冷酷な安倍政府の仕打ちの末に転落死だなんて!

 千葉県いすみ市の住宅で17日午前、台風で壊れた屋根瓦を直していた94歳の男性が3メートル下の地面に転落して死亡した。 (以上 NHK)

************************
Miho Morimotoさんの投稿。

酷すぎます!
  生まれ育った、想い出の詰まった家がボロボロになってゆくのがたまらなくて、おじいちゃん達が1人で屋根に登ってしまいます!

 だって、国も自衛隊も助けに来てくれないから!

 行政の皆さんは頑張ってるけど、ブルーシートかけは何百人待ちで、その間も雨風は降ってきて・・・。

 人生の最後に、冷酷な政府の仕打ちに心打ちひしがれた末に転落死だなんて
涙が溢れてきます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

哭きカラス
2019年09月19日 13:20
昨日、漸く、森田千葉県知事が総理官邸へ行き"激甚災害指定"を依頼したそうだ。
被災から10日も経ってだ!
マスコミのインタビューに応える森田知事の顔には、狼狽しか無く感じる。
本気で災害対応していたなら窶れている筈だが。。
老体を危険に曝して屋根へ上がらせ転落死させる…偏に、対策を遅らせ手をこまねいた阿倍政権と森田知事の責任だ!
のらりくらり"激甚災害指定"を引き延ばす理由は『消費税増税したいから』だ!
かつて安倍晋三は「大災害かリーマンショック級の金融危機が無い限り、消費税は増税します!」と公言した故に、いま激甚災害指定すると消費税増税をできなくなるからではないか?との声頻りだ。 私も、コレ以外に今回の異様な官邸行動は理解不能だ。

ともあれ、雨に打たれて通電作業してくださっている電力会社社員と、倒木処理やブルーシート設置などに励む自衛隊の皆様には、合掌して感謝している。