香港トップの提案を中国政府は即座に拒否!

 ロイターによると、香港政府トップの林鄭月娥は今夏、抗議デモの参加者が掲げる「5大要求」についての報告書を中国政府に提出し、「逃亡犯条例」改正案を撤回すれば抗議デモは鎮静化する可能性があるとの見解を示した。

 中国政府は即座に、林鄭月娥の提案を拒否した。

 これにより香港に自治権が存在しないことを内外に証明した。

 「一国二制度」は英国から香港を取り返すための「単なるリップサービス」であって、スローガンに過ぎなかったことが分かった。

 これが共産中国のやり方である。

 交渉の際は、常に二枚舌だから、合意をそのまま鵜呑みにしたら、あとで大変な眼に遭う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント