戦前の政官財に多大な影響与えた「幻の極右新聞」を発見!

 昭和初期にこんな極右の新聞が堂々と発行されていたとは驚きだ。その名は日刊紙の「日本新聞」である。10年間分がほぼ完全な形で発見されたとNHK。

 戦前に日本が戦争へと突き進んだ道筋を解き明かす貴重な資料として研究者の間で注目を集めているという。

 NHKによると、日本新聞は、発行部数1万6000部と多くはないものの、政官財に幅広い読者を持ち、戦前最大の右派メディアとして右派思想を広めた。

 日本は、昭和の初めから急速に国家主義的な風潮が広がった。日本新聞を詳しく分析することで当時の言論や思想の移り変わりをひもとく手がかりになる。

詳しくはここをクリック
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190809/k10012028941000.html?utm_int=news_contents_news-main_005

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント