強圧的な弁護士の前で「泣き寝入り」で済むのか?

 「天災」のひとことで幕引きをしようとする強圧的な弁護士。その前で被害者たちは「泣き寝入り」しなければならないのか?

 彼らは運が悪かっただけなのか。倒れた鉄の支柱で重傷を負った若い女性がいる。

 こんな時、国は何も手助けをしてくれないのか? これも自己責任なのか? あまりにむご過ぎる、理不尽過ぎる。

************************************

 台風15号の影響で千葉県市原市のゴルフ場のポール支柱が倒れて、複数の住宅がペシャンコになるなど大被害が出ている問題で、ゴルフ側の弁護士発言に批判が高まっている。

 ゴルフ場の弁護士は「これは天災ですので、費用は出ませんよ」などと説明を繰り返しており、住民側が強く抗議すると、「(訴訟しても)負けますよ。お金が損するだけですよ」というような発言をした。

 ゴルフ場の社長も「(撤去は)しますよ。ただ、業者がなかなか決まりません。決まっても、準備がまた大変なんです」と発言するだけで、倒れた支柱の撤去時期に関しては言及していない。

 行政に至っては民間同士の問題として不介入を維持するとして、住民から怒りや不安の声が相次いでいる。

詳しくはここをクリック
https://johosokuhou.com/2019/09/18/18634/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント