日本に「土着倭寇」なる奇怪なフレームを押し付け!

朝鮮日報は、文在寅政権サイドから「圧力」を受け、この記事の日本語訳を最後に掲載を中止した。

******************************

光復(日本の植民地支配からの解放)からおよそ70年が流れ、世の中は大きく変わった。民族を裏切って国を売る、1900年代タイプの親日は消滅して既に久しい。

にもかかわらず、70年前の物差しを持ち出して魔女狩りを繰り広げ、政敵に「土着倭寇」なる奇怪なフレームを押し付けている。

文在寅政権になって、反日は原理主義の宗教のように暴走している。

教育監(教育委員会に相当する教育庁のトップ)らはだしぬけに「親日校歌」攻撃に乗り出し、ある地方の議会は「戦犯企業」を追い出す条例案を持ち出した。

全国民主労働組合総連盟(民労総)は、釜山の日本総領事館前を「抗日通り」にすると宣言した。

国際条約に違反する恐れがある「強制徴用労働者像」も建てると主張した。感情的にはすかっとするが、決して国益の役には立たない。

国家の利益とは、数多くの変数が複雑に絡み合った高度な戦略イシューだ。

銅像を立て、抗日の印を付けてこそ民族の自尊心が守られるという発想自体が、安物の民族主義にすぎない。

現代版「斥和碑」でも立てようというのか。

鎖国を命じる斥和碑が朝鮮半島の各所に立てられたのは、1871年に起きた米国艦隊による朝鮮攻撃の直後からだった。

西洋の力を目撃しても、国の門にかぎを掛けて閉ざした。

同じ年、日本は西欧の文物をまねるため「岩倉使節団」を欧米12カ国へ派遣した。使節団の代表・岩倉具視は米国上陸からわずか1カ月後、自分のまげを切った。使節団の一員だった6歳の少女・津田梅子は米国に留学し、帰国後は大学(津田塾大学)を開設した。

韓国は反日の斥和碑を立て、日本は国家建設の英雄譚(たん)を持ち出している。

150年前の斥和碑と今の反日には共通点がある。敵を知り、敵を克服しようとすることを「売国」だとして追い払う、単細胞的な発想だ。

残念ながら、韓国人は自らの力で光復を勝ち取ることができなかった。

他人が持ってきてくれた独立だったことで、それは未完の産物にしかならなかった。国力競争で日本に勝つことが真の光復だった。

日本よりも富み、強く、格調高い国をつくることこそ真の独立を実現する道だった。光復後、韓国は日本が見下せないように力を育もうという克日の情熱を燃やした。それはまた、一種の独立運動にほかならなかった。

新たな国家建設に力を貸した国民一人一人が独立運動家だった。そうして国を発展させた克日の民族エネルギーを文在寅政権は理解できずにいる。  (以上 朝鮮日報)

「不正入試」で前政権と同じ轍を踏むか文在寅政権!

 韓国の朴槿恵前大統領は親友の娘の大学「不正入試」がきっかけで政権が崩壊したが、事件への国民の怒りを追い風に2017年に大統領になったのが文在寅。

 だが、ここにきて前政権とソックリの疑惑が現れ、「前と同じではないか」との批判が噴出。外交も米国との関係悪化への憂慮が強まり、内憂外患の状況だ。
 
 以下は共同通信の緊急レポートである。要約転載。

▽受験
 いま韓国社会の最大の関心事は、文在寅の最側近で法相候補に指名されたチョ・グクの複数の疑惑だ。

 中でも大学医学部の研究所でわずか2週間研修しただけのチョ・グクの高校2年の娘が高度な研究論文の筆頭執筆者となり、この“実績”を利用して名門大に入学していたことが特に怒りを呼んだ。学生らの抗議集会が続いている。

 前大統領を巡っても、親友の崔順実被告の娘が名門女子大に不正入学していたことが若者らの怒りを買い、政権退陣に追い込まれた。

 受験競争が激しい韓国では地位を利用した「特権階級」の子女への特別待遇には国民のとりわけ厳しい目が向けられる。

▽嫌気
 文在寅はチョ・グクの法相任命を強行する構えだが、来年4月の総選挙を控え与党からも「チョ・グクではもたない」との声が出ている。

 韓国の政治学者は、熱狂的な支持層に加え、無党派層も文政権に嫌気が差すのではないかと注視する。

▽孤立
 一方、外交では米国との関係維持で困難が増している。GSOMIA破棄を決めたことに、米国務省や国防総省が露骨に不満を表明した。

 政治学者は「日韓関係にそれほど関心が高くないトランプ米大統領はGSOMIA破棄を問題視しないと文政権は踏んでいるのだろう」と分析する。

 しかし、日本に加えて米国との関係もぎくしゃくすれば、韓国が外交的に孤立するとの印象が広がり、これも政権支持率に悪影響を与える可能性がある。  (以上 共同通信)

与党の小泉進次郎より山本太郎の方がずっと頼りになる!

 以下は2018年07月19日の私の投稿。これほど違う山本太郎と小泉進次郎の問題意識!の再録だ。

 国交大臣をせっついて被災地に100台の小型油圧ショベルを届けた山本太郎。

 一方、あの時期に気象衛星の精度を褒め上げた「あさってのおととい」の小泉進次郎。

 これほど違う山本太郎と小泉進次郎の問題意識。

 東京新聞の人気コラム「本音のコラム」に文芸評論家の斎藤美奈子が「K君とY君」のタイトルで小泉進次郎と山本太郎を取り上げた。

 「与党の小泉進次郎より少数野党の山本太郎のほうがずっと頼りになる」と斎藤が言った。

 本文ではKとYになっているが、分かりやすくするために小泉進次郎と山本太郎に置換した。

******************

 2018年07月12日、山本太郎は参院内閣委員会で西日本豪雨災害の被害が深刻であることを取り上げ、国会審議を一時中止し、行政の災害対応に注ぐべきだと訴えた。「ばくち解禁法案の成立が秋の臨時国会に先延ばしになっても被災者は困りません」

 山本太郎は災害の状況を説明し、土砂を除去する小型重機を配備できないかと要望した。石井国交相は検討を約束。翌日、100台の小型油圧ショベルが緊急派遣された。山本太郎の金星である。

 他方、小泉進次郎は豪雨災害を見て気象予報を含めた衛星の力を再認識したと、宇宙ゴミ除去に向けた提言をした。災害ゴミより宇宙ゴミ!?

 山本太郎はいつもド真ん中狙いだが、小泉進次郎はズレまくり。

 一目瞭然、与党の小泉進次郎より少数野党の山本太郎のほうがずっと頼りになるやん。  (以上 斎藤美奈子)

小泉進次郎の本質は詐欺師と変わらない理由がコレだ!

 口先だけのパッパラパー男、小泉進次郎を「お役立ち情報の杜」が、「さわやかなイメージを振りまく小泉進次郎の本質は詐欺師と変わらない」といかにその理由を挙げた。 (原文のまま)

********************************

 自民党の小泉進次郎筆頭副幹事長は、現役世代の社会保険料に上乗せして幼児教育と保育の無償化にあてる「こども保険」を提唱しています。しかし、それだけでは財源が足りないので、企業経営者に「年金返上」を呼びかけ始めました。すでに経団連や経済同友会の役員に説明したとのことです。

 悪名高き売国奴である小泉純一郎元首相の息子であり、ボンボンの4世議員である小泉進次郎氏。彼の年金返上発言の問題点を以下に述べます。

1)富裕層の年金返上を訴えることで、庶民からの喝さいを浴びることができる。
 首相の人柄が信用できないという理由で支持率が大きく低下しているアベ内閣にとっては、このようなリップサービスは人気取りにつながるので、とても有難いものです。

2)日本国民のうち経営者の占める割合は少なく、しかも、その中で富裕層に分類される人は少数派である。
 対象となり得る人の数が少ないのでは話になりません。

3)富裕層と言える経営者の中で実際に年金返納に応じると思われるのはごく一握りであり、金額的には多くを望めない。

4)寄付のような善意に頼った提案なので、基本的に不安定である。
 寄付を呼び掛けて社会が上手く回るのであれば、政治家は必要ありません。税金などの制度によって強制的に徴収する制度を作ってこそ、国民生活の安定に寄与するのです。悪者になるのを恐れてはならないのです。

5)庶民の味方のようなフリをしているが、富裕層から徴収する考えを持っていない。
 お金のある所から徴収し、応分の負担をしてもらい、生活の苦しい層に再配分するのが基本です。そうしなければ、社会はうまく回りません。しかし、経団連の操り人形である自民党には、富裕層応分負担の考えはありません。貧困層には厳しい逆進性の高い消費税率を上げて、それを大企業の内部留保増加につなげてきました。小泉進次郎氏もその考えから逸脱することはありません。貧困層がどんなに増えても無関心のままです。

6)政治家や官僚の税金無駄遣いを棚に上げている。
 人様に負担を求めているくせに、政治家や官僚の税金無駄遣いには問題意識が無いようです。無駄で豪勢な外遊、「お友達」への税金投入、天下り官僚の不労所得、議員への多額の報酬や優遇された年金制度・・・。数え挙げればキリがありません。

日本人が知らない韓国!入試は国を挙げての大イベント!

 文在寅の側近、チョ・グクの娘の「不正入試」がいま、韓国で大問題になっている。

 日本人は「韓国の人は何であんなに大騒ぎをするのだろうか?」と不思議に思うだろうが、「不正入試」は、韓国では、単なる事件ではない。

 ましてや絶対的な権力を持つ大統領の最側近が、自分の娘を裏口入学させたとなるとただでは済まない。政権を揺るがす大事件だ。

 韓国は、日本や米国とは比較にならないほど激しい学歴社会。

 日本ではどこの大学を卒業したかよりも、その人の能力、実力を重視する「実力社会」へと移行しつつある。

 だが、韓国はいまだに実力もさることながら、「どこの大学を出たか」でその人の人生が決まる極端な階級社会。

 それだけのどこの親も、子も、入試は命懸け。死に物狂いで頑張る。あらゆる犠牲を払って入試に賭ける。

 韓国のテレビニュースで見たはずだ。

 入試に間に合わないとなると警察のパトカーがサイレンを鳴らして受験生を会場に運ぶ。日本では考えられない光景だ。そこまでやるのが韓国の入試である。

 それを親の七光りで、しかも韓国で最高権力者の大統領に近い人物が、不正を働いたとなると韓国民は許さない。

 一番分かり易い例が前政権の朴槿恵だ。

 彼女の親友の娘の「不正入試」がバレて、次々に不正疑惑が発覚し、韓国民の怒りを買って政権は崩壊、朴槿恵は逮捕された。

 だから「不正入試」はフグの毒。のたうち回って苦しんで政権など吹っ飛んでしまう。

 文はスキャンダルを隠すために「反日」を強める構えだが、それに気づいた韓国民が矛先を日本から文在寅政権に向け始めた。

 窮地に追い込まれた文在寅、次はどんな手を打ってくるか?

格差隠し!安倍政権の卑劣な手段「非正規と言うな!」

 厚生労働省は省内全部局に厚労相・根本匠の指示として「非正規」や「非正規労働者」という表現を国会答弁などで使うなとの文書やメールを通知した。

 ところが、東京新聞が情報公開請求した後に、あわてて撤回したことが分かった。

 安倍晋三が「雇用は順調に回復している」とウソを繰り返している手前、「格差隠し」に乗り出し、バレた。

 安倍政権の卑劣な一面である。

**********************************

 文書は「『非正規雇用労働者』の呼称について(周知)」という件名で4月15日に省内に通知。

当面の国会答弁などの対応では、原則として「有期雇用労働者」「派遣労働者」などの呼称を用いるとした。

 各部局に送信したメールには、「『非正規雇用』のネーミングについては、(中略)ネガティブなイメージがあるとの大臣(根本氏)の御指摘があったことも踏まえ、当局で検討した」と記載され、「大臣了」と、根本氏の了承を意味する表現も明記されていた。

 本紙は7月12日付で文書やメールを情報公開請求した。厚労省は同月下旬に文書やメールの撤回を決めた。

 正社員と非正規労働者の不合理な待遇差の解消は、安倍政権の重要政策になっている。

安倍晋三首相自身も「非正規という言葉をこの国から一掃する」と強調してきた。

厚労省が「非正規」との表現を使わないことを文書やメールで省内に通知したのは、それだけ表現に神経質になっていたためとみられる。

 総務省の労働力調査によると、雇用者に占める非正規労働者は、第二次安倍政権発足当初の2013年で年平均約1910万人(36・7%)だったが、2018年には約2120万人(37・9%)に増加した。

 非正規労働者は、正社員に比べて賃金や社会保障などの面で待遇が悪く、格差拡大や貧困の問題と結び付いている。企業には都合の良い「雇用の調整弁」とされ、否定的な意味合いで受け止められることが多い。  (以上 東京新聞)

詳しくはここをクリック
https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2019090190070550.html

日本人の差別意識はコンプレックスの裏返し!

 心優しいヒマラヤの王国ブータンは屈指の親日国だ。

 そこからやって来た留学生を低賃金で、こき使う悪徳日本人がいる。

 日本語が不自由な留学生たちをこれ幸いと、奴隷のように扱う悪徳な日本人を放置してはならない。

 戦前には中国人や朝鮮人を痛めつけたが、そこには、アジアの人たちへの「日本人全体の蔑視」が根底にあると私は思う。

 それは取りも直さず日本人の、西洋人への劣等感、「コンプレックスの裏返し」がそうさせている。

 こうした日本人の蔑視、差別意識を改めない限り、根本問題の解決にはならない。

 政府が悪いと、常に人のせいにしたがる者が多い。が、一番悪いのは、日本人1人、1人、ではないか? 

 あなた自身も、 そして私も・・・。

改憲前から危険な兆候!警察権力が取り締まりを強化!

 演説にヤジで市民排除…警察強権化の背後に“安倍政権のヒムラー”の影と題して日刊ゲンダイが鋭い記事を書いた。

 安倍晋三になって、戦前回帰が急速に進んでいる気がする。公安の「特高」が復活する出ではないか。

 特に気になるのは日本人が「貝」になったことだ。どうでもいいことにはすぐ反応するが、肝心なことには口をつぐむようになった。

 フェイスブックを見てもわかる通り「観客席」に座る。民主主義を守るために命を懸けて頑張っている香港人を応援しようと呼びかけてもほとんど「反応なし」だ。

**************************************
日刊ゲンダイがこう言った。

「(演説会場で)大声を出すことは権利として保障されているとは言えないのではないか」。埼玉県知事選で応援演説中の柴山文科相に対し、ヤジを飛ばした慶大生が県警に取り押さえられた問題。柴山文科相は会見で、警察対応に問題はなかった――との見方を示したが、とんでもない。ちょっと大声を出しただけで警察権力が一般市民をふん縛るなんて、戦前・戦中の特高警察さながらの世の中に逆戻りだ。

  ◇  ◇  ◇

 問題は、同様の“事件”が最近、全国各地で頻繁に起きていることだ。参院選でも、北海道札幌市や滋賀県大津市で、それぞれ応援演説中の安倍首相にヤジを飛ばした市民らが警官に排除された。

「最近の警察組織が強権的になったといわれている背景に、1月に警察庁警備局長に就いた大石吉彦の存在がささやかれています。大石は第2次安倍政権の発足と同時に警備課長から首相秘書官となり、安倍首相と食事やゴルフを重ねてきた。

 森友問題では、2015年9月に安倍首相が国会途中に大阪に出張した“謎の行動”が注目されましたが、この時、同行していたのが大石で、佐川元国税庁長官が国会答弁した時も背後にピタリとへばりついて答弁をチェックしていた」(司法ジャーナリスト)

 警備、公安、外事を担当する警備局は警察組織でもエリートコース。任務は海外の諜報機関への防諜や破防法に指定されている団体の監視、カルト集団の動向調査など多岐にわたるが、近年は沖縄の米軍普天間基地の名護市辺野古移設の反対住民を弾圧するなど、過剰な警備行動が問題化。

 岐阜県大垣市の風力発電所建設をめぐっては、県警大垣署の警備課長らが電力会社の子会社に反対住民の個人情報を漏らす事件も発生している。

 つまり、警察の警備畑といえば、これまでも治安維持や諜報活動の名のもとに“暴走”する傾向にあったが、それが大石警備局長体制後は大っぴらになってきたと言っていい。

「1月の警備局長交代をめぐっては、大石よりも採用年次が上の人物が本命視されていたのですが、現場経験の乏しい大石さんが、安倍政権の覚えめでたく局長になった。

 これに恩義を感じたか?大石は警備課を警備運用部へ格上げして体制を増員。国民の思想信条の自由や表現の自由、集会の自由などを“取り締まる”姿勢を強化した」(前出の司法ジャーナリスト)

 まるで狂気のヒトラー政権を支えたナチス・ドイツの“親衛隊”さながら。

 安倍政権には「官邸のアイヒマン」と呼ばれる警察庁出身の北村滋内閣情報官や、「宣伝相ゲッベルス」と呼ばれる菅官房長官がいるが、大石はゲシュタポ(秘密国家警察)長官のヒムラーといったところだろう。警察の全権を握り、忠実にユダヤ人への迫害を実行していった冷酷非情な男だ。

 安倍首相の取り巻きにはホント、ロクな連中がいない。

竹島は「戦争で取り返すしかない」と、あの丸山穂高!

あえて「コイツ」と呼ぶ。

丸山穂高のバカがまたやった。コイツは東大卒だ。受験テクニックだけで生きてきたアホ。

頭の中が空だから、言っていいこと悪いことの判断がつかない。精神異常者である。

こんな間抜けの1人もクビにできない日本はどうかしている。

コイツにとっては、議員辞職の「糾弾決議」など屁の河童だ。

このアホに毎年、税金2億円も使っている。オカシイと思わないか?

***************************

 NHKから国民を守る党の丸山穂高衆院議員は31日、韓国の国会議員団が上陸した島根県・竹島に関して「戦争で取り返すしかないんじゃないですか」と自身のツイッターに投稿した。

 国民民主党の玉木雄一郎代表が韓国議員団を「浅はかなパフォーマンス」と批判したことに対しても「(玉木氏の発言自体が)パフォーマンスでしかないのでは?」とかみついた。

 丸山氏は5月、北方領土を戦争で取り返すことの是非を酒に酔った状態で元島民に質問。後に発言を撤回し謝罪した。衆院は6月、丸山氏に対し「国会議員の資格はない」と非難し、自ら進退を判断するよう促す糾弾決議を可決した。  (以上 共同通信)

「デモに出なければもっと悪くなる」!香港人の身に迫った危機!

 これこそが民主主義を守る戦いだ!

詳しくはここをクリック
http://tanakaryusaku.jp/

「デモに出なければもっと悪くなる」!香港人の身に迫った危機!

 田中龍作が連日、香港から生々しい情報を送っている。本当の「今の香港」を知るには見逃せないレポートだ。

 いつも言うようにNHKや朝日、読売に勤めているサラリーマン記者と違い、彼は旅費もホテル代も全部、自前で借金を重ねて取材を続けている。

 500円、1000円でいいからカンパしよう。情報はタダでは手に入らない。

 田中龍作のようなジャーナリストがいるから私たちは「真実」を知ることが出来る。

******************************

【香港発】人民戦線化しつつある反中闘争 「デモに出なければもっと悪くなる」
2019年9月1日 00:13

 民主派のリーダーや立法議会議員(日本の国会議員に相当)8人が逮捕されても、香港市民は怯んでいなかった。

 31日、最も発奮したのはデモ隊だろう。政府本部庁舎と中国人民解放軍・駐香港基地の正門突破を目指すデモ隊に、警察は防戦一方だった。2つの巨大な建物は50mと離れておらず、ゲートは共通する。

 デモ隊は東側と西側からバリケードを押し出しながら前進した。警察が雨あられのごとく催涙弾を撃ち込み、辺りは催涙ガスで もうもうと 煙った。

 デモ隊が正門まで30mほどの位置まで迫ったところで放水車が登場した。放水車は催涙ガスと同じ成分の液体を放つ。それも大量に。デモ隊は退却させざるを得なかった。

 人民解放軍の正門が破られれば、香港警察本部長のクビが飛ぶだろう。警察は必死だった。


 政府本部庁舎と人民解放軍基地前の衝突に至るまでは、シナリオでもあるかのようなスムーズな流れがあった。

 午後1時に湾仔の競技場を出たクリスチャンのデモ隊約1万人が、約2時間かけて、中環のチャーターガーデンにつくと、一般の市民がバトンでも受けるかのようにスタートした。数十万人はいたはずだ。

 大通りを埋め尽くしながら大河となってデモ行進していった。行き先は人民解放軍基地と政府本部庁舎だ。

 途中、心憎いまでの “イベント” があった。

 親中派のビルに掛かっていた『熱烈慶祝 中華人民共和国 建国70周年』の看板を、黒装束の若者たちが剥がしたのである。黒のスプレーで「支那」と書いたりもした。

 デモ行進中の人々からは大きな歓声があがった。世界各国のメディアがこの場面を取材中であることを意識してのことだろう。一人の女性参加者が「アイム・ノット・チャイナ」と英語で叫んだ。

 親中国の看板を十分に剥がすのを見届けて、人民解放軍と政府本部庁舎前につくと、デモ隊と警察がニラミ合っていた。1分もしないうちに「催涙弾警告」の黒幕があがった。

 こうして一連の場面は、メディアがカメラに収めることができる間合いで進んでいったのである。

 宗教者と若者と普通の人々による人民戦線でもできたかのような段取りの良さだった。

 「(デモに)出るのは怖いが、出なければもっと悪くなる」(30代・男性)。「(デモに)出なければもっと悪くなる」は合言葉のように聞く。

 香港の自由を守るために、立場やイデオロギーの違いを越えて、人々が結束し始めたことは確かだ。

在日ブータン人がついに労組を結成した!

 ヒマラヤの王国ブータンは屈指の親日国だ。そこからやって来た留学生を低賃金で、こき使う悪徳日本人がいる。

 日本語が不自由な留学生たちを、奴隷のように扱うカネの亡者たちを放置してはならない。

 戦前には中国人や朝鮮人を痛めつけたが、そこには、アジアの人たちへの「日本人の蔑視」が根底にあると私は思う。

 西洋人への劣等感、「コンプレックスの裏返し」がそうさせている。

 こうした蔑視、差別意識を改めない限り、根本問題の解決にはならない。

 政府が悪いと、常に人のせいにしたがる者が多い。

 が、一番悪いのは、日本人1人1人ではないか? 

 あなた自身も、 そして私も・・・。

************************

 産業別労働組合「JAM」と在日ブータン人労働者らが31日、松山市内で記者会見し、在日ブータン人を対象とした労組を設立すると発表した。

 来日して経済的に困窮し、過酷な労働を強いられるブータン人を支援する目的。9月1日付で設立し、東京、愛媛、福岡の3都県で働く20代の男女11人が組合員となる。

 執行委員長に就任するジャガナト・コイララさん(28)=愛媛県在住=は会見で「問題を抱え、声を上げられない留学生や労働者がいる」と語った。

 コイララさんらによると、日本語学校に通いながら学費のために過酷な労働環境にいる留学生が多く、自殺者も出ている。  (以上 共同通信)