日本社会が急速に「貧しくなっている」とニューズウイーク!

 安倍晋三はアベノミクスは大成功、景気は回復した、給料は増えた、就業者の数も増えた、求人倍率が上がった、と自画自賛し、外遊しては海の向こうにカネをばら撒いてご満悦。

 うまくいっているは、みんなウソだ。

 そんなに好景気で、どうして貧困家庭が6世帯に1世帯もあるのか?

 ひとり暮らしの女性の3人に1人がなぜ「貧困女子」なのか?

********************************
 雑誌ニューズウイークは、日本は本当に先進国か?と疑問符を打った。これである。

数字で見ると今の日本は惨憺たる状況
 このところ日本社会が急速に貧しくなっていることは、多くの人が自覚しているはずだが、一連の状況はすべて数字に反映されている。

 日本の労働生産性は先進各国で最下位(日本生産性本部)となっており、

 世界競争力ランキングは30位と1997年以降では最低となっている(IMD)。

 平均賃金はOECD加盟35カ国中18位でしかなく、

 相対的貧困率は38カ国中27位、

 教育に対する公的支出のGDP比は43カ国中40位、

 年金の所得代替率は50カ国中41位、

 障害者への公的支出のGDP費は37カ国中32位、

 失業に対する公的支出のGDP比は34カ国中31位(いずれもOECD)

 など、これでもかというくらいひどい有様だ。 (以上 ニューズウイークより抜粋)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント