週刊新潮が山本太郎攻撃のノロシを上げた!


 案の定、早速おいでなすった。「権力の露払い」、使い走りをしている「週刊新潮」である。そろそろ来るころだと思っていた。

 安倍政権を真っ向から鋭く批判する山本太郎が邪魔で仕方がないのだ。

 江戸時代の春画で、局部の描き方は化け物だ。実際にそんなものが存在するはずがない。が、極端にデフォルメされた春画は海外で注目を集めた。私はこれを「歌麿手法」と呼んでいる。

 今回の「週刊新潮」の手口は「歌麿手法」そのものだ。一部の発言を取り上げ、「これでもか」と拡大して見せ、全体像をわざとぼかした。

 4月に山本太郎が旗揚げした「れいわ新選組」は日増しに注目度を高めた。慌てた「週刊新潮」は山本太郎の攻撃を始めた。

 これがその一部だ。
****************************
 今回の参院選で、思わぬ躍進を見せたのが「NHKから国民を守る党」、そして山本太郎代表の「れいわ新選組」だった。(中略)

 一方、山本代表は原発事故に際し、“煽動的”な物言いで、風評被害に苦しむ福島の住民を絶望に追いやってはいなかったか。それは「生きててよかったと思える国」とはかけ離れたものでもある。 (以上 週刊新潮)
**********************************

 NHK=安倍内閣の御用機関とみられる中で、N党は反安倍票の受け皿となり、党首の立花が当選した。ところが当選した途端、有権者の期待を裏切り、政党交付金稼ぎと疑われるような行動に走った。

 こんな札付き集団と、「れいわ新選組」を同列扱いすることで、山本太郎の世間の評判を落とそうとした。

 原発と福島については、危険な「放射能汚染」がいまだに国民の間で懸念されているのは事実。

 現に東日本大震災の直後に水素爆発を起こし、炉心溶解し、破壊された東電福島の原発からは今も放射能を放出している。誰も近づけない。人間の力で原発はコントロールできないのである。

 安倍晋三は五輪誘致のために「福島は安全だ」と世界にウソをつき、県外に避難した住民を半ば強制的に“危険地域”に帰還させようとしている。

 チエルノブイリと比較すると「帰還など絶対に在り得ない」話だ。

 山本太郎はその点を問題視し、完全に危険が取り除かれない限りは、帰還すべきではないと訴えている。

 福島の住民を絶望に追いやったのは、無理やり期間を進める安倍政権だ。

 それほど安心なら、晋三は実母や妻の昭恵を現地に住まわせるべきだ。

 安倍の頭の中には「東京五輪の開催」しかない。被災者のことなど元から眼中にない。

 山本太郎は福島の人々をないがしろにするこんな晋三のやり方に憤りを覚えている。

「週刊新潮」はすべて承知で、権力の片棒を担いでいる。 

新たな歴史の幕が開いた!舩後靖彦、木村英子両議院が誕生!

 この日は日本の歴史に残る記念すべき日だ。 2019年8月1日。

 午前9時2分、難病ALS当事者の舩後靖彦さんが国会正門に到着した。続いて重度障碍者の木村英子さん。

 山本太郎率いる新党「れいわ新選組」から初当選した参院議員である。

 2人を「れいわ新選組」のピンクの特製うちわを持った、たくさんのボランティアら支援者が拍手で迎えた。

 舩後さんらに待ち受けたメディアが殺到、シャッター音が鳴り響く。

 「選挙の時に来て欲しかった」と木村さんが報道陣に鋭いパンチを一発、浴びせた。

 いいね! 実にいい。

 誰か! 英子さんに座布団1枚やってくれ!

 こうして山本太郎と「れいわ新選組」の新たなスタートが切られた。

 みなさん、覚悟はいいか。 次は衆院選だ!

*************************
以前から舩後さんらを応援し続けた作家でエッセイストの雨宮処凛が「マガジン9」にこれを寄稿した。

党首落ち 当選の嬉々なかりけり 議員なれたは太郎の力
晩年の麻痺の身体つかうこと 党の隆盛なることと決め
二院制 衆参二つ 優越は 衆議院なり人送り込め!!!


 この短歌は、参院選で当選した「れいわ新選組」舩後靖彦さんが選挙のあとに書いたものだ。7月24日、舩後さんの自宅に行った際、見せてもらった。

 当選から3日後のこの日に舩後さん宅を訪れたのは、参議院の職員たちが聞き取りに訪れることになっていた。そこに私も同席した。いわば「国会バリアフリー」が大きな一歩を踏み出す歴史的瞬間に立ち会ったというわけである。

 ALSで全身麻痺、人工呼吸器をつけた人が国会議員になるなど世界初、そして人類初のことである。

 意思表示は? 移動は? 介助人は? 緊急事態の場合の対応は? などなど、考えるべきこと、確認しておかなければならないことは無数にある。

 そしてそのすべてが、国権の最高機関・国会のバリアフリー化につながっていく。

 ということでこの日、松戸の舩後さんのマンションには5人の参議院の職員が訪れた。男性4人、女性1人。

 同席するのは舩後さんが副社長をつとめる株式会社アースの社長・佐塚みさ子さん(いつも舩後さんの介助者として映っている人)、そして「れいわ新選組」代表・山本太郎氏だ。
 参議院の職員は、確認事項がずらっと並んだ資料や本会議場の図面を手に舩後さんのベッドの周りに座り、一つひとつを示しながら話した。

続きはここをクリック
https://maga9.jp/190731/

「ウラジミール」・・・完全にコケにされた晋三は哀れなピエロ!

安倍晋三は頭から尻尾まで完全に馬鹿にされている。これほどコケにした話はない。

「私とプーチン大統領は、引き続き親密に協議することで一致した」と晋三。

 同じセリフを何十回、聞かされたことか。

 モスクワやシベリアを30回も往復しながら一体、何を話し合ったのか?

 プーチンは欧米の指導者と比べ、はるかに格下の安倍晋三を完全に見下している。

 バカにされているのも知らず、「ウラジミール、ウラジミール」と、さも親しげに愛嬌を振りまき、尻尾を振る晋三はピエロだ。

************************************

 【ウラジオストク共同】ロシア政府は7月31日、メドベージェフ首相が8月1、2日の日程で極東のザバイカル地方とサハリン州を訪問すると発表した。

 政府当局者によると、北方領土を事実上管轄するサハリン州で地域発展に関する会議に出席し、2日午後にも択捉島に入る計画。天候を勘案し最終的に判断する見通し。  (以上 共同通信)

左翼でもなければ右翼でもない山本太郎!

 山本太郎や「れいわ新選組」のことを「左翼」だとレッテルを張るテキの工作員がいる。

 が、山本太郎は左翼でもなければ右翼でもない。

 そんな「時代がかった仕分け」には全く関心がない。あるのは「上か下か」の格差社会の解消だ。

 工作員たちは、日増しに高まる山本太郎の評判を落とそうと躍起になっている。

 しかし、太郎はそんな輩は歯牙にもかけていない。「われ関せず」である。

 だから、みんなに支持されるのだ!

櫻井よしこが衆院議運にイチャモンをつけた!


 高市早苗衆院議院運営委員長(自民)は31日、憲法改正に絡み大島理森衆院議長の交代論に言及した自民党の萩生田光一幹事長代行に苦言を呈したことに対し、ジャーナリストの櫻井よしこから抗議があったと記者団に明かした。

 櫻井は、萩生田の発言があった保守系インターネット番組の主宰者。萩生田は26日に「有力な方を議長に置いて憲法改正シフトを国会が行っていくのは極めて大事だ」などと語り、高市は29日に「萩生田が議長を交代できるわけではない」などと指摘した。  (以上 時事通信)

けさ8時、山本太郎がテレ朝に緊急出演!

 きょう8月1日の羽鳥慎一モーニングショー「そもそも総研」は、「緊急特集 “れいわ旋風”山本太郎代表生出演 第2弾」がテーマ。

 8/1に臨時国会が召集され、「れいわ新選組」比例代表で当選した2人が初登院します。

 ”生産性で人間をはからせない世の中とは?”山本太郎氏にスタジオにお越しいただき、改めてお聞きします。