天安門事件の時もそうだった!「歴史は繰り返す」のか?

フリージャーナリスト、田中龍作の香港からの生レポートである。

************************
【香港発】中・高・大学生が授業ボイコット 老教授「天安門事件の時もそうだった」

 新学期初日の2日、中学校、高校、大学で生徒と学生が授業をボイコットした。(学校数と生徒、学生の数は不明)

 香港8大学の学生と九龍、ニューテリトリーの高校生たち1万人超が中文大学でボイコット集会を開いた。

 同大学の馬教授(60代)は「授業をしたいが、天安門事件(1989年)の時も学生たちが授業をボイコットした。歴史は繰り返す」と学生、生徒たちに語りかけた。

 匿名で覆面をした大学生(女性)の訴えは悲痛だった。

「(人生)18年で最もつらい夏休みだった。デモに参加するの隠語「夢見に行く」は、2ヵ月経って夢ではなく、現実であることが分かった。

たくさんの犠牲者(逮捕者)を出した。友人は(警察に撃たれて)目を失った。(ギャングに)襲撃されて足を失った友人もいる・・・」

 女子高校生は田中龍作ジャーナルのインタビューに次のように話した。

 「人数が多い方が大きな声になる。(中国共産党の)一党独裁は他人の意見を聞かない。一国二制度に手を出すのは良くない」。

 会場には自分の通う学校で座り込みをしてから、ここに来たという男子高校生たちの姿もあった。参加者のほとんどは、返還(1997年)以後の生まれである。

いくら中国が教育で刷り込んでも、人間として当然の自由を生まれながらに知る香港人のDNAを変えることはできない。

 少なくとも学生、生徒たちには中国の思想統制が効かないことが、いま、示されている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント