あなたのカードは大丈夫? 「すり替え詐欺」が横行!

人をダマす手口が段々と悪質になってきた。

今の時代、銀行カードや、クレジットカードを持っていない人は少ないのではないか。

そこを狙った「すり替え詐欺」が高齢者を狙っているという。

では、それはどんな手口なのか?

詳しくはここをクリック
https://www.sankei.com/west/news/190826/wst1908260005-n1.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

哭きカラス
2019年08月29日 12:12
次々に現れる"詐欺"の手口…。
なぜ?日本人、特に高齢者は騙され易いのか?
一番の原因は、"肩書"に弱いからではなかろうか?
警察官や、銀行員や、弁護士や役場の職員…と名乗られると、身分を確かめる作業もしないで信じ、詐欺に合ってしまうのではなかろうか?つまり日本人は"肩書き"に弱いのだ。
外国人は、必ず"身分証"の提示を求め、電話で確認するそうだ。
特に欧米諸国人は"肩書き"など余り重視しない。
とにかく日本人は所謂"平和ボケ"しているのだ。 決して平和な国とは想えないが。。
私は、家庭の事情で15才時に独立したので、我が身の安全を保っ為に、最大限"五感"を駆使して何とか生き延びてきた。

何か起きた時には、一旦疑って二歩も三歩も退いて、取り敢えず疑ってみて。。と習慣着けた。
此からの日本は益々混沌と、また殺伐とした国になりそうだ。日本人は失った"五感"を甦らせて賢明になるべきと思って止まない。
五感を甦らせる為には、自然に触れ、肉食を控えると良いと訊くが。。確かに…肉食を止めてから五感が鋭くなってきた。

加えて、日本では人間関係が稀薄になって、親子間や近隣との対話が乏しくなり、相談相手に恵まれない国民が増えているが。。高齢者なら尚更だろう。
向こう三軒、両隣り。。のコミニュケーション環境の復活が必要だろう。