八方美人の環境相、小泉進次郎に批判集中!

 フクイチ(東電福島第一原発)の汚染水浄化後の処理水をめぐり、前環境相の原田義昭が、「海洋放出しかない」と発言。

 これを「所管外」と突っぱねて、関係者に謝罪した新環境相の小泉進次郎がどちらにもいい顔をしたため、容認派と反対派から集中砲火を浴び、ネットが大炎上。

****************************

 夕刊フジによると、原田は退任直前に「私の所管外だが、処理水は思い切って放出しかない」と発言した。

 すると、進次郎は就任当日の11日、「(原田の)個人的な見解」と強調し、「福島の気持ちを、これ以上傷つけないような議論の進め方をしないといけない」と述べた。

 翌12日には、福島県知事や漁業関係者を訪ね、原田の発言は国の方針ではないと釈明した。

進次郎の対応について、反対派は
「所管外で片付ける姿勢に不信感」
「無責任」
「日本の漁業を潰す気か」
「メディアは(小泉進次郎を)持ち上げるのをヤメロ」
などと批判。

一方、容認派は
「処理水の海洋放出は問題ないと説明すべきだ」
「風評被害を広めて、どうするのか」
「処理水の問題解決次第で、進次郎の将来が決まる」
などと批判や注文を付けた。

 これについてジャーナリストの有本香は、小泉進次郎について「悪しきポピュリズムの典型だ」と批判。

 続けてこう言った。「前任の原田が、批判の的になることを覚悟して『海洋放出』というボールを投げた。ところが進次郎はじっくり考えずに動いた。

 世界の事例から考えても、処理水は希釈し、海洋投棄しても何ら問題はない。

 進次郎はその可能性をつぶしたのではないか。進次郎は、寄り添っているフリだけ巧みにしているようでは、今後が心許ない」  (以上 夕刊フジ)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント