自民党の閣僚経験者が山本太郎を激励した!

 自民党の閣僚経験者が山本太郎の勇気ある行動と発言に感激し、本人が直接、山本太郎に電話で激励した、と12日の品川での決起集会の席で山本太郎が明らかにした。

 さもありなん、である。自民党の議員の中にも、安倍晋三の「独善、憲法無視、お友達をひいきする政治」を快く思っていない者が少なくない。しかし、小選挙区制度で首根っこを押さえつけられて、言いたいことが言えないでいる。

 そんな中で、山本太郎がたったひとりで声を上げ、「れいわ新選組」を立ち上げた。閣僚経験者は「よくぞ言ってくれた」と感激。太郎の勇気を讃えた。政党に違いはあっても、ちゃんと見ている人は見ている。

************************************
これは田中龍作の記事である。転載する。

 自民党の大臣経験者にして現役の国会議員が12日、れいわ新選組の選挙事務所に電話を掛けてきて、山本太郎を激励した。「頑張ってくれ」と。山本本人がこの日の街宣で明らかにした。

 感想を聞くと、山本は「グッと来た」と言って声を詰まらせた。そして続けた―

 「自民党の中にも良心があることは分かっていたが、電話を掛けてくるということは凄く勇気のいること」。

 財界や労働組合に頼らなくても市民がコントロールできる政治の受け皿作りを、山本は目指す。
  
 「プラットフォーム(受け皿)さえ作って、組織や企業の票じゃなくても勝てるってことが分かったとしたら、自民党からも移って来ると思いますよ」

 「自民党からも野党からもそういう気持ちがある人は移って来ると思う。これが機能したら面白くなるんじゃないかと思います」。
 「政治を動かすのは一般の方々ってことです。本当に政治家の方々がこれで勝てるんだと分かった時には、本当に心ある人が集まってくる可能性はあると思う」。

 山本は「ゴリゴリの保守である」と自己分析する。「アジアに対する安全保障を声高に叫ぶよりも国民の生活と尊厳を守るのが真の保守」という思想だ。自民党の中に共感者がいても不思議ではない。

 「税金はない所から取るな。ある所から取れ」。持論のベースは明確な階級闘争である。共産党が引っ込めたものを、山本は表に引きずり出した。

 政治の受け皿ができれば、右も左も糾合できる。日本が経験したことのない「下からの革命」は、その時、現実のものとなる。

腰抜けメディアを尻目に大健闘の田中龍作!



NHK、朝日、毎日、読売、東京、産経、TBS・・・ふだんエラそうなことを言うマスコミが「山本太郎」と「れいわ新選組」を取り上げない。

11日の大阪梅田では話を聞きに集まった大群衆から期せずして「太郎コール」が巻き起こった。

12日夜の東京・品川の「れいわ新選組」決起集会では、広い会場が人、人、人で埋め尽くされた。正確な数を数えることが出来ないほど群衆が詰めかけた。

自民党や公明党、共産党と違い動員したわけではない。ネットや口コミで知り、集まってきた人々だ。まさに「太郎旋風」と呼ぶにふさわしい。

これほどの話題をマスコミは取り上げない。なぜ?どうして? 何を怖がっているの? どこに遠慮しているのか?

日本のマスコミは地に落ちた。新聞も、テレビも権力の走狗と化した。

そうした中でフリージャーナリストの田中龍作は、乏しい予算で懸命に山本太郎を現場取材し続けている。称賛したい。

◎【参院選】ポスター貼りから始まる革命 「自分たちがコントロールできる政治」

◎【れいわ那覇発】野原がつなぐ東京と沖縄 主婦「政府の近くにいてくれた方がいい」

◎【れいわ岡山発】懸命の太郎ボラ 「もう後がないからね」

◎【れいわ大阪発】 籠池夫妻「選挙区は辰巳コータロー、比例は山本太郎」

◎自民大臣経験者が山本太郎に激励のTEL 「頑張ってくれ」

詳しくはここをクリック
http://tanakaryusaku.jp/2019/07/00020486

歓喜!こんなに熱く燃え上がった動きは日本政治史上初めてだ!

私のフェイスブックの同志、西村昭彦さんが「震える思い」を届けてくれた。これだ。

**********************************

 私の日本中の友人たちは、ことあるたびにSNSや電話などで話したり動画をリンクしたりしてきましたが、急激にに変化して老若男女、ほぼ全員山本太郎にしびれて、東京選挙区は野原よしまさ氏、比例区は山本太郎さんに投票すると言い切っています(*^^*) 念のためにとに期日前投票をした人もいます。

 この動画を送ってくれた友人も、最初の方はやや疑っていましたが今は200%応援です。今も新宿の小田急デパート前に応援と「取材」に行ってます。その場で動画を配信してすぐに知らせてくれるそうです。嬉しいですね。

 こんなに熱く燃え上がった動きは、日本政治史上初めてではないでしょうか。60年安保の時とは本質が違ってますからね。

 今朝これと同じものを山本太郎サポーターズクラブに投稿しましたが、現在いいねのリアクションが293人です。シェアが36件です。凄いことですね。   (以上 西村)

***************************************

 あと7日。あと1週間しかない。
 
 やれることは何でもやりましょう。

 みんなで、あらゆる方法で日本列島の隅々に山本太郎と「れいわ新選組」を拡散しましょう。

奇跡は起きる! 起こすのはあなただ!


「哭きカラス 」さんが熱いメッセージを送ってくれた。

「れいわ新選組」”10人の侍”全員の当選。

 奇跡は起きる! 起こすのはあなただ!と「哭きカラス 」さん。

********************************

あと8日しか無い!

君の、貴女の人生の行方が、幸せの方向へ向くのか?
更に、苦しくなるのか?
山本 太郎率いる『れいわ新選組』の勝利に架かっている!!

あと8日しかないのだ!!

『奇跡』は起こせる!

起こすのは君だ!貴女だ!

ひとりひとりが、10票以上の確実な票を取れば、夢は叶う!奇跡は起きる!
かつて創価学会員は一千万票を集めた。

やれば出来る!家族や友人知人に加えて、近所や顔見知りの店、いや知らない人にも頼んでみよう!
「もっと生活を楽にしませんか?お子さんやお孫さんの未来、私たちの老後を守る政治家を国会へ送りましょう!」と。

他党や他の立候補者の悪口より、『れいわ新選組』の立候補者の人柄や活動実績を訴えよう!
山本 太郎と候補者を、「家族」と思って応援しよう!

くれぐれも、公選法違反と、熱中症には気をつけて頑張ろう!

品川が燃えた!「れいわ新選組」が燃えた!

品川が燃えた!「れいわ新選組」が燃えた!

東京の友人が深夜に送ってくれていました。と、西村明彦さんが福岡からこれを投稿した。

12日夜、東京・品川での「れいわ新選組」の決起集会の模様だ。題して「れいわ祭り」。

聴衆の一人が撮影した動画だ。すでにネットに拡散している。こんなに人が集まっていたとは知らなかった。画面から現場の熱気が伝わってくる。

詳しくはここをクリック
https://www.youtube.com/watch?v=Ov8lg9VJ9G0

すべて見たい人はここをクリック

これこそ満員御礼の大盛況! 品川の「れいわ祭り」!
https://85280384.at.webry.info/201907/article_100.html

文春サンよ、いつまでみっともない真似をしてんだ?



 文春オンラインが、いつものように選挙の季節になると決まって野党攻撃をするので、私が一発ぶちかましてやった。

 記事への「感想」を求めていたので文春に返事した。

「文春サンよ、いつまでみっともない真似をするのか。権力に迎合して使いっ走りをしているのか。

 それにしても、お粗末なライターだ。これではとてもカネはとれない。同じ批判記事を書くなら、もっとマシなことを書いてはどうか。中身がスカスカ。

 活字離れが加速している。週刊誌の発行部数減少に歯止めがかからない。そのうちにネットに食われよう。それも、そう遠くない時期に」-。

 と、こう散々、嫌みを言ってやったら、今度は、やっつけ仕事でこんなことを書いていた。↓

*********************

 安倍晋三「民主党の枝野さん」と山本太郎「クソ左翼死ねというお言葉」 むき出しの“参院選演説”

ここをクリック
https://bunshun.jp/articles/-/12746

確実に山本太郎の「票が増える」ウソのようなホントの話!


 電話を掛けたら、確実に山本太郎と「れいわ新選組」の票が増える。奇跡のような話だが本当だ。私が昨日、実際に体験した。

 それほど、庶民の間には、今の政治への不満が蔓延している。怒りが極限に達している。それが太郎への期待に変わった。

首都圏のみなさんへSOS!!

 山本太郎の「れいわ新選組」四谷事務所がボランティアを求めている。

 お勤めや主婦の皆さんは1時間、2時間、あるいは半日と、空いた時間にじゅむ所を訪れお手伝いしている。

 私もきのう、事務所で電話かけをやった。共稼ぎが多いせいか留守が多い。ところが電話がつながったところは、すこぶる反応がるいい。「ガチャン」と切られたこと1回もなかった。

 私は福岡の一部を担当した。「山本太郎事務所のボランティアです。参院選挙のお願いで電話を差し上げました」と言うと、電話の向こうが応えた。

 「私、山本太郎を応援しています。自分で友人たちに頼んでいます」と言って、「大至急、選挙はがきを10枚送ってほしい」と言われた。

 こちらからはがきを送り、知り合いの住所と名前を書いてもらい、返信用の封筒で送り返してもらうのだ。

 その際、大事なことは、必ず、ひとこと添えてもらうことである。「オレも太郎を応援しているからよろしく頼む」などと書いてもらう。これで、受け手も安心する。10枚のはがきに事務所で証紙を張って投函する。

 ところが肝心な電話のかけ手が不足している。ボランティアの数が圧倒的に足りない。電話はそろっているが、かける人がいない。

 はがき郵送のための電話はこの数日が勝負だ。後では、はがきの証紙を張って出すので時間的に間に合わない。

 「はがきを10枚、20枚、大至急送ってくれ」という。

 ボランティアがいたら、「れいわ新選組」の票がうなぎのぼりに増えるのが目に見えている。

 電話をしたらドンドン、票が増えるのは確実だ。それほど各地に山本太郎と「れいわ新選組」が浸透してきた。

 全員当選、1000万票獲得も夢ではない。

 首都圏のみなさん、

力を貸してもらいたい!

応援にいってください。

すぐ四谷事務所に行ってほしい。

みんなで、安倍晋三をたたきのめそう!

緊急!首都圏のみなさんへ山本太郎事務所がSOS!!





首都圏のみなさんへSOS!!

 山本太郎の「れいわ新選組」四谷事務所がボランティアを求めている。

 お勤めや主婦の皆さんは1時間、2時間、あるいは半日と、空いた時間にじゅむ所を訪れお手伝いしている。

 私もきのう、事務所で電話かけをやった。共稼ぎが多いせいか留守が多い。ところが電話がつながったところは、すこぶる反応がるいい。「ガチャン」と切られたこと1回もなかった。

 私は福岡の一部を担当した。「山本太郎事務所のボランティアです。参院選挙のお願いで電話を差し上げました」と言うと、電話の向こうが応えた。

 「私、山本太郎を応援しています。自分で友人たちに頼んでいます」と言って、「大至急、選挙はがきを10枚送ってほしい」と言われた。

 こちらからはがきを送り、知り合いの住所と名前を書いてもらい、返信用の封筒で送り返してもらうのだ。

 その際、大事なことは、必ず、ひとこと添えてもらうことである。「オレも太郎を応援しているからよろしく頼む」などと書いてもらう。これで、受け手も安心する。10枚のはがきに事務所で証紙を張って投函する。

 ところが肝心な電話のかけ手が不足している。ボランティアの数が圧倒的に足りない。電話はそろっているが、かける人がいない。

 はがき郵送のための電話はこの数日が勝負だ。後では、はがきの証紙を張って出すので時間的に間に合わない。

 「はがきを10枚、20枚、大至急送ってくれ」という。

 ボランティアがいたら、「れいわ新選組」の票がうなぎのぼりに増えるのが目に見えている。

 電話をしたらドンドン、票が増えるのは確実だ。それほど各地に山本太郎と「れいわ新選組」が浸透してきた。

 全員当選、1000万票獲得も夢ではない。

 首都圏のみなさん、

力を貸してもらいたい!

応援にいってください。

すぐ四谷事務所に行ってほしい。

みんなで、安倍晋三をたたきのめそう!

また始まった文春の野党へのネガキャン!




そろそろ、出るころだと思っていたら案の定、出た。例によって権力の使い走りを務める週刊誌、文春が野党攻撃を始めた。今回の標的は山本太郎と「れいわ新選組」。

与野党を批判するかのように装いながら、「安倍ちゃん、安倍ちゃん」と本性を現した。「れいわ新選組」について文春はこう攻撃を仕掛けた。

「2億円を集めたとされる政党への寄付も、薄く広く候補者を立ててしまったばっかりにほとんどのれいわ新選組候補者は泡沫候補以上の善戦をするのは困難じゃないかと思います。金だけなら幸福実現党のほうがよほど潤沢なわけでしてこのままいくと山本太郎さんも落選してしまいかねません」。

ナニこの文章? これを書いた、外注のライターの名前を書くのも汚らわしい。ロクな取材もせずに、お粗末なおつむで考えつく言葉を必死で並べたゲスな駄文。

泡沫候補とよく言ってくれた、バカもん。21日には指でも詰めるか?

「金だけなら幸福実現党」? オイ、気は確かか? 「れいわ新選組」をオカルト集団といっしょにしてもらっては迷惑だ。おふざけはいい加減してもらいたい。

とどめは「山本太郎が落選」ときた。21日に正解を見せてやるから正座して待つがいい。

しかし、ネガティブキャンペーンにしてはお粗末過ぎる。もうちっとマシなライターがいなかったのか?

文春はこれを掲載して「いくらもらった」のか? この週刊誌は、選挙の季節になると判で押したように野党たたきをはじめる。

それほど野党攻撃は、「オイシイ仕事」なのか?

文春のネガキャンで思い出すのは2016年の東京都知事選だ。優勢を伝えられていた野党候補のジャーナリストの鳥越俊太郎。投開票日を目前に、でっち上げのスキャンダル記事で落選に追い込まれた。

あとで訂正しようが、しまいが、それこそ後の祭り。関係ない。一度、週刊誌に載れば勝負あり。

記事の中身より派手な見出し。血がしたたり落ちるような真っ赤な字で大きく書かれると、見る側に強烈な印象を与える。

あの時は首都圏の電車という電車に「中吊り広告」として一斉に張り出された。

スキャンダルを書かせる側の本当の狙いは、超派手な「中吊り広告」。

これを張り出し有権者を印象操作して自分の側に取り込むのだ。ポスター以上の効果がある。

選挙ポスターは見なくても、満員電車の中で週刊誌の「中吊り広告」は目に入る。

ところで、億単位の「中吊り広告」の広告費はだれが払ったのか? あの時、文春にいくらカネが渡ったかは知る人ぞ知る謎だ。

これこそ満員御礼の大盛況! 品川の「れいわ祭り」!


12日夕、東京・品川で開催した「れいわ祭り」。ブログ「半歩前へ」を書こうと思ってパソコンの前に座ったが、ついつい、この動画に見入ってしまった。中身が濃い。最初から最後まで全部見てしまった。

今回の参院選挙に「れいわ新選組」から出馬した”10人の侍”が全員集合、勢ぞろい。

「れいわ新選組」に岩井俊二監督がはっぴを作ってプレゼント。みんな、それを着て登場。

ミュージシャンのSUGIZO、作家で法政大学教授の島田雅彦、同じく作家の雨宮処凛、人気者の脳科学者、茂木健一郎ら多彩な豪華ゲストも応援に駆け付け大変な盛り上がりだった。

これこそ、満員御礼の大盛況といった感じだった!

飛び入りで司会を買って出た茂木健一郎が「テレビ局は山本太郎現象をちゃんと報道しろ」と大声を張り上げると、会場から大きな拍手が沸いた。

このように山本太郎を支援する輪は、日増しに大きく広がっている。

公明党の山口のいる東京選挙区から出馬した野原ヨシマサ。

安倍自民党にすり寄った創価学会・公明党を正面から激しく批判したのは痛快だった。

これこそ正真正銘のガチンコ勝負。今、東京選挙区選挙が最も熱い。

詳しくは動画で。
ここをクリック
https://www.youtube.com/watch?v=HT6IYQs8uDM