不正疑惑で文在寅の今後の政権運営に黒い影!

 NHKなどの報道によると、韓国大統領府は今月9日、文在寅が新たな法相として、最近まで首席補佐官を務めていた側近で対日強硬派のチョ・グクを起用すると発表した。

ところが、このチョをめぐって、

家族ぐるみの「不透明な投資ファンド運営」や

「資産隠し」に加え、

娘を名門大学に「不正入学」させたなどとされる疑惑が相次いで持ち上がった。

 とりわけ、学歴社会の韓国では不正入学に対する国民の視線が極めて厳しく、チョ・グクへの批判が高まっている。

 この影響で、文在寅の支持率は不支持が就任以来初めて50%を超え、支持するを上回った。

 韓国では、文在寅が日本との軍事情報包括保護協定=「GSOMIA」の破棄を決めたのも、チョの疑惑から国民の目をそらす狙いがあると反発が強まっている。

 日韓関係が悪化する中、今後の政権運営に影響が出る恐れがある。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント