スーパーで秋の味覚、サンマ1匹に645円の正札!

 宮城県気仙沼市の気仙沼漁港に27日、宮城県内のトップを切ってサンマが初水揚げされた。水揚げ量は昨年の初水揚げ(65トン)を大幅に下回る約8トンで、サイズも小ぶりだった。  (以上 共同通信)

************************************

 わが家の近くのスーパーに行った。「新鮮」と書いたサンマ1匹598円。消費税が付くと645円だ。しかもいつもの半分ほどの細身だ。これ1匹ではおかずにならない。1人で2匹は食べるだろう。去年の冷凍ものは70円で売っていたが味が違う。

 サンマは秋の味覚。いつも新物が出ると真っ先に食べるが、それでもせいぜい300円前後だ。

 今年はあまりに高いので買わなかった。

 日本を訪れた中国人がサンマの旨さを知って数年前から日本近海で乱獲をやりだした。日本の場合は後のことを考えて無茶獲りはしないが、彼らは手あたり次第、根こそぎ、かっさらっていく。資源保護など眼中にない。

 中国の爆食が資源を枯渇させる恐れがある。「儲かる」と思ったら連中は後先を考えない。

 彼らに社会の「常識」「共存」を教え込むのは容易ではない。

  宋だ、 元だ、 明だ、清だ、と支配者が変わるたびに翻弄されてきた中国人は早い者勝ち、強い者勝ち。

 中国人は金が大好きだ。国の通貨より、金ピカの金をどこよりも重視し、信用する。

 だから中国共産党のように強権でないと国を治められないという人が多い。厄介な代物だ。

 ところでサンマは養殖が可能なのだろうか? 今から妙なことを心配している。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント