が少なくない。中国の覇権の前に口をつぐむ危険な兆候である。

 そうした中でドイツのメルケル首相は中国のナンバー2を目の前にしてハッキリものを言った。言うべきことを言った。香港市民の権利と自由は「保障されなければならない」と発言した。これこそ世界のリーダーだ。

 民主主義を力で押さえつけるなど許されるべきではない。

 大統領、首相と呼ばれる者でメルケル首相ほど腹の座った政治家はいない。

 彼女は世界が認める指導者だ。

台風が来ただけでお手上げのニッポン!

 日本の空の玄関口と日ごろ、政府が自慢する成田空港は、台風15号の影響で9日は終日、完全にマヒした。

 成田空港の混乱をただ、見ているだけの無能な安倍政権について、きのう私が書いた。こんな有事の時こそ「国土交通省の出番だ、陣頭指揮を執るべきだ」と主張した。

 台風が来ただけでお手上げのニッポン。地震と違い台風は事前情報が豊富だから、やる気になれば対策は可能だ。

 こんなお粗末な危機管理で、果たして五輪が迎えられるのか?

 力量不足なら、いっそのこと中止にしてはどうか?

 けさの朝日も陸の孤島と化した成田空港に触れ、身動きが取れなくなった客の怒りの声を伝えていた。

客A
「成田はローカル空港じゃないはず。交通機関が全面ストップして空港から出られないなどあり得ない。国は高速道路の1車線でも緊急に確保する方策をとるべきだ。空港会社から状況説明がないのもおかしい」と怒った。

客B
 数年前に雪で混乱した際も、成田空港で長時間足止めされたという男性は「情報がなく、ただ待たされているのは、あの時と同じ。アクセスの弱さは何も改善されていない」

北朝鮮が10日朝、またミサイルを2発発射した!

 北朝鮮が10日朝、またミサイルを2発発射した。

 トランプから中、近距離ミサイルは問題ないとの”お墨付き”をもらったので、金正恩は大手を振って発射実験を繰り返している。

 そのたびに性能は飛躍的に伸び、今では方向が自由に変更可能だという新型ミサイルまで持つようになった。

 これでイージスアショアなど無意味となった。飛行の途中で方向が変われば絶対に撃ち落とせない。

 ”痴話喧嘩”をする日本と韓国をせせら笑うかのように、金正恩は実験成功に上機嫌。

安倍晋三「お気に入り」の日本酒がまたやった!

 安倍晋三の地元、山口県の地酒で、プーチン来日の際にも安倍がPRを買って出るなど売り込みの甲斐あって、たちまち人気ブランドなった日本酒の「獺祭(だっさい)」が、中身をごまかして高値で販売していた。

 マスコミ各社は安倍の「御用達」とあって、記事の書き方がソンタク原稿だ。製造販売元に責任はない、単なるミスに過ぎない、と出来るだけメーカーに傷を付けないよう工夫する始末。

 新聞やテレビが相手によって書き方を変えることがあってはならない。

 一般の人は分からないだろうが、読む人が読めば「“配慮”した記事だ」とすぐわかる。 

  2016年には獺祭の「純米大吟醸 獺祭三割九分」(720ミリリットル)に虫が混入していたとして、自主回収する騒ぎがあった。

 「安倍総理大臣は」で始まるNHKは、ごていねいに獺祭の特番まで組んでPRに努めた。

 NHKが放送した次の日、獺祭が売り切れた。

 公共の電波を使ってこんなことをしていいのか? NHKはやり過ぎではないか?

NHKがこれ。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190909/k10012072541000.html?utm_int=news_contents_news-main_007

毎日新聞はこれ。
https://mainichi.jp/articles/20190909/k00/00m/020/304000c

 その他のマスコミも似たり寄ったりの書き方だ。

 それにしても日本人はミーちゃん、ハーちゃんが実に多い。アイスクリームにしてもそうだがハーゲンダッツが人気だというと殺到する。

 極端な場合は、よく分からないが、たくさん並んでいるので、取り合えず自分も並んだという目出度い人がいる。

台風15号で日本航空の体質が透けて見えた!

 台風15号の直撃を受けた首都圏。9日朝、欧州から数時間遅れで成田空港に到着した便で帰国した私の弟から昼前に電話が入った。

 「東京に戻る足がない。電車もバスも動いていない。空港は人で身動きが出来ない状態だ」

 連絡を受けて調べたところ、JRも、京成電車も成田―津田沼間が不通となっていた。高速道路がダメになっていてリムジンバスも走っていないことが分かった。

 「ホテルも満員。タクシーは長蛇の列。人であふれる空港で外国人は床に寝ころんでいた。すぐわきのガラス越しに仕切られた日本航空は広々としていた。こんな時になぜ、開放しないのか」と弟が電話口で言った。

 緊急事態だ。臨機応変になぜ、対応できないのか?開いたスぺ-スを開放すれば、どれほど喜ばれるか。ちょっとしたことがJALの好印象につながるはずだ。

 絶好のPRの機会でもある。その程度の判断が出来ないのか?これでは逆効果だ。

台風で1万3000人が成田空港に取り残される!

成田空港では、台風で都心に向かう鉄道やバスに大きな影響が出たため、9日午後8時時点で、航空機で到着したおよそ1万3000人が空港内に取り残されています。

9日午前から運用を再開した成田空港では、航空機の利用者が次々と到着する一方、都心に向かうJRや京成電鉄が運転できない状況が続きました。

その後、9日夕方までには京成電鉄やバスの一部で運転が再開されましたが、到着客の増加に追いつかず成田空港会社によりますと、9日午後8時の時点でおよそ1万3000人が空港内に取り残されているということです。

空港会社では、一部は成田空港で夜を明かすとみられることから、これまでに水やクラッカーを合わせて1200セット配ったほか、寝袋の配布も検討しています。

利用客「ここで寝ます」
通路に3人で座り込んでいた都内に住む27歳の男性は「2時間ほど前に福岡から戻ってきました。バスや電車で帰ろうと思っていましたが、帰れないのでここで寝ようと思っています」と話していました。

ポーランドから帰ってきたという神奈川県の50代女性は「ホテルがどこも空いてないので、このまま朝まで過ごすしかないかもしれません。とにかく飲料水だけ確保してきました。交通機関が動き出したら帰ろうと思います」と話していました。 (以上 NHK)