だったら私たちの力でこの国、取り戻すしかない!山本太郎!

一部の者たちだけにご恩返しするような政治が続いたら当然、この国壊れますよ。

だったら私たちの力でこの国、取り戻すしかない!

たった2分余りの録画。

この中に込められた山本太郎からあなたへのメッセージ!

聞かずにはおれない。

ここをクリック
https://www.youtube.com/watch?v=-Hm4HLfU2RI&feature=share
0

これでも勝った? 自民への投票は100人中たったの17人!

かった、かったと下駄の跡。

自民党は今度の参院選挙で本当に勝ったのか? 否である。

絶対得票率と言うのが一番大事。これは自民党が全有権者のうち、いくら得票したかを示す比率。

 2012年に第2次安倍晋三政権がスタートして、今回で5回の国政選挙を行った。その結果がこれだ。

2013年参院選 17・7%
2014年衆院選 17・0%
2016年参院選 18・9%
2017年衆院選 17・5%
2019年参院選 16・7%

 安倍政権はただの一度も20%台に乗ったことがない。3年前の参院選で18・9%と盛り返したが、その後は得票を減らし続け、ついに今回は16・7%と安倍政権発足して以来、最低の数字を示した。

 どういうことかというと、有権者100人いたらたったの17人した自民党に投票しなかったというわけだ。こんあので選挙に勝ったと言えるか?

 有権者の自民党への信頼度は時を追って薄らいでいる。これでも勝ったと言えるのだろうか?
0

山本太郎を「どうハンドリング出来るか」と立民幹部!



 山本太郎は今回の参院選挙で議席を失ったが、「れいわ新選組」が2議席のほか政党要件を軽々クリアするなど盛りだくさんな成果に大満足。それどころか、1年以内と言われる総選挙への出馬を明らかにするなど元気そのものだ。

 今や「れいわ新選組」は与野党の話題を独り占め。正真正銘の台風の目となった。

 そうした中で、毎日新聞によると、「れいわ新選組」が総選挙を単独で戦うのを懸念した立憲民主党の幹部は、「山本氏をどうハンドリング出来るかが重要だ」と警戒感を隠さない、とあった。

 この幹部とやらは、おのれの分をわきまえない人間だ。誰に向かってハンドリンと言ったのか? ロボットではない。傲慢不遜も甚だしい。

 立憲民主党は今度の選挙で山本太郎に非常に世話になったはずだ。太郎が応援に駆け付けると、たちまち黒山の人だかりとなった。これに対し、立憲民主党が「れいわ新選組」の応援に来たことはただの一度もない。

 自分の立ち位置を知ったうえで発言しなさい!立憲民主党の諸君、キミたちはもう主役ではない。わき役であることを自覚すべきだ。

安倍晋三が赤坂でマスコミ親衛隊と酒宴!



参院選挙が終わった直後の23日夜、安倍晋三はマスコミ業界の、いつもの取り巻きを集めて東京・赤坂の高級料理店で酒宴を催した。

この連中は各社の「親安倍」グループで、世にいう安倍親衛隊である。彼らと常に情報交換して、政界の動きを入手。

これでは政権批判など絶対にできるはずがない。安倍の「広報」、宣伝マンに徹するしかない。

米国では権力者からお茶一杯おごられることさえ固く禁じている。

権力とメディアの「癒着」を恐れるからだ。

この日集まった連中はジャーナリストを装った「業者」ではないか。

真のジャーナリストであれば、恥ずかしくて外を歩けない。

国会議員や大企業の中には新聞やテレビ、週刊誌の関係者を取り込むために「お車代」と称してその都度、10万円を手渡す者がいるという。

記者が取り込まれたらオシマイだ。

地獄のフタを開けたら最後、相手に「弱み」を握られるのでもう、逃れられない。

過去には金銭授受が発覚し、何人もの記者が退社を余儀なくされた。

*************************

23日午後6時51分、東京・赤坂のイタリア料理店「キッチャーノ」着。
政治ジャーナリストの田崎史郎
石川一郎テレビ東京専務
小田尚読売新聞調査研究本部客員研究員
粕谷賢之日本テレビ報道局解説委員長
島田敏男NHK名古屋放送局長
曽我豪朝日新聞編集委員
山田孝男毎日新聞政治部特別編集委員
と会食。

 午後9時3分、同所発。
 午後9時19分、私邸着。

安倍晋三、アンタ認識が甘くないか?



 あれだけ「国難だ」と騒ぎ立てた安倍晋三が、日本に直接影響を及ぼす恐れがあるミサイルを発射したというのに、素知らぬ顔でゴルフを楽しんだ。

 トランプが問題ないと言えばすぐ尻馬に乗って同調する。トランプは米国大陸に飛んでくるような長距離ミサイルではないから問題にしていないのだ。彼は日本や韓国の安全には関心がない。

 トランプは大統領選を前に、「北朝鮮とうまくやっている」との「成果」が必要なだけだ。そんな無責任な男の尻馬に乗って安倍はどうするのか?

 安倍晋三には日本人の生活と安全を守るとの責任感が皆無。危機管理ゼロだ。

 だから私は、「晋三は不適格」だと再三訴えているのである。

 東京新聞が27日の社説で強調した。傾聴に値する。

********************************

 北朝鮮が新型の短距離弾道ミサイルを発射した。米国との協議が進まないことへのいら立ちとみられ、挑発をエスカレートさせる可能性もある。

 発射されたミサイルは約600キロ飛行した。韓国全域と、日本の本州や九州の一部に到達可能な飛距離だ。

 安倍首相は静養先で、「わが国の安全保障に影響を与える事態ではない」とゴルフを続けたが、認識が甘くないか。

 北朝鮮が新型ミサイルについて、「低高度を飛行するため迎撃が困難だ」と自ら伝えていることに注意すべきだ。

 23日には、ロシア軍機が竹島周辺で領空侵犯し、韓国軍から警告射撃を受けた。ロシアは日韓の関係悪化をにらみ、日米韓の防衛体制を試す狙いがあったとみられている。

 そんな中、日本政府は、安保上の輸出管理で優遇措置を与える「ホワイト国」から、韓国を除外する予定だ。

 韓国では、対抗措置として、8月に更新を迎える日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄が論議されている。

 日韓がもめ、協力体制が弱体化すれば「誰が利益を得るのか」、よく考える必要がある。 (以上 東京新聞)

行政の障碍者への「健常者目線の差別」に反対しよう!

 参院選で当選した「れいわ新選組」の舩後靖彦、木村英子両氏は26日午後、参院議員会館で参院事務局と、厚生労働省の担当者と面会し、重度障害者に対する「重度訪問介護」サービスを国会活動を行っている間も受けられるよう要請した。担当者は「話し合って検討していく」と答えた。

 重度訪問介護は、身体が不自由などの理由で行動に著しい困難があり、常時介護が必要な障害者に対し、生活全般の支援を行うもの。

 両氏はこの介護サービスを受けているが、厚労省によると、歳費を受け取る議員活動は経済活動とみなされ、国会に向かうために外出する時点で支援がストップするという。  (以上 時事通信)

******************************************

「国会に向かうために外出する時点で支援がストップする」ー。こんなバカな話があるか。

「常時介護が必要」と認めておきながら、自宅から外に出たとたん、国会に向かうものまで支援は出来ないという。

 これでは体の不自由な人は「国会議員になるな」と言っているようなものだ。

 政府が掲げた「共生社会」とは、障碍者も健常者と同様の生活を送る権利があると詠ったものではないのか?

 行政機関のなくならない障碍者への「健常者目線の差別」に反対しよう。

波乱!国民民主党幹部が玉木の党代表辞任を要求!

 国民民主党の増子輝彦幹事長代行は25日、参院選で改選議席を維持できなかったことを踏まえ、玉木雄一郎代表に執行部の刷新を求めていることを明らかにした。

 福島市内で記者団に「きちんと敗北と認め、新しい国民民主党の体制をつくっていかなければいけない」と述べ、責任を明確化すべきだとの考えを強調。「私はいつでも辞任する覚悟がある」と語った。  (以上 時事通信)

**********************************************

 ところが、玉木は参院選敗退で「私は生まれ変わった。改憲議論を進めていく。首相と話をしたい」と安倍晋三にエールを送った。官邸からなにがしかの「毒」が回ったか?

 玉木は、参院選滋賀選挙区で野党統一候補として当選した元滋賀県知事の嘉田由紀子と面談し入党を要請。これに対し、嘉田は「当面は無所属でというのが選挙中の(支援者との)約束だ」として断った。当たり前だ。

日刊スポーツのコラム「政界地獄耳」はズバッとこう言った。

 政界きっての優柔不断の政治家は「生まれ変わる」タイミングも内容も間違えた。さてこの動きに党総合選挙対策本部長相談役・小沢一郎はどう動くか。国民民主党の路線対立と執行部退陣要求は野党共闘にどんな影を落とすのか。

「れいわ新選組」は「大きなけん引役」と都知事が評価!


 参院選挙で山本太郎が投じた一石の波紋が大きく広がっている。

 来年は東京パラリンピックと言いながら、障碍者への関心はそう高くない。必要な施設も、掛け声ばかりで少しも整っていない。

 そうした中で太郎がこの選挙で日本政府と国民に大きな問題提起をした。

 障碍者ばかりか、過酷な非正規、ブラック企業の典型であるコンビニ、財務省の受け売りで消費税は必要と国民を洗脳しようとするメディア、止まらない環境破壊、原発の危険性などなど、たくさんの問題を突き付けた。

 そして太郎は無関心だった者たちを投票所に引っ張り出した。誰もやれなかったことを山本太郎葉実践した。小池が評価するのは当然だ。

 ニューリーダー山本太郎への期待は高まる一方だ。

****************************************

 東京都知事のの小池百合子は26日の会見で、参院選で有権者の強い支持を集め、2議席を獲得した「れいわ新選組」について、重度の障がいがある2人を国会へ送り出したことを踏まえて「20~30年分の議論を一気に進めた。議論から実行に移す、大きなけん引役になられたのではないか」と述べ、山本太郎代表の戦略や行動を評価した。

 ALS患者の舩後靖彦氏(61)、脳性まひなど重度の障がいがある木村英子氏(44)が、比例代表で初当選したことを受けて、2人を迎える参議院では、さらなるバリアフリー化に向けた対策が急ピッチで決まった。8月1日の臨時国会召集まで間がないこともあり、工事などの対応も始まっている。

 20年東京大会へ、バリアフリーの準備も進める小池氏は「この課題(バリアフリー)は真剣に取り組むべき課題だ」とも述べた。 (以上 日刊スポーツ)
0

“敵”からも高い評価受ける政治家・山本太郎!



 山本太郎が「特定枠」を活用して難病患者2人を国会に送り込んだことについて維新から初当選した音喜多駿が投稿した。

 35歳と若いから44歳の太郎が社会に放った今回の問題提起が理解できるのではないか。

 このように山本太郎は“敵”からも高い評価の政治家である。紛れもない、50年に一度の逸材だ。

*****************************
音喜多駿が山本太郎についてこう言った。(原文のまま)

 自民党が我欲で作った「特定枠」を見事にハック。れいわ新選組の戦略は素直にすごい。

 率直にその発想と実行力に舌を巻きました。

 そもそもこの「特定枠」は、一票の格差を是正するために「合区」となって消滅した選挙区の国会議員を救済するため、国会議員の定数を無理やり増やして創設したものでした。まさに最低最悪の愚行。

 この特定枠をALS患者や重度障害者に充てることで見事に「ハック」したわけです。

 制度を作った自民党も、こうした使われ方をされるとは夢にも思っていなかったでしょう。

 ですが、自分たちが作った制度をルール内で活用することに文句が言えるはずもなく、これはれいわ新選組&山本太郎氏の完全な「一本勝ち」です。

 もちろん健康状態などから、国会議員という激務に耐えられるのか?というご指摘は出てきますが、国会議員のあり方や働き方を考える上で大きな一石を投じることになりますし、私は基本的にそれらも含めてポジティブなことだと捉えています。

 加えて、自らの落選も厭わぬ勝負に打って出た覚悟。これらが重なったからこそ有権者に想いが伝わり、得票率4%以上・比例2議席という結果につながったのだと思います。

 私はれいわ新選組・山本太郎氏とは経済政策を中心にまったく考え方が異なりますし、全面的に共闘することは決してありませんが、本気で社会を変えよう・自民党の横暴に一石を投じようとしている姿勢には敬意を表します。

 以前に地元・北区議会で聴覚障害者の議員が誕生した際、情報保障の整備についてサポートしたことがありました。

 せっかく私も一員として、参議院が変わる瞬間に立ち会えるわけですから、この機会を前向きな変化にできるよう、協力できる面は積極的に協力していきたいと思います。

驚きの新事実!あの大国、中国が「発展途上国」だった!

 まさかまさかの新事実。世界第2の経済力を誇り、米国に次ぐ軍事大国、中国が「発展途上国」扱いとは、それは失礼と言うものだ。

 世界から優遇扱いを「受ける」のではなく、他国に優遇扱いを「与える」側に回るのは当然だ。

 むしろ、こんな「不公正」が今まで続いていたことが不思議だ。

********************************************

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は26日、世界貿易機関(WTO)で中国や韓国などが発展途上国として優遇措置を受けるのは不公正だと主張し、WTOが制度を見直すよう米通商代表部(USTR)に取り組みを指示した。90日以内に進展しなければ、米国として独自に途上国扱いをやめる方針。30日から中国・上海で開く米中閣僚級貿易協議で議題に上る可能性がある。

 トランプ氏は26日、ツイッターで「世界で最も豊かな国々が、WTOルールを避けて特別扱いを受けるために発展途上国と自称している」と問題視し、「WTOは壊れている」と批判を強めた。
0

参院選後に突如、姿を見せた二大”詐欺”集団!

 児玉正人さんがいい提案をした。納得である。国会を食い物にせんとする詐欺が議員になった。この男に投票した有権者はみんな、だまされた。「NHKから国民を守る党」の立花孝志。改憲の採決に際しては安倍自民党に票を高く売りつける魂胆だ。

 そしてもう一人が参院選の大敗で「生まれ変わった。今後は改憲論議を進める」と明言し、第2の維新を目指す玉木某である。

******************************************
児玉正人さんが訴えた。 (原文のまま)

◆参院選の二大詐欺集団

 玉木雄一郎率いる国民民主党は、選挙後1週間で野党合意を覆し、「生まれかわった」=「豹変する」と広言し、護憲から改憲へ180度立場を変えた。

 かたや、「NHKの受信料強制徴取に反対」することが唯一の公約だったはずの「NHKから国民を守る党」は、政党要件を得たとたん、維新からさえ除名されるほどの丸山穂高や秘書への暴行で除名騒ぎになっている石崎某など、ガラクタをかき集めて5名を確保し、「党首討論に出たい」という名誉欲の塊である。

 改憲票を何票か握って安倍政権にすり寄り、あわよくばキャスティングボードを握って、高く売り込もうとの野望が見え見えで下司の極み。

 こんな奴らによって改憲が実現されていいのか?????

 まずは玉木国民民主への抗議によって怒りを示そう。

 ネット上の叫びだけでは、行動に結びつかなければ、空気にすぎない。

 電話やメールで抗議しようよ。

国民民主党

〒100-0014 東京都千代田区永田町1-11-1
TEL:03-3595-9988(代表) FAX:03-3595-9961
0

安倍晋三を「国を憂う国士」と称賛した三宅洋平なる男!



 いまだに三宅洋平なる者が気になる人がいるようなのでハッキリさせておく。三宅は、口先だけで中身は空っぽの無定見なハッタリ屋だ。

 3年前の参院選ではどれほどの有権者がヤツに騙されたか知れない。選挙が終わって、はじめて有名人好きのペテン師だと気づいた。

 2016年7が18日のツイッターで三宅はこう言った。

 昭恵さんはその場で(安倍晋三)総理と俺を繋いでくれた。「立場は各々ながら、国を思い、世界を憂う国士として同じ気持ちだと思っています。

 安倍を「国を憂う国士」と言ったのは、あとにも先にも三宅ただ一人。おまけに、おのれも国士だと。ハッタリも、ここまでくれば立派なものだ。

 その場とは明恵と一緒に飲んでいる席のことである。すっかり意気投合した三宅は明恵を誘って沖縄基地「見物」に行った。

****************************
BLOG BLUESが三宅洋平について、こう書いた。 (原文のまま)

 三宅洋平、安倍首相も僕も「国士として同じ気持ち」

 三宅洋平を過去に称揚したことがある人間として、あらためて、謝罪とともに、断言します。僕、人を見る目が、ありませんでした。三宅洋平、つくづく、アホですわ。

 安倍首相は、ポツダム宣言も詳らかに読んでない男である。そんな男が、どうして、国士であろう。同じ国士というのであれば、三宅洋平もまた、アホたわけ。

 こんなアホを持ち上げていた、左派リベラル文化人の程度の低さに、頭がくらくらする。

 三宅洋平は、沖縄在住であるにもかかわらず、辺野古闘争にも、高江闘争にも、過去、一度も参加していない。

 で以て、沖縄県知事選では、翁長雄志候補の足を引っ張る行為でしかない、喜納候補を応援しようとした。

 体を張って闘争していた人々からは、ブーイングで迎えられた。

 ちなみに、喜納選対の責任者は、三宅洋平の選挙フェスを演出した、斎藤まさしであった。僕は、この事実を知って以来、三宅洋平から、離れた。

 三宅洋平、ゆうだけ番長。口舌だけの徒であると。

 辺野古も高江も、もう何年も闘争が続いているのである。その闘争現場に、沖縄在住でありながら、ただの一度も参加しない人間が、どうして声高に安倍政権を批判し、選挙に打って出るのか。

 根が不真面目、格好だけ、いっちょまえってことだろう。

 三宅洋平にとってことばとは、アクセサリーのようなものなのだろう。根が不真面目な上に、知性の欠片もない。

 三宅洋平のような人が人気を集めるというのは、安倍晋三のような人が支持を集めるのと同じ時代感覚なのだろう。

 ことばが、それも上っ面だけの、軽薄なことばが、流通してしまう。力を持って、世情を席巻してしまう。

 現代文学の鬼才、町田康に「ゴランノスポン」という作品があるが、興味のある方は、読まれたい。

 三宅洋平みたいな人の発するメッセージを嗤(わら)いのめしつつ、その軽薄さゆえに膾炙する時代相に、警鐘を鳴らしている。

 ことばを信じるなら、町田康くらい研ぎすまされた知性を有す人のことばを。

 僕は、広告コピーライターとして、何十年も糊口をしのいできた、ことばのプロだからいいますが、広告のことばは、虚言なんです。

 都合の悪いことは、一切いわないんです。都合のいいことだけを、思いっきり誇張していうんです。

 安倍政権になって、つくづく思うことは、政治のことばが、広告のことばと、同じになっちゃたのよ。これって、すっげえ、やばいことでしょ。

 安倍晋三を国士と賛し、自らも国士と宣う。

 ヨーヘーくん、コピーライターになったら、一世を風靡すると思うよ。

 でも、政治家は、ダメだ。

 てめえのようなアホンダラは!
0