今度は鹿児島県警が図書館利用者の個人情報求める!

 本当に安倍晋三が政権の座について政治がどす黒く濁った。

 権力が民衆を弾圧したり監視するようになった。

 7月には安倍晋三の街頭演説でヤジを飛ばしたと言って北海道警が有権者を排除した。

 そして今度は九州でこんなことが発覚した。

**************************************
これは「まのじ」さんの投稿である。転載する。

 鹿児島県にある4つの公立図書館が、県警からの任意の依頼を受けて、警察に利用者の個人情報を提供していたことが報じられました。

 捜査令状もないこのような依頼に、情報法の専門家は「読書履歴の報告に緊急性があるとは考えられず、思想・信条を調べるものであることは明らか」と指摘しています。

 これは南日本新聞の調査により判明しましたが、昨年12月には、苫小牧の図書館も警察に個人情報を提供していたとのニュースもありました。

 報じられていないだけで、全国的に行われているのではないかという疑念が湧きます。

 ツイートにあるように「憲法を馬鹿にしきった政権下」ならではの怪しさです。

 図書館には「図書館の自由に関する宣言」というものがあることを知りました。戦前に図書館が思想統制に協力したことへの反省から、国民が主権者であると高らかに謳う理念を採択しています。

 専門的な司書の方々がどんどん非正規雇用になり、生活ができなくなっているというニュースを目にしたばかりでしたが、図書館の質の高さは「長期の管理に携わる司書がいて初めて成り立つ」とあります。

 このような形でじわじわと図書館の自律性が損なわれているのかもしれません。(まのじ)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント