中国が自衛隊の護衛艦を標的に見立てて攻撃訓練!

 共同通信によると、東シナ海の公海上で5月、中国軍の戦闘機が海上自衛隊の護衛艦を標的に見立てて攻撃訓練をしていたことが18日、分かった。

 政府は不測の事態を招きかねない「極めて危険な軍事行動」と判断したが、自衛隊の情報探知、分析能力を秘匿するため、中国側に抗議せず、事案を公表していない。

 現場での偶発的軍事衝突の懸念る。

 東シナ海では中国によるガス田の単独開発や公船の領海侵入が続き、日本が抗議を繰り返している。

 今回の中国機の行動は、東シナ海の軍事的緊張の一端を浮き彫りにした形だ。 (以上 共同通信)

******************************************

 トランプに追い詰められた習近平率いる中国共産党政権は、急に態度を豹変させて日本に「微笑み外交」を始めた。しかし、本心は変わっていない。

 薄気味悪い「微笑み外交」は、米中経済戦争の続く中で日本を敵に回すのは得策ではないとの判断から、日本との冷戦を一時的に回避したと言っていい。

 今回の攻撃訓練を見ても分かる通り、すきあらばと狙っている。われわれは、共産中国に対する警戒を怠ってはならない。

 中国ではいまも「反日教育」を続けて、日本への敵愾心を養っている。

 共産中国が心から友好を望むなら挑発を中止し、「反日教育」をやめるべきだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント