ジャーナリストは「隠れみの」 上杉隆と津田大介!

 上杉隆はジャーナリストと名乗っているが、業界では誰も上杉をジャーナリストだと思っていない。時には会社社長だと言い、時には政治家予備校生に早変わり。そしてついに「僧侶」の肩書まで持ち出したというから驚きだ。

 今度は、NHKから国民を守る党と名乗って議席を確保した途端、条件次第で改憲に賛成と言い出したグループの幹事長だそうだ。

 こういう類が永田町には少なからず徘徊している。

 もう一人は津田大介なる人物。この御仁もよく分からない人だ。2人に共通しているのは「目立ちたがり屋」と言う点か?

 ネットの普及でこの媒体を巧みに利用して「世に出よう」と目論む輩がやたら多くなった。

 津田について、日刊スポーツのコラム「政界地獄耳」が「関係大学や関係する新聞が積極的に津田を擁護している節はない」と指摘しているが、これが津田のすべてを物語っている。

**********************************
津田&上杉、ジャーナリストは隠れみの/政界地獄耳

★今、2人の男が世間で話題だ。1人はつい最近、自らが芸術監督を務めたあいちトリエンナーレの「表現の不自由展・その後」で公開直後から政治家からの批判や一般の批判に耐えかね、3日で展示を休止した。話題の人・津田大介だ。

 津田は早稲田大学文学学術院教授、大阪経済大学情報社会学部客員教授、朝日新聞社論壇委員、新潟日報特別編集委員も兼任などそうそうたる肩書だが、関係大学や関係する新聞が積極的に津田を擁護している節はない。
 
★もう1人は、自身のオフィシャルサイトで「昨日(19年6月末日)をもって正式に会社経営から退き、19年7月よりジャーナリストとして復帰することになりました。

 復帰に伴って、原発報道への抗議の意味を込めた12年1月の「休業宣言」、東京都知事選出馬など「リボルビングドア」の実践としての16年からの「廃業宣言」、ともに撤回し、メディアの編集主幹として再スタートを切ることにしました。

 新たな挑戦である作家、および僧侶としてのお務めをしながらの活動となります」と発表した上杉隆。

 国会議員の秘書のあと、ジャーナリストとして政界に強くコミットしたものの、2度のジャーナリスト引退宣言。

 希望の党の設立に暗躍し、都知事選、中央区長選に出馬し落選。今回はNHKから国民を守る党幹事長に就任した。

★いずれもそれぞれの考えで活躍されればいいと思うが、気になるのが社会や世間の肩書に対する見方だ。

 ひとつの違和感はジャーナリストとして取材しながら自身がプレーヤーの軸になることへのバランスのとり方だ。取材者とプレーヤーは別ではないのか。

 2人の活動を見ているとジャーナリストは活動の「隠れみの」のようだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント