権力には「絶対服従」が日本のルールなのか?

 民主主義が身についている香港では市民総ぐるみの、空前絶後の200万人大デモを行い、中国の独裁政治に真っ向から反対し、世界を感動させた。

 安倍政権は中国をマネて言論を弾圧、強権政治を強めている。日本の民主主義の危機である。

 しかし、この国では大衆は文句ひとつ言わない。ただ、傍観するだけだ。

 民主主義の意味が分からない者が少なくない。だから、何をされても「仕方がない」と受け入れる。

 権力には絶対服従が日本のルールらしい。日本の民度はいまだに発展途上国だ。

 そうした中で「排除、圧力、脅しに屈してはならない」と日刊スポーツのコラム「政界地獄耳」が檄を飛ばした。

************************************
以下に全文転載する。

★街頭演説にヤジを飛ばしたりプラカードを持っていると警察に排除される。参院選の最中に北海道をはじめ幾つかの首相・安倍晋三の演説中に起きた出来事だ。冷静に見れば組織的なものではない国民の声を“安全上”封殺することの危険性や政府に異議があるだけで取り締まりの対象になる異常性を国民に示した。当然、さまざまな団体が抗議の声を上げたものの、別のニュースにかき消されてうやむやになっていくのだろう。だが、実行した側は「前例」として以前にも排除したが少し騒がれただけで、とりたてて問題はなかったと次の選挙でも同様に、いやそれ以上の実力行使に及ぶかもしれない。

★すると今度はその参院選の敗因の分析をした沖縄の琉球新報、沖縄タイムスの記事に対して、惨敗した自民党県連が記者会見まで開いて抗議した。県連会長・中川京貴は「事実じゃないものが多い」とするが敗因のプロセスを報じる際に表に出ると都合の悪いことが明らかになることへのけん制にしか聞こえず、結果、報道機関への圧力やどう喝と同じ意味を持つ会見ではないか。ましてタイムスには個別に「情報源を明かせ」といったことまで言ったようだ。

★県連は「報道に圧力をかける意図は全くない」というものの、会見を開いて抗議という手法を選択している限りその説明は通らない。同時に「そんなつもりはない」と言い続けて、今後は自民党にとって気に入らない報道に同様の抗議の会見を全国で展開する「前例」になりかねない。こんな会見が頻繁に起きると、新聞記者はめんどうなことには触れず、避けて書くようになる。デスクが物議を醸しそうなら削れと言い出しかねず、世の中の事なかれ主義を助長しかねない。脅しに屈してはならない。(K)※敬称略  (以上 日刊スポーツ


0

驚き!医師の資格を持つ米山が難病患者に差別発言!

 女子大生売春で新潟県知事を辞めた米山隆一が、手足が不自由な難病を患っている人々に差別発言をした。

 米山は、「れいわ新選組」の特定枠で20日、衆院議員に当選した難病ALS当事者の舩後靖彦さんや重度障碍者の木村英子さんを侮辱した。

 「運動能力は政治を行うには無関係」と言いながら、「しかし、現実をみると、人は往々にして逞しく、きびきび動く人を有能だと思い票を入れる」と差別発言。

 米山は医師の資格を持つ弁護士だ。その者がこんなことを言うとは信じられない暴言だ。

 これは障碍者に対する差別だ。難病患者は国会議員になってはいけないのか? 

 来年の東京五輪・パラリンピックを前に「共生社会」が求められている。そうした中で米山の発言は、明らかに問題発言である。看過出来ない。

関連投稿はここをクリック
https://85280384.at.webry.info/201907/article_290.html

*******************************
「共生社会」とは、
 これまで必ずしも十分に社会参加できるような環境になかった障害者等が、積極的に参加・貢献していくことができる社会である。
 それは、誰もが相互に人格と個性を尊重し支え合い、人々の多様な在り方を相互に認め合える全員参加型の社会である。

野党共闘は消費税減税が条件と山本太郎!


 ごらんあれ。公党と認知されると、あの読売でも書かざるを得ない。

 山本太郎が自分の当選よりも「政党要件の確保」を重視した意味が分かったのではないか。太郎の判断力に脱帽。見事な采配だ。

 野党をたばねるリーダーの資格は十分だ。新時代の指導者の登場である。

 夢や理想でなく、本当に政権が取れそうな気がする。

 次の衆院選でどんな候補者を立てるかが最大のポイントだ。

***************************************

 れいわ新選組の山本代表は25日のテレビ朝日の番組で、次期衆院選で野党共闘に加わるには、他党が消費税減税に賛同することが条件となるとの考えを示した。

 最終的に消費税廃止を目指すとしたうえで、「最低でも5%に戻すべきだ。5%で手をつなげるのであれば(野党共闘を)全力でやりたい」と語った。

 山本氏は次期衆院選に立候補する考えも示した。小選挙区選と比例選のどちらに出馬するかは明言しなかった。  (以上 読売)

本性現した玉木雄一郎!「改憲議論進めていきたい」!


 国民民主党の玉木雄一郎がついに本性を現した。

 参院選挙で改憲に必要な3分の2の勢力を確保できなかった安倍晋三は、「国民民主党の皆さんともよく話をさせていただく」と言った。

 これを受けて玉木は25日、ネット番組に出演した中で「改憲議論を進めていきたい」と発言した。

 「野党共闘をすると埋没してしまう」とも言った。

 国民民主党は野党の名を語った第2の維新の会か?

**********************************

 われわれは森友・加計学園問題について国会でかなりの時間をとってしまった。

 そのため、国政の重要問題を議論する時間が少なくなってしまったことを反省し、お詫びしたい。

 今回の選挙で私、玉木雄一郎は生まれ変わった。

 安倍総理、憲法改正の議論を進めていきたい。 

玉木の発言動画は
ここをクリック
http://netgeek.biz/archives/145012

「ゆ党」の玉木雄一郎が安倍晋三に会談申し込む!

 国民民主党の玉木雄一郎は25日、インターネット放送「文化人放送局」の番組で、憲法改正に向けた国会での議論に応じるとともに、安倍晋三に党首会談を申し入れる考えを表明した。

安倍は参院選で、自民、公明両党と改憲に前向きな日本維新の会などの改憲勢力で発議に必要な3分の2を割り込んだことを踏まえ、国民民主に協力を呼び掛けている。玉木の発言はこれに呼応した形だ。


 玉木は「私は生まれ変わった。われわれとしても憲法改正議論を進めていくし、首相にもぶつける」と強調した。   (以上 時事通信)

************************************

 この党の根っこは小池百合子がスタートさせた「希望の党」である。右翼的な色彩の議員が多い。原発の再稼働には前向き。こういう色合いなので安倍晋三とは話が進むのではないか。
 野党と言うよりは、野党と与党の真ん中の「ゆ党」ではないか。

0

SEXで有名な米山隆一が「れいわ新選組」を批判した!

SEXで有名な米山隆一が「れいわ新選組」を批判した!

米山隆一が朝日に高邁なお説教を垂れた。山本太郎率いる「れいわ新選組」をこれでもかと、コテンパンに批判してくれた。一体、何様のつもりか?

この男は前新潟県知事時代に東京まで出張して、「20代の女性と性交を重ね」、女子大生売春が発覚。ひんしゅくを買い、辞任に追い込まれた人物だ。

そんな者が、講釈するとは滑稽千万である。まず、おのれの足元から見つめ直せ。

1、 容姿は政治を行う上ではほとんど関係ないと言いながら、「やはり美男美女」が票を集める、と「れいわ新選組」の候補者をコケにした。

2、 運動能力も基本的には政治を行うには無関係。しかし、現実をみると、人は往々にして逞しく、きびきび動く人を有能だと思い、票を入れる。

 これは障碍者に対する差別だ。彼らは国会議員になってはいけないのか?

3、 知名度。人は自分が知っている名前の人に投票する。知名度の高い候補者と低い候補者が同じ条件で戦えば、多くの場合、知名度の高い候補者が勝つ。それが、選挙の現実だ。

 れいわ新選組は、山本太郎以外は「ヒーロー」タイプではないし、知名度も高いとは言えない。

 それがどうした。無名の者は選挙に出馬する資格がないというのか?

 米山隆一は自分がイケメンだと言い、医者で弁護士だと自慢する。

野党はこんな軽薄な、目立ちたがり屋のゲスを、新潟知事に祭り上げた。

そして最後にヤツはこう言った。

4、「れいわ新選組」が、この擁立戦略をとる以上、コアな支持者の熱狂は得ても、一般的な有権者に支持を広げる事は困難で、得票率、獲得議席が「大躍進」に至らず「停滞」したのは、当然の結果だった。

 言いたい放題行ってくれた。

こんな輩の声を載せた朝日の意図は何か? そこが知りたい。

詳しくはここをクリックhttps://webronza.asahi.com/politics/articles/2019072300006.html?page=3

このガセネタには要注意! 「老夫婦が10億円寄付」?



 山本太郎と「れいわ新選組」の存在感が高まるにつれて、いろんな形での攻撃やガセネタが氾濫するようになった。注意が必要だ。

そのうちの一つ。
「れいわ新選組に10億円寄付したい、という老夫婦がいるらしい」

こんなガセネタを面白がって、しきりに拡散する輩がいる。

私が「ガセネタを流すな。事実なら根拠を示せ」と何度も警告したが、一向にやめようとしない。そればかりか自分から「友達」を解消した。

この男、ひょっとすると敵方の回し者、スパイではなかったのか? 説明もなく突然、私の元から姿を消した。

「10億円寄付」の話を見たり聞いたりしたら「何月何日の、どこそこに掲載されていた」と説明が出来るはずだ。

ガセだから、逃げていった。

だが、私たち山本太郎を応援する側を混乱させるために、ほかで拡散するかもしれない。

見つけ次第、削除してもらいたい。せっかくの足並みが乱されてはかなわない。
0

お前は詐欺師か?有権者をダマした立花孝志!



 受信料を払った者だけNHKを視聴できるスクランブル放送の実現を叫び、参院選で当選した「NHKから国民を守る党」の立花孝志が、「自民党がNHKのスクランブル化に賛成すれば改憲に賛成する」と発言した。

 さらに「北方領土はロシアと戦争して取り返そう。ロシアの女を抱きたい」と暴言を吐き、国会から全会一致で「糾弾決議」を受けた維新の会だった丸山穂高に「オレと手を組もう」と誘った。

詳しくはここをクリック
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190723-00010023-abema-pol

立花孝志、一体何者なのか? 

 立花が当選できたのはNHKをぶっ壊そうと主張、NHKを見たくない者は見なくて済むスクランブル放送の実現を訴えたからだ。

 立花の得票の大半は、「安倍さまのNHK」となって公共放送の使命を忘れ、安倍政権の広報局となったNHKへの怒りの票、反安倍票である。

 その票をごっそりさらっておいて、当選したら「改憲に賛成」とはどういう意味か? これでは票を狙った詐欺ではないか。

 この男のせいで本来は「れいわ新選組」をはじめ野党に入るべき票が盗まれた。

 参院議員に当選すれば、向こう6年間、私たちの税金から議員1人当たり毎年2億円が支出される。

 歳費(給料)のほかボーナス、年間2000万円を超える秘書たちの給与、議員会館に超高級マンション並みの議員宿舎、JRの年間フリーパス、航空代などなど。6年間で12億円だ。

 先生と呼ばれて、席はどこへ行っても上座に用意される特別待遇。詐欺師のような立花孝志がふんぞり返って「殿様生活」をこれから満喫する。

 国会議員と言う地位を利用して6年間にどれほど稼ごうというのか? 

 一体何を企んでいるのか?

絶対得票率が示す安倍政権の明確な凋落ぶり!

 絶対得票率が示す安倍政権の明確な凋落ぶり!

 自民党は今度の参院選挙で勝ったのか?
 否である。

絶対得票率。
 これは自民党が全有権者のうちいくら得票したかを示す比率だ。

 2012年に第2次安倍晋三政権がスタートして、今回で5回の国政選挙を行った。その結果がこれだ。

2013年参院選 17・7%
2014年衆院選 17・0%
2016年参院選 18・9%
2017年衆院選 17・5%
2019年参院選 16・7%

 安倍政権はただの一度も20%台に乗ったことがない。3年前の参院選で18・9%と盛り返したが、その後は得票を減らし続け、ついに今回は16・7%と安倍政権発足して以来、最低の数字を示した。

 有権者の自民党への信頼度は時を追って薄らいでいる。これでも勝ったと言えるのだろうか?

***************************
山口県のローカル紙「長周新聞」は次のように伝えた。

 大手メディアを見ていると「自公改選過半数」「与党勝利改選過半数」「首相 改憲議論を加速 “審判下った”」と、まるで自民党が勝ったかのようなとりあげ方に終始している。

 自民党としては改選議席67から当選者は57と10議席減らしている。

 参議院の245議席のうち113議席へと減り、単独過半数割れに逆戻りした。

 比例票は前回16年の参院選から240万票減。

 全有権者に占める絶対得票率は16・7%。

 第二次安倍政権発足後の最低だ。これらは明らかに自民敗北といえる数字だ。

 さらに公明党の瓦解状況も顕著で、比例票は16年の前回参院選では757万票あったのが653万票と100万票も減っている。

 それで自公に維新を足しても改憲勢力として必要な3分の2(164議席)にも達しなかったのに、なにが「改憲議論を加速」かだ。

 安倍晋三の精神勝利法(阿Q正伝)的思考に引きずりこまれているかのようだ。
0

動画が削除されるのはけしからん! これを張り付けた!

「伊達直人ー3rd」さんが、

山本太郎の「動画が削除されるのはけしからんのでたくさん張り付けておきます。後て見た時、どれかは行きのこっている筈です」と言ってこれを載せた。

詳しくはここをクリック
https://ameblo.jp/tigermaskfighter-3rd/entry-12497766000.html?fbclid=IwAR2X1wZXCdEbQmXBa_k6mf_M15q7_0qWYcdPmUZYUHi694EkuzX6q5iRlEs


ありがとうございます。拝見させていただきます。

山本太郎の主張をそのまま放映したテレ朝に「あっぱれ」!

テレビ朝日 羽鳥慎一モーニングショー 25日

玉川徹『30秒しかないんですけど、訴えたいことをどうぞ』

山本太郎
「この国でどのような政治が行われてきたかと言うと、過去20〜30年は完全に皆さんの生活を踏みつけ、完全に皆さんの生活を踏みつけ、企業側にいかに利益を横流しできるかということの連続でした。

例えば大企業に対して大減税、金持ちに対して大減税、その上に皆さんの働き方を壊してきた。昨年の末に決まったのは何か、大量の外国人を安い労働力としてこの国に招き入れるということ。これによる混乱により首がしまるのは誰か、皆さんです。

今の政治は皆さんへの裏切りの連続でしかない。それを変えていける!まずは野党で手をつないで政権交代を目指したい」  

****************************

 山本太郎は立派だった。すん分ぶれることなく、これまで街頭演説で訴えてきたことを堂々と主張した。

 テレビの生放送でここまでハッキリ安倍政権を批判した野党議員はいない。

 テレ朝は放映を止めることなく放送した。評価したい。フジや日テレなら即座に中断,CMに切り替えるのではないか?

それにしてもだらしがないのがTBS。
 安倍晋三を横目に相変わらず「及び腰」だ。サンモニでも、山本太郎と「れいわ新選組」を一切扱わず無視し続けた。

安倍政権と吉本はズボズボ!ブラック気質の似たもの同士!

 安倍政権と吉本はズボズボ!ブラック気質の似たもの同士!日刊ゲンダイがズバッと切り込んだ。

 闇社会とのかかわりが消えない組織、吉本。そこに私たちの血税をつぎ込んでまで芸人を利用とする安倍晋三。

 以前には対抗馬を追い落とそうとして安倍事務所が暴力団を雇った。

 ところが「成功報酬」を値切ったのでヤクザが怒り晋三の自宅に火炎瓶を投げる騒ぎが起きた。

 安倍晋三は本当に”堅気”なのか? 心配になってきた。

*******************************

 安倍政権と吉本との「蜜月ぶり」は濃厚だ。2013年に設立、政府が約586億円出資する官民ファンド「クールジャパン機構」は、14年と18年に吉本が関わる事業に計22億円を投入。

 今年4月にも同機構は、吉本がNTTと組んだ教育コンテンツ等を国内外に発信するプラットフォームの設立事業に、段階的に最大100億円を出資することを決めた。

 パワハラ体質のブラック企業が「教育事業」とはさすが吉本、笑わせてくれるが、プラットフォームの拠点となるアトラクション施設は沖縄県に設置するという。

「その沖縄の米軍基地跡地利用について有識者が集まる『基地跡地の未来に関する懇談会』の委員に今年6月、任命されたのが吉本の大崎洋会長。

 お笑い企業のトップが今や政権のブレーンを務め、沖縄利権に食い込んでいる構図である。

 吉本の上場廃止前最後の決算(09年3月期)で営業利益は約488億円。その4分の1相当の計122億円もの税金が転がってくれば、それこそ笑いが止まらないだろう。

■ブラック気質の似たもの同士

 吉本と安倍政権との一心同体の関係には、芸能界からも疑問の声が上がり始めた。24日のフジテレビ系番組「直撃LIVE グッディ!」で、カンニング竹山はこう意見した。

 「吉本は行政にガッツリ入ったビジネスをえらいやってて、会社としてヘタを打つことができなくなっている」「こっちのビジネスをうまく回さないと、お家騒動じゃ済まなくなる」

 だから、パワハラ騒動をさっさと片付けたいというわけだ。法大名誉教授の五十嵐仁氏(政治学)はこう指摘する。

「質問に正面から答えず、その場しのぎの言い訳でごまかす岡本社長の会見は安倍首相の答弁と同じ。

 権力者に抵抗できないブラック構造や隠蔽体質、トップがパワハラに気付かず、当然と受け止める姿勢など本当に吉本と安倍政権は似た者同士。

 なるほど、ウマが合うわけですが、時の政権と持ちつ持たれつの関係で、世間を騒がせるブラック企業に大量の税金がつぎ込まれるなんて、許されません」 (以上 日刊ゲンダイ)

こちらをご覧ください

フェイスブックが私の投稿を妨害している。先ほどからまた攻撃が激しくなった。

以前にもあったがまたやりだした。山本太郎を応援して次々、投稿するのが気に入らないようだ。

太郎の応援をやめろというのか?許せない。汚い手口だ。

敵がそう来るなら、皆さん、山本太郎への応援の原稿はこちらでご覧ください。

私のブログ「半歩前へ」です。https://85280384.at.webry.info/  これはフェイスブックではないので見ることが出来ます。

0

どこ歩いても「「れいわ新選組」」のポスター、と山本太郎!



 「れいわ新選組」代表の山本太郎は、参院選開票が前日から続く21日の朝午前5時、選挙結果について記者会見した。

 その時の会見内容を全文、ボランティアの方が寝る間を惜しんで書き起こしてくれた。ただ、ただ感謝の言葉しかない。

詳しくはここをクリック
https://v.reiwa-shinsengumi.com/activity/2996/

以下抜粋して掲載させていただく。

****************************
その6

ありがとうございます。本当に身を削るような思いで私たちに託してくださった、ご寄附くださった。

本当に忙しい中で少しでも自分の時間がほしいところを、私のポスターを張ってくださったり、ビラを配ってくださった。

本当に自分のことのように、自分が候補者に成り代わって一生懸命走り回ってくださった方々が全国にいらっしゃることを私は知っています。

この方々に対して、本当は10人全員当選ということを形にしたかったんですけれども、そこまでには至らなかった。これは本当に私の力不足です。

ただ、6年前に1議席しか得られなかった。その力が今回の選挙で2議席に増えて、政党要件を手に入れることができた。

これは私たちが、「どうしてテレビは映さないんだ」など、いろんな不条理な部分を払拭するためのカードを手に入れたと思ってます。

もう近づいてます。衆議院すぐ来ると思います。

こっちの準備が整う前に私だったらやる。

権力持って(野党)を潰したかったら、間を置かずにやりたいと思うはずですよ。

となったらこっち側の準備が整ってなきゃ、いつだってチャンスなんですよね。

お願いしたいのは一刻も早く休んで、「体を休めて英気を取り戻し」、そして、ポスター張ることから始める。

本当にポスター張ることから始めなきゃいけない。

ポスターってすごくハードルが高くって、100軒行って1軒オッケーとか2軒オッケーとかザラなんですよ。

あの100軒行ったのに1軒も張れないってこともあるし。

本人だってあれ位なんですから、本人じゃない人たちが行ったら余計です。

だから次は今回よりも気合入れて戦わなきゃダメなんです。

今回のはちょっと、助走期間が短かった。だから皆んな走り切れた。けど、今度はもっとしっかり事前に皆んなで取り組んでいきながら、やっていかなきゃなんない。

まずはポスターでしっかりと歩いて張っていって、どこ歩いてもあいつらのポスター張ってんなって状況になったら強いですよ。

それもひとつの現象ですから。それを皆んなでまずやっていきませんか。

まずは休む。その次、皆んなでポスターやっていく。やりませんか? どうでしょう? 

衆議院選挙をとりあえず乗り切って、そこで大きな議席を手にして、そして、中でキャスティングボートを握るというようなことまで私たちはリーチしていかなくてはならない。

この先にはもう希望しかない。夢しかない。

やっていくしかないんだからってことですね。

力合わせてもう1回やりましょう。よろしくお願いします。
ありがとうございます。
0

「選挙」そっちのけで「吉本報道」に熱中するマスコミ!



「れいわ新選組」代表の山本太郎は、参院選開票が前日から続く21日の朝午前5時、選挙結果について記者会見した。

その時の会見内容を全文、ボランティアの方が寝る間を惜しんで書き起こしてくれた。ただ、ただ感謝の言葉しかない。

詳しくはここをクリック
https://v.reiwa-shinsengumi.com/activity/2996/

以下抜粋して掲載させていただく。

****************************
その5


参院選挙の報道を聞かれ山本太郎が言った。

選挙報道薄すぎます。

吉本側のお話に関してはえぇ、すんごい丁寧ですけどね。

ものすごい詳しくやりますけど、それくらい詳しく選挙報道してるかって話ですね。

NHKも見ましたけど、本当に見るに耐えないというか。その番組を見て、なんかこう政治について考えようとは思わない。

本当に腑抜けたような番組が多かったですね、はっきり言って。

逆に言ったら、忖度をする意味でのスピンコントロールを、メディア自らやってんじゃないかってことですね。特に圧力を受けなくても? 

山本太郎率いるれいわ新選組という存在をまだ知られていないと思うんですね。

その存在を全国の皆さんに更に知っていただいて、色々と議論をして、より今ある私たちが掲げている政策をより深めていくことが大切です。

次の衆議院で挑戦する時には、多くのメンバーを揃えて、皆さんの力を借りながら、政権を取りにいくという、気迫でいきたいなという気持ちですね。

**************************************
 
 このところ満足に寝ていない山本太郎。

 その彼が徹夜をして朝5時から会見をしている。安倍晋三なら5分程度で姿を消す。

 それを太郎はいつまでも記者の質問に付き合った。おそらく疲労困憊しているに違いない。

 そうした中でバカな記者が「衆院選に出るなら選挙区は5個からですか」と質問した。

 このバカ!と言ってやりたい。まだ、参院選の開票のさなかだ。衆院選の準備はこれからではないか。バカにもほどがある。
0