役立たずの安倍政権、ついに死者まで出した千葉の停電!

 あの頑丈な送電線の鉄塔が台風の強風でなぎ倒され、いまだに停電が続いている千葉県。エアコンも扇風機も使えず、水道まで止まっている中で熱中症で命を落とす人まで出た。

 東電によると、鉄塔のほか、コンクリート製の電柱も軒並み根元から折れており、復旧作業は人海作戦に頼るしかない。ところが、工事に携わる作業員の人手が足りなくて復旧が遅れているという。

 安倍政権はなにをしているのか?東電や県に任せにするのではなく、こうした緊急時にこそ、電力各社に「作業員の応援を出すよう」指示するなど復旧の陣頭指揮を執るべきではないか。

 「安倍内閣は復旧に全力を挙げている」との口先支援で、エアコンは使えない。

 有事に役に立たない政府など必要ない。

************************************
毎日新聞は次のように伝えた。

 台風15号で大きな被害を受けた千葉県内では10日も停電や断水が続いた。停電は全54市町村のうち西部を除く43市町村に及んでいる。県内の複数地点で最高気温が35度を超え、市民生活に大きな影響を与えている。

詳しくはここをクリック
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190910-00000113-mai-soci

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

哭きカラス
2019年09月11日 09:18
千葉県・神奈川県で長引く停電・断水に心が痛んでならない。
こちらの読者や家族の皆様が、当該地域に居住されていたら、お伝えしたいアイデアがあります。

夏前に、或る番組で「タオルを絞る洗面器の水に"薄荷油"を3〜5滴入れると、冷却機能が高まる…」
とあったので、早速、実行してみた。

水だけだと、ヒンヤリ感は長くて20分間…直ぐに蒸しタオル状態になるが…薄荷油を5滴混ぜた水で絞ったタオルは、倍以上ヒンヤリ感が続く。
8〜10滴混ぜてみたら、1時間近くヒンヤリ感が続いた。
エアコンの苦手な私は、この薄荷油を洗面器に8〜10滴垂らした水に浸した2本のタオルを固めに絞り、1本は額の周りに巻き、もう1本は肩に掛けて、扇風機だけで十分、真夏日も凌げている。
格好は良くないが。。
停電中の熱さ凌ぎにはタメシテガッテン!
なお、薄荷油入りの洗面器の水は、1日中繰り返し使える。
薄荷油は薬局で小さなビン入りで1本800円程度だ(マツキヨが一番安かったが。。。) ★注意すべき点は、決して目にタオルや薄荷油入りの水を入れない事!と、10才以下の子供には、薄荷油は3滴程度にしたほうが良いかと思う。
★幼児や乳児は特に注意して扱って欲しい。

千葉県等では、道路を隔てた地域では通電している地域も在ると報道していた。
ならば、通電地域の行政は、即刻!避難所を解説するべきだ。
停電地域の皆様は、納税者として当然の権利を行使すべきではないのか?

遠慮は無用!
我慢せず、千葉県や神奈川県に要望して、一刻も速く、避難所を開設させるべきだ!
納税者として当然の権利を主張して"命と健康"を守って欲しい!!