私に対する「ヤジの権利は保証されず」と文科相の柴山昌彦!

 埼玉県知事選の応援演説をしていた柴山昌彦文部科学相に対し、大学入学共通テストに反対するやじを飛ばした男性が県警に取り押さえられる事案があり、柴山氏は27日の閣議後会見で「大声で怒鳴る声が響いてきた。選挙活動の円滑、自由は非常に重要。そういうことは権利として保障されていない」と述べた。

 7月の参院選中、札幌市での安倍晋三首相の街頭演説にやじを飛ばすなどした聴衆が北海道警に排除された。表現の自由を巡り、柴山氏の発言は議論を呼びそうだ。

 柴山氏によると、やじは24日夜、JR大宮駅近くで、街宣車から演説を始めた際、男性から「柴山やめろ」などの声が上がった。 (以上 共同通信)

*******************************************

 参院選挙のさなかに山本太郎を激しくやじった男には見て見ぬふりをしながら、なぜ、政権側に対しては対応が違うのか?

 山本太郎は安倍政権にとっては「警戒」すべき政治家だ。

 彼の街頭演説の場には必ずサツの警備公安担当者がやって来て、近くで聞き耳を立てているハズだ。

 彼らは身元がバレるのを警戒して自分では行動できないが、現場から警視庁に連絡できる。なぜ、やらないのか?

 警察は特定勢力の飼い犬ではないはずだ。

 なぜなら、彼らの給料は私たち国民の税金だ。

 自民党が出しているわけではない。安倍晋三のポケットから出ているわけでもない。

 片方だけに”サービス”するのはソンタクだ。

 そんなことより、ヤジをいちいち取り締まる方がどうかしている。山本太郎のように軽く受け流せばいい。柴山なる男にはそんな度量はないだろうが、お粗末な人物だ。タマが小さ過ぎる。自民党はどうしてこんな小粒ばかりなんだろう。

 会見で御託を並べるヒマがあったら、愚か者のヘイトスピーチを本腰を入れて取り締まれ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント