米兵のための慰安所が出来たわけを知っているか?

 これは共同通信への寄稿文である。記者が書いた記事ではない。

**************************
 74年前の夏、敗戦で多くの日本人が茫然自失しているなか、東久邇内閣が手をつけたのは、占領軍将兵に女を提供する慰安所をつくることだった。

 敗戦からわずか3日後の8月18日、内務省警保局長が現在の知事にあたる全国の府県長官宛てに「外国軍駐屯地における慰安施設について」を打電。速やかに性的慰安施設、飲食施設、娯楽場を設けるよう指令した。 (以上)
***************************

 戦争に負けるということは、こういうことだ。

 ネットには「率先して米軍に忖度?」「進駐軍に慰安所? 慰安婦がいるいないなんて議論する意味あるのか?」と、気楽なことを言う者がいる。

 ケチをつけるはさぞかし気分がよかろう。 だが、現実はそんな甘いものではない。

 日本は敗戦国だ。これに対して米国は戦勝国。

 血気盛んな若い米兵が大挙して「占領軍」として乗り込んできた。

 日本人もそうだったが「旅の恥は掻き捨て」と一時期、国内や海外の旅先で散々、「女を買った」。カネで「快楽」を求めた。

 それと同じで、占領地に足を踏み入れた兵隊たちは性に飢えていた。どこでもいいから性欲を発散したかった。

 ましてや、日本は敵地。それこそ「やりたい放題」だ。

 都会ばかりか、田舎の農道でも進駐軍が幼い子どこから大人まで「おんな」と見たら、見境なく押し倒し、馬乗りになって犯した。

 赤ん坊をおんぶした人妻でも関係なく、モンペを無理やり引きずり下ろし、快楽をむさぼった。

 警察がいる? 冗談でしょ。

 日本は敗戦国だ。戦勝国のすることには手出しが出来ない。日本の警官は米兵を取り締まるMPを呼びに行った。戻ってきた時は、存分に性欲を吐き出した米兵の姿はなかった。

 米兵4、5人が民家に押し入り、「娘を引き渡せ」と言った。必死に懇願したが聞き届けてくれるはずがなく、母親は身代わりに米兵に身を任せた。

 だから当時、若い女性は顔に墨を塗ってわざと、汚く見せたり、娘の頭を丸坊主にした親が多かった。

 街には「パンパン」と呼ばれた街娼、つまり売春婦があふれた。家族を養うために自分が犠牲になったのだ。

 同様のことは終戦を直前にした満州でも起きた。日ソ不可侵条約を無視して怒涛のごとく、数千両の戦車とともにソ連軍(現在のロシア)が押し寄せた。

 日本人から奪った腕時計を両腕いっぱいにはめたソ連兵が、逃げ惑う日本人女性めがけて次々、襲いかかった。地獄絵だ。

これが戦争だ。

これが敗戦国の姿だ。

常に、犠牲者は一番立場が弱い者である。

 私は物心がつくころ、こうした話を何人もの年寄りから何度も、何度も直に聞いた。だから戦争には絶対反対なのである。

 「慰安所を作ったバカ政府」と批判するのは簡単だ。

 だが、慰安所がなければ、小学生から人妻まで、どれだけの日本女性が米兵の餌食になったか分からない。

 梅毒や淋病などの性病が蔓延したかもしれない。

 それらを防ぐためにも、当時の政府は、やむにやまれず、決断したのではないか。

 闇夜に乗じて満州や朝鮮半島から引き上げる際、「テキに気づかれるからなんとかしろ!」と周りから言われて、鬼になって泣く赤子を絞め殺した母親と同じだ。

 慰安所は飲食などもろもろを提供する東京・浅草の吉原など待合の組合ほかの協力で誕生した。

 慰安所で働く女性は本人の納得づくで給与面などは特別待遇で遇した。

 悲劇の戦争の、もう一つの現実である。

 

隣のケンカは蜜の味と北朝鮮がミサイル2発発射!

北朝鮮は24日朝、日本海に向け、短距離弾道ミサイルを2回発射した。明白な国連安全保障理事会決議違反。7月25日以降、今回で7回目。

北朝鮮がGSOMIA(軍事情報包括保護協定)の破棄を通告した翌日に発射に踏み切った背景には、日韓の対立が深まる中、揺さぶりをかける狙いがある。

中国が対米報復関税! 8兆円分に最大10%!


【北京共同】中国政府は23日、米国からの輸入品約750億ドル(約8兆円)分に対し、最大10%の追加関税を課すと発表した。

農産品や化学製品などが対象。米国が発動する予定の制裁関税「第4弾」への報復措置となる。

9月から順次発動する。トランプ米大統領は第4弾に中国が報復すれば「究極の制裁手段」で応じると強硬姿勢を示しており、両国の対立が再び激化しそうだ。

 中国の発表を受け、トランプ氏はツイッターで23日午後(日本時間24日未明)に対応策を発表する考えを示した。

 発表によると、対象は5078品目。追加関税率は10%と5%に分ける。

**********************

 互いが突っ張りあいをしていると、抜き差しならないことになるのではないか?メンツの張り合いはいい加減にしてはどうか?

 これによって世界経済は一段と悪化しよう。日本の増税はそうした中で実施となる。不況ではなく、大不況が訪れよう。


山本太郎は賢明だ!だから私は安心している!

「世間は移り気。マスコミもそうだ」―。れいわ、れいわ、と追っかけ回す風潮に小沢一郎がこう言った。

 さすが、長年政界を生き抜いてきた男だ。言うことが違う。物事の核心をついている。

 ブームは必ず消える。マスコミが騒ぐのは“旬”の時だけ。賞味期限が切れたら、簡単に切って捨てる。

 烏合の衆は言わずもがなである。

 だから、私は必ず「本気で」山本太郎を応援と書く。ワーワー騒いでいる連中のほとんどが、野次馬と分かるからである。

 私は行動が伴わない者を信用しない。

 参院選挙の際、大事な場面で、太郎応援のために「拡散を」と何度も頼んだが、知らん顔をしていた「ヤツラ」が誰かを知っている。

 私は「コヤツら」を絶対に信用しない。当人は「分からない」と思っているだろうが、こっちはすべて承知だ。

 いざと言う時に、何の役にも立たない掃きだめのゴミだ。

 小沢はそれを知っているから、「浮かれないで、ふんどしを締め直せ」と元の教え子を叱咤している。

 その点、山本太郎は冷静だ。イカレタ付和雷同の連中に引っ張られるようなことは絶対ない。

 太郎は賢明だ。そこらの「その他大勢」とはケタが違う。だから私は安心している。

「反日」をやり過ぎた文在寅は安倍の返り血を浴びた!

 人気ブログの一つ「日々雑感」が迷走を続ける韓国の文在寅について大胆に斬り込んだ。

 文在寅は「韓国を終わらせるために歴史ファンタジー騒動を続けている」と批判した。

 全面的に同意は出来ないが、「日々雑感」の言いたいことはわかる。

 文在寅は落ち込む支持率を回復せんがために「反日攻撃」をやり過ぎた。その結果、安倍晋三の返り血を全身に浴びた。

 日韓は民主主義を基盤とする国だ。対立するのではなく、手を携えていくべきではないか。

 愚かな指導者の感情的対立が国民を不幸にしている。安倍もひどいが、文在寅も劣らず劣悪な人物だ。

**********************
「日々雑感」がこう言った。 (原文のまま)

 文大統領は正気だろうか。「慰安婦」や「徴用工」といった歴史ファンタジーを現実問題だとして日本に「謝罪」と「賠償」を突き付ける脅しの外交を延々と続けるうちにノッピキならない事態に自らを追い込んでしまった。

 北朝鮮と一旦有事があれば韓国は後方支援基地として日本を頼らざるを得ない。もちろん北朝鮮は日本も同時に北朝鮮からミサイル攻撃を受けるだろうが、イージス艦と迎撃ミサイルが全部ではないにしろ数十%の確率で撃ち落とすだろう。日本国内の基地がすべて破壊されるわけではない。

 だが韓国はそうはいかない。全人口5000万人のうち1000万人が集中しているソウルは北朝鮮の砲撃の射程内にある。雨霰と砲弾がソウルの街に降り注ぐだろう。もちろん地下鉄やビルの地下は避難壕として造られているが、都市機能は完全に破壊され韓国内の基地も大打撃を受けるだろう。

 ミサイルを迎撃するにしても南北朝鮮は至近距離にあるため、迎撃システムを発動しても機能が作動するまでに着弾する。韓国が反撃体制を整えるにしても、どうしても日本を頼らざるを得ないのは論を俟たない自明の理だ。

 そうした時、GSOMIAの破棄は日韓が直接軍事情報を共有していないことになる。日本は韓国からではなく、米国からの要請を受けることになる。至近距離の敵と対峙している場合は一瞬一瞬が勝敗を分ける。そうした緊迫した事態に陥り一瞬が事態を悲惨なものにしかねない、という想定は働かないのだろうか。

 韓国民はそれでも歴史ファンタジーに酔い痴れて事の本質を見ようとしないのだろうか。「慰安婦」は「売春婦」でしかないことと、「徴用工」は「募集工」に賃金の良さから群がった朝鮮人でしかなく、終戦月の未払い賃金も先の日韓基本条約と賠償により決着済みとする国際条約に反する行為だという現実から目を背けて「可哀そうな朝鮮人」を国際社会に訴え続ける恥知らずにして愚かな行為をいつまで続けるつもりなのだろうか。

 文大統領は韓国を終わらせるために歴史ファンタジー騒動を続けているのかも知れない。

 GSOMIAを終わらせる決定をした文大統領は韓国を終わらせようとしている、としか思えない、が。

詳しくはここをクリック
https://okita2212.blogspot.com/2019/08/blog-post_23.html