小池晃も見学に来た山本太郎の圧巻の街頭記者会見!

 たったひとりで「れいわ新選組」を立ち上げ、今回の参院選で難病患者2人を当選させた山本太郎の「街頭記者会見」が8月1日夜、東京・新宿の小田急デパート前で開かれた。

 JR新宿駅の構内まであふれた聴衆が立ち止まって太郎の話に聞き入っていた。私の長い人生でこんな光景を見たのは初めてだ。

 黒山の聴衆の中に混じって、作家の室井卯月や共産党の小池晃の顔も見られた。ゲストかと聞かれた小池は「勉強のために、見学に来た」と応えた。

  メディアがたくさん来ている。冒頭、山本太郎がメディアに向けこう呼びかける。

 「後で、メディアの囲み取材はいっさい受けないので、メディアの皆さんはこの場で質問してください」

 メディアの記者であろうが、なかろうが、質問はみな同じだというのだ。見事な采配だ。ますます太郎が気に入った。

 大衆との質疑では、太郎が主張する「税金はあるところから取れ。ないところから取るな」と言う法人税の引き上げは、「金持ち企業が海外に逃げていくのではないか」との声がでた。

 これに対し山本太郎は経産省のデータを示し、質問者が納得いく回答を提示した。

 法人税引き上げによる海外逃避論は、日経が好んで使う手法だが、全く根拠がないことが分かった。

 このほか、日韓の緊張、精神障害から吉本スキャンダルなどあらゆる質問に太郎は一つ一つ、丁寧に答えていた。

 この間、太郎は上着を脱ぎ、ネクタイを外し、ワイシャツまで剥ぎ取って、Tシャツ1枚になってマイクを握った。

 この夜の東京は熱帯夜だ。そこに立錐の余地がないほど詰めかけた聴衆の熱気と人いきれで、その場の気温はさらに上昇。

 質問を受けるたびにペットボトルから水分補給した。すでにTシャツは汗でびっしょり。

 それでも、2時間半の超ロングランを太郎は、大衆と一緒に走り抜けた。

 山本太郎の知識の広さ、博学ぶりに改めて驚かされた。

 現在700人を超える与野党の衆参議員の中で、山本太郎の右に出る者はいない。

 とにかく私が説明するよりこの夜の、山本太郎の録画を見ていただきたい。↓

新宿駅西口 2019 08 01
詳しくはここをクリック
https://www.youtube.com/watch?v=hzOPuaaBzCo


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント