こんな輩を税金で飼っておく必要はない!

日本の国会議員は先進諸国に例を見ない特権待遇だ。

海外視察と称する「全額公費による外遊」も含めると、議員一人当たり毎年、私たちの税金2億円近くを支出している。

第一、役にも立たない議員が多過ぎる。こんな輩を税金で飼っておく必要はない。議員こそ大幅カットが必要だ。

****************************
週刊ポストが2年前に記事にしたものだ。

 給与に当たる歳費は月129万4000円に、年2度のボーナスが付く。6月支給は291万円、12月は319万円だ。

 ヒラ議員で年収2000万を超えるが、それに加えて「文書通信交通滞在費(文通費)」が毎月100万円支給される。この文通費は使途の報告義務が一切なく、しかも非課税で支給される。年額にして「手取り1200万円」の手当が上乗せされるのだ。

「このハゲー!」で知られる元自民党の豊田真由子氏を例にとれば「療養中」として国会を休んでいた3か月間で、歳費、文通費、6月支給のボーナスで、1000万円近い金額が支給されたことになる。サラリーマンの平均給与420万円(2015年・民間給与実態統計調査)の2倍以上の金額である。

 さらに会派所属議員に支給される「立法事務費」が月65万円(年780万円)。

 もちろん、議員の待遇を下げすぎれば、カネ持ちしか議員になれない本末転倒の状況が生まれる。ただ、不祥事が発覚した議員たちが、「離党」だけで済ませて仕事もせずに居座るのは、国民にとっていい迷惑でしかない。

 議員本人だけでない。豊田氏の「療養中」には青森県の現職町議が政策秘書を兼職するという事態が発生したが(その後に辞職)、議員の手足となる3人の公設秘書(政策秘書・公設第一秘書・公設第二秘書)の人件費も、公費から支払われる。政策秘書は最高で月給63万円。ボーナス、地域手当、住宅手当、通勤手当含めると年収は1287万円に上る。

 “交通費”も手厚い。東京と地元の往復が必要となることから、JR各社については無料パスが渡され乗り放題。

 7月には自民党の今井絵理子・参院議員がグリーン車内で不倫相手と手をつないで熟睡する写真が報じられたが、議員パスではグリーン車もタダになる。

 遠隔地の議員は、代わりに月4回の東京との往復航空券を受け取れる。  (以上 週刊ポスト)

「腕を切り落としてでも生き残れ」と中国企業!

中国で大変なことが起きている。不動産企業の大量倒産である。中国の専門家は「これは銀行倒産の前触れ」だと警鐘を鳴らしている。

各企業は「腕を切り落としてでも生き残ろう」と必死だと報じた。

1988年から2017年の間に中国では人類史上、経験のない住宅建設運動を展開。住宅の販売面積は14倍に、販売額は53倍以上に達した。

この結果、家庭の資産の80%が住宅だという。

その住宅が今、音をたたて崩れ落ちようとしている。

不動産企業の大量倒産はこの後に訪れる銀行倒産の緩衝材に過ぎないと言う。

中国経済が内部から崩壊すると、世界に影響を与える。日本も他人ごとではない。

詳しくはここをクリック
https://www.youtube.com/watch?v=aKmsM8v7emg

95%の政治屋が巣食う中で山本太郎は数少ない「政治家」

日本の国会議員の待遇は国際的にみて突出している。世界に比べ飛び抜けた高給取りである。

ロクな仕事もせずに20代の若造が大会社の重役並みの給料を懐に入れる。

海外視察と称する「全額公費による外遊」も含めると、議員一人当たり毎年、私たちの税金2億円近くを支出している。

だからみんな「最高の就職口」と考えて、国会議員をやりたがる。

そこには政治信念や政治哲学、目指すべき指針などの志は皆無だ。

国会はこんな守銭奴のたまり場ではなかったハズだ。天下、国家の先行きを議論する場であった。

そうした志を持って議員になったのは山本太郎ぐらいではないか。

95%の政治屋が巣食う国会で、彼は数少ない「政治家」である。

「日本人は簡単にやらせる」!落ちるとこまで落ちたニッポン!

考えてみれば不自然な話だ。「結婚してから妊娠」が普通だが「妊娠したので結婚」が、一部の日本人の間でまかり通っている。アブノーマルだ。

日本人の中には、自分の息子が若い子を妊娠させ、「腹ぼて」にしたから結婚した、というのでセックスに“不感症”になっているが、「妊娠→結婚」はどう考えてもおかしい。順序が逆だ。

昔は親がきちんと躾をしていたので「はやる性欲を抑制」することを教えた。

だが、今は親自身がふしだらな生活をしているので、線引きが出来なくなっている。

恥じらいもなく、平気で「できちゃった婚」などと口にする。

こんな状態だから高校生どころか、中学生が親の留守に異性と性交を重ねているという。子どもは親の背中を見て育つ。

若者の間で梅毒など性病が急速に増えている。20代女性の梅毒患者は10年前に比べ20倍近くに増加した。性器だけでなく口からの感染が多い。

人心が卑しくなると、モラルも道徳もない。

腹が減ったらメシを食うように、性欲の赴くままに身体を重ね、快楽をむさぼる。

訪日外国人が言っていた。 「日本人は簡単にやらせる」

これほど侮辱した言葉はない。だが、現実は誰も消すことが出来ない。

落ちるとこまで落ちたニッポン!

「お・も・て・な・し」と、「ろ・く・で・な・し」の妊娠→結婚!




NHKがニュース速報を流した「お・も・て・な・し」タレントと、「ろ・く・で・な・し」政治屋の妊娠→結婚。

全スポーツ紙が一面トップで報じた。

テレビのワイドショーはどこも1日中、2人の話で持ち切りだった。

その裏で自衛隊の有志連合への参加が着々と進行していた。

安倍政権が、集団自衛権の行使を含む戦争法を強行成立させた。トランプ政権はこれを盾にとって参加を強制している。

本格的な自衛隊の海外“派兵”が始まるのか。

***************************
ネットの声である。 
▼有志連合の話題をそらすため。
進次郎と滝クリは結果としてスピンの役割を果たした。それも充分過ぎるほど。お粗末なのはこの国の記者クラブメディアだ。
       ↓
『エスパー米国防長官 日本に有志連合参加説得』

▼滝クリって局アナ試験に落ちても共同テレビからしぶとくのし上がって、元カレも小澤征爾の息子とか御曹司系をソツなく選んできて、最終的に元首相の息子の政治家とデキ婚って、相当に計算高い策士っぽい気がする。

▼性欲におぼれて妊娠。
2人共いい歳の大人なのにこんな事を大っぴらに発表して恥ずかしくないのかな。
情けないとしか言いようがない。

▼『お・も・て・な・し=表無し=裏ばかり!ってぇこっちゃ。』
まぁ、<頭狂誤倫>にふさわしい、できちゃった婚・公私混同・バカップルではある。

▼アベ自民党がヘマして、国民が不満を感じた時に、ここぞと登場し不満に対するガス抜き発言をするのが役割の功労者ですから、アベもそれなりの計らいをするんでしょうね。

▼滝クリが妊娠5ヶ月に成ってから、小泉進次郎が結婚会見!
何故?早く結婚、式をしなかったのか?結婚する気が無かったから…しかしマスコミは大騒ぎ?!

▼2009年に親の七光で初当選して10年、国会議員として何ひとつ成果を上げて来なかった税金泥棒の小泉進次郎が、安倍晋三のハカライで首相官邸で「できちゃった婚」を発表。まるで吉本興業とミヤネ屋を足したような政権だ。こんな政権に憲法などいじらせたら間違いなく「権力者優遇憲法」になるだろうな。

▼2人共いい歳の大人なのにこんな事を大っぴらに発表して恥ずかしくないのかな。情けないとしか言いようがない。

▼正解は、「性交失敗」ですかね。

▼野党議員も婚約の発表時には 官邸で記者会見を なんせ「立法府の長」と自認している方に ご挨拶にいき、その流れでぜひ官邸で ダメとは言えないでしょう。

支持率アップに貢献の小泉進次郎、ご褒美に初入閣の噂!

利用できるものは犬の糞でも利用するというのが異臭漂う政治屋の世界。

消費税の10%への増税で景気悪化が避けられない中、世間の目をごまかそうと飛び出したのが、「ろ・く・で・な・し」と「お・も・て・な・し」の妊娠ー結婚話。

こういう悪知恵だけは働く小泉進次郎。官邸に「恩」を売ったご褒美に初入閣が待っているそうだ。

*************************************
日刊ゲンダイによると、

フリーアナウンサー・滝川クリステル(41)との「妊娠・結婚」を首相官邸で発表した小泉進次郎(38)。安倍官邸も支持率アップにつながると、大歓迎しているという。早くも9月の内閣改造で“ご祝儀入閣”するとの情報まで流れ始めた。

あんたたち、首相官邸に「結婚報告」に行ったのかい?

 俳優の速水もこみちさん(34)と平山あやさん(35)が結婚したと8日、それぞれの所属事務所が発表した。同日、東京都内の区役所に婚姻届を提出した。

*********************************

 お二人とも早く首相官邸に結婚報告に行かなくては。それとも、もう行ったのかい?

 「お・も・て・な・し」のタレントと、「ろ・く・で・な・し」の政治屋、小泉進次郎の時はあんなに派手に報道した新聞、テレビが今回は、たった数行のお知らせでお茶を濁した。

結婚報告が大ニュース?この異常性に国民は気づかないのか?

小西ひろゆき (参議院議員)
 結婚には祝意を表したい。しかしなぜ、結婚というプライベートの事柄について、国会議員が行政中枢たる首相官邸の中で私人の婚約者と一緒にインタビューを受けるのだろう。違和感を感じる。

世直し銀次
 小泉と滝川の結婚は私事です。そこに公共性はありません。それなのに、総理大臣官邸という公共の施設の最たるところで発表。

 それを公共の電波が長々と時間を割いて繰り返し放送するとは、どういうことでしょうか?

 この異常性に国民は気づかないのでしょうか?

私事の「結婚・妊娠」をなぜ、わざわざ首相官邸で発表?

先の参院選挙で非正規就労者の代表として、格差社会の矛盾を訴え「れいわ新選組」から出馬した渡辺照子が言った。↓

世襲議員と批評眼のない「キャスター」との「結婚・妊娠」という私事が首相官邸で発表される日本に愕然とする。

てるちゃんの言う通りだ。

40近い男が、いい歳をして、「速度違反」を犯し、女に子供を孕ませた挙句に、こんな恥しい私ごとを国家の中枢機関に報告に行くバカがどこにいる? 小泉進次郎という男は親に似て相当程度が低い。

何代も、何代も私たちの税金でぬくぬくと暮らしてきた世襲議員が常識と言うものが分からない半端者ばかりだ。安倍晋三しかり、麻生太郎しかり、である。

てるちゃんには次の衆院選にぜひ出馬してもらいたい。世襲議員を叩き落してもらいたい。


「投票しないから変わらない」のだ!

7月21日開票の参院選で公明党は100万票も得票を減らした。

これについてYSKISHINさんが、こんなコメントを寄せた。

****************************

比例で100万票減らしてもなお、公明は議席を増やしている。

投票率が下がると、こういう組織ガチガチ政党に議席を与えることになる。

「投票しても変わらない」ではない。

「投票しないから変わらない」のだ。

*********************************
参考

公明党は21日投開票された参院選で、比例票を前回2016年から100万票以上も減らした。九州や東北では3割以上も減少した地域があった。支持者が高齢化し、かつてほどの集票活動を展開できなくなったのが一因だ。

公明党は参院選で東京や大阪など7選挙区に立てた候補が全員当選し、比例でも目標の6人を上回る7人が議席を得た。 (以上 日経)