道警の暴力を糾弾する北海道民の勇気ある良識!

北海道新聞によると、

 安倍晋三の札幌での参院選街頭演説にヤジを飛ばした市民を道警の警察官が排除した問題で、小林ヒサヨ道公安委員長は6日の道議会総務委員会で「警察の職務執行の中立性に疑念が抱かれたことは残念だ」と述べた。

 一方、山岸直人道警本部長は「トラブル防止の観点から措置を講じた」と改めて正当化しつつ、措置の法的根拠については札幌地検に告発状が出されたことを理由に回答を避けた。

 告発状は、排除行為は特別公務員職権乱用罪などに当たるとの内容。

 山岸は「真摯に受け止め、今後とも不偏不党、公平中正を旨に職務を遂行する」と述べた。7月15日の問題発生以来、道警が明確な説明をしていないとの指摘には「できるだけ早い時期に必要な説明を行う」と応じた。

*****************************************

 北海道の人々を皆習うべきだ。警察権力が暴力をふるった違法行為を働いた際は、躊躇なく抗議すべきだ。こうすることで権力側の暴力を足止めできる。

 彼らは世論を非常に気にしている。権利を侵されても、黙っているのが一番よくない。

 朝日や毎日、読売などの首都圏紙が書かなくても、北海道新聞のような勇気あるメディアは日本各地にたくさん存在する。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント