香港デモ隊を襲撃したのは親中派と関係が深い暴力団だった!

 九州を代表するブロック紙の西日本新聞がヒットを放った。香港デモの参加者を襲撃し、重軽傷を負わせたのは地元のヤクザ集団だったと突き止めた。

 見事なスクープだから内容が濃い。長文だが全文を以下に転載する。

*******************************

「犯罪組織、デモ市民襲撃」 香港デモ 白シャツ集団の正体、関係者が証言 住民も加担、警察黙認?

 7月下旬、中国本土に近い香港北西部の元朗地区で、「逃亡犯条例」改正案に反対するデモ参加者らが白いTシャツを着た集団に襲撃された事件について、地元関係者が西日本新聞の取材に応じた。

 市民を襲撃したのは犯罪組織「三合会」のメンバーと地元住民で「平和を乱すデモ隊を懲らしめるためだった」と証言。「暴れても逮捕されないという警察との暗黙の了解があった」と明かした。

 事件は7月21日夜、地下鉄の元朗駅構内で発生。香港島でデモに参加して帰宅途中の市民らが突然、木の棒などを持った白シャツ姿の数十人の集団に襲撃され、45人が負傷、うち1人が重体となった。

 証言したのは父親が三合会のメンバーという20代女性。

 父など関係者から聞いた話によると、21日は元朗地区に住む三合会幹部が武器を持って集まるよう構成員らに号令。「黒シャツのデモ隊と間違えて仲間を攻撃しないよう白シャツ姿で来い」と指示したという。白シャツ集団には三合会とは無関係の地元男性も多数参加した。

 女性によると、発端は5日前の16日にデモ参加者が元朗地区で開いた警察の暴力を追及する集会。

 三合会メンバーが「俺たちの縄張りでなぜ勝手に集会を開いているんだ」と会合を妨害したところ、デモ参加者が反発し、インターネット上で「マフィアから元朗を取り戻せ」「ヤクザが住む集落を燃やせ」といった投稿が相次いだ。

 「集落を守るため、三合会メンバーを含め少なくとも70~80人の地元男性がデモ隊襲撃に加わった」という。集団は駅構内や停車した電車内に乗り込み、無差別に市民に殴りかかった。

 香港メディアによると、何件も通報があったにもかかわらず、警察が到着したのは白シャツ集団が立ち去った後。棒を持った集団を見かけたのに警察は何もしなかったという報道もある。

 警察は翌日に6人を逮捕したが、女性は「三合会幹部と警察関係者は以前からの知り合い。今回は見逃すという暗黙の了解があったそうだ」と明かす。

 女性によると、三合会は1997年に香港が中国に返還される以前から存在する大規模な犯罪組織で、複数の団体で構成。不動産の地上げや飲食店の元締めなどで利益を得てきた。

 親中派議員とも関係が深く「選挙を支援する見返りに、いろいろな面で守ってもらっている」という。

 ネット上では、今回の襲撃について中国当局の関与も取り沙汰されるが「事実関係は分からない。襲撃に参加した人が金銭をもらったという話も聞かない」と話した。

 女性は条例改正案に反対する立場で6月以降、毎週デモに参加してきた。21日は父から「デモに行くな」と止められたが、襲撃は知らされていなかった。「私はたまたま早く帰宅したので被害に遭わなかった。襲撃の動画には白シャツ姿で暴力を振るう知り合いがたくさん映っていて、やるせない気持ちになった」

 集落でも若い世代はデモ支持者が少なくないが、父をはじめ周辺には「秩序を乱すデモ隊の方が悪い」と襲撃を正当化する声が多い。「父とは話をしなくなった。集落を守るためとは言え、無差別襲撃なんて絶対しちゃいけない」と怒りに声を震わせた。 (香港で川原田健雄)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント