悲鳴を上げる台風被害者を尻目に粛々と内閣改造!

大野章さんのフェイスブックへの投稿である。

 昨夜の報道ステーションで後藤謙次さんが注目すべきコメントをのべました。「千葉県で大規模停電が起こり、断水も続いて市民生活が深刻な状況になっている日に内閣改造を行うとは、安倍政権は危機管理に欠けている。」

 その上で、過去に『内閣改造』を延期した例をあげました。

 「1999年9月30日に茨城県東海村の核燃料工場で臨界事故が起こりました。ちょうどこの日、小渕首相は自民党に加え、公明党.当時の自由党を加えて大幅な“内閣改造”を行う予定にしていましたが野中官房長官の進言もあって改造を5日間延期して危機管理に専念しました。今回もこれだけの深刻な被害ですから当然、改造延期があるべきでした。」

 一昨日、台風15号による災害が広まる中で『内閣改造』を行い、記者会見でNHK などの電波を乗っ取った安倍首相の行為は重大な犯罪です! (以上)

**********************************

 あの頃の自民党には「良識」が働いていた。

 政府が取り組むべき問題が何か「判断する能力」を備えていた。優先順位を心得ていた。

 今は、安倍政権の延命以外に関心がない暴走政権である。

 安倍政権は停電、断水、食料不足で悲鳴を上げる台風の被害者を尻目に、粛々と内閣改造に取り組んだ。

 そんな非情な政権をいまだに支持する国民がいかに多いことか。この国に民主主義は存在しないのか?正義はないのか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

哭きカラス
2019年09月14日 18:46
今夕、放送のTBS"報道特集"の冒頭、金平キャスターは「台風15号の被災者は国による『棄民』」と称した。
そして、千葉県の被災者女性は「自衛隊はなぜ来ない?こんな時に内閣改造だ!?ふざけるな!!」と大声で吐き捨て怒鳴っていた。
視聴していて怒りが再び込み上げ、そうだ!その通りだ!と叫んだ。

阿倍政権には、良識どころか、血も涙も無い!『情の欠片』も無い。
極道以下の鬼畜政権だ!
加えて、地元の野党の議員は何をしている!?
被災地で汗を流せ!
片付けを手伝う高校生ばかりか、中小生が避難物質配布を手伝っているではないか!

弱者に寄り添えない為政者は、即刻、職を辞せ!
税金を貪るシロアリ議員は無用だ!