付き合い切れないと日本企業に「脱中国」の動き!

 米中の覇権争いは貿易にとどまらず、AIを含む軍事にまで拡大。宇宙でも覇を競っている。

 先が見通せない米中の“戦争”に付き合い切れないと日本企業が次々、中国から逃げ出した。

******************************

米国と中国の貿易摩擦の激化を受けて、日本企業の間では、米国に輸出する製品の生産を中国から東南アジアなどに切り替える動きが一段と進んでいます。

リコーは米国向けに輸出してきた複合機の大部分について、生産をタイに切り替えました。

任天堂は主力のゲーム機「ニンテンドースイッチ」の大半を中国で生産してきましたが、この夏からベトナムでも生産を始めていて、今後米国向けについてはベトナムで生産することも検討しています。

シャープも今月、液晶ディスプレーや空気清浄機などを生産する工場をベトナムに新設する計画を明らかにし、今後の米中の関係しだいで米国向けの生産を中国から移管することを検討することにしています。

このほか三菱電機が米国に輸出していた半導体と産業用機械の生産の一部を中国から日本に切り替えるなど、国内生産に切り替える動きもあり、こうした対応は広がりそうです。  (以上 NHK)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント