働く人の34%、2256万人が年収200万円未満と東京新聞!

 東京新聞によると、働く人の34%、2256万人は年収200万円未満。なかでも民間サラリーマンは12年連続で1000万人を超えるなど、いわゆる働く貧困層(ワーキングプア)が問題となっている。日本は非正規労働者の増加で、先進国の中でも働いても貧困である率が高いのが特徴。

***********************************

 信じられないような内容の数字だ。年収200万円未満では東京だと、1人でも生活できない。私の住む駅前の周旋屋に張ってあるチラシを見ると6畳一間のワンルームでも6ー7万円する。二間だと8・5万円から10万近い家賃だ。

 部屋代だけでこれだから、生活するにはガス、水道、電気は欠かせない。そこにスマホと来ると月10万円そこそこでは絶対無理だ。飲まず食わずで人間は生きられない。そのうえ、民間の賃貸は2年に1回、契約更新だなんだと何か月分かとられる。

 山本太郎が言った。「都会の家賃はが高すぎる」。同感だ。どうしてこんな値段が付くのだろうと不思議で仕方がない。

 落語仲間の話だと今、私が住んでいる場所は、数十年前は武蔵野の雑木林だったそうだ。それこそタヌキやキツネが行き来する「ど田舎」だったそうだ。私は8年前に越してきたのでよく知らない。

 それが今は私鉄が5本も相互乗り入れする便利な住宅街に化けた。山林原野のタダ同然の土地は、目の玉が飛び出すほど高値が付いた。周辺の飛び抜けて広い敷地の豪邸は大半が元農家だ。自家用車が夫婦で2台。畑に行く車が別に1台。

 ピカピカの外車は誰のかと聞いたら「遊んでばかりいるバカ息子の車だ」と親父が言った。このうちは2年前に豪邸を建て替えた。畑でとれたトマトや大根を敷地内に特設した店舗で現金で売っている。値段はスーパー並みだ。

 流通コストや宣伝費がかからないから半額以下で売っても損はない。これに対して欲深のカカアが「うちは、スーパーと違って新鮮だから」と食って掛かった。貧乏人の成金に限って欲が深い。領収証も何もないからもちろん税金など払っていないハズだ。

 同じ農家でも東京と、そのほかでは天と地ほどの違いがある。東京近郊の農家はわが世の春を謳歌している。7階建てのマンションを所有し、湘南に別荘まで建てたというから豪勢なものだ。労せずして巨額を手にした土地成金である。高級外車を乗り回す「バカ息子」

 方や、働いても、働いても、暮らし向きが良くならない年収200万円未満の人たち。三度のメシを食べるのがやっとの生活だろう。

 世の中の矛盾を感じる。

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント