靖国神社が天皇陛下の参拝を断られた!共同通信が報道!

 共同通信によると、靖国神社が昨秋、当時の天皇陛下(現上皇さま)に2019年の神社創立150年に合わせた参拝を求める極めて異例の「行幸請願」を宮内庁に行い、断られていたことが13日、靖国神社や宮内庁への取材で分かった。

 靖国側は再度の要請はしない方針で、天皇が参拝した創立50年、100年に続く節目での参拝は行われず、不参拝がさらに続く見通しだ。

 天皇の参拝は創立から50年ごとの節目以外でも行われていたが、1975年の昭和天皇が最後。78年のA級戦犯合祀が「不参拝」の契機となったことが側近のメモなどで明らかになっている。 (以上 共同通信)

詳しくはここをクリック
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190813-00000138-kyodonews-pol

************************************

 A級戦犯合祀とは、東条英機ら戦争犯罪人を靖国が突如、合祀したもので当時世間は激しく反発した。それにもかかわらず強引に断行したのは極右勢力の後押しがあったからだ。

 その流れをくむのが現在の日本会議で、安倍晋三ら多数の国会議員が名を連ねている。彼らは国粋主義的な戦前回帰を目指している。

 平和憲法を無理やり改悪しようとするのも、その一環である。

 時代錯誤も甚だしい動きを止めなくてはならない。

 護憲のシンボルがいまの上皇陛下や天皇陛下である。

 このため安倍晋三らは天皇家を快く思っていない。自分たちの思うようにならないからである。

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント