台風の目になるか「れいわ新選組」の農政?


 どう見る「れいわ農政」! “台風の目”なるか?と銘打って、日本農業新聞が山本太郎と「れいわ新選組」を取り上げた。

*************************

 山本太郎代表率いる「れいわ新選組」は、参院選で食料安全保障を「最重要事項」とし、食料自給率目標は「100%」を強調。さらに全ての第1次産業就業者への戸別所得補償を主張。

 このように夢のような政策が並び、政権批判の舌鋒はどの政党よりも鋭い。国会での農政論戦でも“台風の目”となるか注目だ。

 「れいわ新選組」は、安倍政権下で成立した法律や国会承認された条約を「トンデモ法」と批判し、その「一括見直し・廃止」を主張する。

 その対象として環太平洋連携協定(TPP)の他、都道府県に稲や麦などの種子供給を義務付けていた種子法の廃止法や漁業法、国家戦略特区法など農業関連の法案も多く挙げた。

 さらに、「コンクリートも人も」をキャッチフレーズに、公共事業への積極的な財政支出を訴える。

 かつて「コンクリートから人へ」を掲げて、土地改良事業を含む公共事業の大胆な削減を進めた民主党政権と一線を画している。

 公共事業は「雇用や防災を考えれば必要不可欠だ。公共性の高いものは国が主導し、積極的に支出する」としている。

 新たな勢力として農政論戦に一石を投じるか、と日本農業新聞は期待感をにじませた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント