今夜、新宿で山本太郎が「凱旋報告」!



 月が替わった8月1日午後7時から、東京・新宿の小田急デパート前で街頭記者会見と称して山本太郎が「凱旋報告」をする。

 当人が落選して凱旋とは理屈が通らないが、20日開票の参院選で、公党の認知に必要な得票の2%をはるかにしのぐ4・6%を獲得、2人が当選した。

 選挙中は泡沫候補扱いし、完全無視を決め込んだマスコミは「れいわ新選組」の驚異の結果に仰天し、手のひら返しで取材を申し込んだ。

 山本太郎と「れいわ新選組」は予想した通り、台風の目となった。私たちボランティアはわがことのように喝采した。これを大躍進と言わずにおれようか。

 次は衆院選。ホップ、ステップのステップだ。気の早いマスコミは「れいわ新選組」は37人の当選が見込めると予測する。まだ候補者も決まっていないのに、すべてはこれからだ。

 参院選で山本太郎と「れいわ新選組」が最後の演説をし、駅前が黒山の聴衆で溢れた。文字通り新宿が興奮と熱気で燃え上がった。その同じ場所で山本太郎が1日夜、マイクを握る。

田崎スシローがTVでまた捏造情報を流した!



 スシローこと田崎史郎がTBSの昼の番組「ひるおび」で捏造情報を流した。山本太郎は「選挙では消費税廃止と言っていたのに終わった途端、5%に変えたのは有権者への裏切りだ」とガセネタをぶち上げた。

 視聴者に対する明らかな「印象操作」である。山本太郎にダーティーな印象を与えようとした。

山本太郎は参院選でこう繰り返した。
 「景気悪化の最大の原因は消費税だから廃止すべきだ」「ただし野党が凍結ではなく減税、せめて5%まで下りてくれたら共闘可能だ」と譲歩した。

 太郎は全国どこに行っても必ず、これを強調した。それをスシローが知らないはずがない。仕事上、ネットで太郎の動画をみないわけがない。知っていながらスシローは安倍政権におもねてウソをついた。

 前の日、スシローはゲストに山本太郎等を迎えたフジテレビの番組に出演した。その場で太郎と「れいわ新選組」を褒めちぎった。スシローはなぜ、その時、目の前の太郎に言わなかったのか?

 太郎がいないところでガセネタを連発する。欠席裁判は卑怯だ。

 スシローは、高級料理店での飲み食いだけでなく、安倍政権から金銭を受け取っていたことがバレた。そうしたことが背景にあるのではないか。

 それにしても公の電波を使って捏造情報、ガセネタを垂れ流すのは許せない。

初めて心底支持したい政党に出会ったと内科医!


 内科医です。薬代を支払えない、検査代を支払えないという理由で通院を止める患者がいます。大学を出て、社会人となり仕事を始めるも、奨学金を返済出来ず借金を重ねた知人がいます。

 こんな現状を嘆いていました。初めて心底支持したい政党に出会いました❗🔥れいわ新選組🐾🔥です❗❗

 投票率は低く世間の関心が少ない選挙ではありましたが、山本太郎を6年来応援し続けた私にとっては感慨深い選挙となりました。

 選挙演説を聞き、大衆の反応を見て、夢が感じられ、選挙期間を通じてワクワクしていました❗

 日本がよい方向に変わればよいと思っています❗

 れいわ新選組を支持する田舎の内科医@AtkReiwa

**********************************

 「大衆の反応を見て、夢が感じられ・・・日本がよい方向に変わればと」

 行間にこの方の、そんな熱い思いがあふれている 山本太郎はこういう方たちによって支えられている。

 「れいわ新選組」はまだまだ、たくさんの応援が必要だ。

 私は山本太郎に賭けている。奇跡を越してくれると信じている。第一次山本太郎内閣発足!

有縁の世界に風穴を開けた「れいわ新選組」!



 想田和弘が心憎いほど素敵な一文を投稿した。映画作家だけあって見事な視点だ。脱帽である。

 やや長いが、中身が濃いので全文転載する。

********************************

 参議院選挙で山本太郎率いる「れいわ新選組」が2議席を獲得し、政党要件を満たすことになった。しかし「特別枠」2人を優先的に当選させたため、99万票を獲得して比例最多得票を記録した山本太郎は落選した。

 これほど常識はずれのカッコイイ落選の仕方が、かつてあったであろうか。

 選挙期間中は完全に無視していたテレビ局も、投票を締め切った後は「参院選の台風の目」などと持ち上げて山本太郎を特集した。

 台風だと思ったのなら、選挙期間中から報道しろっつーの。台風が過ぎてから「報道できませんでしたけど、実は台風が来てたんです」なんて報道しても、アリバイに過ぎないのである。

 いずれにせよ、れいわ新選組は、山本太郎が選挙間際に急ごしらえで作った集団であるにもかかわらず、なぜ「台風の目」と称されるまでに人々の注目と共感を集めたのか。

 この点について、「ああ、なるほど!」と僕が最も膝を打った説。それは、候補者の一人である安冨歩さんが、れいわ現象を内側から分析して放った言葉である。

 「れいわ新選組は、左派ポピュリスト政党などではない。

 それはそもそも『政党』ではなく、『左派』でもなく、『ポピュリスト』でもない。

 れいわ新選組は、無縁者の集まりであり、その無縁のエネルギーが、ガチガチに固まって人間を閉塞させている有縁の世界に、風穴を開けつつある。

人々の支持を集めているのは、その風穴から、空気が吹き込んでおり、息ができるようになったからだ、と私は考えている」(内側から見た「れいわ新選組」)

 「無縁者」とは、日本中世史家の網野善彦が使った概念で、主従関係や親族関係といった世俗的支配(有縁)から自由な人間を意味する。

 実際、日本の中世では道、市場、浜辺、野原などが「無縁所」として機能し、そこには漂泊の職人や芸能民、博打打ち、巫女などの無縁者が集ったという。

 彼らは人間関係=縁が「腐れ縁」になったとき、それを断ち切ることで自由になり、中世の社会で重要な役割を果たしたらしい。

 れいわ新選組は、たしかに「現代の無縁者」の集まりである。
 
 党首の山本太郎自身、新選組を「空気を読まない集団」だと評している。翻訳すれば、「有縁のルールに縛られない集団」という意味であろう。

 思えば、山本太郎もかつては芸能界という有縁の世界で活躍していた人だ。ところが福島第一原発事故が起きた際、「脱原発」の声を挙げたことによって、仕事を干されてしまった。要は縁が腐れ縁になったわけだ。

 そのとき山本太郎は、自分の信条を曲げて腐れ縁にとどまるよりも、それを断ち切って無縁者になることを選んだ。そして政治家になったのである。

 彼が選んだ他の候補者たちも、重度障害者であったり、女性装であったり、元東電社員であったり、環境運動家であったり、ホームレスを経験した派遣労働者であったり、コンビニ経営から弾かれた人であったり、創価学会員でありながら公明党に反旗を翻す人であったりすることで、有縁の世界とは距離を置き、独自の論理と世界観を確立した人々である。

 彼らは腐れ縁を断ち切る「無縁の原理」を体現しているわけだ。

 そんな彼らの存在は、ガチガチに固められた有縁の世界で窒息させられそうになっている人々にとっては、「風穴」そのものである。

「救い」と言ってもいいだろう。彼らを見ているだけで、なぜか元気が湧いてくるのだ。

 それもそのはず、現代日本の有縁の世界は、あまりにも腐れ縁に満ちている。

 パワハラやセクハラ、過労死やワーキングプアの問題などは、腐れ縁の典型であろう。

 れいわ新選組の候補者のメンツには、そうした腐れ縁を「しかたがない」と諦めて受け入れるのではなく、正面から打破するパワーを感じられるのである。

 実際、「消費税廃止」「奨学金チャラ」「最低賃金1500円」などという山本太郎の政策は、有縁の世界に縛られ有縁の論理に洗脳された「常識的な政治家」には、そもそも思いつかないような発想である。

 いや、思いついたとしても「周りから失笑される」との危惧が先に立って、口をつぐんでしまうであろう。

 ところが空気を読まない無縁者の山本太郎は、それらの政策を堂々と掲げてしまった。のみならず、経済政策を専門家とともに勉強して、他人を納得させられるような理論武装をしてしまった。

 まさに有能な無縁者だからこそできる芸当だ。

 れいわを「無縁者の集団」ととらえると、彼らの活動に対して冷笑的な人たちが、安倍政権側だけでなく、野党側にも存在することの理由がよく分かる。

 野党の側にも「腐れ縁」は存在するからだ。そうした腐れ縁を「組織のため」「立場上」と称して我慢している人からすれば、空気を読まない自由奔放な無縁者は脅威であり嫉妬の的であり、イラつく存在なのだろう。彼らのいら立ちは、イデオロギーとは無関係なのである。

 しかし右も左もいら立たせる「れいわ新選組」という存在は、この国に絶対に必要だ。

 なにしろ日本社会は、あまりに有縁の世界、「しがらみ」や「組織の論理」が強すぎて、とにかく息苦しい。

 組織の論理を振りかざす人自らも組織の論理に抑圧されていて、みんなが恐縮しながら生きていて、みんなが不幸になっているようにみえるのだ。

 山本太郎は参議院選挙中の街頭演説で、猫ちゃんTシャツを着ながらこんな話をした。

 「本当に猫様に救われましたよ。死にたくなるような世の中で、ただ存在しているだけで、ただ存在しているだけでいいんだって教えてくれたのは、猫ちゃんなんですよ。

 この中に猫苦手な人もいると思うんですけどね、世界で一番自分が偉いと思ってないんですけど、一番偉そうにしてんですよ。ただ食べて寝てるだけなのに! 素晴らしい存在ですね。だからみんなが猫みたいに生きられる社会を目指したいんですよね。

 空気なんて読まない。自分が気が向けばお相手したりもしますが、そうじゃないときには自分の好きな通りにさせてもらう。自分らしく生きるってのは、猫から学ばなければいけないと思うんですよ!」

トランプ主導の有志連合に各国は二の足!


エネルギー供給の大動脈ホルムズ海峡などで民間船舶を守る米主導の有志連合構想に対し、関係国などで慎重な対応が目立っている。

米政府は60カ国以上を招き、有志連合に関して説明会を開催。ポンペオ国務長官は日韓や英仏独を名指しして参加を迫った。

だが、各国の反応はトランプの期待には程遠い。

火のないところに煙を立てるトランプ流の紛争に、巻き込まれたくないとの思いが濃いからだ。

詳しくはここをクリック
https://www.tokyo-np.co.jp/article/world/list/201907/CK2019073102000143.html

60兆円ばら撒いた安倍晋三のスタンプラリー外交!



「誰の政治ですか。税金は安倍総理のポケットマネーではありません!」と、社民党の福島瑞穂議員が国会で追及したのは昨年1月のこと。第2次安倍政権発足以降、54兆3621億円を外国へバラまいていることへの発言だが、その額は増える一方なのだ。

「この6月12日にも、安倍晋三は集中審議をドタキャンしてイラクに出発。そして2億7500万円の緊急無償援助を約束。 “金を払わないと会ってくれないのか”と永田町の声。

 なんの成果もないまま続くバラまきに『社会新報』編集次長で、ジャーナリストの田中稔は呆れ顔で、こう語る。

「福島議員の質問から約1年半。新たな海外バラまき分として、6月のトランプ来日でF35戦闘機105機購入約束で1兆2000億円、イージス・アショアは基地建設も含め8000億円など、トランプ政権発足後に5兆円超も米国に差し出していることなどを合わせれば、60兆円はバラまいている。

こういう巨額資金は国会の同意を得るべきなのに、閣議決定だけ。一方で、国民の社会保障は削られる一方だ。

 さらに、あるベテラン代議士秘書は、こう漏らす。「海外への支出の多くは、各国現地でのインフラ工事をわが国の大企業が受注するためのまき餌。焦げつき分も多く、得をするのは自民党政権と癒着した大企業。

今年1月のプーチンとの会談(2016年に3000億円の経済援助を約束)もそうだが、バラまき外交の成果はほぼ皆無」

 これまで75回外遊し、延べ150か国以上を巡った安倍晋三。「スタンプラリー外交」という批判だ。  (以上 日刊大衆)

「れいわ新選組」の政策は全部実現可能と自民議員!

 自民党衆院議員の安藤裕は、山本太郎が「れいわ新選組」の重要政策として掲げた公約は全部実現可能だと言った。

 そしてこれまでの経済政策を総括し、大転換するために山本太郎が「触媒」になれば、と強調した。

*************************
安藤裕の主張である。

 この国の20年間の経済政策は大失敗だった。世界経済の成長率ランキングで日本だけが断トツのマイナス。すでに先進国ではなくなりつつある。

 これにより日本は衰退を続けているが、既存の政治家は野党も与党も含めて危機感をまったく持っていない。マスコミも同じで、こういうことをキチンと指摘したことがない。

 まだ日本は先進国だし、国防をしっかりしないとと言っている。経済こそ国防の基本だ。経済がしっかりしないと国防などできない。

 「れいわ新選組」のことを「きれいごとばかり言っている」と言うが、あれは全部実現可能だ。

 消費税ゼロも可能だし、奨学金チャラと言うのも可能だ。彼らは可能なことを全部、並べている。

 僕らは自民党の中で言ってきたが自民党の政策にならなかった。

 大きく政策を転換しなければならない。平成の時代は間違っていたと総括しなくてはいけない。

 山本太郎という存在が一つの大きな「触媒」になればいいと思う。

 彼のことを左翼だというようなジャンルに分けてしまうと、(自民党は)相当痛い目に合う。

情報の殿堂・大宅壮一文庫が存続危機!


日本で最初の雑誌の図書館として知られる東京の「大宅壮一文庫」が、慢性的な経営難を受け、施設の存続のために、個人や企業などから寄付金を募る新たな支援制度を8月から始めることになりました。

 東京 世田谷区にある「大宅壮一文庫」は、昭和を代表する評論家でジャーナリストの大宅壮一の蔵書をもとに昭和46年に作られ、明治時代からのおよそ1万2600種類の雑誌、80万冊を所蔵しています。

 しかし、インターネットの普及などで利用が激減し、慢性的な経営難が続いていることから、施設の存続のため、個人や企業などから寄付金を募る新たな支援制度を来月から始めることになりました。

 年額で個人は1万円から、企業や団体は10万円から寄付を募り、金額に応じて入館料無料などの特典を用意するということです。

 大宅文庫では、2年前にも「クラウドファンディング」で寄付を受けていますが、今後、老朽化した施設の修繕工事も予定されていて、今回の制度に踏み切ったということです。

 大宅壮一文庫の鳥山輝専務理事は、「雑誌がどんどん減る中で、現物を所有する大宅文庫はネット化されていない情報の宝庫で、今後も存続する責任があると思います。幅広く呼びかけたい」と話しています。  (以上 NHK)

*******************************************

 大宅壮一全集は全館持っている。それほど彼のファンだった。

 大宅は、文章を書き出すと、言葉を違えても書き直すことなく巧みに活かして、最後まで書き終えたという。文章の達人だ。

 時代の流れと言えば、それまでだが、ネットが普及していない時代は文字通り「情報の宝庫」としてマスコミ関係者や若者に珍重された。

 何としても存続して欲しい。

北朝鮮がまたミサイル発射!

 韓国の聯合ニュースは31日、北朝鮮が同日未明に飛翔体を数発発射したと報じた。

 文在寅政権は最近、ミサイルを飛翔体と呼ぶようになった。なぜ、こんな意味不明な言い方をするのか。

 同時にトランプが米国に届かない北朝鮮のミサイルは「容認する」姿勢を見せたことも金正恩を”勇気”づけている。

 こうした態度が金正恩に足元を見られ、ミサイル発射を許している。

「れいわ」2議員の介護費、当面は参院が負担!

 参院議院運営委員会は30日の理事会で、重度障害を持つれいわ新選組の舩後靖彦、木村英子の両参院議員が現在受けている公費による介護サービスについて、当面は公務中も参院の負担で行うことを決めた。今後、れいわ側に負担を求める可能性もあるという。

 日本維新の会は、賛成しなかった。

 舩後、木村両氏は障害者総合支援法に基づく「重度訪問介護」サービスを利用し、生活全般の介助を受けてきた。

 しかし、厚生労働省は議員活動を「経済活動」と見なし、公費負担の対象にしていない。

 このため両氏は、議員活動を含めて引き続き公費でサービスを受けられるよう対応を求めていた。

 参院が負担するのは議員活動に関わるサービスのみ。

 理事会では、参院事務局と厚労省がどう負担し合うかについて両者で協議し、年度内に結論を出すことになった。

 制度見直しに向け、障害者の通勤や職場での支援の在り方に関し、政府に検討を求めることも決めた。 (以上 時事通信)

***************************************

 厚労省は参院に責任を押し付けた。だが2人は国民の支持を受けて国会に送られてきた議員だ。意思表示をするには介護者が必要だ。

 私たち健常者は、長年にわたって障碍者を放置、差別してきた。

 山本太郎はそんな日本人に2人を擁立することで、「障碍者が健常者とどこが違うのか」と問題提起した。障碍者は施設にこもっていろと言うのかと告発した。

 そうした意味で今回の2人の当選は画期的な出来事だ。制度の根本的な見直しが必要だ。

 介護者の費用負担は厚労省の問題。それを参院に押し付けるのはお門違いである。

 これについて山本太郎は、フジテレビの番組で「超党派で突破していただきたい」と強調した。 

安倍自民党が最も警戒する男、それは山本太郎!




 勝つためには手段を選ばないのが安倍自民党だ。

 ロシアの秘密警察のように、内調(内閣調査室)や全国の警察権力をフル動員して必死で山本太郎や「れいわ新選組」の粗探しをするだろう。

 些細なことでも針小棒大に週刊文春や新潮が書きまくるだろう。ガセネタでもなんでも書いたほうが勝ちの「書き得」で挑んでくるだろう。

 我々は敵に上げ足を取られないよう常に警戒を怠ってはならない。

******************************

 今秋に衆院解散を考えていた安倍晋三は、「五輪後の20年秋以降」に軸足を移したようだ。

 理由は2つある。1つ目は、参院で自民、公明、日本維新の会による「改憲勢力」で、改憲に向けた国会発議に必要な「3分の2」を割り込んだこと。

 足りないのは「4」議席なので、今後野党に揺さぶりをかけることで回復は不可能ではないが、その前に衆院選を行って衆院の方も「3分の2」割れになると、憲法改正への動きが事実上ゲームオーバーになってしまう。だから、衆院選は「3分の2」回復後にしたい。

 もう1つの理由が、まさに山本太郎の存在だ。

 参院選で「れいわ新選組」が獲得したのはわずか2議席だが、安倍自民党はその存在感を過小評価していない。

 特に都市部での爆発力には脅威を感じる。例えば東京都では、比例代表で「れいわ」は45万8151票獲得した。これは日本維新の会の47万9908票とほぼ同じ。社民党はもちろん、国民民主党よりも多い。もはや主要政党と言っていい。

 今の勢いのまま衆院選に突入したら「れいわ新選組」は、無党派の若者層から大量得票して多くの議席を獲得する。

 その場合、最近の選挙では若者層の支持が高い自民党に対する影響は甚大だ。

 そこで安倍自民党が考え付いたのが「山本太郎のスキャンダルをじっくり待つ作戦」だ。

 時間が経てば、スキャンダルが噴出したり、党内で内輪もめが起きたりするに違いないと踏んでいる。

 それだけに、衆院選はしばらく先送りして「れいわ新選組」の自壊を待つという作戦に出たということなのだろう。

 もちろん、衆院解散を先送りすることで「れいわ」がさらに大きくなり、来年には手がつけられないような勢力になっている可能性もあるが、安倍首相はそうは見ていないということだろう。 (以上 プレジデント)

小泉進次郎が出来ない国会改革が一気に動いた!「れいわ新選組」!

これまで散々山本太郎と「れいわ新選組」をこき下ろしていたプレジデントが山本太郎と「れいわ新選組」を褒め称えた。

「小泉進次郎が出来ない国会改革が一気に動いた」と書いた。

一体、どういう風の吹き回しか? 気持ちが悪い。

************************************

山本太郎の発言以外でも「れいわ新選組」は注目を集める。

筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者の舩後靖彦さんと、重度障害者の木村英子さんの当選を受け、与野党は参院議院運営委員会を開き国会の改修や、代理投票を認めるなどの改革方針を確認した。

「日本で一番改革が遅れているところ」と揶揄されることが多い国会。単にバリアフリー化が進んでいないだけでなく、ペーパーレスなど民間企業なら当たり前の改革が手つかずの部分が多い。

自民党の小泉進次郎らが国会改革に取り組んだが、実現には至らなかったことは記憶に新しい。

にもかかわらず「れいわ新選組」の2人が当選したことで、これまで崩されなかったバリアーがアッという間に崩された。

障害がある当事者が議席を得たことのインパクトと、山本太郎の存在感のたまものだろう。  (以上 プレジデント)

安倍1強がたった2議席の新政「れいわ新選組」に脅えている!

これまで散々、山本太郎と「れいわ新選組」をこき下ろしていたプレジデントが「1強がたった2議席の新政党に脅えている」と書いた。

参院選が終わってからも、永田町の話題は山本太郎が率いる「れいわ新選組」が独占。山本は相変わらず歯切れよく破天荒な発信を続けている。

「れいわ」から当選した重度障害者の2人のために国会は突貫工事でバリアフリー化を進める。

安倍晋三は、早ければ今秋にも衆院解散する選択肢を持っていたのだが、今は「来年の五輪後」に傾いてきた。

これは「れいわ」の実力を慎重に見定めようという判断によるものだという。

「1強」が、たった2議席の新政党に脅えていているのか。

参院選で「れいわ」が2議席獲得したとはいえ、山本自身は議員バッジを失った。

「首相を目指す」と言っても普通なら誰も見向きもしないだろうが、今の山本太郎の口から出る言葉は「大風呂敷」には聞こえない。  (以上 プレジデント)

消費税10%は正気の沙汰と思えないとジム・ロジャーズ!



 世界的な投資家ジム・ロジャーズが、「日本の景気衰退に拍車をかける出来事が、三つ連続して起きる」と警告した。

 以下は彼の弁である。

***************************

10月の消費税10%への増税、2020年の東京五輪の開催、そしていつ起こってもおかしくない「第二の世界金融危機」だ。

一つ目の消費税は、2014年に5%から8%に上げた時もクレイジーな政策だったが、10%など正気の沙汰とは思えない。

五輪の経済効果はあくまで一過性。五輪が国家にとって金儲けになった例は見たことがない。

むしろ、1ヵ月のお祭り騒ぎのために、日本の借金は大きく膨らむことになる。宴の後に来る反動の方がはるかに心配だ。

建設業を筆頭に五輪バブルの終焉で停滞、不振に陥る業種が増え、そのダメージは、消費増税と併せて日本経済の致命傷になる可能性がある。

「第二の世界金融危機」が刻一刻と近づいている。

米国の2018会計年度の財政赤字は、7790億ドル(約84兆円)にのぼり、世界のどこかで経済危機が起これば、一気に破綻しかねない。

米中の貿易摩擦も激化の一途。私は、今年の後半から来年にかけてトランプはより本格的な貿易戦争をしかけると予想している。

最終的に、中国からのすべての輸入品に超高額の関税をかけ、一時的な「国交断絶」に陥ることも想定しなければならない。

関税が強化されれば、そのコストは米国内の企業と家計に重くのしかかり、インフレが一気に進む。

それによって消費の減退と、金利の上昇が起こり、結局は、米国自身も苦しむことになる。

米国と一蓮托生の日本は、米中戦争の大きな被害を受けることになる。

日本がやるべきは「減税」だが、安倍がやったのはこれとは真逆のことだ。

これから20~30年後に歴史を振り返ったとき、安倍晋三は、日本経済に致命傷を与えた人物として、その名を刻んでいるはずだ。 (以上 週刊現代)

怪しいカネの亡者が国会に結集!「みんなの党」!



 参院選で初当選した「NHKから国民を守る党」(N党)の立花孝志は30日、無所属の渡辺喜美と新会派「みんなの党」を結成すると発表した。会派の代表は国会の裏を知る渡辺が担う。

 立花は、NHK受信料を強制するNHKに異議を唱えて当選した。ところが当選した途端、「議員ならだれでもいい。とにかく数だ」と議員の数集めに奔走。

「ロシアと戦争して北方領土を取り返せ。ロシアの女を抱きたい」といって維新の会を除名された丸山穂高や、秘書に殴るけるの暴行や外国人女性にセックスを強要した石崎徹らに片っ端から声をかけている。

立花は「問題がある議員だから呼び込みたい」と平然と話した。

 丸山はN党に入党。しかし、丸山は昨年、「見ないからNHK受信料を払わないというのは法令上通らない。受信機がある世帯は払わなければならない」と立花の主張とは真逆の発言をした。水と油が一緒になるというのか?

 N党は政党要件を満たし5900万円の交付金が入る。議員が1人増えるごとに2430万円上乗せされる。

 無所属なら政党助成金を貰えない丸山や渡辺が立花と手を結ぶのは結局、カネのためだろう。

 こやつらが国会議員になったのは主義主張より、「カネ稼ぎが」狙いか?

フジTVが「山本太郎」と「れいわ新選組」を30分放送!

よくあのフジテレビが放送したものだ。

世間の目は山本太郎と「れいわ新選組」に集中。

視聴率を稼げると踏み、急きょ、放送することにした。

山本太郎がこの中で、小泉進次郎を「さすが風を読むのが上手い」と言った。
何を指すのか? 気を付けて録画を見れば分かる。

番組の中で30分、タップリ山本太郎と「れいわ新選組」に提供した。

選挙前になぜ放送してくれなかったのか?

フジの録画
詳しくはここをクリック
https://tr.twipple.jp/detail_movie/7f/9cfff6.html

右下の□をクリックすれば、画面が大きく、見やすくなる。

*******************************
関連投稿はここをクリック

田崎スシローがTVでまた捏造情報を流した!
https://85280384.at.webry.info/201907/article_348.html

大変だ!1億人分のクレジットカードの情報が盗まれた!

 【ニューヨーク共同】米金融大手キャピタルワンは29日、同社のクレジットカードの所有者や発行を申請した人などの個人情報が、外部からの不正アクセスを受けたと発表した。

 計約1億600万人分の情報が流出した可能性があり、米紙ウォールストリート・ジャーナル電子版は、大手銀行の情報漏えいとして過去最大規模だと伝えた。

 不正アクセスを受けたのは、2005~19年に同社にカード発行を申請した個人や小規模の事業者の住所や生年月日、自己申告した収入などで、米国が約1億人分、カナダが約600万人分。数は少ないが、社会保障番号や銀行口座、信用情報なども含まれている。 (以上 共同通信)

******************************************
  
 これだからカードは怖い。

 最近はみんながカードだというので、安易にカードを作るがこんな危険が潜んでいる。

 銀行口座の情報を盗まれたらどうなるか。

 気が付いたら預金が全部空になっていた、と言うことになりかねない。

日本の安全などどうでもいいとトランプ!


 【ワシントン=金杉貴雄】トランプは26日、北朝鮮の弾道ミサイル2発の発射について「短距離で、多くの国も保有している」と容認した。

 米朝会談では金正恩が、中・長距離のミサイル発射のみ凍結を約束していたことも判明。トランプの姿勢は日本を射程に入れたミサイルの保有を認めることにつながりかねず、日本が置き去りとなる懸念が現実味を帯びている。

 トランプは「彼ら(北朝鮮)は米国への警告とは言ってない。とても標準的なものだ」と語った。

 しかし、日本にとっては脅威だ。発射実験を繰り返せば、迎撃困難な新型ミサイルが次々と開発される恐れがある。

 米国は当初、核兵器とともに「すべての弾道ミサイルの廃棄」を掲げ、日米政府間でも繰り返し確認してきた。

 だが、トランプは米本土やハワイなどに届く中・長距離の開発凍結さえ北朝鮮が約束すれば合意するのでは、との疑念を抱かせる。 (以上 東京新聞)

******************************************

 こういう男に日本の安全保障をゆだねていいのか?

 トランプは、毛頭、日米同盟など順守する気はない。あるのは米国の利益、もっとはっきり言えばおのれの大統領再選のことだけだ。

 安倍晋三はトランプに言われるままに兵器を買った。アホだ。コヤツに日本を任せておいては危険だ。

「声を上げると卒業させてもらえない」と慶大の無給医!

 患者が大学病院に殺到するので医師たちは猛烈な忙しさだ。そうした中で30代の大学院生は当直などもやらされながら支給されるカネはたったの3万円。信じられないがこれが無給医と呼ばれる医師の実態だ。

 国がやっと重い腰を上げ調査に乗り出したが、1カ月以上たった現在も慶応大学病院などは回答を保留している。

 これは慶大の無給医の声である。

****************************************

 「声を上げると卒業させてもらえないなど不利益を被るおそれがあり、みんな我慢していますが、3万円では生活に困るので休みの日にアルバイトに行かざるを得ず、常に疲労しています。投薬の日数を間違えそうになるなどミスが増えていると感じています」と話しています。(以上 NHK)

続きはここをクリック
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190729/k10012012801000.html?utm_int=detail_contents_news-related_001

国が出資したファンドの累積損失が367億円!

 私が2020年の東京五輪を待たずに景気が一段と悪化すると予告したが、その通りとなってき始めた。

 安倍政権がむりやり出資したファンドが累積損失367億円に達したという。

 さらに10月からは消費税が10%にあがる。

 市民生活の消費が落ち込み、再び店舗縮小、人員整理・・・。

 不況のドアが開く。

********************************************

 国と民間企業が共同出資してつくる基金「官民ファンド」で、第2次安倍政権が発足した平成24年末以降に設立された12ファンドのうち、4ファンドの30年度までの累積損失が367億円に達したことが分かった。 

 損失の膨張は最終的に国の損失になりかねないと財務省。 (以上 産経)

詳しくはここをクリック
https://www.sankei.com/politics/news/190725/plt1907250028-n1.html
 

緊急事態!北極圏が火の海となって燃え広がる!



ヨーロッパが熱波に見舞われる中、北極圏のアラスカやシベリアでは記録的な暑さと空気の乾燥が原因とみられる森林火災が相次ぎ、国連が「前代未聞の事態だ」として懸念を示しています。

先月から今月にかけて、北極圏のアラスカやシベリア、グリーンランドでは森林火災が相次ぎ、このうち、被害が深刻なアメリカのアラスカではことし、すでに400件近い森林火災が発生し、およそ33万ヘクタールの森林が焼けたということです。 (以上 NHK)

動画はここをクリック
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190729/k10012012211000.html?utm_int=news_contents_news-main_001_relation_002
******************************
 地球の環境変化で異常気象が「日常化」している。この先、地球の環境は悪化するばかりだ。

 こうなると「食料の確保」が最大の課題である。欧米の先進国はどこも自給が可能だ。ところが、日本の食料自給率は40%を割り込んでいる。

 事態が悪化すれば、いくら金を出してもどこも売ってくれない。自国民を食べさすことを優先するからだ。
  
 山本太郎が主張する一番大事な安全保障は、「食料の自給」である。

 今の状態だと日本人は100人のうち、40人足らずしか食料を確保できない。残りの60人は餓死するしかない。

 どれだけたくさんの戦闘機や最新兵器を買っても、腹が減っては戦は出来ない。

 国防の第一は、食料の自給だ。

自民党、山本太郎の集票力に強い警戒感!

「山本太郎都知事」は「為にする」ガセ情報!

共同通信がこんな記事を書いた。↓

自民「山本太郎都知事」警戒。来年の最大の政治決戦は都知事選だが、自民党関係者は「山本氏が出馬すると大変だ」と早くも警戒心を隠さない。

***********************************

ハッキリ言わせてもらおう。これはどう考えても為にする記事だ。「為にする」とは、下心があって、陥れようとたくらむことである。

山本太郎が都知事に出馬など、万に一つもあり得ない。絵空事。捏造である。誰かがガセネタをばらまいたのだ。

山本太郎は参院選後の21日未明の記者会見で「政権を獲りに行く」「公約実現のためにも総理を狙う」と明言した。

この席で太郎は「次期衆院選に出馬する」と誰よりも早く出馬宣言した。

これより先に週刊朝日は、山本太郎が「参院選後は俳優に復帰?」とガセネタを飛ばした。ガセを意識的に流そうとしている。

「知事」も、「俳優復帰」も、根も葉もないかく乱情報だ。ちょっと考えたら「為にする」記事とすぐ分かる。

次期衆院選の関心の的は、山本太郎が率いる「れいわ新選組」である。

果たして「れいわ新選組」が何人擁立するか? どんな作戦で選挙戦に挑むのか? 各党は戦々恐々だ。

注目が集まれば、集まるほど、山本太郎と「れいわ新選組」への攻撃、誹謗中傷、ニセ情報が激しくなろう。

山本太郎を本気で応援する者は、つまらないガセ情報に踊らされてはならない。

そんなヒマがあれば、一人でも多くの太郎支持者を増やす努力をしよう。
それにはこれが一番だ。

この動画を見た者は1人残らず山本太郎の虜になる。
山本太郎「伝説の演説」
https://www.youtube.com/watch?v=V6jbn9Ye670

衆院選はもう始まっている。現職衆院の与野党議員の動きを見れば一目瞭然である。

特に自民党は山本太郎の想像を超える異常人気と集票力に警戒感を強めている。

裏社会と吉本興業の腐れ縁と安倍の「暗い過去」!



 ヤクザや半グレなど裏社会と吉本興業の腐れ縁が表面化した。

 その吉本に122億円もの私たちの血税をこっそり継ぎ足したのが安倍晋三。

安倍にはこんな「暗い過去」がある。

 暴力団を使って対抗馬を叩き落した。ところが、「成功報酬」を値切ったのでヤクザが怒って安倍の自宅や事務所に火炎瓶をブチ込んだ。

 「#ケチって火焔瓶」というハッシュタグでネット拡散されている。

 ジャーナリストの山岡俊介がスクープした安倍晋三と暴力団の癒着のことだ。

詳しくはここをクリック
https://hbol.jp/176388?fbclid=IwAR1HULbLjjscquqUX_RJDs7WGuOehdX6VI8JqtU5zq3ERZVfixnVk7ZwDoc

関東甲信がやっと梅雨明け


 関東甲信がやっと梅雨が明けた。とにかく長かった。

 気象庁は29日、関東甲信が梅雨明けしたとみられると発表した。平年より8日、昨年より30日遅い。

 これからまた熱中性が話題になる。

 熱いのは苦手だ。寒いほうがまだまし。

 寒けりゃ、着込めばいいが、熱いのは「はがす」わけにいかないからだ。
 
 

「れいわ旋風」は強まれど、弱まる気配はなし!

 私のブログ「半歩前へ」への初投稿だ。糸井成人さんが以下のコメントを寄せた。 (原文のまま)

2019年07月27日 06:26

 れいわ新選組に対するNHK及び民放の無視は、政府がこれまで国民に内密にしてきたマネー経済のカラクリを白日の下に晒された事に、可なり官邸や財務省は、危機感を抱き、れいわ新選組を脅威に感じた事の表れがれいわ新選組の活動をスルーする様に仕向けた。

 本来なら暴動が起きても不思議ではないくらいの暴露ないようだったからだ!

 また、報道陣もれいわ新選組立候補者の語る内容を、最初は、「マユツバもの」としかみなかったのは、自身の知識の無さに気がつかされる。

 この「れいわ新選組旋風」は、これからさらに強まる事はあれど、弱まる事はない!

あなたのお知恵拝借!



 私は山本太郎や「れいわ新選組」のを応援するために、同時に、見出しを少し手直しして同じ投稿を3本発信している。

 これについて再考を促す声が届いた。本当のことを言えば、私も煩わしくて3回も同じような作業をしたくない。 ではなぜ、面倒な作業をしているのか?

  それは、1人でも多くの人に太郎の情報を提供するためだ。

 山本太郎と「れいわ新選組」の応援団はいくつもある。私はそのうちA、B、Cの3つのグループに投稿。

  複数のグループに重複参加している者もいるが、ほとんどは1つだけだ。だから面倒な作業を繰り返している。

 私はパソコンが得意ではない。いまだに左右の人差し指だけでキーをたたいている。それゆえ時間がかかる。これを毎日繰り返していたら、結構疲れる。

  可能なら1回で済ませたい。

 どなたかいい方法があれば教えて欲しい。

 重複投稿について、皆さんの意見を伺いたい。それによって決めたい。

宮城で震度4、東京も揺れた、だが 震源は三重の不思議 !

 明け方の地震で目が覚めた。グラ、グラッと来た後、しばらく横揺れが続いた。首都直下型地震が発生したのかと一瞬、覚悟した。そろそろ来る頃だと思っているからだ。

 ところがなんと震源地は三重県だという。それで宮城で震度4とはどういうことか?私の住む東京も震度3だった。

****************************************

 28日午前3時31分頃、三重県南東沖を震源とする地震があり、震源から約600キロ離れた宮城県丸森町で震度4、東京都千代田区で震度3を観測するなど、25都道府県で震度1以上を記録した。

 気象庁によると、震源の深さは約420キロ、地震の規模を示すマグニチュードは6・5と推定される。

 今回の地震は規模が大きく、深い場所で起きたため、震源から遠く離れた地点まで強い揺れが伝わる「異常震域」という現象が発生。

 震源は、東北や関東の下に深く沈み込む岩板の太平洋プレート内部とみられ、固くて地震波が伝わりやすい性質があることから、震源の北側で特に揺れが強まったという。  (以上 読売)

「こうすればいい」と皆さんの知恵を貸して欲しい!


 私は山本太郎や「れいわ新選組」のを応援するためにフェイスブックに、見出しを少し手直しして同じ投稿を3本発信している。

 これについて再考を促す声が届いた。

 本当のことを言えば、私も煩わしくて3回も同じような作業をしたくない。

 ではなぜ、面倒な作業をしているのか?

 それは、「1人でも多くの人に太郎の情報を提供」するためだ。

 山本太郎と「れいわ新選組」の応援団はいくつもある。私はそのうちA、B、Cの3つのグループに投稿。

 複数のグループに重複参加している者もいるが、ほとんどは1つだけ。だから面倒な作業を繰り返している。

 私はパソコンが得意ではない。いまだに左右の人差し指だけでキーをたたいている。

 それゆえ時間がかかる。これを毎日繰り返していたら、結構疲れる。

 可能なら1回で済ませたい。どなたかいい方法があれば教えて欲しい。

 重複投稿について、皆さんの意見を伺いたい。それによって決めたい。

モリカケに時間を取られ過ぎたと玉木!豹変の裏で何があった?

 国民民主党の玉木は参院選の敗北を受け、「国会でモリカケに時間を取られ、国政の重要課題を議論する時間が少なくなった。反省している」と語り、「今後は改憲論議を進めていく」と強調した。

 国会でモリカケ論議をして真相が究明されたとでもいうのか?

 安倍晋三の妻、明恵の財務省への口利き疑惑が解明されたとでもいうのか?

 明恵を国会に呼び証人喚問すれば、シロクロが付く話だ。それを自民党は頑なに拒否し続けている。

 世論が沈静化するのを待って「幕引き」をして、口利きがなかったことにしようとしている。

 国民の財産である国有地をタダ同然で払い下げた森友事件や、加計疑惑の真相究明を私たちはあきらめていない。

 それを野党でありながら、玉木はモリカケの追求を放棄するというのか? 

 最高権力者の「国家の私物化」を容認するというのか? 国民は絶対納得しない。

 モリカケを脇に追いやって玉木は改憲論議を進めると言った。

 改憲発議には自公に維新を加えても、まだ議員が4人足りない。

 このため安倍は国民民主党に協力を求めていくと発言した。

 玉木の豹変の裏に何があったのか? 

 まさか、「毒饅頭」を食ったのではあるまいな?

多種多様!自民党の中にもこんな議員がいる!



ネットにこんな投稿があった。

自民党の武井俊介衆院議員
 重い障害を抱えた2人の議員がまさに歩み始めようとするとき、政治評論家と称する方が「議員の職務全うは無理ではないか」などと発言し、多くの支持を得ていることに酷暑の中、薄ら寒い思い。苦難の中、道を作る人に敬意を表さない社会に進展はない。

 武井俊介などと言う人を私は知らない。彼のツイッターを見たら以下のようなつぶやきがあった。

 自民党と一口に言うが、萩生田のようなのから武井までいろんな考えの議員がいるのである。

▼7月27日
 当事者として活躍されたればこその言葉です。舩後議員、木村議員の国会での活動が充実したものになることを期待しますし、院は異なりますが心から歓迎したいと思います。

▼7月24日
 ハンセン病元患者の家族の皆さんへの賠償判決の確定を受けて、所属している議員懇談会が開催されました。
今なお続く差別や偏見をなくすために力を尽くして頂きたいとの声。これはすべての国会議員が重く受け止めるべきこと。秋の臨時国会での救済法案成立に向けて努力して参ります。

▼6月18日
 アフリカ出張のあいだに妙な本が届いていました。数ページ読みましたが、とても活用できるようなものではありません。わが党を応援する意図をお持ちなのかもしれませんが、ひいきの引き倒しもいいところです。しかも10冊余りも。
扱いに困ります。

 武井俊介が「妙な本」と言うのは、参院選を前に野党をさんざん攻撃した怪文書だ。

それこそ民主主義の可視化、お釣りがきて余りあると談四楼!

談四楼は、涙が出るほど嬉しいことを言ってくれるよ。

的確な表現でズバッと核心を突く。

筆が立つ噺家だ。

**********************************

 国会に行くれいわの2人に「何ができる」等を言う人に申し上げる。

 優秀な2人だが、国会にいるだけで絶大な効果をもたらすんだ。

 zバリアフリーがどう進められるか、その国会をどう運営するかが報じられ、日本のみならず世界から注目されるんだ。

 それこそ民主主義の可視化であり、お釣りがきて余りあるよ。

議席獲得は皆さんが起こした奇跡だと舩後靖彦さん!

おめでとうございます。日本の未来を明るく照らした快挙。

今回の選挙をともに戦った同志としてこれ以上の喜びはありません。

ご活躍を期待しています。

とはいえ、議員活動はこれから6年間。長丁場です。

くれぐれも、無理だけは、なさらないでください。

****************************************

 参院選比例代表で初当選した「れいわ新選組」の舩後靖彦氏(61)、木村英子氏(44)は26日、総務省で行われた当選者に対する当選証書の付与式に出席し、当選証書を受け取った。

 終了後、取材に応じた舩後氏は、介助者を通じて「感無量です。言葉もありません」と喜びを伝えた。

 木村氏は「今回の議席は、私だけの議席ではなく、私の命と生活をバトンリレーのように支えてくれた多くのボランティア、介助者の人たち、皆さんが起こしてくれた奇跡だと思います」と話した。

 また、出馬に導いてくれた山本太郎代表について「大きな勇気を持った政治家に出会えたことも、私の運命を変えてくれた。本当にありがたく思っています」と謝意を示した。

 「同じ状況を抱える障がい者の仲間や支援者の方々、私のことを知っていただいた多くの国民の皆様から温かい支援をいただき、ありがとうございました」とも述べた。

 木村氏は、参議院でバリアフリー化に向けた対応が進んでいることには「とても感謝している」とも述べた。その上で「重度の障がいをもつ議員が、介護を受けながら国会に存在できる制度が、今はない。(現在の制度では)経済活動が認められておらず、国会議員になったら今までの介護保障は打ち切られることになるそうです。もし打ち切られたら、介護者がいなくては生きていけなくなる」と訴えた。

 「今の状態では、8月1日に国会に来ることができない。安心して働くことができるように、現在受けている介護保障サービスをこのまま受けることができるよう、参議院や議院運営委員会、政府に要望していきたい」と述べた。 (以上 日刊スポーツ)

改憲のために議長を差し替えると安倍の側近!


 安倍晋三の直系の子分、萩生田光一は26日夜のインターネット番組で、「改憲は総理ではなく国会で、有力な方を議長に置いて、改憲シフトを国会が行っていくのは極めて大事だ」と強調した。

 政府・自民党は、少数野党の立場も理解して公平な議会運営に努める大島衆院議長を交代させる考えだ。

 安倍政権の独善もここまで来たか、との感がある。三権の長である国会議長まで支配下に置こうというのだ。

 安倍一派には司法、行政、立法の「三権分立」という民主主義の基本さえ分かっていない。分かっていながら無視しているのか。

 危険なことだ。参院選で公明、を含む与党が過半数を制したことで安倍晋三は悲願の改憲に燃えている。

 維新に加え、国民民主党の玉木の態度豹変で改憲に向け突き進むのではないか。

 国民の大半は今の憲法に満足している。改憲を言い出したのは安倍ら自民党の一部。

 マスコミはこのあたりを十分に報道せず、「憲法も見直しは必要ではないか」と改憲に向け世論を誘導。

 その結果、偏向報道で、改憲派が徐々に数を増やしていき、護憲派と拮抗するまでになった。大衆は簡単に洗脳される。

 公正な報道がいかに大切か分かる。

モスクワでプーチン批判の野党支持者ら千人拘束


 【モスクワ共同】9月のモスクワ市議選に出馬予定だった独立系候補が出馬を阻まれた疑惑を巡り、野党支持者ら3500人以上が27日、モスクワ市役所前で抗議集会を開こうとして治安当局と衝突した。

 警官隊は当局が許可していないとして市役所周辺から市民を排除し、計1007人(野党系サイト)を拘束した。

 独立系候補はプーチン政権に批判的な立場。立候補登録に必要な有権者の署名が実際は有効だったにもかかわらず、モスクワ市選管に無効とされた疑惑が強まっており、20日にも抗議集会が行われたばかり。  (以上 共同通信)

***************************************

 ロシアはプーチンが長期にわたって独裁体制を敷いており、一般市民の自由はことごとく制限されている。これまでも政権批判をした野党指導者やジャーナリスト多数が拘束され、その後行方不明となっている。闇に葬られたのだ。

 日本も安倍政権になってから報道に圧力を加えるなど独裁色を強めている。日本を中国やロシアのような独裁国家にしてはならない。

この人誰だ? 脳みそは与太郎で取り巻きがゴロツキ!

この人、誰だ?

コラムニストの小田嶋隆‏ がつぶやいた。

血筋は一流だけど
貫禄は二等兵
滑舌が三流で
脳みそは与太郎
取り巻きがゴロツキで
親友はロクでなし
性格が七面倒くさくて
先行きが八方塞がりで
悩みのタネが九条って

誰だ?

**********************************

 ここまで特徴を書いてくれたらすぐわかるよね。
 
 あのバカしかいない。

 そうそう、秋葉原でブチ切れた、あの男だよ!

絶品!高校生が作った「安倍政治の6年間」のビデオだ!

素晴らしい、の一語に尽きる。実に見事。

京都出身の高校生が作った「安倍政権振り返りビデオ」である。

わずか1分30秒余りの時間でよくまとめてある。鋭い感性に脱帽だ。

NHKよ、民放の諸君よ、キミたちがジャーナリストを気取るなら、これくらいのビデオを作って見せろ!

ここをクリック
https://www.youtube.com/watch?v=8VvIQUtIpJk

だったら私たちの力でこの国、取り戻すしかない!山本太郎!

一部の者たちだけにご恩返しするような政治が続いたら当然、この国壊れますよ。

だったら私たちの力でこの国、取り戻すしかない!

たった2分余りの録画。

この中に込められた山本太郎からあなたへのメッセージ!

聞かずにはおれない。

ここをクリック
https://www.youtube.com/watch?v=-Hm4HLfU2RI&feature=share

これでも勝った? 自民への投票は100人中たったの17人!

かった、かったと下駄の跡。

自民党は今度の参院選挙で本当に勝ったのか? 否である。

絶対得票率と言うのが一番大事。これは自民党が全有権者のうち、いくら得票したかを示す比率。

 2012年に第2次安倍晋三政権がスタートして、今回で5回の国政選挙を行った。その結果がこれだ。

2013年参院選 17・7%
2014年衆院選 17・0%
2016年参院選 18・9%
2017年衆院選 17・5%
2019年参院選 16・7%

 安倍政権はただの一度も20%台に乗ったことがない。3年前の参院選で18・9%と盛り返したが、その後は得票を減らし続け、ついに今回は16・7%と安倍政権発足して以来、最低の数字を示した。

 どういうことかというと、有権者100人いたらたったの17人した自民党に投票しなかったというわけだ。こんあので選挙に勝ったと言えるか?

 有権者の自民党への信頼度は時を追って薄らいでいる。これでも勝ったと言えるのだろうか?

山本太郎を「どうハンドリング出来るか」と立民幹部!



 山本太郎は今回の参院選挙で議席を失ったが、「れいわ新選組」が2議席のほか政党要件を軽々クリアするなど盛りだくさんな成果に大満足。それどころか、1年以内と言われる総選挙への出馬を明らかにするなど元気そのものだ。

 今や「れいわ新選組」は与野党の話題を独り占め。正真正銘の台風の目となった。

 そうした中で、毎日新聞によると、「れいわ新選組」が総選挙を単独で戦うのを懸念した立憲民主党の幹部は、「山本氏をどうハンドリング出来るかが重要だ」と警戒感を隠さない、とあった。

 この幹部とやらは、おのれの分をわきまえない人間だ。誰に向かってハンドリンと言ったのか? ロボットではない。傲慢不遜も甚だしい。

 立憲民主党は今度の選挙で山本太郎に非常に世話になったはずだ。太郎が応援に駆け付けると、たちまち黒山の人だかりとなった。これに対し、立憲民主党が「れいわ新選組」の応援に来たことはただの一度もない。

 自分の立ち位置を知ったうえで発言しなさい!立憲民主党の諸君、キミたちはもう主役ではない。わき役であることを自覚すべきだ。

安倍晋三が赤坂でマスコミ親衛隊と酒宴!



参院選挙が終わった直後の23日夜、安倍晋三はマスコミ業界の、いつもの取り巻きを集めて東京・赤坂の高級料理店で酒宴を催した。

この連中は各社の「親安倍」グループで、世にいう安倍親衛隊である。彼らと常に情報交換して、政界の動きを入手。

これでは政権批判など絶対にできるはずがない。安倍の「広報」、宣伝マンに徹するしかない。

米国では権力者からお茶一杯おごられることさえ固く禁じている。

権力とメディアの「癒着」を恐れるからだ。

この日集まった連中はジャーナリストを装った「業者」ではないか。

真のジャーナリストであれば、恥ずかしくて外を歩けない。

国会議員や大企業の中には新聞やテレビ、週刊誌の関係者を取り込むために「お車代」と称してその都度、10万円を手渡す者がいるという。

記者が取り込まれたらオシマイだ。

地獄のフタを開けたら最後、相手に「弱み」を握られるのでもう、逃れられない。

過去には金銭授受が発覚し、何人もの記者が退社を余儀なくされた。

*************************

23日午後6時51分、東京・赤坂のイタリア料理店「キッチャーノ」着。
政治ジャーナリストの田崎史郎
石川一郎テレビ東京専務
小田尚読売新聞調査研究本部客員研究員
粕谷賢之日本テレビ報道局解説委員長
島田敏男NHK名古屋放送局長
曽我豪朝日新聞編集委員
山田孝男毎日新聞政治部特別編集委員
と会食。

 午後9時3分、同所発。
 午後9時19分、私邸着。

安倍晋三、アンタ認識が甘くないか?



 あれだけ「国難だ」と騒ぎ立てた安倍晋三が、日本に直接影響を及ぼす恐れがあるミサイルを発射したというのに、素知らぬ顔でゴルフを楽しんだ。

 トランプが問題ないと言えばすぐ尻馬に乗って同調する。トランプは米国大陸に飛んでくるような長距離ミサイルではないから問題にしていないのだ。彼は日本や韓国の安全には関心がない。

 トランプは大統領選を前に、「北朝鮮とうまくやっている」との「成果」が必要なだけだ。そんな無責任な男の尻馬に乗って安倍はどうするのか?

 安倍晋三には日本人の生活と安全を守るとの責任感が皆無。危機管理ゼロだ。

 だから私は、「晋三は不適格」だと再三訴えているのである。

 東京新聞が27日の社説で強調した。傾聴に値する。

********************************

 北朝鮮が新型の短距離弾道ミサイルを発射した。米国との協議が進まないことへのいら立ちとみられ、挑発をエスカレートさせる可能性もある。

 発射されたミサイルは約600キロ飛行した。韓国全域と、日本の本州や九州の一部に到達可能な飛距離だ。

 安倍首相は静養先で、「わが国の安全保障に影響を与える事態ではない」とゴルフを続けたが、認識が甘くないか。

 北朝鮮が新型ミサイルについて、「低高度を飛行するため迎撃が困難だ」と自ら伝えていることに注意すべきだ。

 23日には、ロシア軍機が竹島周辺で領空侵犯し、韓国軍から警告射撃を受けた。ロシアは日韓の関係悪化をにらみ、日米韓の防衛体制を試す狙いがあったとみられている。

 そんな中、日本政府は、安保上の輸出管理で優遇措置を与える「ホワイト国」から、韓国を除外する予定だ。

 韓国では、対抗措置として、8月に更新を迎える日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄が論議されている。

 日韓がもめ、協力体制が弱体化すれば「誰が利益を得るのか」、よく考える必要がある。 (以上 東京新聞)

行政の障碍者への「健常者目線の差別」に反対しよう!

 参院選で当選した「れいわ新選組」の舩後靖彦、木村英子両氏は26日午後、参院議員会館で参院事務局と、厚生労働省の担当者と面会し、重度障害者に対する「重度訪問介護」サービスを国会活動を行っている間も受けられるよう要請した。担当者は「話し合って検討していく」と答えた。

 重度訪問介護は、身体が不自由などの理由で行動に著しい困難があり、常時介護が必要な障害者に対し、生活全般の支援を行うもの。

 両氏はこの介護サービスを受けているが、厚労省によると、歳費を受け取る議員活動は経済活動とみなされ、国会に向かうために外出する時点で支援がストップするという。  (以上 時事通信)

******************************************

「国会に向かうために外出する時点で支援がストップする」ー。こんなバカな話があるか。

「常時介護が必要」と認めておきながら、自宅から外に出たとたん、国会に向かうものまで支援は出来ないという。

 これでは体の不自由な人は「国会議員になるな」と言っているようなものだ。

 政府が掲げた「共生社会」とは、障碍者も健常者と同様の生活を送る権利があると詠ったものではないのか?

 行政機関のなくならない障碍者への「健常者目線の差別」に反対しよう。

波乱!国民民主党幹部が玉木の党代表辞任を要求!

 国民民主党の増子輝彦幹事長代行は25日、参院選で改選議席を維持できなかったことを踏まえ、玉木雄一郎代表に執行部の刷新を求めていることを明らかにした。

 福島市内で記者団に「きちんと敗北と認め、新しい国民民主党の体制をつくっていかなければいけない」と述べ、責任を明確化すべきだとの考えを強調。「私はいつでも辞任する覚悟がある」と語った。  (以上 時事通信)

**********************************************

 ところが、玉木は参院選敗退で「私は生まれ変わった。改憲議論を進めていく。首相と話をしたい」と安倍晋三にエールを送った。官邸からなにがしかの「毒」が回ったか?

 玉木は、参院選滋賀選挙区で野党統一候補として当選した元滋賀県知事の嘉田由紀子と面談し入党を要請。これに対し、嘉田は「当面は無所属でというのが選挙中の(支援者との)約束だ」として断った。当たり前だ。

日刊スポーツのコラム「政界地獄耳」はズバッとこう言った。

 政界きっての優柔不断の政治家は「生まれ変わる」タイミングも内容も間違えた。さてこの動きに党総合選挙対策本部長相談役・小沢一郎はどう動くか。国民民主党の路線対立と執行部退陣要求は野党共闘にどんな影を落とすのか。

「れいわ新選組」は「大きなけん引役」と都知事が評価!


 参院選挙で山本太郎が投じた一石の波紋が大きく広がっている。

 来年は東京パラリンピックと言いながら、障碍者への関心はそう高くない。必要な施設も、掛け声ばかりで少しも整っていない。

 そうした中で太郎がこの選挙で日本政府と国民に大きな問題提起をした。

 障碍者ばかりか、過酷な非正規、ブラック企業の典型であるコンビニ、財務省の受け売りで消費税は必要と国民を洗脳しようとするメディア、止まらない環境破壊、原発の危険性などなど、たくさんの問題を突き付けた。

 そして太郎は無関心だった者たちを投票所に引っ張り出した。誰もやれなかったことを山本太郎葉実践した。小池が評価するのは当然だ。

 ニューリーダー山本太郎への期待は高まる一方だ。

****************************************

 東京都知事のの小池百合子は26日の会見で、参院選で有権者の強い支持を集め、2議席を獲得した「れいわ新選組」について、重度の障がいがある2人を国会へ送り出したことを踏まえて「20~30年分の議論を一気に進めた。議論から実行に移す、大きなけん引役になられたのではないか」と述べ、山本太郎代表の戦略や行動を評価した。

 ALS患者の舩後靖彦氏(61)、脳性まひなど重度の障がいがある木村英子氏(44)が、比例代表で初当選したことを受けて、2人を迎える参議院では、さらなるバリアフリー化に向けた対策が急ピッチで決まった。8月1日の臨時国会召集まで間がないこともあり、工事などの対応も始まっている。

 20年東京大会へ、バリアフリーの準備も進める小池氏は「この課題(バリアフリー)は真剣に取り組むべき課題だ」とも述べた。 (以上 日刊スポーツ)

“敵”からも高い評価受ける政治家・山本太郎!



 山本太郎が「特定枠」を活用して難病患者2人を国会に送り込んだことについて維新から初当選した音喜多駿が投稿した。

 35歳と若いから44歳の太郎が社会に放った今回の問題提起が理解できるのではないか。

 このように山本太郎は“敵”からも高い評価の政治家である。紛れもない、50年に一度の逸材だ。

*****************************
音喜多駿が山本太郎についてこう言った。(原文のまま)

 自民党が我欲で作った「特定枠」を見事にハック。れいわ新選組の戦略は素直にすごい。

 率直にその発想と実行力に舌を巻きました。

 そもそもこの「特定枠」は、一票の格差を是正するために「合区」となって消滅した選挙区の国会議員を救済するため、国会議員の定数を無理やり増やして創設したものでした。まさに最低最悪の愚行。

 この特定枠をALS患者や重度障害者に充てることで見事に「ハック」したわけです。

 制度を作った自民党も、こうした使われ方をされるとは夢にも思っていなかったでしょう。

 ですが、自分たちが作った制度をルール内で活用することに文句が言えるはずもなく、これはれいわ新選組&山本太郎氏の完全な「一本勝ち」です。

 もちろん健康状態などから、国会議員という激務に耐えられるのか?というご指摘は出てきますが、国会議員のあり方や働き方を考える上で大きな一石を投じることになりますし、私は基本的にそれらも含めてポジティブなことだと捉えています。

 加えて、自らの落選も厭わぬ勝負に打って出た覚悟。これらが重なったからこそ有権者に想いが伝わり、得票率4%以上・比例2議席という結果につながったのだと思います。

 私はれいわ新選組・山本太郎氏とは経済政策を中心にまったく考え方が異なりますし、全面的に共闘することは決してありませんが、本気で社会を変えよう・自民党の横暴に一石を投じようとしている姿勢には敬意を表します。

 以前に地元・北区議会で聴覚障害者の議員が誕生した際、情報保障の整備についてサポートしたことがありました。

 せっかく私も一員として、参議院が変わる瞬間に立ち会えるわけですから、この機会を前向きな変化にできるよう、協力できる面は積極的に協力していきたいと思います。

驚きの新事実!あの大国、中国が「発展途上国」だった!

 まさかまさかの新事実。世界第2の経済力を誇り、米国に次ぐ軍事大国、中国が「発展途上国」扱いとは、それは失礼と言うものだ。

 世界から優遇扱いを「受ける」のではなく、他国に優遇扱いを「与える」側に回るのは当然だ。

 むしろ、こんな「不公正」が今まで続いていたことが不思議だ。

********************************************

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は26日、世界貿易機関(WTO)で中国や韓国などが発展途上国として優遇措置を受けるのは不公正だと主張し、WTOが制度を見直すよう米通商代表部(USTR)に取り組みを指示した。90日以内に進展しなければ、米国として独自に途上国扱いをやめる方針。30日から中国・上海で開く米中閣僚級貿易協議で議題に上る可能性がある。

 トランプ氏は26日、ツイッターで「世界で最も豊かな国々が、WTOルールを避けて特別扱いを受けるために発展途上国と自称している」と問題視し、「WTOは壊れている」と批判を強めた。

参院選後に突如、姿を見せた二大”詐欺”集団!

 児玉正人さんがいい提案をした。納得である。国会を食い物にせんとする詐欺が議員になった。この男に投票した有権者はみんな、だまされた。「NHKから国民を守る党」の立花孝志。改憲の採決に際しては安倍自民党に票を高く売りつける魂胆だ。

 そしてもう一人が参院選の大敗で「生まれ変わった。今後は改憲論議を進める」と明言し、第2の維新を目指す玉木某である。

******************************************
児玉正人さんが訴えた。 (原文のまま)

◆参院選の二大詐欺集団

 玉木雄一郎率いる国民民主党は、選挙後1週間で野党合意を覆し、「生まれかわった」=「豹変する」と広言し、護憲から改憲へ180度立場を変えた。

 かたや、「NHKの受信料強制徴取に反対」することが唯一の公約だったはずの「NHKから国民を守る党」は、政党要件を得たとたん、維新からさえ除名されるほどの丸山穂高や秘書への暴行で除名騒ぎになっている石崎某など、ガラクタをかき集めて5名を確保し、「党首討論に出たい」という名誉欲の塊である。

 改憲票を何票か握って安倍政権にすり寄り、あわよくばキャスティングボードを握って、高く売り込もうとの野望が見え見えで下司の極み。

 こんな奴らによって改憲が実現されていいのか?????

 まずは玉木国民民主への抗議によって怒りを示そう。

 ネット上の叫びだけでは、行動に結びつかなければ、空気にすぎない。

 電話やメールで抗議しようよ。

国民民主党

〒100-0014 東京都千代田区永田町1-11-1
TEL:03-3595-9988(代表) FAX:03-3595-9961

安倍晋三を「国を憂う国士」と称賛した三宅洋平なる男!



 いまだに三宅洋平なる者が気になる人がいるようなのでハッキリさせておく。三宅は、口先だけで中身は空っぽの無定見なハッタリ屋だ。

 3年前の参院選ではどれほどの有権者がヤツに騙されたか知れない。選挙が終わって、はじめて有名人好きのペテン師だと気づいた。

 2016年7が18日のツイッターで三宅はこう言った。

 昭恵さんはその場で(安倍晋三)総理と俺を繋いでくれた。「立場は各々ながら、国を思い、世界を憂う国士として同じ気持ちだと思っています。

 安倍を「国を憂う国士」と言ったのは、あとにも先にも三宅ただ一人。おまけに、おのれも国士だと。ハッタリも、ここまでくれば立派なものだ。

 その場とは明恵と一緒に飲んでいる席のことである。すっかり意気投合した三宅は明恵を誘って沖縄基地「見物」に行った。

****************************
BLOG BLUESが三宅洋平について、こう書いた。 (原文のまま)

 三宅洋平、安倍首相も僕も「国士として同じ気持ち」

 三宅洋平を過去に称揚したことがある人間として、あらためて、謝罪とともに、断言します。僕、人を見る目が、ありませんでした。三宅洋平、つくづく、アホですわ。

 安倍首相は、ポツダム宣言も詳らかに読んでない男である。そんな男が、どうして、国士であろう。同じ国士というのであれば、三宅洋平もまた、アホたわけ。

 こんなアホを持ち上げていた、左派リベラル文化人の程度の低さに、頭がくらくらする。

 三宅洋平は、沖縄在住であるにもかかわらず、辺野古闘争にも、高江闘争にも、過去、一度も参加していない。

 で以て、沖縄県知事選では、翁長雄志候補の足を引っ張る行為でしかない、喜納候補を応援しようとした。

 体を張って闘争していた人々からは、ブーイングで迎えられた。

 ちなみに、喜納選対の責任者は、三宅洋平の選挙フェスを演出した、斎藤まさしであった。僕は、この事実を知って以来、三宅洋平から、離れた。

 三宅洋平、ゆうだけ番長。口舌だけの徒であると。

 辺野古も高江も、もう何年も闘争が続いているのである。その闘争現場に、沖縄在住でありながら、ただの一度も参加しない人間が、どうして声高に安倍政権を批判し、選挙に打って出るのか。

 根が不真面目、格好だけ、いっちょまえってことだろう。

 三宅洋平にとってことばとは、アクセサリーのようなものなのだろう。根が不真面目な上に、知性の欠片もない。

 三宅洋平のような人が人気を集めるというのは、安倍晋三のような人が支持を集めるのと同じ時代感覚なのだろう。

 ことばが、それも上っ面だけの、軽薄なことばが、流通してしまう。力を持って、世情を席巻してしまう。

 現代文学の鬼才、町田康に「ゴランノスポン」という作品があるが、興味のある方は、読まれたい。

 三宅洋平みたいな人の発するメッセージを嗤(わら)いのめしつつ、その軽薄さゆえに膾炙する時代相に、警鐘を鳴らしている。

 ことばを信じるなら、町田康くらい研ぎすまされた知性を有す人のことばを。

 僕は、広告コピーライターとして、何十年も糊口をしのいできた、ことばのプロだからいいますが、広告のことばは、虚言なんです。

 都合の悪いことは、一切いわないんです。都合のいいことだけを、思いっきり誇張していうんです。

 安倍政権になって、つくづく思うことは、政治のことばが、広告のことばと、同じになっちゃたのよ。これって、すっげえ、やばいことでしょ。

 安倍晋三を国士と賛し、自らも国士と宣う。

 ヨーヘーくん、コピーライターになったら、一世を風靡すると思うよ。

 でも、政治家は、ダメだ。

 てめえのようなアホンダラは!

権力には「絶対服従」が日本のルールなのか?

 民主主義が身についている香港では市民総ぐるみの、空前絶後の200万人大デモを行い、中国の独裁政治に真っ向から反対し、世界を感動させた。

 安倍政権は中国をマネて言論を弾圧、強権政治を強めている。日本の民主主義の危機である。

 しかし、この国では大衆は文句ひとつ言わない。ただ、傍観するだけだ。

 民主主義の意味が分からない者が少なくない。だから、何をされても「仕方がない」と受け入れる。

 権力には絶対服従が日本のルールらしい。日本の民度はいまだに発展途上国だ。

 そうした中で「排除、圧力、脅しに屈してはならない」と日刊スポーツのコラム「政界地獄耳」が檄を飛ばした。

************************************
以下に全文転載する。

★街頭演説にヤジを飛ばしたりプラカードを持っていると警察に排除される。参院選の最中に北海道をはじめ幾つかの首相・安倍晋三の演説中に起きた出来事だ。冷静に見れば組織的なものではない国民の声を“安全上”封殺することの危険性や政府に異議があるだけで取り締まりの対象になる異常性を国民に示した。当然、さまざまな団体が抗議の声を上げたものの、別のニュースにかき消されてうやむやになっていくのだろう。だが、実行した側は「前例」として以前にも排除したが少し騒がれただけで、とりたてて問題はなかったと次の選挙でも同様に、いやそれ以上の実力行使に及ぶかもしれない。

★すると今度はその参院選の敗因の分析をした沖縄の琉球新報、沖縄タイムスの記事に対して、惨敗した自民党県連が記者会見まで開いて抗議した。県連会長・中川京貴は「事実じゃないものが多い」とするが敗因のプロセスを報じる際に表に出ると都合の悪いことが明らかになることへのけん制にしか聞こえず、結果、報道機関への圧力やどう喝と同じ意味を持つ会見ではないか。ましてタイムスには個別に「情報源を明かせ」といったことまで言ったようだ。

★県連は「報道に圧力をかける意図は全くない」というものの、会見を開いて抗議という手法を選択している限りその説明は通らない。同時に「そんなつもりはない」と言い続けて、今後は自民党にとって気に入らない報道に同様の抗議の会見を全国で展開する「前例」になりかねない。こんな会見が頻繁に起きると、新聞記者はめんどうなことには触れず、避けて書くようになる。デスクが物議を醸しそうなら削れと言い出しかねず、世の中の事なかれ主義を助長しかねない。脅しに屈してはならない。(K)※敬称略  (以上 日刊スポーツ


驚き!医師の資格を持つ米山が難病患者に差別発言!

 女子大生売春で新潟県知事を辞めた米山隆一が、手足が不自由な難病を患っている人々に差別発言をした。

 米山は、「れいわ新選組」の特定枠で20日、衆院議員に当選した難病ALS当事者の舩後靖彦さんや重度障碍者の木村英子さんを侮辱した。

 「運動能力は政治を行うには無関係」と言いながら、「しかし、現実をみると、人は往々にして逞しく、きびきび動く人を有能だと思い票を入れる」と差別発言。

 米山は医師の資格を持つ弁護士だ。その者がこんなことを言うとは信じられない暴言だ。

 これは障碍者に対する差別だ。難病患者は国会議員になってはいけないのか? 

 来年の東京五輪・パラリンピックを前に「共生社会」が求められている。そうした中で米山の発言は、明らかに問題発言である。看過出来ない。

関連投稿はここをクリック
https://85280384.at.webry.info/201907/article_290.html

*******************************
「共生社会」とは、
 これまで必ずしも十分に社会参加できるような環境になかった障害者等が、積極的に参加・貢献していくことができる社会である。
 それは、誰もが相互に人格と個性を尊重し支え合い、人々の多様な在り方を相互に認め合える全員参加型の社会である。

野党共闘は消費税減税が条件と山本太郎!


 ごらんあれ。公党と認知されると、あの読売でも書かざるを得ない。

 山本太郎が自分の当選よりも「政党要件の確保」を重視した意味が分かったのではないか。太郎の判断力に脱帽。見事な采配だ。

 野党をたばねるリーダーの資格は十分だ。新時代の指導者の登場である。

 夢や理想でなく、本当に政権が取れそうな気がする。

 次の衆院選でどんな候補者を立てるかが最大のポイントだ。

***************************************

 れいわ新選組の山本代表は25日のテレビ朝日の番組で、次期衆院選で野党共闘に加わるには、他党が消費税減税に賛同することが条件となるとの考えを示した。

 最終的に消費税廃止を目指すとしたうえで、「最低でも5%に戻すべきだ。5%で手をつなげるのであれば(野党共闘を)全力でやりたい」と語った。

 山本氏は次期衆院選に立候補する考えも示した。小選挙区選と比例選のどちらに出馬するかは明言しなかった。  (以上 読売)

本性現した玉木雄一郎!「改憲議論進めていきたい」!


 国民民主党の玉木雄一郎がついに本性を現した。

 参院選挙で改憲に必要な3分の2の勢力を確保できなかった安倍晋三は、「国民民主党の皆さんともよく話をさせていただく」と言った。

 これを受けて玉木は25日、ネット番組に出演した中で「改憲議論を進めていきたい」と発言した。

 「野党共闘をすると埋没してしまう」とも言った。

 国民民主党は野党の名を語った第2の維新の会か?

**********************************

 われわれは森友・加計学園問題について国会でかなりの時間をとってしまった。

 そのため、国政の重要問題を議論する時間が少なくなってしまったことを反省し、お詫びしたい。

 今回の選挙で私、玉木雄一郎は生まれ変わった。

 安倍総理、憲法改正の議論を進めていきたい。 

玉木の発言動画は
ここをクリック
http://netgeek.biz/archives/145012

「ゆ党」の玉木雄一郎が安倍晋三に会談申し込む!

 国民民主党の玉木雄一郎は25日、インターネット放送「文化人放送局」の番組で、憲法改正に向けた国会での議論に応じるとともに、安倍晋三に党首会談を申し入れる考えを表明した。

安倍は参院選で、自民、公明両党と改憲に前向きな日本維新の会などの改憲勢力で発議に必要な3分の2を割り込んだことを踏まえ、国民民主に協力を呼び掛けている。玉木の発言はこれに呼応した形だ。


 玉木は「私は生まれ変わった。われわれとしても憲法改正議論を進めていくし、首相にもぶつける」と強調した。   (以上 時事通信)

************************************

 この党の根っこは小池百合子がスタートさせた「希望の党」である。右翼的な色彩の議員が多い。原発の再稼働には前向き。こういう色合いなので安倍晋三とは話が進むのではないか。
 野党と言うよりは、野党と与党の真ん中の「ゆ党」ではないか。

SEXで有名な米山隆一が「れいわ新選組」を批判した!

SEXで有名な米山隆一が「れいわ新選組」を批判した!

米山隆一が朝日に高邁なお説教を垂れた。山本太郎率いる「れいわ新選組」をこれでもかと、コテンパンに批判してくれた。一体、何様のつもりか?

この男は前新潟県知事時代に東京まで出張して、「20代の女性と性交を重ね」、女子大生売春が発覚。ひんしゅくを買い、辞任に追い込まれた人物だ。

そんな者が、講釈するとは滑稽千万である。まず、おのれの足元から見つめ直せ。

1、 容姿は政治を行う上ではほとんど関係ないと言いながら、「やはり美男美女」が票を集める、と「れいわ新選組」の候補者をコケにした。

2、 運動能力も基本的には政治を行うには無関係。しかし、現実をみると、人は往々にして逞しく、きびきび動く人を有能だと思い、票を入れる。

 これは障碍者に対する差別だ。彼らは国会議員になってはいけないのか?

3、 知名度。人は自分が知っている名前の人に投票する。知名度の高い候補者と低い候補者が同じ条件で戦えば、多くの場合、知名度の高い候補者が勝つ。それが、選挙の現実だ。

 れいわ新選組は、山本太郎以外は「ヒーロー」タイプではないし、知名度も高いとは言えない。

 それがどうした。無名の者は選挙に出馬する資格がないというのか?

 米山隆一は自分がイケメンだと言い、医者で弁護士だと自慢する。

野党はこんな軽薄な、目立ちたがり屋のゲスを、新潟知事に祭り上げた。

そして最後にヤツはこう言った。

4、「れいわ新選組」が、この擁立戦略をとる以上、コアな支持者の熱狂は得ても、一般的な有権者に支持を広げる事は困難で、得票率、獲得議席が「大躍進」に至らず「停滞」したのは、当然の結果だった。

 言いたい放題行ってくれた。

こんな輩の声を載せた朝日の意図は何か? そこが知りたい。

詳しくはここをクリックhttps://webronza.asahi.com/politics/articles/2019072300006.html?page=3

このガセネタには要注意! 「老夫婦が10億円寄付」?



 山本太郎と「れいわ新選組」の存在感が高まるにつれて、いろんな形での攻撃やガセネタが氾濫するようになった。注意が必要だ。

そのうちの一つ。
「れいわ新選組に10億円寄付したい、という老夫婦がいるらしい」

こんなガセネタを面白がって、しきりに拡散する輩がいる。

私が「ガセネタを流すな。事実なら根拠を示せ」と何度も警告したが、一向にやめようとしない。そればかりか自分から「友達」を解消した。

この男、ひょっとすると敵方の回し者、スパイではなかったのか? 説明もなく突然、私の元から姿を消した。

「10億円寄付」の話を見たり聞いたりしたら「何月何日の、どこそこに掲載されていた」と説明が出来るはずだ。

ガセだから、逃げていった。

だが、私たち山本太郎を応援する側を混乱させるために、ほかで拡散するかもしれない。

見つけ次第、削除してもらいたい。せっかくの足並みが乱されてはかなわない。

お前は詐欺師か?有権者をダマした立花孝志!



 受信料を払った者だけNHKを視聴できるスクランブル放送の実現を叫び、参院選で当選した「NHKから国民を守る党」の立花孝志が、「自民党がNHKのスクランブル化に賛成すれば改憲に賛成する」と発言した。

 さらに「北方領土はロシアと戦争して取り返そう。ロシアの女を抱きたい」と暴言を吐き、国会から全会一致で「糾弾決議」を受けた維新の会だった丸山穂高に「オレと手を組もう」と誘った。

詳しくはここをクリック
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190723-00010023-abema-pol

立花孝志、一体何者なのか? 

 立花が当選できたのはNHKをぶっ壊そうと主張、NHKを見たくない者は見なくて済むスクランブル放送の実現を訴えたからだ。

 立花の得票の大半は、「安倍さまのNHK」となって公共放送の使命を忘れ、安倍政権の広報局となったNHKへの怒りの票、反安倍票である。

 その票をごっそりさらっておいて、当選したら「改憲に賛成」とはどういう意味か? これでは票を狙った詐欺ではないか。

 この男のせいで本来は「れいわ新選組」をはじめ野党に入るべき票が盗まれた。

 参院議員に当選すれば、向こう6年間、私たちの税金から議員1人当たり毎年2億円が支出される。

 歳費(給料)のほかボーナス、年間2000万円を超える秘書たちの給与、議員会館に超高級マンション並みの議員宿舎、JRの年間フリーパス、航空代などなど。6年間で12億円だ。

 先生と呼ばれて、席はどこへ行っても上座に用意される特別待遇。詐欺師のような立花孝志がふんぞり返って「殿様生活」をこれから満喫する。

 国会議員と言う地位を利用して6年間にどれほど稼ごうというのか? 

 一体何を企んでいるのか?

絶対得票率が示す安倍政権の明確な凋落ぶり!

 絶対得票率が示す安倍政権の明確な凋落ぶり!

 自民党は今度の参院選挙で勝ったのか?
 否である。

絶対得票率。
 これは自民党が全有権者のうちいくら得票したかを示す比率だ。

 2012年に第2次安倍晋三政権がスタートして、今回で5回の国政選挙を行った。その結果がこれだ。

2013年参院選 17・7%
2014年衆院選 17・0%
2016年参院選 18・9%
2017年衆院選 17・5%
2019年参院選 16・7%

 安倍政権はただの一度も20%台に乗ったことがない。3年前の参院選で18・9%と盛り返したが、その後は得票を減らし続け、ついに今回は16・7%と安倍政権発足して以来、最低の数字を示した。

 有権者の自民党への信頼度は時を追って薄らいでいる。これでも勝ったと言えるのだろうか?

***************************
山口県のローカル紙「長周新聞」は次のように伝えた。

 大手メディアを見ていると「自公改選過半数」「与党勝利改選過半数」「首相 改憲議論を加速 “審判下った”」と、まるで自民党が勝ったかのようなとりあげ方に終始している。

 自民党としては改選議席67から当選者は57と10議席減らしている。

 参議院の245議席のうち113議席へと減り、単独過半数割れに逆戻りした。

 比例票は前回16年の参院選から240万票減。

 全有権者に占める絶対得票率は16・7%。

 第二次安倍政権発足後の最低だ。これらは明らかに自民敗北といえる数字だ。

 さらに公明党の瓦解状況も顕著で、比例票は16年の前回参院選では757万票あったのが653万票と100万票も減っている。

 それで自公に維新を足しても改憲勢力として必要な3分の2(164議席)にも達しなかったのに、なにが「改憲議論を加速」かだ。

 安倍晋三の精神勝利法(阿Q正伝)的思考に引きずりこまれているかのようだ。

動画が削除されるのはけしからん! これを張り付けた!

「伊達直人ー3rd」さんが、

山本太郎の「動画が削除されるのはけしからんのでたくさん張り付けておきます。後て見た時、どれかは行きのこっている筈です」と言ってこれを載せた。

詳しくはここをクリック
https://ameblo.jp/tigermaskfighter-3rd/entry-12497766000.html?fbclid=IwAR2X1wZXCdEbQmXBa_k6mf_M15q7_0qWYcdPmUZYUHi694EkuzX6q5iRlEs


ありがとうございます。拝見させていただきます。

山本太郎の主張をそのまま放映したテレ朝に「あっぱれ」!

テレビ朝日 羽鳥慎一モーニングショー 25日

玉川徹『30秒しかないんですけど、訴えたいことをどうぞ』

山本太郎
「この国でどのような政治が行われてきたかと言うと、過去20〜30年は完全に皆さんの生活を踏みつけ、完全に皆さんの生活を踏みつけ、企業側にいかに利益を横流しできるかということの連続でした。

例えば大企業に対して大減税、金持ちに対して大減税、その上に皆さんの働き方を壊してきた。昨年の末に決まったのは何か、大量の外国人を安い労働力としてこの国に招き入れるということ。これによる混乱により首がしまるのは誰か、皆さんです。

今の政治は皆さんへの裏切りの連続でしかない。それを変えていける!まずは野党で手をつないで政権交代を目指したい」  

****************************

 山本太郎は立派だった。すん分ぶれることなく、これまで街頭演説で訴えてきたことを堂々と主張した。

 テレビの生放送でここまでハッキリ安倍政権を批判した野党議員はいない。

 テレ朝は放映を止めることなく放送した。評価したい。フジや日テレなら即座に中断,CMに切り替えるのではないか?

それにしてもだらしがないのがTBS。
 安倍晋三を横目に相変わらず「及び腰」だ。サンモニでも、山本太郎と「れいわ新選組」を一切扱わず無視し続けた。

安倍政権と吉本はズボズボ!ブラック気質の似たもの同士!

 安倍政権と吉本はズボズボ!ブラック気質の似たもの同士!日刊ゲンダイがズバッと切り込んだ。

 闇社会とのかかわりが消えない組織、吉本。そこに私たちの血税をつぎ込んでまで芸人を利用とする安倍晋三。

 以前には対抗馬を追い落とそうとして安倍事務所が暴力団を雇った。

 ところが「成功報酬」を値切ったのでヤクザが怒り晋三の自宅に火炎瓶を投げる騒ぎが起きた。

 安倍晋三は本当に”堅気”なのか? 心配になってきた。

*******************************

 安倍政権と吉本との「蜜月ぶり」は濃厚だ。2013年に設立、政府が約586億円出資する官民ファンド「クールジャパン機構」は、14年と18年に吉本が関わる事業に計22億円を投入。

 今年4月にも同機構は、吉本がNTTと組んだ教育コンテンツ等を国内外に発信するプラットフォームの設立事業に、段階的に最大100億円を出資することを決めた。

 パワハラ体質のブラック企業が「教育事業」とはさすが吉本、笑わせてくれるが、プラットフォームの拠点となるアトラクション施設は沖縄県に設置するという。

「その沖縄の米軍基地跡地利用について有識者が集まる『基地跡地の未来に関する懇談会』の委員に今年6月、任命されたのが吉本の大崎洋会長。

 お笑い企業のトップが今や政権のブレーンを務め、沖縄利権に食い込んでいる構図である。

 吉本の上場廃止前最後の決算(09年3月期)で営業利益は約488億円。その4分の1相当の計122億円もの税金が転がってくれば、それこそ笑いが止まらないだろう。

■ブラック気質の似たもの同士

 吉本と安倍政権との一心同体の関係には、芸能界からも疑問の声が上がり始めた。24日のフジテレビ系番組「直撃LIVE グッディ!」で、カンニング竹山はこう意見した。

 「吉本は行政にガッツリ入ったビジネスをえらいやってて、会社としてヘタを打つことができなくなっている」「こっちのビジネスをうまく回さないと、お家騒動じゃ済まなくなる」

 だから、パワハラ騒動をさっさと片付けたいというわけだ。法大名誉教授の五十嵐仁氏(政治学)はこう指摘する。

「質問に正面から答えず、その場しのぎの言い訳でごまかす岡本社長の会見は安倍首相の答弁と同じ。

 権力者に抵抗できないブラック構造や隠蔽体質、トップがパワハラに気付かず、当然と受け止める姿勢など本当に吉本と安倍政権は似た者同士。

 なるほど、ウマが合うわけですが、時の政権と持ちつ持たれつの関係で、世間を騒がせるブラック企業に大量の税金がつぎ込まれるなんて、許されません」 (以上 日刊ゲンダイ)

こちらをご覧ください

フェイスブックが私の投稿を妨害している。先ほどからまた攻撃が激しくなった。

以前にもあったがまたやりだした。山本太郎を応援して次々、投稿するのが気に入らないようだ。

太郎の応援をやめろというのか?許せない。汚い手口だ。

敵がそう来るなら、皆さん、山本太郎への応援の原稿はこちらでご覧ください。

私のブログ「半歩前へ」です。https://85280384.at.webry.info/  これはフェイスブックではないので見ることが出来ます。

どこ歩いても「「れいわ新選組」」のポスター、と山本太郎!



 「れいわ新選組」代表の山本太郎は、参院選開票が前日から続く21日の朝午前5時、選挙結果について記者会見した。

 その時の会見内容を全文、ボランティアの方が寝る間を惜しんで書き起こしてくれた。ただ、ただ感謝の言葉しかない。

詳しくはここをクリック
https://v.reiwa-shinsengumi.com/activity/2996/

以下抜粋して掲載させていただく。

****************************
その6

ありがとうございます。本当に身を削るような思いで私たちに託してくださった、ご寄附くださった。

本当に忙しい中で少しでも自分の時間がほしいところを、私のポスターを張ってくださったり、ビラを配ってくださった。

本当に自分のことのように、自分が候補者に成り代わって一生懸命走り回ってくださった方々が全国にいらっしゃることを私は知っています。

この方々に対して、本当は10人全員当選ということを形にしたかったんですけれども、そこまでには至らなかった。これは本当に私の力不足です。

ただ、6年前に1議席しか得られなかった。その力が今回の選挙で2議席に増えて、政党要件を手に入れることができた。

これは私たちが、「どうしてテレビは映さないんだ」など、いろんな不条理な部分を払拭するためのカードを手に入れたと思ってます。

もう近づいてます。衆議院すぐ来ると思います。

こっちの準備が整う前に私だったらやる。

権力持って(野党)を潰したかったら、間を置かずにやりたいと思うはずですよ。

となったらこっち側の準備が整ってなきゃ、いつだってチャンスなんですよね。

お願いしたいのは一刻も早く休んで、「体を休めて英気を取り戻し」、そして、ポスター張ることから始める。

本当にポスター張ることから始めなきゃいけない。

ポスターってすごくハードルが高くって、100軒行って1軒オッケーとか2軒オッケーとかザラなんですよ。

あの100軒行ったのに1軒も張れないってこともあるし。

本人だってあれ位なんですから、本人じゃない人たちが行ったら余計です。

だから次は今回よりも気合入れて戦わなきゃダメなんです。

今回のはちょっと、助走期間が短かった。だから皆んな走り切れた。けど、今度はもっとしっかり事前に皆んなで取り組んでいきながら、やっていかなきゃなんない。

まずはポスターでしっかりと歩いて張っていって、どこ歩いてもあいつらのポスター張ってんなって状況になったら強いですよ。

それもひとつの現象ですから。それを皆んなでまずやっていきませんか。

まずは休む。その次、皆んなでポスターやっていく。やりませんか? どうでしょう? 

衆議院選挙をとりあえず乗り切って、そこで大きな議席を手にして、そして、中でキャスティングボートを握るというようなことまで私たちはリーチしていかなくてはならない。

この先にはもう希望しかない。夢しかない。

やっていくしかないんだからってことですね。

力合わせてもう1回やりましょう。よろしくお願いします。
ありがとうございます。

「選挙」そっちのけで「吉本報道」に熱中するマスコミ!



「れいわ新選組」代表の山本太郎は、参院選開票が前日から続く21日の朝午前5時、選挙結果について記者会見した。

その時の会見内容を全文、ボランティアの方が寝る間を惜しんで書き起こしてくれた。ただ、ただ感謝の言葉しかない。

詳しくはここをクリック
https://v.reiwa-shinsengumi.com/activity/2996/

以下抜粋して掲載させていただく。

****************************
その5


参院選挙の報道を聞かれ山本太郎が言った。

選挙報道薄すぎます。

吉本側のお話に関してはえぇ、すんごい丁寧ですけどね。

ものすごい詳しくやりますけど、それくらい詳しく選挙報道してるかって話ですね。

NHKも見ましたけど、本当に見るに耐えないというか。その番組を見て、なんかこう政治について考えようとは思わない。

本当に腑抜けたような番組が多かったですね、はっきり言って。

逆に言ったら、忖度をする意味でのスピンコントロールを、メディア自らやってんじゃないかってことですね。特に圧力を受けなくても? 

山本太郎率いるれいわ新選組という存在をまだ知られていないと思うんですね。

その存在を全国の皆さんに更に知っていただいて、色々と議論をして、より今ある私たちが掲げている政策をより深めていくことが大切です。

次の衆議院で挑戦する時には、多くのメンバーを揃えて、皆さんの力を借りながら、政権を取りにいくという、気迫でいきたいなという気持ちですね。

**************************************
 
 このところ満足に寝ていない山本太郎。

 その彼が徹夜をして朝5時から会見をしている。安倍晋三なら5分程度で姿を消す。

 それを太郎はいつまでも記者の質問に付き合った。おそらく疲労困憊しているに違いない。

 そうした中でバカな記者が「衆院選に出るなら選挙区は5個からですか」と質問した。

 このバカ!と言ってやりたい。まだ、参院選の開票のさなかだ。衆院選の準備はこれからではないか。バカにもほどがある。

感謝!「数を数え切れないボランティアの数」と山本太郎!

 「れいわ新選組」代表の山本太郎は、参院選開票が前日から続く21日の朝午前5時、選挙結果について記者会見した。

 その時の会見内容を全文、ボランティアの方が寝る間を惜しんで書き起こしてくれた。ただ、ただ感謝の言葉しかない。

詳しくはここをクリック
https://v.reiwa-shinsengumi.com/activity/2996/

以下抜粋して掲載させていただく。

****************************
その4

フリーランスの田中龍作
日本新党の選挙の現場。あの時は、単なるブーム。
真剣さは、もうれいわの方が、熱が100倍どころか1000倍くらい上です。
この熱をどうやって維持するのか?

山本太郎:
皆さんの生活が改善されましたと言うなら、熱は冷めると思う。

しかし、生活は、変わらないどころか、悪くなっていくしかない。

だからこれは冷めるどころか、より熱していく方向にいくと、私は思う。

カンパをいただいたのは4億円です。人数が3万3000人。

公選ハガキ。あれは、法定枚数5万枚。
これを1万1000人の方々が、実際に公選ハガキをいろいろ書いてくださって、結局22万人分返ってきた。

法廷枚数15万枚。なのに22万枚分返してくださった。

他に、ポスター。個人ポスターが7万枚と政党ポスター2万枚の9万枚。
ビラが個人、山本個人が20万枚。政策ビラ250万枚。 合計270万枚。

ボランティアは、もう数を数え切れないほどです。

事務所に来ていただいたボランティアは、17日間で延べ3500人以上。

この数週間の戦いの中でこれだけの数の人々が助けてくださった。

この熱っていうのは、恐らく冷めることなく、次の衆議院選に望んでいると思います。

伝えない報道の使命、立場って何だろうと山本太郎!

 「れいわ新選組」代表の山本太郎は、参院選開票が前日から続く21日の朝午前5時、選挙結果について記者会見した。

 その時の会見内容を全文、ボランティアの方が寝る間を惜しんで書き起こしてくれた。ただ、ただ感謝の言葉しかない。

詳しくはここをクリック
https://v.reiwa-shinsengumi.com/activity/2996/

 以下抜粋して掲載させていただく。

****************************
その3

 3カ月の間に4億円。すべて個人献金。 どの会場に行っても、人々が熱を放出してるっていうような状況を確認できる。

 こうことは(社会)現象として、取り上げられると思うんですよね。

 だってこれって、ある程度のバリューがあるものじゃないですか。バリューがあるものとしては、触れることもできるとは思うんですけど。

 「立場主義」という部分を超えることが大事ではないか。「報道の使命」ってなんだろうか?とか。

*******************************
 太郎が憤るのは当然だ。

 私は繰り返し主張した。たった3カ月で一人の議員が4億円もの個人献金を集めたことは前代未聞。

 これは政党であろうとなかろうと報道すべき大ニュースだと訴えた。

 現場取材した記者たちは分かっている。分かっていながら報道しなかった。

 メディアの幹部は、安倍晋三を批判する山本太郎を報道することで官邸やスポンサー関係者など「その筋」からクレームが来るのではと警戒したからだ。

 上がOKを出さない限り、現場の記者は「立場上」書けない? 放映出来ない? だとすると、この時点で記者失格だ。

 太郎が指摘する「立場主義」という部分を超えることが大事ではないか、「報道の使命」ってなんだろうか?と強調したのは、まさにこの点だ。

人々が「実際に動いてくれ228万票が積み上った」と山本太郎!

 「れいわ新選組」代表の山本太郎は、参院選開票が前日から続く21日の朝午前5時、選挙結果について記者会見した。その時の会見内容を全文、ボランティアの方が寝る間を惜しんで書き起こしてくれた。ただ、ただ感謝の言葉しかない。

詳しくはここをクリック
https://v.reiwa-shinsengumi.com/activity/2996/

 山本太郎は「ネットはあくまでも拡散するためのツールに過ぎない。そこから実際に人が動かなければ、あの228万票は積み上がらなかった」と必死に応援した人々に心から感謝していた。

 以下抜粋して掲載させていただく。

****************************
その2

朝日の記者がマスコミの対応について見解を聞きたいと言った。

 これまで山本太郎と「れいわ新選組」を散々無視して置いて、よくこんなことが言えるものだ。

山本太郎
 街頭演説とネット、この2つを使って、どれくらいの人々に拡げられるか。
強制的に垂れ流されるテレビを見て、記憶の中に刷り込まれる、その1%で100万人。

 この影響の格差を考えるなら、テレビメディアに取り上げられるっていうのは、非常に大きな力だと思う。

 2議席になり、政党要件まで手に入れることができた。草の根、市民の皆さんの力によって、ここまでの力を拡げることができた。これは6年前の状況とは大きく変わっている。

 しかし、ネットはあくまでも拡散するためのツールであって、そこから実際に人が動かなければ、あの票(228万票)は積み上げらなかった。

 1%で100万人の人々の目に触れるのと、街宣の現場でしか目撃されなことでは、天と地ほどの差がある。

山本太郎が政治は「変えられる」との意識持て!



 参院選挙の開票は20日午後8時から始まった。「れいわ新選組」代表の山本太郎は次の日の朝午前5時から選挙結果について記者会見した。その時の会見内容を全文、ボランティアの方が寝る間を惜しんで書き起こしてくれた。ただ、ただ感謝の言葉しかない。

 以下抜粋して掲載させていただく。

****************************
その1

大企業に忖度し続ける政権によって誰の首絞まったか?

この国に生きる人で、もう散々な目にあっている。疲弊しボロボロにされている。その状況を何とか止めたい。

それには、「永田町を変える」などと寝言を言っていたらダメだ。そんなものは茶番なんだから。

そういう話じゃなくて、一人ひとりが(政治は)「変えられる」っていう意識を持つように訴えかけることが必要だ。

難病ALS当事者の舩後靖彦さん、障がいをお持ちの木村英子さんの当選で、日本の障がい者施策であったり、バリアフリーが大きく前進するだろう。

日本の恥部・安倍晋三、まだ闇社会と関わるつもりか?

日本の首相がマフィアと絡む大手芸能プロとオトモダチ、と海外メディアが驚いた。芸能プロとは吉本興業のことだ。

安倍晋三はことし4月、大阪の吉本の舞台に登場し、「人気取りのためにそこまでやるか」と、ひんしゅくを買った。

吉本と言えばジャニーズ事務所とともに日本のテレビ界を牛耳っている一大芸能集団。そこに目を付けた安倍は参院選挙を控え、取り込みを図ったものだ。

しかし、吉本興業と言えば、裏社会とつながる関係者が後を絶たない「曰く因縁付きの団体」である。

この世界の詳しいジャーナリストの伊藤博敏は、山口組との関係をひけらかす漫才師の中田カウスの恐喝疑惑。その最中にカウスが何者かに金属バットで襲撃されるなど、闇の深さを感じさせる事件が起きたと指摘。

さらに島田紳助は山口組系の大物組長との関係を隠さなかった。「たまに会って食事、店のオープンには祝儀のカネを落としてもらい、トラブルの際は依頼するような関係」だったと伊藤。

紳助はその後、社会に批判の中で2011年8月引退に追い込まれた。そして今回、所属タレントの「反社会勢力」との関係が発覚した。

このように吉本は裏社会との絡みが常に問題となる組織だ。

そんなところに
▼安倍晋三と吉本興業はズブズブ!100億円出資に仰天!
https://85280384.at.webry.info/201906/article_229.html
するとは信じられない。

安倍晋三は紛れもない日本の恥部だ。これでいいのか?

危険水域!高齢者が目立った共産党の街頭演説!

 共産党は今度の選挙で比例区の得票を前回から153万票減らした。議席も減った。長期低落傾向に歯止めがかからない。

 党員、支持者の高齢化が加速。街宣に集まった人たちも高齢者が目立った。このままだと共産党が社民党の二の舞になるのは避けられない。危険水域に近づいている。

 フェイスブックに共産党について貴重な声が載っていた。単なる共産党批判ではなく、愛情がこもった提言だ。一般市民の多くが同意見ではないか。

******************************
(原文のまま)

こうなると共産党の存在意義が問われてくるな。
いつまでたっても「共産」の名を捨てる事が出来ず、多くの国民から

嫌悪感を抱かれ、ごくごく一部の国民からの支持しか得られていない。

 若者の党員や支持者は減りこそすれ増える事は無いので、地方の選挙応援

を見ていても高齢者ばかり。

そして今でも勝ち目の全くない選挙に立候補者を立てているので、

自民党の補完勢力と揶揄される始末だ。過去の選挙で共産党が立候補者を

立てなかったら、一体どのくらいの野党候補が勝利した事だろうか。

 言ってる事はとても素晴らしいし、実現してもらいたい事ばかり

だが、現実を正面から受け止めてみると、国民からの支持は大幅に増えるどころか

、減ってしまってるし公明党の足元にも及ばなくなってきている。

 党名を変える事から始めないと、この先も共産党に目は無いし、

共産党と言う看板を外さない限り、れいわ新撰組にとっても力強い味方には

なれないと思う・・・

 政策も文句無いし各市町村議員と国会議員の皆様が、とても素晴らしい

人達なのも知っています。それだけに残念です。

「勝った、勝った」と威張るな自民!


自民党は勝った、勝ったと威張ることはない。

読売をはじめマスコミは与党が過半数を制したと、安倍晋三にソンタクし、そればかりを強調。

しかし、安倍の悲願である3分の2議席には届かなかった。

7月21日、参院選比例代表の開票結果。
自民党の得票は1771万票。前回から240万票減。10議席減。

公明党は653万票。前回から104万票減。

「れいわ新選組」は228万票で2議席を得た。

読売を利用した検察の「世論操作」を批判!



 元NHK記者で大阪日日新聞論説委員の相澤冬樹が、読売新聞はなぜ「財務省 不起訴へ」を書いたか? と、読売を利用した検察の世論操作を批判した。

 ガセの読売が“特ダネ”とはお笑いだ。

 読売よ、報道機関との自覚があるなら恥を知れ!

****************************
 24日読売新聞が出した「佐川元長官や財務省幹部ら、再び不起訴へ…大阪地検が捜査終結」の記事。

 捜査当局が捜索や逮捕など節目の判断に踏み切るときに直前に出すこういう記事を「前打ち」と呼ぶ。

 去年5月、地検特捜部が森友事件で告発されていた佐川氏をはじめとする財務官僚ら全員を最初に不起訴処分にした時も、読売新聞が2週間ほど前に「不起訴へ」という前打ち記事を書いた。

 実際、読売はその前打ち記事の直前に「籠池被告 詐取認める方針」というトンデモ記事を書いている。もちろん籠池氏は一貫して起訴事実を認めていない。

 検察幹部もあきれかえる大誤報だ。それくらい取材ができていない新聞社が、この前打ち記事だけ取材できるということがあるだろうか?

 とするとこの記事も去年の記事も、いずれもいわゆる権力側の「リーク」ではないのかという疑念が生じる。

 権力側が世論の地ならしのために特定のマスコミを使って行う「リーク」。

 そうではないと言うなら、ぜひこの記事を書いた読売の記者に聞いてみたい。

 この不起訴報道に鋭く反応したのが、大阪・豊中市の木村真市議だ。

 森友学園への国有地売却金額を近畿財務省が開示しないのはおかしいと裁判を起こし、森友事件に火を付けた当人だ。

 木村さんはさっそくきょう、大阪地検前で仲間たちとともに街頭宣伝活動を行った。

 「国有地の安値売却は誰がどう見ても背任でしょう。これ以上ないって言っていいほどの背任でしょう。それをなぜ起訴できないんですか?

 そして公文書改ざん。これがどうして犯罪じゃないんですか?

 市民は誰も納得しませんよ。これを不起訴にしたら検察の信頼は地に落ちますよ。検事の皆さん、検事になった時の志を思い出して下さい」

 この後、木村さんは検察庁の庁舎に入って担当の事務官と面談した。

 木村さんたちの「読売の記事は本当なのか?」という問いかけに、担当者は「その件は何も言えません」という答えに終始したという。

 だが、大阪地検トップの検事正に自分たちの声を伝えてほしいという要請には「わかりました。伝えます」と答えたという。

 みなさんは、読売新聞が2度に渡って「不起訴へ」を前打ちした意味を考えてほしい。

 私たちはそういう時代、そういう世の中に生きているということを深く注意する必要があるだろう。

詳しくはここをクリック
https://news.yahoo.co.jp/byline/aizawafuyuki/20190724-00135514/

8月1日新宿で山本太郎がみなさんに決意表明!

たった3カ月で台風の目となった山本太郎と「れいわ新選組」

政党と認知された途端、メディアが山本太郎を追っかけ回す。

選挙中と選挙後 マスコミの扱いが月とスッポン以上の違いだ。

山本太郎に休みはない。次の衆院選に向けて走り出した。

そこで応援団の皆さんに太郎が決意を示したいそうだ。これは見逃せない。

************************************
「れいわ新選組」からのお知らせ

#れいわが始まる
山本太郎 街頭記者会見
8月1日(木)19時〜
東京・新宿駅西口小田急デパート前

ご家族、お友達お誘い合わせの上、ぜひお越しください。
遠方の方は、近くにお住まいのお知り合いへ広めてください!

※ボランティアでお手伝い下さる方は、18時に現地へお集まりください。 pic.twitter.com/uNWUClSUnr

100万取って落ちた山本太郎は「伝説」となるだろう!

 私のブログ「半歩前へ」に「六臓五腑」さんがコメントを寄せた。

 比例選で「れいわ新選組」の山本太郎が全候補者で最多となる  99万2267票の個人名票を得たものの落選した。 百万票近い票を獲得して、当選した候補者のことは忘れさられるだろう。 しかし100万票近い票を獲得して落選した山本太郎のことは「伝説」となるだろう。

政党交付金「れいわ新選組」は6700万円!

 やっとここまで来たか、という感である。

 山本太郎はよくがんばった。

 彼を支えたスタッフも実によく働いた。

 本気になって応援したボランティア。

 こうした力でここまでこれた。

 よう、やっと、とば口に立った。これからが本番。安倍政権打倒へ向けての本格的な戦いが始まる。

************************************

政党交付金「れいわ新選組」は6700万円!

 共同通信社は参院選の結果を受けて、2019年分の政党交付金の配分額を試算した。

 首位は自民党の176億6700万円。議席減に伴って1月1日時点の算定額より2億2700万円減少した。

 新たに政党要件を満たした「れいわ新選組」は6700万円、「NHKから国民を守る党」は5900万円だった。

 政党交付金は政党助成法上の要件を満たした政党に対する助成制度で、1月1日時点の国会議員数と衆参選挙での得票数に基づいて算定した額が、年4回に分けて交付される。途中で国政選挙があれば再算定する。 (以上 共同通信)

「地獄への片道切符」を買いに行った有権者!



 参院選挙の結果には恐れ入った。10%まで消費税が引き上げられたら、ひと月分の所得が消える計算だと言われているのに、それでも有権者の多くが自民党に投票した。

 自ら「地獄への片道切符」を買いに行った。気は確かなのか? 私は日本人が信じられなくなった。

 これに対して、「落ちるところまで落ちてドン底からの再生。新生の道へシフトする」との投稿がフェイスブックにあった。

私が言った。
 そんな夢のようなことが起きますかね? 下手をすると、私はこのまま徐々に日本が衰退の道をたどると思う。

 今の日本は、かつての日本とは違う。日本人の民度が極端に低下した。

 その結果が内閣支持率の高止まりだ。

 森友事件や加計疑惑を隠し続け、ウソで固めてなかったことにしようとする。国家を私物化して恥じない安倍晋三を「よくやっている」と評価する愚かしい日本人。

 これでは二度と日本は這い上がれない。

 国が亡びる時とは、そんなものだ。

「ロスジェネ」など若い世代を振り向かせた山本太郎!



 参院選挙の比例区で「れいわ新選組」に投票したのは40代以下の比較的若い世代の有権者が多かった。10代から40代を合わせると6割に上った。

 太郎は30代半ばから40代の「ロスジェネ」と呼ばれる就職氷河期世代に向かって「あなたの力で政治は変えられる」と強く訴えた。

 この世代は今の政治に失望し、選挙そのものを拒否する人が多い。

 そんな棄権層が、同世代の山本太郎が必死で安倍政治に抗っている姿に振り向き、初めて投票所に足を運んだ。

 今年4月に「れいわ新選組」を立ち上げた当初、東京・秋葉原などの街頭演説に集まったのは100人前後だった。それがわずか3か月余りで、3000人から5000人の聴衆が集まるまでになった。

 太郎が話す内容は、まるで自分のことを言ってくれているように感じた者が多かった。真剣さに胸を熱くし、涙する者が少なくなかった。「山本太郎の演説はほかの政治家とは違う」との噂がネットなどで広がり、街頭演説はどこも人であふれた。

 共産党や社民党、公明党などの街宣に顔を出す人は高齢者が多いが、山本太郎の街宣は日を追うごとに若者が数を増していった。

 若い世代が支持する山本太郎率いる「れいわ新選組」。この動きは今後さらに広がる勢いを見せている。

ドイツの新聞が木村英子と山本太郎を大きく報じた!




 ドイツ在住の「毛ば部とる子」さんが「22日、南ドイツ新聞が木村英子さんの当選と代表・山本太郎について、かなり詳しく報道している」といって記事を日本語訳してくれた。

**************************************

日本で初めて障がい者国会議員が選出される

 脳性麻痺をもつ木村英子さんの当選が明らかになり、参議院は、彼女が車いすで支障なく登庁出来るよう10日間での受け入れ準備を迫られることになった。

 彼女の電動車いすは、「ベッド」に近い。両足と左手がほぼ完全に麻痺してるからだ。イギリスのスティーヴン・ホーキング博士と同じ病気ALSの患者である。難病ALS当事者の舩後靖彦さんも一緒に当選し、日本で初めて二人の重度障がい者の国会議員が誕生した。

木村さんは生後8か月で歩行器ごと玄関に落ちたケガがもとで、脊髄を損傷したときから麻痺を患っている。

彼女は少女時代のほとんどを横浜にある特別施設で過ごしたが、まだその頃は松葉杖を使って歩行ができた。

高校時代を終えると、東京の多摩で重度障がい者の自立生活を支援するプロジェクトを立ち上げた。

のちに大学の教育学を修め、共著で自身を題材にした本『生きている!殺すな』の出版もした。

彼女は選挙を通して、障がい者の人権、なかでも介護・介助を受ける権利を訴えている。木村さん自身が、若い頃は3時間が3日間というわずかな時間しか付き添い介護が得られなった。

家族が彼女を閉じ込め、自身は障がいを恥ずかしいと思ったあの頃から、日本の障がい者を取り巻く環境はあまり変わってはいない。

木村さんの若い頃、勇気を出して外に出ると、人々は遠巻きに見たり、ビックリしたり、という反応をする。

人々の方も、これまで障がい者と接したことがないので、どうしたいいかわからない。交通機関にエレベーターはないし、役所さえ玄関を超えるのが困難だった。

2020年のパラリンピックを誘致したことで、東京はだいぶ改善されたというものの、人々の偏見はまだ拭い去れない。

従業員数の2・2%を障がい者雇用することを、大企業の目標とした法が整備されているが、省庁自身がそのパーセンテージを水増し申告していたということも、明らかになった。


選挙活動中、木村さんは他の候補者のように、駅前の街頭演説に現れた。そして、彼女の当選が確定となった月曜日の明け方、障がい者と支持者への「重い重い一票」と、その責任を重さを語った。

この選挙戦略の背景には、福島原発事故を機にテレビ関連の仕事をすべて投げ打って反原発を訴えた著名な俳優、山本太郎がいる。

6年前、彼は参院選に立ち、さまざまな功績を上げて来た。

今年4月には自身の政党「れいわ新選組」を立ち上げた。山本は木村さんら9人を彼の政党の比例候補名簿に載せた。

山本自身は、障がい者である両よりも多数得票したが、彼らを優先させることで、自身の当選は放棄した。

***********************************************

「毛ば部とる子」さんは、「日本のメディアに、木村さんとふなごさんに関して、ここまで掘り下げた記事を書いているところはあるだろうか? 彼らの当選は、今後もいろんな意味で、日本社会に多くの問題提起を起こすことになるだろう」と感想を語った。

南ドイツ新聞はここをクリック
https://www.sueddeutsche.de/politik/japan-parlament-wahl-1.4534586


議席と引き換えに得たものは比較にならない成果と山本太郎!

 山本太郎の得票は今回の参院選比例代表に立候補した全候補者の中で最高となる99万票以上だった。

 2001年以降の現行選挙制度で落選者の最高得票を更新した。

 特定枠の2人が優先的に当選したため、肝心の本人は議席を逃した。

 だが、太郎の表情には満足感が漂っていた。

 「れいわ新選組」が政党要件を満たしたことで太郎は、「山本太郎の議席と引き換えに得たものは、比べものにならないくらいの成果。れいわは大きく前進した」と強調した。

 山本太郎の頭をよぎるのは早くも次の衆院選だ。

 開票が進む中、記者団から自身の立候補を聞かれると「出るしかないんじゃないですか?」と日本一早い出馬を宣言。

 衆院選には「れいわ新選組」から「100人ほどを目指したい。次で政権リーチ、やりますよ」と自信を示した。頼もしい限り。

消費税10%のツケが回ってくる!覚悟はいいか大不況の到来だ!

 参院選挙の結果は日本人の民度の低さを改めて世界にさらした。

投票率が48・8%

病に臥せっている人は別だが、国民の半数が選挙をさぼった。

しかも山本太郎があれだけ消費税廃止を訴えたのも関わらず、消費税10%を主張する安倍自民党を勝たせた。

消費税10%のツケが回ってくる。

10%に上がると総務省の予測だと1か月分の所得が消えるという。大不況が来よう。

保護主義が蔓延し、富の格差が拡大。世界は今、混とんとしている。

そうした中で、場合によっては日本の大不況が原因で「日本発の大恐慌」が起きる可能性がある。

日本人は選択を誤った。だが、もう遅い。

すでに賽の目は振られた。「凶」と出た。当然だ。覚悟が必要だ。

年金機構ががまたやった!「再発防止に努めます」もう、聞き飽きた!

 年金機構ががまたやった。「再発防止に努めて参ります」ー。

 このセリフを何度聞かされたことか。何度、同じことを繰り返すのか?

 誰も咎めないから、多分、これからも続くだろう。この組織は厚生労働省の大事な天下り機関だ。

 これまでに私たちの命の綱である預けた年金を10兆円以上パーにした。それでも平気な顔をする。

 誰も責任を取らない。厚生労働省の大事な天下り機関だ。また、チョンボやるに違いない。しかし、誰も責任を取らない。

 そのうちに私たちが苦労して何十年もにわたって預けた年金が消えてなくなる。誰も責任を取らない。

 じっとガマンして何も言わない受給者。

 日本が狂った。日本人は口がなくなった。死んでしまった。

*********************************************

 日本年金機構が国民年金の未納者約2万3000人分の個人情報が入ったDVDを紛失していたことが分かりました。

 日本年金機構は国民年金の未納者への支払いの催促を外部の業者に委託していて、この業者から3日に納付の状況などを記録したDVD8枚を受け取りました。

 7月9日になって、機構の職員が紛失に気付いたということです。

 紛失したDVDには、国民年金の未納者約2万3000人分の基礎年金番号や生年月日、電話番号などが記録されていました。

 DVDは元々、機構の事務センターなどの限られたパソコンでしか内容を見られないように暗号化されていて、紛失後にこうしたパソコンでも見られないようにする措置を取りました。

 これまでに情報の流出は確認されていないということです。機構は「再発防止に努めて参ります」とコメントしています。 (以上 テレ朝日)

1週間のおかずを減らして捻出した千円・・・山本太郎が心から感謝!



 これを読んでいて、あなたは声をからして電話を掛けたことを思い出すだろう。カンパをした自分を思い出すことだろう。いっしょに戦ったあなたは私たちの同志だ。ホンモノの仲間だ。

 今回の参院選挙で本気で「れいわ新選組」を支援した人に山本太郎がお礼の言葉を寄せた。その一部を紹介する。

***********************************
「市民の力で国政政党を作る」、が実現しました。すべては、あなたのお力のおかげです。

一週間のおかずを一品減らして捻出した千円。

1日の自分へのご褒美だったコンビニスイーツを数日諦めた500円。

帰りの電車賃を財布に残して、街宣会場で絞り出した200円。

底の擦り切れそうな靴を買い換える為においていたお金。

老後の資金を切り崩して工面してくださったお金。

みんなの思いが積み上がり、4月10日から7月20日までに、4億205万円に。

1日の空き時間が少しでもできれば、

ポスターを貼るためにコツコツ歩いてくれた。

雨の中でもチラシをポスティングしてくれた。

周りにどう思われようと、広げるために人に会ってくれた。

電話やSNSでも広げてくれた。

みんなの思いが積み上がり、228万764票に。

あなたが、ない時間を削って、なけなしのお金で、全力で私たちを支えて下さった。

この国や将来に希望など持てないなか、徹底的に戦う、政権を取る、社会を変えると旗を振る私たちに、

一縷の望みをかけてくださった思いを決して無駄にはいたしません。

消費税増税の悪影響が数字に現れる前に、衆議院選挙が行われると考えます。

年内、または年明けではないかと、予測されます。

今年4月に立ち上げたグループが、3か月後の選挙で国政政党になるまで勢いがついたのですから、

次の衆議院選挙で大きく議席を伸ばし、あなたと一緒に作ったれいわ新選組が、

国会において主導権を握る存在になるよう、これからもお力をお貸しください。


暑さが落ち着くころ、全国ツアーに出ます。

その際には、街宣だけでなく、みなさんとのミーティングなども別で行い、対話を深めていこうと考えています。

政治に興味のない周りの人々もどうか巻き込んでください。みんなで、国の未来を作っていきましょう。

みんなで政権取りにいこう。

改めてインフォメーションいたします。奮ってご参加いただきますようお願い申し上げます。

                             山本太郎

詳しくはここをクリック
https://ameblo.jp/yamamototaro1124/entry-12497140764.html

生ごみを包んで捨てる際に使うのが読売新聞!



 参院選で「与党勝利」と読売は一面トップに大見出しで報じた。ホントにそうなのか?

 自民党は公示前の議席数123から、今回は113へと10議席減らした。これ、勝利と言うのか? まことに都合がいい勝利だ。真っ赤なウソ。明らかな敗北である。

 今度は産経。「立憲民主、躍進れいわ警戒 左派票・議員流出も懸念」とやじった。

躍進した「れいわ新選組」をダシに、産経が野党共闘に亀裂を入れようとした。

報道機関にあるまじき行為である。そこまでして安倍政権を擁護したいか。

 しかも「れいわ新選組」の得票を左派票と決めつけた。

バカモノ、「れいわ新選組」を応援しているのは左派も右派もない一般市民だ。大半は政治とは無関係な者たちだ。

 ロクに取材もせず記事を書くのが産経の特徴。読売とそっくりだ。

 読売は本人に取材しないで前川元文部政務次官のスキャンダルを捏造し、安倍晋三の「モリカケ隠し」に加担した。

 デタラメを平気で書き殴るのは昔から読売の特徴。記者仲間の間では「ビックリの読」と言って有名だ。

 どういうことかと言うと読売が特ダネを書いたというので、他社が驚き、ネタ元に確認すると「そんな事実はありません」。オイ、読売、びっくりさせるな!

 だから読売は中央官庁や自治体では信用されていない。

ではなぜ、あれほど部数が増えたか? 今はそうでもないが、昔は野球の巨人戦は大人気だった。それをエサに新聞を無理やり購読させた。

 だが、サッカーほかのスポーツが登場。プロ野球人気の衰退で今はその手が使えず、ビジネスホテルやバーミヤンなどの店に行くと読売が山積み。タダで持って行ってくれとわきに書いてある。

 私は生ごみを捨てる際に使うので、リュックにぎっしり詰めて持ち帰る。

 読売新聞とは、その程度の新聞だ。三流紙。読売を読んでいる者は、おおむねそのレベルの人間が多い。

 だから人前で読売を読んでいては恥をかく。

 どうしても読みたいなら、便所でこっそり読むことだ。

「山本太郎、ここに在り」の存在感示す!




 ブログ「半歩前へ」の読者「哭きカラス」さんが、山本太郎のことを「学歴より人間力」を自ら証明した人、と称賛した。

 私はこれに「山本太郎には並外れた英知と豊かな知識がある」をつけ加えたい。

 今度の参院選は見事な勝ちっぷりだった。まさしく「肉を切らせて骨を断つ」である。

 「れいわ新選組」代表の山本太郎は惜しくも落選した。が、「れいわ新選組」が初めて挑んだ国政選挙で、軽々と政党要件を満たし、新党「れいわ新選組」を天下に認知させた。

 その結果、党代表として党首討論はもちろん、党首会談や各党との折衝にも当たることになろう。これまでと違うところは歳費、つまり山本太郎には給料が全くでないことだ。

 選挙中は新聞もテレビも「れいわ新選組」を無視。太郎は「こんにちは、放送禁止物体の山本太郎です」と聴衆を沸かせたが、これからはその“放送禁止物体“が堂々とマスコミに登場する。

 今回の選挙で「山本太郎、ここに在り」との存在感を内外に示した。太郎に比べたら安倍晋三や小泉進次郎が小さく見える。

 これから山本太郎が本格始動する。次期衆院選には「立つ」とハッキリ言った。その際、できれば「れいわ新選組」から100人程度擁立したいと太郎。

 山本太郎の政権取りがいよいよ始まる。

「学歴より人間力」を自ら証明した時の人、山本太郎!


 ブログ「半歩前へ」の読者はこうした素敵な原稿を書いてくれる。

 ところがフェイスブックではとんとお目にかからない。

 ただ機械的に「いいね!」

 どうも覇気と言うものが伝わってこない。

 ブログとフェイスブックで、どうして読者の層がこうも違うのだろうか?

***********************************
ブログ「半歩前へ」の読者「哭きカラス」さんから感想が届いた。

 「今回の参議院選挙、唯一の勝者は山本太郎率いる『れいわ新選組』と、日刊ゲンダイを始め、多くのジャーナリストやブロガーが絶賛している。

 卑怯千万、賎しいTV・新聞は、視聴者や読者獲得目的だけで、それでも、鮃(ひらめ)の如く片眼で与党に忖度して、特集は組めないだろう。

 それにしても…山本 太郎の戦略は緻密で深い…見事である!

 高校を2年で中退して芸能界入りしたが。。もしも進学していたら…どんな世界で成功者に?など想うが…

 多分、高校中退して芸能界という人間関係が複雑な世界で揉まれたがゆえに、持って生まれた『人間力』が磨かれた。

 その後の政界入りで寸暇を惜しんで学び、素晴らしいブレーンを惹き付け、呼び寄せたに違いなかろう。

 山本 太郎が行った
証明その1⃣は『学歴より人間力』。
証明その2⃣は 『弱者を思う熱い情熱は実る』であろう。

 兎にも角にも、山本 太郎に、ボランティアと支持者に、拍手喝采だ!

マスコミが山本太郎にした仕打ちを絶対忘れない!


私は男らしくない卑怯者が大キライだ。

 銀行は「晴れた日に傘を貸し、雨の日に傘を取り上げる」という。

 腐った朝日が参院選挙の結果が出たあとで、こんなことを書いた。
「れいわ旋風、野党ラブコール」

 お前たちは、そこらの烏合の衆か? 政党ではなく「諸派」だというなら選挙情勢で一行も載せてもらえなくてもいい。

 だが、一人の議員の呼びかけであっという間に寄付金が1億円を超えた。これはニュースだ。想定外の大ニュースだ。その後4億円を突破するまでになった。

 1950年代の創価学会・公明党による「言論出版妨害事件」以来、日本社会では恐れをなして創価学会・公明党を正面から批判することはタブーとなった。

 その典型がマスコミだ。「鶴には触れてはならない」がメディアの合言葉。腹ではいろいろ思っていても口に出したら報復が恐い。だから口にチャックした。

 そんな創価学会・公明党に果たし状を突き付けた勇気ある候補者が沖縄創価学会員の野原ヨシマサだ。それをなぜ、報道しないのか?

 この話題は政党であろうが、政治団体であろうが、無所属であろうが関係ない。純粋に「選挙の話題」である。
 
 朝日は今ごろになってこんなくだらない提灯記事を書いた。
「れいわ旋風、野党ラブコール」

 山本太郎や「れいわ新選組」について書くなら、もっと早く書け。腰抜けども!

 結果が出た後で、「後出しじゃんけん」をする奴は下の下だ。ゲスの極み。許せない。根腐れした朝日は、三流紙の読売、産経とともに消え失せろ!

当選しても万歳しないでと山本太郎!



山本太郎が都内の「れいわ新選組」開票速報本部に集まった支持者にこう言った。

皆さんへ(テレビ)中継前の注意事項です。

「うちの陣営は当選しても万歳しないんですよね。スタートラインに立ったばっかりで何が万歳だ。ということで皆さんよろしくお願いします」

いいね、いいね。大好きだこんなの。

私は以前から選挙開票で当確が出るたびに与野党問わず、バンザイを叫ぶ。衆院が解散する時も本会議場でバンザイを三唱して拍手する。

今風に言うと「キモイ」!

私、この光景が大嫌いだ。バンザイをしているところを見ると、戦争映画やドラマで見たあの光景。家族をはじめ近郷、近在の人たちが総出で「出征兵士」を送り出す場面を思い出す。

私にとってバンザイは、軍国主義、「戦争と直結」しているのである。だから気味が悪くなる。

日本人はいつまで戦前を引きづるのか?

当選したら拍手でいいではないか。

太郎よ、こういうところから変えて行こう。

ファーウェイが北朝鮮を秘密裏に支援と米紙!




 【ワシントン共同】米紙ワシントン・ポスト電子版は22日、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)が北朝鮮で商業用の無線通信網の構築と維持を秘密裏に支援していたと報じた。

 少なくとも8年間、中国国営企業と共に北朝鮮でさまざまなプロジェクトに関わってきたという。内部文書や関係者の話としている。

 ファーウェイ機器には米国の技術も使われており、北朝鮮に対する米国の輸出規制の制裁に違反する恐れがある。  (以上 共同通信)

********************************

 今更何を、と言う感である。別に驚くに当たらない。ファーウェイは中国共産党の肝入りの組織だ。

 中国共産党と北朝鮮の労働党(共産党)は血の契りを結ぶと言われた兄弟党である。

 独裁体制を維持するための協力は当然だ。

 ただし日本がこうなることだけは「お断り」である。

 それでなくとも安倍晋三は独裁色を強めている。

 改憲にやっきになるのもそのためだ。

山本太郎への投票でお世話になった人に「まずお礼の電話」を!


 ブログ「半歩前へ」の熱心な読者、哭きカラスさんがまたも、有難いアドバイス。

 まだ、お世話になった方に電話していない人は早急にお礼の電話をかけよう。

 信用が厚い人はこうしたことが違うのである。

 こうした心配りができるかどうかで、その人の評価、信頼が違ってくる。

 いいことは大いに学ぼう。人格を磨こう。

**********************************************

 こちらの読者の皆様には釈迦に説法だろうが。。次の選挙の大切な布石としても…念のため一言。

 出来るだけ早く、今日 明日のうちにも『お礼の電話』を支援を頼んだ友人・知人にかけよう!

 メールで依頼した方にも、電話で生の声でお礼を言おう。

 この『心遣い』が、礼儀作法が、人間関係を深めて、次の選挙の確票を生む。

 敵の創価学会員は、組織で教え実践して、長年に渡る票田を築いてきたそうだ。

  真似では無い! 人間関係を築く上で大切な心配りの『誠実と真心』の行動だ。

 先ほどお礼とお詫びの電話をした福岡在住の婦人は

 「昨日は土砂降りの雨で、貴方に頼まれてなかったら棄権していた。もっとも、山本太郎さんの動画で貰ったエネルギーの後押しもあったけど。次も必ず応援するから、めげずに頑張って欲しい。」と嬉しい激励も戴いた。

 次の勝利の一歩は『支援者へのお礼の電話』から。

  今日がスタートライン! と、私は走りだした。

参院選での「真の勝者」は山本太郎ただ1人!



山本太郎は100万票近い得票だった。今回の参院選で当選した最低得票は1万5178票だった。

100万票で落選、1万5千票で当選。

真の勝者はどっちだ! 山本太郎だ!

落選したが太郎は「れいわ新選組」の党首として党首討論や党首会談、与野党折衝などに出席できるようになった。

これで新聞やテレビは山本太郎を「無視」できなくなった。

山本太郎が党首討論に出席すれば、ほかの党首が霞んで見えるのではないか。

第一、オーラが違う。頭の回転が速い。討論の中身の濃密度が彼だけ別格だ。

今回の参院選での真の勝者は山本太郎ただ1人だ。

山本太郎に「手のひら返し」のNHKなどマスコミ!



 どうだ。「れいわ新選組」が政党要件を満たし、初の当選者2人を出した途端、山本太郎を無視し続けたNHKをはじめ読売、産経までが、「手のひら返し」で、山本太郎や「れいわ新選組」関連の記事を書くようになった。

民放も太郎をスルー出来なくなった。

太郎が狙っていたのはこれだ。

視聴率1%で100万人と言われている。

太郎の話は説得力がある。じっくり彼の話を聞けば大半が納得する。

これからが山本太郎の本番だ。

次期衆院選には「れいわ新選組」から100人程度は擁立したいと山本太郎。

いよ、いよ、本格的な太郎の政権取りが始まる。

おいおい、そこの人、朝から昼寝してちゃあだめだ!

山本太郎は衆院選にかけている。起きろ!

快挙!山本太郎の得票は100万票近かった!  



 ビックリ仰天、山本太郎はたったひとりで100万票近い票を取っていた。化け物だ。これを快挙と言わずして、何と言うのか?

**************************

 比例選で「れいわ新選組」の山本太郎が全候補者で最多となる

 99万2267票の個人名票を得たものの落選した。

 「れいわ新選組」は2議席を獲得し、山本以外の2人が「特定枠」で優先して当選したためだ。

 現行制度となった2001年以降、落選者の最高得票記録は、10年参院選で浮島智子(公明党)が得た44万5068票だった。

 今回の参院選挙の当選者で個人得票が最も少なかったのは、公明党の塩田博昭の1万5178票で、最低得票記録を更新した。 (以上 読売)

山本太郎に「悪意」に満ちた書き方をした毎日新聞!


 毎日新聞のこの記事の扱いはなんだ?
ここをクリック
https://mainichi.jp/senkyo/articles/20190722/k00/00m/010/186000c

 山本太郎を、元五輪選手や元格闘家、元モーニング娘と同列に扱っている。著名人と逃げを打った書き方をしているが顔ぶれを見ると、こういうのをタレント候補と言うのだ。

 毎日の書き方は、どこから手が回ったのか知らないが、山本太郎について「悪意」に満ちた書き方をしている。無礼千万である。看過できないので反論した。

 確かに太郎は芸能界に籍を置いたことがあるが、今はれっきとした政治家である。しかも、安倍や麻生らが束になってかかっても歯が立たないような見識を備えた「極めて優れた政治家」である。

 それは、一度でも山本太郎と対面した者ならすぐわかる。

 だから今回、太郎の呼びかけに賛同し、短期間に4億円を超える寄付が集まったのだ。

 それを毎日が知らないはずがない。

 自民党の安倍のように動員をかけるわけでもないのに、街頭演説はどこも人で溢れた。

 なぜか?山本太郎が「庶民の気持ちを代弁」しているからである。

 毎日はじめ朝日やNHK、読売などマスコミはネットの動きを常にウオッチしている。ネットにしばしば先行して重要情報が載っているからだ。

 毎日は山本太郎の選挙活動ぶりを知りながら、わざと「軽く」見せようとした。

 何の目的でこんな見え透いた手口を使ったのか? 許せない。

 先の「れいわ新選組」を扱った毎日もひどかった。おまけに「新撰組」と「れいわ新選組」を混同していた。一体どうなっているのか毎日新聞?

粋だね、談四楼師匠! 山本太郎に「あるのは希望ばかり」!


 世間には憎まれ口をたたく輩が絶えない。難病ALS当事者の舩後靖彦さんや重度障碍者の木村英子さんを「れいわ新選組」の特定枠としたことにケチをつけ、山本太郎の落選を「ざまあみろ」とあざ笑う。

 この者どもはどこまで腹の底がどす黒いのか?大方、ろくな死に方は出来ないだろう。不憫な者ども、唾棄すべき輩である。

 これに対し7月19日の新橋での「れいわ新選組」の応援に駆けつけてくれた落語界きっての見識の持ち主、立川談四楼師匠がツイートした。

*****************************************

 「山本太郎落選ザマァと言う人は何も分かってない。

 重度の障害を持つ2人を送り込み、国会はバリアフリーに向けて大改修が始まり、彼自身は党首となったのだ。

 党首討論から逃げ回る安倍さんが目に浮かぶが、テレビカメラから逃がれられるもんか。

 そして衆院選で天下取り。あるのは希望ばかりではないか。

*****************************************

 チョイと、いいねー。こういうのが粋だ、てんだ。

 長屋のみんな、知ってるかい? 今度の選挙で太郎のもう一つの狙い目?

 正式に「政党」と認められる政党要件て、やつだ。得票が2%を超えたので合格だてんだ。

 ね、こうなったら百人力の山本太郎だぜ。もう、マスッコミも太郎を無視できねー。

 党首として太郎が安倍の野郎を、とっちめるところが見てーやな。

 太郎のアニキ、存分に、思いっ切り、やってくんねー!

山本太郎は強力な”武器”を手に入れた!




 山本太郎が自身の当選以上に望んだのは「政党要件の確保」だった。

 公党と諸派は「天と地の差」と本人がいう通り、山本太郎はすでに大手メディアに堂々と登場している。

 視聴率1%で100万人と言うから、「れいわ新選組」が公党と認知されたことで、太郎の露出度は今後、一気に急上昇する。

 これで衆院選に臨めば山本太郎と「れいわ新選組」の展望は明るい。

 考えただけでも気持ちが踊る。やるぞ太郎。

 これからが本番だ。山本太郎はこれで強力な”武器”を手に入れた。

**********************************
NHKが次のように伝えた。

 れいわ新選組の山本代表は22日午前5時前に記者会見し、みずからの議席を失ったことについて「10人立候補して10人通せなかったのは完全に私の力不足だし、私自身も議席を得られなかったのは非常に残念だ。全力で頑張ってもらったので私の責任だ。

 ただ、2議席を手に入れ、政党要件も満たしたと考えれば決して負けてはいない。山本太郎の議席は失ったが、れいわ新選組は大きく前進した」と述べました。

 そのうえで、今後については「メディアに出る時には党代表という立場で出られるし、全国の人とつながることも自由に動ける。

 公党であることと、諸派は天と地の差がある。衆議院で大きく議席を取りに行く準備をしていく必要がある」と述べました。

97万票の過去最高得票で落選した男・山本太郎は私たちの誇り!



「れいわ山本氏、最高得票で落選」と共同通信が世界に報じた。

この参院選挙では7万票余りで当選した候補が他党に複数いた。

 これで単純計算すると山本太郎の得票は、13ー14人分の当選に匹敵する。

 97万票の過去最高得票で落選した男・山本太郎は私たちの誇りだ。

********************************
追伸
最も得票が少なくて当選したのは公明党の塩田博昭の1万5178票と、その後判明したので追加した。

全候補者で最高の97万票以上獲得で落選した山本太郎!

 


 政治団体「れいわ新選組」の山本太郎代表は、今回の参院選比例代表に立候補した全ての候補者で最高となる97万票以上を獲得したものの、落選した。共同通信が報じた。

 新設された特定枠で擁立した2人が優先的に当選し、3議席目を得られなかったためだ。

 2001年以降の現行選挙制度で落選者の最高得票も更新した。

 これまでの比例代表落選者の最高得票は10年の公明党、浮島智子氏が得た約44万5千票だった。

 山本氏は13年参院選では東京選挙区から無所属で出馬して初当選したが、今回は比例代表候補として全国的な集票を狙った。 (以上 共同通信)

 

山本太郎はエンジン全開! 次期衆院選に出馬の意向表明!

 山本太郎の次の戦いが始まった。

 「れいわ新選組」代表の山本太郎は22日、記者会見し、次期衆院選挙に出馬する考えを表明した。

 記者団から、次の衆議院選挙に立候補するかどうか問われ「出るしかないんじゃないですか」と述べ、「れいわ新選組」代表として立候補する考えを明らかにした。

 衆院は1年以内に総選挙が予定されている。

 今回の参院選で国会に「公党」としての足場を築いた「れいわ新選組」は、衆院選では何人の公認候補を出馬させるのか各党が注視している。

 山本太郎は参院選のさなかに「掲げた公約を実現するためにも、われわれは政権を取りに行く」とハッキリと語っている。

 主な公約は消費税の廃止、全国一律時給1500円、奨学金の徳政令などである。

詳しくはここをクリック
https://v.reiwa-shinsengumi.com/policy/

これが、新聞・テレビが死んでも「書けない」記事!


 私はメディアを「マスゴミ」などと呼びたくない。ネトウヨとは違う。

 だが、今度の山本太郎と「れいわ新選組」に対する仕打ちは、腹に据えかねる。

 太郎が一人で始めた「れいわ新選組」。短期間に4億円のカンパが集まった。これ、ニュースではないのか?

 あの創価学会・公明党を批判して学会員が「れいわ新選組」から出馬、公明党代表に挑戦状を突き付けた。なぜ、書かない?


 新進気鋭のフリージャーナリスト高橋清隆が見事な記事を書いた。安倍晋三にソンタクし続けるマスコミを痛烈に批判した記事だ。新聞やテレビは絶対書かない記事だ。いや、死んでも「書けない」記事だ。

みなさん、この記事を拡散してもらいたい。だらしないメディアを世間に知らせよう。

***********************

 東京・平河町のホテル内に設けた同党開票センターには、大勢の報道陣が詰め掛けた。特定枠の舩後靖彦(ふなご・やすひこ)氏の当選が決まった後、朝日新聞の記者から候補者に対して質問があった。

 「マスコミが取り上げない現実がある中、これだけ盛り上がった。古い報道スタイルについて見解を」

 山本氏は「もっとがちんこでけんかしてほしい。明らかにおかしな報道が続いている」と述べ、NHKが20日午後9時から放送した『党首 列島を駆ける~密着17日間の戦い~』に触れ、「どこまで自民党のお尻をなめるんだろう。ひどい内容で、争点が全く見えない。あれ見たら、(自民党に)票入れようかと思う」とやり玉に挙げた。

 大西氏は「税収で政府の借金を返したらどうなるか、分かっているのか。消費税廃止を掲げたとき、そこにロジックがあることに突っ込んでくれ。今の政府・与党の言っていることが本当に間違っていることを分かるようにする、皆さんお仕事はそういう真実を知って、暴くこと」と指弾した。

 信用創造の原理を考えれば、政府が借金をする、すなわち国債を発行をするときにお金が生まれ、借金を返済する、すなわち国債を償還するときにお金が消える。

 大西氏は当選したらマスコミ記者を集めて講義を開こうと考えていたことを明かし、消費増税を批判。「何で米国からMMT(現代貨幣理論)が出て来ているのか理解していない。それでよく報道機関と言える。いい加減にしていただきたい。本当に怒っている」と述べながらも、真実の報道を求めた。

 三井義文(よしふみ)氏は「長年、マスコミの人には何度も話したが、現場では『分かった』と言いながら、何で本社に帰ったらそれが消えるのか。上司に負けている。皆さんがジャーナリストになったとき、真実を伝えたいとこのの職業を選んだはず。いつからサラリーマンになった」と非難した。

 その上で、「こっちががちんこで戦っているところを取材するなら、皆さんもがちんこでやってほしい」と求めた。

 選挙期間中、同党がほとんど報道されなかったことについて山本氏は、「政党要件を考えれば、当然そうなのだが、4億円の寄付がありこれだけ盛り上がりがあれば、現象として取り上げる可能性もあると思うが。社内でいろいろあったのか」と報道陣に逆質問した。

 会場にいる支持者たちから大きな拍手が起きたが、記者たちは無言になった。

 支持者から「メディアの人に聞きたい。最初の志はどういう状態になっているか?」とただす発言があった。

 これにも記者たちは無言。返事はなかった。

安倍が強いのは「中途半端で不甲斐ない野党」のせいだ!


 明治大学(Meiji University)の西川伸一(Shinichi Nishikawa)教授(政治学)はAFPに対し、安倍氏の強さは野党がしっかりしておらず、有力なライバルの不在による消極的な支持によるものだと語り、憲法改正に前向きな勢力が3分の2以上の議席を確保できるかが焦点だと述べた。  (以上 フランスのAFP通信)

***********************************************

 西川教授の言うとおりだ。精神が腐りきった安倍晋三による暴走政権を支持する者は多くない。

 それにもかかわらず、国政選挙のたびに自民党が圧勝するのは
  
  1に中途半端で、不甲斐ない野党。
  2に投票率の低さである。

 こうした中で山本太郎率いる「れいわ新選組」が2議席獲得した。4月に発足したばかりにしては大健闘と言える。

 終盤の盛り上がりは異常なくらいだった。東京ばかりか大阪や名古屋、仙台などで山本太郎の街頭演説は黒山に人だかりができた。

 もっと時間があれば「奇跡」が起きたのではないか。10人全員当選したのではないか。

 1年以内に衆院の解散総選挙がある。その時、「れいわ新選組」は安倍内閣に嫌気がさした有権者の「受け皿」になるのではないか。

若者に圧倒的な人気の自民党!今や自民の大票田!


 共同通信社の出口調査によると、比例代表投票先は全世代で自民がトップとなり、他党を圧倒した。

 特に18、19歳は、自民38・2%に対し、立憲民主党10・8%と大差がついた。

 立民は全世代合計でみると17・5%が投票先としており、若年層での支持低迷が目立つ。

 18、19歳の投票先は他に、公明党10・8%、国民民主党7・8%、共産党8・6%、日本維新の会8・2%、社民党1・6%。政治団体「れいわ新選組」は5・3%だった。

 自民に投票したとの回答は全世代で35%を超えた。20代が最も高い41・1%、30代は40・6%だった。

*********************************

 もっと時間があれば、山本太郎と「れいわ新選組」の訴えが若者に浸透しただろう。2カ月余りでは無理だ。知らないのは当たり前。次の衆院選では「れいわ新選組」への支持を3倍に増やしたい。

 学生や若者は単純だ。政治がコロコロ変わるのがイヤだと言って安定が言いそうだ。新ストの就職がいいからと安倍政権がいいそうだ。

 彼らは改憲でどうなるか知らない。知ろうとしない。戦争法も知りたがらない。今が良けりゃ、と言うタノシイ人たちだ。

 ある日、「緊急事態条項」が適用されたら、きっと驚くに違いない。その時はもう、遅い。

将来を見据えた山本太郎の戦いは始まったばかり!


 「れいわ新選組」は特定枠の2人の議席は確保したものの、山本太郎の議席までには至らなかった。

 だがこの戦いは敗北などではない。なぜなら前回、太郎の得票は67万票だった。まだ得票集計が明らかになっていないが今回、太郎が4月に立ち上げた「れいわ新選組」は3倍、4倍の票を獲得したのではないか。でなければあんなに早く2人の当確が出るはずがない。

 しかも「れいわ新選組」の得票の90%以上を山本太郎が獲得。これはすごいことだ。得票数が確定したら改めてお知らせする。  

 選挙中から山本太郎は繰り返し強調した。「政権を取りに行く」とハッキリ言った。今回の選挙を第一歩として、1年以内に衆院の解散総選挙がある。3年後には参院選挙がある。

 そのために太郎はモーレツに頑張り、マスコミが一切、無視した中で「太郎旋風」を巻き起こし、「れいわ新選組」の名前を一定程度、浸透させるのに成功した。ネットが彼を応援した。

 これまで選挙に無関心だった者たちが初めて振り向いた。太郎の話に熱心に耳を傾けた。

 今回、山本太郎が政治に「無関心層」だったという新しい畑に、まいた種の意味は大きい。これまで誰も手を付けていない票田だ。1年後、2年後には花開くことだろう。その意味で「手ごたえ」を感じたのではないか。

 「れいわ新選組」はこの選挙で政党要件の得票数2%を確保した。議員バッジは失ったものの、正式な政党「れいわ新選組」代表として党首会談や党首討論に参加できる。安倍晋三と堂々と対決すれば、どちらが国のリーダーにふさわしいか?言わずものがな、である。

 もう、新聞も、テレビも、山本太郎を無視できない。報道せざるを得ない。太郎はそこまで考え抜いて、この選挙を戦ったのではないか。私はそう思う。

 解散総選挙があれば、今度は衆院から立候補すればいい。「政権を取りに行く」と言ったではないか。内閣総理大臣は「衆院議員から選出」することになっている。

開票速報途中のインタビューに答え、太郎が言った。
「もし議員バッジを失うことになれば次は衆院選、3年後には参院選がある。議員としての役目を果たせるような場所に対し、選挙していくのは当然」と衆院選の出馬を想定していることを明らかにした。 

消費税10%で想像を絶する大不況が日本を襲う!



もう、誰も止められない。選挙結果がすべてだ。

安倍晋三は21日夜の開票速報番組で、10月の消費税率10%への引き上げについて「国民の皆さんのご理解をいただけた」と強調した。

消費税が10%になると「1か月分の所得がそっくり消える」と山本太郎が散々、警告した。

が、この選挙で日本人は「それでいい」との結果を下した。

これで景気が良くなることはあり得ない。それどころか恐怖の時代!

想像を絶する大不況が日本を襲う予感がしてならない。消費税10%は日本を破壊する時限爆弾だ。

いつ爆発するか?そんな悠長なことはいっておれない。

みんなが自民党を勝たせたから、これから大変なことが起きる。

東京五輪の後には戦前並みの大不況が日本を襲うのは確実だ。

再び日本列島をリストラの嵐が舞う。

10月から電車やバスなど乗り物の値段が上がる。電気、ガス、水道代も上がる。

貧富の格差はますます激しくなる。

値上げでモノが売れなくなる。本格的な不況で倒産が続出。失業、雇止め・・・。

ひょっとしたら日本発の「大恐慌」が世界を襲うのではないか。そんな気がする。

恐怖!東京五輪後に大不況が日本を襲うのは確実!




 安倍晋三は21日夜のNHKの開票速報番組で、10月の消費税率10%への引き上げについて、「国民の皆さんのご理解をいただけた」として、予定通り引き上げる考えを明らかにした。

 10%になると「1か月分の所得がそっくり消費税に消える」と山本太郎が警告したが、日本人はこの選挙で「それでいい」との結果を下した。

 東京五輪の後で大不況が日本を襲うのは確実だ。

 再びリストラの嵐が舞う。 みんなが自民党を勝たせたから、これから大変なことが起きる。

 10月から電車やバスなど乗り物の料金が上がる。日用品はもちろん、電気、ガス、水道代も上がる。

 値上げでモノが売れなくなる。本格的な不況で倒産が続出。失業、雇止め・・・。貧富の格差はますます激しくなる。

 ひょっとしたら大恐慌が襲うのではないか。そんな気がする。

50%下回った投票率!相変わらずの無関心!



今回の参議院選挙は、期日前投票をした人が1706万人余りと過去最多を更新した一方で、21日に投票所に足を運んだ人は伸び悩みました。

その結果、推定投票率は48.11%前後にとどまる見通しです。

前回3年前の参議院選挙は54.70%でしたが、これを6ポイント程度下回る見込みです。  (以上 ANNニュース)

世界初のALS患者の国会議員 舩後靖彦さん!





 山本太郎率いる「れいわ新選組」から特定枠で出馬した難病ALS当事者の舩後靖彦さんが開票と同時に初当選した。

 世界初のALS患者の国会議員の誕生である。

 海外メディアは一斉に報道した。

 たったひとりで4月に「れいわ新選組」を立ち上げた代表の山本太郎は、個人の得票とは関係なく「れいわ新選組」の当選順位が高い特定枠に舩後靖彦さんと、重度障碍者のの木村英子さんを選んだ。2人揃って当選を果たした。

世界初のALS患者の国会議員誕生!「れいわ新選組」の舩後靖彦さん!


 山本太郎率いる「れいわ新選組」から特定枠で出馬した難病ALS当事者の舩後靖彦さんが開票と同時に初当選した。世界初のALS患者の国会議員の誕生である。海外メディアは一斉に報道した。

 たったひとりで4月に「れいわ新選組」を立ち上げた代表の山本太郎は、個人の得票とは関係なく「れいわ新選組」の当選順位が高い特定枠に舩後靖彦さんと、重度障碍者のの木村英子さんを選んだ。2人揃って当選を果たした。

************************************
編注

筋萎縮性側索硬化症(ALS)とは、
手足・のど・舌の筋肉や呼吸に必要な筋肉がだんだんやせて力がなくなっていく病気。

筋肉そのものの病気ではなく、筋肉を動かす運動神経だけが障害をうけている。

体の感覚、視力や聴力、内臓機能などはすべて保たれることが普通。

「れいわ新選組」まず2人当確!追い上げる山本太郎!




参院選挙開票速報。 

「れいわ新選組」から比例区で出馬した特定枠1位の筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者の舩後靖彦さんと、同2位で重度障碍者のの木村英子さんの当選が確実となった。

3番手は山本太郎代表だが、まだ当確は出ていない。

激しく追い挙げている。今後の票の伸びに期待したい。

れいわ新選組」選挙速報! 「まずは2人当選確実!

れいわ新選組」選挙速報! 「まずは2人当選確実!


参院選挙開票速報。 

「れいわ新選組」から比例区で出馬した特定枠1位の筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者の舩後靖彦さんと、同2位で重度障碍者のの木村英子さんの当選が確実となった。

3番手は山本太郎代表だが、まだ当確は出ていない。今後の票の伸びに期待したい。

感謝!上位5つでブログ「半歩前へ」が4本を占めた!

 ネットの政治情報などの「総合 アクセスランキング」(阿修羅 2019/07/21 14:50更新 )で、私がブログ「半歩前へ」で発信した投稿がアクセス上位5つのうち、3位を除く、4本を占めた。感謝。

 情報を発信する身として、責任の重さを改めて痛感した。


1 、「れいわ新選組」応援で太田隆文監督が重大な警告!     9,614

2 、すごい、山本太郎に追い風が吹いた!           8,663

3 、山本太郎に燃える国民・逃げるTV&世論調査       8,380

4 、「れいわ新選組」を取り上げたTV番組が突如、消えた!   8,047

5 、「れいわ新選組」を無視したTBSサンモニ! 批判殺到!  7,931

あの男の小さな器に合わせて民主主義が削られる!



因縁深い秋葉原。2017年都議選のラスト演説で聴衆の「安倍辞めろ」コールにブチ切れ、コールを続ける聴衆を指さして「こんな人たちに負けるわけにはいかない!」とブチ切れた安倍晋三。

それに懲りて以後の街頭は遊説日程を公表しない、スパイもどきのステルス遊説を続け、今回はそれを徹底。

日刊ゲンダイは、安倍側近の萩生田光一は「日程を公表すると演説を妨害する人がやって来る」と正当化したが、それがさらなる反発を招いた、と報じた。

****************************
しかし、焼け石に水ではないのか。地鳴りのように響く「安倍辞めろ」コールを警察は排除できるのか。

「『デモ』とは何か」などの著書がある高千穂大教授の五野井郁夫(国際政治学)は言う。

「街頭演説にヤジを飛ばす聴衆を警察が排除する動きは、戦前、戦中を除けば安倍政権で初めて見られる現象です。

共産党独裁体制の中国統治下にある香港でさえ大規模デモを実行できるのに、民主主義のこの国でなぜ許されないのか。

しかも、警察が神経をとがらせているのは、首相演説に対するヤジだけ。『選挙の自由妨害』が理由にされていますが、安倍首相は候補者ではない。ヤジ排除は恣意的です。

 首相の器の小ささに合わせて民主主義の幅が削られるなんてあり得ません。秋葉原のラスト演説では100人ほどの仲間と安倍政権に対する抗議活動を実施します。弁護士を少なくとも2人配置してカメラを回し、大きなプラカードももちろん掲げます」

 アンチを締め出し、居心地の良い空間を整えたところで、安倍はロクな演説をしていない。序盤は立憲民主党の枝野代表をネタにし、「野党の枝野さん。民主党の、あれ民主党じゃなくて今、立憲民主党ですね。どんどん変わるから覚えるのが大変」と悦に入っていた。

立憲民主の略称は「りっけん」。比例代表で「民主党」と書けば国民民主党の得票となり、「民主」と書いた場合は無効になる可能性がある。

枝野からは「一種の選挙妨害だ。いい加減にしてほしい」と猛反発を食らい、安倍1強とモテはやされながら横綱相撲とはほど遠い情けなさである。

 つい先日は「お父さんも恋人を誘って、お母さんは昔の恋人を探し出して投票箱に足を運んで」と口を滑らせ、ヒンシュクを買った。

落語家の立川談四楼が〈何それ?男ばかりの聴衆がドッとウケてるからギャグのつもりなんだろうけど、夫に愛人がいて、妻がモテたことをニヤニヤしながら示唆するなんて、いつの時代だよ〉とツイートしていた通りで、「家族の絆」を盛んにうたう保守が聞いて呆れる程度の低さである。

安倍の小さな器に合わせて民主主義が削られる!



因縁深い秋葉原。2017年都議選のラスト演説で聴衆の「安倍辞めろ」コールにブチ切れ、コールを続ける聴衆を指さして「こんな人たちに負けるわけにはいかない!」とブチ切れた安倍晋三。

それに懲りて以後の街頭は遊説日程を公表しない、スパイもどきのステルス遊説を続け、今回はそれを徹底。

日刊ゲンダイは、安倍側近の萩生田光一は「日程を公表すると演説を妨害する人がやって来る」と正当化したが、それがさらなる反発を招いた、と報じた。

****************************
しかし、焼け石に水ではないのか。地鳴りのように響く「安倍辞めろ」コールを警察は排除できるのか。

「『デモ』とは何か」などの著書がある高千穂大教授の五野井郁夫(国際政治学)は言う。

「街頭演説にヤジを飛ばす聴衆を警察が排除する動きは、戦前、戦中を除けば安倍政権で初めて見られる現象です。

共産党独裁体制の中国統治下にある香港でさえ大規模デモを実行できるのに、民主主義のこの国でなぜ許されないのか。

しかも、警察が神経をとがらせているのは、首相演説に対するヤジだけ。『選挙の自由妨害』が理由にされていますが、安倍首相は候補者ではない。ヤジ排除は恣意的です。

 首相の器の小ささに合わせて民主主義の幅が削られるなんてあり得ません。秋葉原のラスト演説では100人ほどの仲間と安倍政権に対する抗議活動を実施します。弁護士を少なくとも2人配置してカメラを回し、大きなプラカードももちろん掲げます」

 アンチを締め出し、居心地の良い空間を整えたところで、安倍はロクな演説をしていない。序盤は立憲民主党の枝野代表をネタにし、「野党の枝野さん。民主党の、あれ民主党じゃなくて今、立憲民主党ですね。どんどん変わるから覚えるのが大変」と悦に入っていた。

立憲民主の略称は「りっけん」。比例代表で「民主党」と書けば国民民主党の得票となり、「民主」と書いた場合は無効になる可能性がある。

枝野からは「一種の選挙妨害だ。いい加減にしてほしい」と猛反発を食らい、安倍1強とモテはやされながら横綱相撲とはほど遠い情けなさである。

 つい先日は「お父さんも恋人を誘って、お母さんは昔の恋人を探し出して投票箱に足を運んで」と口を滑らせ、ヒンシュクを買った。

落語家の立川談四楼が〈何それ?男ばかりの聴衆がドッとウケてるからギャグのつもりなんだろうけど、夫に愛人がいて、妻がモテたことをニヤニヤしながら示唆するなんて、いつの時代だよ〉とツイートしていた通りで、「家族の絆」を盛んにうたう保守が聞いて呆れる程度の低さである。

悲しすぎる光景!ヤジが恐くてサクラ集めて安倍が演説?



 この声も警察は排除するのか 地鳴りのような「安倍辞めろ」(日刊ゲンダイ)

 この国を私物化し、劣化させる安倍政権に審判を下す参院選の投開票日が21日に迫った。

 第2次政権発足以降、国政選挙5連勝を誇る安倍首相は勝敗ラインを「与党で過半数」と低く設定しているが、安倍官邸のなりふり構わぬ選挙戦は常軌を逸している。

 安倍を批判する市民に対し、公権力を使ったシャットアウトが横行。

 15日に札幌市の首相演説で「安倍辞めろ」と連呼した男性や「増税反対」を叫んだ女性らが警察官に取り押さえられて排除されたのに続き、18日に大津市でも「安倍辞めろ」などと声を上げた男性が警察官に取り囲まれ、会場端に追いやられる騒動が起きた。

 北海道警は「ヤジが公職選挙法(選挙の自由妨害)にあたるおそれがある」としていたが、専門家から「表現の自由の侵害」「過剰警備」などの指摘が相次ぐと、「聴衆同士のトラブルを防ぐための通常の警察活動」などと見解を修正。

批判を嫌い、ヤジに異常反応する安倍に対する配慮、あるいは忖度なのは明らかだ。

 ラストサタデーの20日、安倍は激戦区を遊説する。

 陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」をめぐる不祥事で逆風が吹き荒れる1人区の秋田に湯沢市生まれの菅官房長官と入り、自民2人目候補が落選危機にある複数区の埼玉、千葉、東京を回る予定だ。

 最終演説は因縁深い秋葉原。2017年都議選のラスト演説で聴衆の「安倍辞めろ」コールにブチ切れ、コールを続ける聴衆を指さして「こんな人たちに負けるわけにはいかない!」とイキリ立ち、歴史的大敗を招いたスポットである。

ステルス遊説が招いたアンチ安倍の団結

 それ以降、自民は国政選挙で安倍の遊説日程を事前公表しないステルス遊説を始め、今回はそれを徹底。安倍側近の萩生田光一は「日程を公表すると演説を妨害する人がやって来る」と正当化したが、それがさらなる反発を招いた。

 ツイッターでは「#会いに行ける国難」「♯会いに行ける蚊帳の外」などのハッシュタグで安倍のスケジュールが拡散されている。

 “こんな人たち”の集結に構える自民党都連は「党運動員の大動員により、選挙妨害の組織的ヤジにも負けず、訴え続ける安倍総裁に声援を送ってほしい」と記した動員要請を16日付で通知したという。 (以上 日刊ゲンダイ)

漫画だ!ヤジ将軍の安倍晋三が「ヤジがこわい」とステルス遊説!


 この声も警察は排除するのか 地鳴りのような「安倍辞めろ」、との見出しで日刊ゲンダが異様な党首、安倍晋三の街宣を伝えた。

 政権党のトップが街頭遊説(街宣)の予定が公表できず「雲隠れ遊説」とは世界の笑いものだ。

 なぜ、有権者を恐れるのか? ウソがばれるからか?ハッタリが見抜かれるからか?

*******************************

 この国を私物化し、劣化させる安倍政権に審判を下す参院選の投開票日が21日に迫った。

 第2次政権発足以降、国政選挙5連勝を誇る安倍首相は勝敗ラインを「与党で過半数」と低く設定しているが、安倍官邸のなりふり構わぬ選挙戦は常軌を逸している。

 安倍を批判する市民に対し、公権力を使ったシャットアウトが横行。

 15日に札幌市の首相演説で「安倍辞めろ」と連呼した男性や「増税反対」を叫んだ女性らが警察官に取り押さえられて排除されたのに続き、18日に大津市でも「安倍辞めろ」などと声を上げた男性が警察官に取り囲まれ、会場端に追いやられる騒動が起きた。

 北海道警は「ヤジが選挙の自由妨害にあたるおそれがある」としていたが、専門家から「表現の自由の侵害」「過剰警備」などの指摘が相次ぐと、「聴衆同士のトラブルを防ぐための通常の警察活動」などと見解を修正。

 批判を嫌い、ヤジに異常反応する安倍に対する配慮、あるいは忖度なのは明らかだ。

 ラストサタデーの20日、安倍は激戦区を遊説する。

 最終演説は因縁深い秋葉原。2017年都議選のラスト演説で聴衆の「安倍辞めろ」コールにブチ切れ、コールを続ける聴衆を指さして「こんな人たちに負けるわけにはいかない!」とイキリ立ち、歴史的大敗を招いたスポットである。

 それ以降、自民は国政選挙で安倍の遊説日程を事前公表しないステルス遊説を始め、今回はそれを徹底。安倍側近の萩生田光一は「日程を公表すると演説を妨害する人がやって来る」と正当化したが、それがさらなる反発を招いた。

 ツイッターでは「#会いに行ける国難」「♯会いに行ける蚊帳の外」などのハッシュタグで安倍のスケジュールが拡散されている。

 “こんな人たち”の集結に構える自民党都連は「党運動員の大動員により、選挙妨害の組織的ヤジにも負けず、訴え続ける安倍総裁に声援を送ってほしい」と記した動員要請を16日付で通知したという。

東京新聞が「れいわ新選組」に駆け込み乗車!



東京新聞の看板、「こちら特報部」にこんな記事が登場した。

★見出し
「れいわ現象」本物か? 低調な参院選で異彩放つ 既存政党への失望、背景

★本文
終盤になっても低調な参院選。だが、その中で異彩を放つ存在がある…山本太郎氏が率いる「れいわ新選組」だ。4月に結成されたばかりなのに選挙資金を寄付で3億7000万円も集め、街頭に出れば熱狂的な聴衆を集める。

この現象は一体、何を意味するのか。

熊本市から来ていた農業 森未来さん(32)は、これまで政治に興味がなかった「周りに勧められ、ツイッターやネットでの演説を聴いた。分かりやすく、ぐっとくるものがあった。この人に託したいと初めて思い、演説を聴きにきた」と話す。

東京・世田谷区の大学4年の男子学生(21)は「山本さんは誰よりも自分の言葉で語っている。どの候補者よりも演説が心に響く。吸収できるものがあると思って来た」

都内の会社に勤める50代男性は「テレビじゃメジャーな政党は取り上げても、「れいわ新選組」は扱わない。彼らの訴えを知るには街頭演説に行くしかないと思って足を運んでみた」

中央区の会社員下田壮太郎さん(46)は「最初は立憲民主党にすごく期待していた。でも、どうも連合の顔色をうかがっている」-。 (以下省略)

★デスクメモ
選挙戦中に、こうして「れいわ新選組」を取り上げることが、彼らへの肩入れではないかと感じる読者がいることは百も承知。だが、伝えたかったのは、人々のどんな思いが「れいわ現象」を形成しているのか、ということだ。それに共感するのもあなた次第。その上で1票を。 (歩)

★私の感想
 私に言わせると「何を今ごろ、寝言を言っているのか」との感がする。遅すぎる。報道するなら、もっと早くして欲しかった。でも、他紙のように完全無視するよりはマシだ。

 選挙が終盤になるにしたがって破竹の勢いで広がる山本太郎と「れいわ新選組」への関心の高さに仰天。戸が閉まりそうになった電車に、慌てて駆け込み乗車した感じだ。

 政権党や維新の動きを盛んに伝える新聞、テレビは今夜の開票で「れいわ新選組」に奇跡が起きたら、どの面下げて報道するのだろうか?

 これまで外注に指示して撮り溜めしていた録画を引っ張り出すのだろう。私はこうした報道を軽蔑する。覚悟のないメディアを忌避する。

彼らは民に見放され、やがて消えていくに違いない。

「れいわ新選組」に駆け込み乗車した東京新聞!



東京新聞の看板、「こちら特報部」にこんな記事が登場した。

★見出し
「れいわ現象」本物か? 低調な参院選で異彩放つ 既存政党への失望、背景

★本文
終盤になっても低調な参院選。だが、その中で異彩を放つ存在がある…山本太郎氏が率いる「れいわ新選組」だ。4月に結成されたばかりなのに選挙資金を寄付で3億7000万円も集め、街頭に出れば熱狂的な聴衆を集める。

この現象は一体、何を意味するのか。

熊本市から来ていた農業 森未来さん(32)は、これまで政治に興味がなかった「周りに勧められ、ツイッターやネットでの演説を聴いた。分かりやすく、ぐっとくるものがあった。この人に託したいと初めて思い、演説を聴きにきた」と話す。

東京・世田谷区の大学4年の男子学生(21)は「山本さんは誰よりも自分の言葉で語っている。どの候補者よりも演説が心に響く。吸収できるものがあると思って来た」

都内の会社に勤める50代男性は「テレビじゃメジャーな政党は取り上げても、「れいわ新選組」は扱わない。彼らの訴えを知るには街頭演説に行くしかないと思って足を運んでみた」

中央区の会社員下田壮太郎さん(46)は「最初は立憲民主党にすごく期待していた。でも、どうも連合の顔色をうかがっている」-。 (以下省略)

★デスクメモ
選挙戦中に、こうして「れいわ新選組」を取り上げることが、彼らへの肩入れではないかと感じる読者がいることは百も承知。だが、伝えたかったのは、人々のどんな思いが「れいわ現象」を形成しているのか、ということだ。それに共感するのもあなた次第。その上で1票を。 (歩)

★私の感想
 私に言わせると「何を今ごろ、寝言を言っているのか」との感がする。遅すぎる。報道するなら、もっと早くして欲しかった。でも、他紙のように完全無視するよりはマシだ。

 選挙が終盤になるにしたがって破竹の勢いで広がる山本太郎と「れいわ新選組」への関心の高さに仰天。戸が閉まりそうになった電車に、慌てて駆け込み乗車した感じだ。

 政権党や維新の動きを盛んに伝える新聞、テレビは今夜の開票で「れいわ新選組」に奇跡が起きたら、どの面下げて報道するのだろうか?

 これまで外注に指示して撮り溜めしていた録画を引っ張り出すのだろう。私はこんな報道を軽蔑する。覚悟のないメディアを忌避する。

彼らは民に見放され、やがて消えていくに違いない。

感謝!全力投球した山本太郎とその仲間たち!



日付が21日に切り替わった。2019年参院選に伴う私の山本太郎、「れいわ新選組」応援作戦が終わった。

超人的な運動を展開した山本太郎とそれを支えたスタッフの皆さんに「本当のご苦労様でした。お疲れさまでした」と心から労いたい。あとは結果を待つばかりである。

あなたたちが頑張り抜いたので、私も後をついていけた。組織も何もなく、少ない人数で一人何役もこなしていたに違いない。皆さん、ほとんど寝る暇がなかったのではないか。毎日が“戦場”だったに違いない。本当に、本当にお疲れさまでした、とお礼を言いたい。

私も4月に太郎が旗揚げして以来、すべてを山本太郎を軸に生活してきた。残りの人生をこの男にかけようと考えたからだ。太郎は、かけるに値する人物だ。

彼は器が大きい。とてつもなく大きい。肝も据わっているから、ちょっとやそっとのことには動じない。そのうえ、冷静にして沈着。そして政治家に欠かせない「人の痛み」が分かる人間だ。

44歳の若さでこれほどの逸材を、ほかに見たことがない。彼に天下を取らせてやりたい。本気でそう思っている。山本太郎はそこまで私を虜にした稀有な人物。傑物だ。

私が彼を気に入っているもう一つの点は右、左のイデオロギーに捕らわれない広い度量である。もうイデオロギーを振り回す時代ではない。いつも言う通り大事なことは、公平か不公平か、善か悪かの判断基準間違えないということだ。  

今回、四谷の事務所で生まれて初めて選挙の電話かけをやった。チラシのポスティングも体験した。

ブログ「半歩前へ」で毎日、10本以上の太郎と「れいわ新選組」の関連原稿を書き、投稿した。

太郎のPRのためにツイッターも開設したが、こちらはやり方を間違えたのかほとんど反応がなかった。

とにかく。自分でやれることはやったつもりだ。だから「やり残した」という悔いはない。

あとは「れいわ新選組」の10人の侍、全員当選という奇跡を信じるだけだ。

全力投球した山本太郎とその仲間たちに感謝!



 日付が21日に切り替わった。2019年参院選に伴う私の山本太郎と「れいわ新選組」への応援作戦が終わった。

 まずは、超人的な運動を展開した山本太郎と、それを支えたスタッフの皆さんに「本当にご苦労様でした。お疲れさまでした」と心から労いたい。あとは結果を待つばかりである。

 あなたたちが頑張り抜いたので、私も後をついていけた。組織も何もなく、少ない人数で一人何役もこなしていたに違いない。皆さん、ほとんど寝る暇がなかったのではないか。毎日が“戦場”だったに違いない。本当に、本当にお疲れさまでした、とお礼を言いたい。感謝したい。

 私も4月に太郎が旗揚げして以来、すべてを山本太郎を軸に生活してきた。「残りの人生をこの男にかけよう」と決意したからだ。太郎は、人生をかけるに値する人物だ。

 彼は器が大きい。とてつもなく大きい。肝も据わっているから、ちょっとやそっとのことには動じない。そのうえ、冷静にして沈着。そして政治家に欠かせない「人の痛み」が分かる人間だ。

 44歳の若さでこれほどの逸材を、ほかに見たことがない。彼に天下を取らせてやりたい。本気でそう思っている。山本太郎はそこまで私を虜にした稀有な人物。傑物だ。

 私が彼を気に入っているもう一つの点は右、左のイデオロギーに捕らわれない広い度量である。もうイデオロギーを振り回す時代ではない。いつも言う通り大事なことは、公平か不公平か、善か悪かの判断基準間違えないということだ。  

 今回、四谷の事務所で生まれて初めて選挙の電話かけをやった。チラシのポスティングも体験した。

 ブログ「半歩前へ」で毎日、10本以上の太郎と「れいわ新選組」の関連原稿を書き、投稿した。

 太郎のPRのためにツイッターも開設したが、こちらはやり方を間違えたのかほとんど反応がなかった。

 とにかく。自分なりに、やれることはやったつもりだ。だから「やり残した」という悔いはない。

 あとは「れいわ新選組」の10人の侍、全員当選という奇跡を信じるだけだ。

メディアが慌てた!「れいわ新選組」が急上昇!



こういう選挙活動が出来るのは20日午後11時59分までだ。時間がない。残り時間が40分を切った。原稿、急がねば。参院選では、この投稿が私の最後となりそうだ。

東京が20日夜の新宿での街頭演説で言った。

マスコミは「れいわ新選組」を報道しない。
スタートからわずか3カ月で「れいわ新選組」の名前が浸透するわけがない。

ところが、マスコミの情勢調査で当初「ゼロから1」と言っていたのが今、「れいわ」だけで「3」に上がった。

そこに比例の「山本太郎」がプラスされるとさらに議席がプラスされる、と強調した。

続けて太郎は「市民の力で国政政党を作る。みなさんの力で作っていただけますよね」と呼びかけると、大きな拍手が沸き上がった。

そうだ。あなたが、私が、「れいわ新選組」を育てるのだ。

その意味から、この参院選挙は大事な選挙だ。

太郎が言った。
「皆さんの力で一人でも多く、国会に送ってください。永田町の空気を読まない。政権とガチンコで勝負するグループを作ってください」

 「あなたが、どれだけ(票を)広げてくれたかで結果は変わる。力を貸して下さい」

メディアが仰天!「れいわ新選組」が急上昇!



こういう選挙活動が出来るのは20日午後11時59分までだ。時間がない。残り時間が40分を切った。原稿、急がねば。参院選では、この投稿が私の最後となりそうだ。

東京が20日夜の新宿での街頭演説で言った。

マスコミは「れいわ新選組」を報道しない。
スタートからわずか3カ月で「れいわ新選組」の名前が浸透するわけがない。

ところが、マスコミの情勢調査で当初「ゼロから1」と言っていたのが今、「れいわ」だけで「3」に上がったと言っている。

そこに比例の「山本太郎」がプラスされるとさらに議席がプラスされる、と強調した。

続けて太郎は「市民の力で国政政党を作る。みなさんの力で作っていただけますよね」と呼びかけると、大きな拍手が沸き上がった。

そうだ。あなたが、私が、「れいわ新選組」を育てるのだ。

その意味から、この参院選挙は大事な選挙だ。

太郎が言った。
「皆さんの力で一人でも多く、国会に送ってください。永田町の空気を読まない。政権とガチンコで勝負するグループを作ってください」

「あなたが、どれだけ(票を)広げてくれたかで結果は変わる。力を貸して下さい」

山本太郎に酔いしれた新宿! 「れいわ新選組」最後の戦い!

 山本太郎と「れいわ新選組」の参院選2019 最後の集い!!「新宿センキョ」が選挙戦の最後の日、20日 、東京・新宿の小田急デパート前で開かれた。

 昨夜の新橋SL広場に続き、この日も立錐の余地もない人、人、人の波で沸き返った。新宿を太郎旋風が占拠した。

その時の中継動画はここをクリック
https://www.youtube.com/watch?v=2Q3vqQXocQY

新宿を太郎旋風が占拠した!「れいわ新選組」の最後の戦い!


 山本太郎と「れいわ新選組」の参院選2019 最後の集い!!「新宿センキョ」が選挙戦の最後の日、20日 、東京・新宿の小田急デパート前で開かれた。

 昨夜の新橋SL広場に続き、この日も立錐の余地もない人、人、人の波で沸き返った。新宿を太郎旋風が占拠した。

その時の中継動画はここをクリック
https://www.youtube.com/watch?v=2Q3vqQXocQY

 太郎コールが轟く中、山本太郎が登場するのは2時間28分ごろである。

「れいわ新選組」の熱気は投票につながるか?



19日東京・新橋駅前のSL広場は立錐の余地もないほど人々で埋め尽くされた。「れいわ新選組」の赤いうちわを一生懸命に降る人。スマホで姿をおさめようとする人。

会場から上がる「太郎、太郎、太郎~」という連呼の中、壇上に上がった山本太郎は第一声で、「太郎は太郎でも、麻生太郎ではございません。国会の野良犬、山本太郎でございます」 どっと沸き起こる拍手と歓声。一気に聴衆の関心を引きつけて語りかける。

「山本太郎、比例代表からの立候補。全国のどこにお住まいの方でも、2枚目の投票用紙(比例代表)には、山本太郎、山本太郎と書いていただけます。どうかお力貸してくれませんか?」

 そして、皆さん1人だけの1票では勝てない、より多くの方に支持を広げて頂きたい、創価学会のフレンド票のように、と呼びかけて、こう訴えた。

「皆さんの携帯電話の電話帳、『あ』から『わ』まで、全部電話して、山本太郎をよろしくと伝えて下さい。お願いします」

 山本太郎は間違いなく多くの人々を引きつけ、動かしている。そうでなければこの熱気はない。

 そこに集まるのは、支持政党を持たない無党派の人はもちろん、これまで別の政党を支持してきた人々も含まれるのかもしれない。少なくとも公明党の支持者はいたようだし、自民党の支持者だっていてもおかしくはない。そこまで党派を超えて人々を動かせるのが山本太郎の魅力だろう。

 だが、人々が集まり、熱気に包まれるだけでは、選挙には勝てない。

実際に投票所に足を運び、投票用紙に名前を書いてもらわないと。選挙を左右するのは無党派の人々の動向と言われる。

 山本太郎は、広場を熱気に包んだ人々や、広場に来られなかった無党派の人々にも、投票所に向かってもらうことができるのか? 投票してもらうことができるのか?

詳しくはここをクリック
https://news.yahoo.co.jp/byline/aizawafuyuki/20190720-00135025/

SL広場を埋め尽くす熱気は投票につながるか?



19日東京・新橋駅前のSL広場は立錐の余地もないほど人々で埋め尽くされた。「れいわ新選組」の赤いうちわを一生懸命に降る人。スマホで姿をおさめようとする人。

会場から上がる「太郎、太郎、太郎~」という連呼の中、壇上に上がった山本太郎は第一声で、「太郎は太郎でも、麻生太郎ではございません。国会の野良犬、山本太郎でございます」 どっと沸き起こる拍手と歓声。一気に聴衆の関心を引きつけて語りかける。

「山本太郎、比例代表からの立候補。全国のどこにお住まいの方でも、2枚目の投票用紙(比例代表)には、山本太郎、山本太郎と書いていただけます。どうかお力貸してくれませんか?」

 そして、皆さん1人だけの1票では勝てない、より多くの方に支持を広げて頂きたい、創価学会のフレンド票のように、と呼びかけて、こう訴えた。

「皆さんの携帯電話の電話帳、『あ』から『わ』まで、全部電話して、山本太郎をよろしくと伝えて下さい。お願いします」

 山本太郎は間違いなく多くの人々を引きつけ、動かしている。そうでなければこの熱気はない。

 そこに集まるのは、支持政党を持たない無党派の人はもちろん、これまで別の政党を支持してきた人々も含まれるのかもしれない。少なくとも公明党の支持者はいたようだし、自民党の支持者だっていてもおかしくはない。そこまで党派を超えて人々を動かせるのが山本太郎の魅力だろう。

 だが、人々が集まり、熱気に包まれるだけでは、選挙には勝てない。

実際に投票所に足を運び、投票用紙に名前を書いてもらわないと。選挙を左右するのは無党派の人々の動向と言われる。

 山本太郎は、広場を熱気に包んだ人々や、広場に来られなかった無党派の人々にも、投票所に向かってもらうことができるのか? 投票してもらうことができるのか?

詳しくはここをクリック
https://news.yahoo.co.jp/byline/aizawafuyuki/20190720-00135025/

「皆さんを搾り取って踏みつけて」と山本太郎!


 「やっぱり山本太郎はすごいな。集まっている人たちがいつもの支持者と全然違う」

 これは共産党関係者が街頭演説会場で漏らした言葉。19日午後4時すぎ。参院選神奈川選挙区から立候補している共産党のあさか由香のところに、党派を超えてれいわ新選組の山本太郎が応援に駆けつけた。

その姿を一目見ようとあたりを埋め尽くした人々の姿を見て、いつもの共産党支持者ではない人々が集まっていると感激したのだ。

 集まっている人の多くは、おそらくは特定の支持政党を持たない、いわゆる無党派の人々。決まった政党を支持するのではなく、選挙のたびに投票先を変えるか、あるいはそもそも投票に行かない。

この人たちの支持を得られないと当選はおぼつかない。その人たちを引きつけることができるのが、山本太郎の“引力”なのだろう。

 山本太郎があさか由香の応援に駆けつけたのは、実は大阪でのできごとがきっかけだった。

 11日、山本太郎は大阪で共産党のたつみコータローの応援演説をしている。そこで太郎はたつみコータローを絶賛した。

「私とたつみコータローさん、13年の参議院選挙で国会に送って頂いた、いわば同期。その同期の中でも図抜けた知能才能を持った方だと思ってます。たつみコータローさんは参議院のエース、日本の宝!」
あさかを応援している市民が、「ぜひ、あさかさんの応援にも」と猛プッシュ。この応援演説が実現したという。太郎もずいぶん粋な判断をするものだ。

 山本太郎は演説の冒頭で聴衆にたずねた。

「選挙には行ってないよ、投票行ってないという方、どれくらいいらっしゃいますか?」

 かなりの数の手が上がる。やはり支持政党のない無党派の人が多いからだろう。すると太郎は、「おおーっ、票田が転がってるじゃないか」と、笑いを取ったところで口調を変えた。

「今、あまりにも政治がひどすぎるんですよ。6年間、山本太郎ね、国会の中にいたんです。やられてきたことの数々は、皆さんを踏みつけることの連続です。

皆さんを搾り取って踏みつけて、そこから得られた利益を、企業側に流していくことしかやってませんよ。

この6年間、皆さんの生活のこととか、皆さんの権利のことっていうのは、ほぼ、前に進んでいない。逆に後退してるんです。もう明らかなんです。

今の政治勢力のままでは、あなたの首はより絞まっていくしかないんですね。これを作ったのは誰だってことですよ。政治ですよ!」

「景気回復この道しかないと言いながら、やってることは真逆。この国の屋台骨を壊し続け、搾り取り、踏みつけ、大企業に対するご恩返ししかしてないのが今の政治じゃないですか?」

「止めて!今の政治の暴走を止めて!それを止められるのは皆さんしかいないんですよ。1枚目の投票用紙、選挙区には、この人の名前を絶対に書いてほしい。あ、さ、か、由、香。あ、さ、か、由、香。この人しかいないんですよ!」

今の暴走政治を止められるのは「皆さんしかいない」と山本太郎!


 「やっぱり山本太郎はすごいな。集まっている人たちがいつもの支持者と全然違う」

 これは共産党関係者が街頭演説会場で漏らした言葉。19日午後4時すぎ。参院選神奈川選挙区から立候補している共産党のあさか由香のところに、党派を超えてれいわ新選組の山本太郎が応援に駆けつけた。

 その姿を一目見ようとあたりを埋め尽くした人々の姿を見て、いつもの共産党支持者ではない人々が集まっていると感激したのだ。

 集まっている人の多くは、おそらくは特定の支持政党を持たない、いわゆる無党派の人々。決まった政党を支持するのではなく、選挙のたびに投票先を変えるか、あるいはそもそも投票に行かない。

この人たちの支持を得られないと当選はおぼつかない。その人たちを引きつけることができるのが、山本太郎の“引力”なのだろう。

 山本太郎があさか由香の応援に駆けつけたのは、実は大阪でのできごとがきっかけだった。

 11日、山本太郎は大阪で共産党のたつみコータローの応援演説をしている。そこで太郎はたつみコータローを絶賛した。

 「私とたつみコータローさん、13年の参議院選挙で国会に送って頂いた、いわば同期。その同期の中でも図抜けた知能才能を持った方だと思ってます。たつみコータローさんは参議院のエース、日本の宝!」

 あさかを応援している市民が「ぜひ、あさかさんの応援にも」と猛プッシュ。この応援演説が実現したという。太郎もずいぶん粋な判断をするものだ。

 山本太郎は演説の冒頭で聴衆にたずねた。

「選挙には行ってないよ、投票行ってないという方、どれくらいいらっしゃいますか?」

 かなりの数の手が上がる。やはり支持政党のない無党派の人が多いからだろう。すると太郎は、「おおーっ、票田が転がってるじゃないか」と、笑いを取ったところで口調を変えた。

「今、あまりにも政治がひどすぎるんですよ。6年間、山本太郎ね、国会の中にいたんです。やられてきたことの数々は、皆さんを踏みつけることの連続です。

 皆さんを搾り取って踏みつけて、そこから得られた利益を、企業側に流していくことしかやってませんよ。

 この6年間、皆さんの生活のこととか、皆さんの権利のことっていうのは、ほぼ、前に進んでいない。逆に後退してるんです。もう明らかなんです。

 今の政治勢力のままでは、あなたの首はより絞まっていくしかないんですね。これを作ったのは誰だってことですよ。政治ですよ!」

「景気回復この道しかないと言いながら、やってることは真逆。この国の屋台骨を壊し続け、搾り取り、踏みつけ、大企業に対するご恩返ししかしてないのが今の政治じゃないですか?」

 「止めて!今の政治の暴走を止めて!それを止められるのは皆さんしかいないんですよ」

詳しくはここをクリック
https://news.yahoo.co.jp/byline/aizawafuyuki/20190720-00135025/

増税で景気を悪化させようと安倍は決心と米紙!



2014年の総務省のデータ、全国消費実態調査。これを基に試算すると、消費税が10%になった場合、個人が1年間に負担する消費税の額は1カ月分の所得に相当する。

消費税の増税で私たちの所得がひと月分削られる計算になるという。

冗談ではない。ただでさえ苦しい生活が、ますます首を絞められる。

これで消費が増えるわけがない。

みなが物を買わない。いや、買えなくなると景気が悪くなるのは目に見えている。

共同通信によると、米紙ウォールストリート・ジャーナルは、日本で10月に予定される消費税率引き上げについて「安倍晋三首相は増税によって、景気を悪化させようと決心しているように見える」とやゆする社説を掲載し、安倍にとって「増税は自傷行為になろう」と皮肉った。

安倍は増税で景気を悪化させようと決心と米紙!



 2014年の総務省のデータ、全国消費実態調査。これを基に試算すると、消費税が10%になった場合、個人が1年間に負担する消費税の額は1カ月分の所得に相当する。

 消費税の増税で私たちの所得がひと月分削られる計算になるという。冗談ではない。ただでさえ苦しい生活が、ますます首を絞められる。これで消費が増えるわけがない。

 みなが物を買わない。いや、買えなくなると景気が悪くなるのは目に見えている。

 共同通信によると、米紙ウォールストリート・ジャーナルは、日本で10月に予定される消費税率引き上げについて「安倍晋三首相は増税によって、景気を悪化させようと決心しているように見える」とやゆする社説を掲載し、安倍にとって「増税は自傷行為になろう」と皮肉った。

急ぎ拡散!山本太郎に新たな追い風吹く!

急ぎ拡散!山本太郎に新たな追い風吹く!

ここにきて、山本太郎が主張する「消費税廃止」を支持する追い風が吹いた。

あすは参院選の投票日。今夜23時59分まで選挙活動が出来る。急いで拡散しよう。

「躍進するれいわ新選組、その公約、消費税廃止がかなり現実的なワケ」と銘打って現代ビジネスが伝えた。

***************************

新選組が柱の政策として掲げるのが「消費税廃止」だ。一見突拍子もない公約と思われるかもしれないが、じつは経済のプロの間では決して突飛な話ではないどころか、実現性の高い政策として注目されている。

経済学者の菊池英博は「消費税を廃止することは可能」と断言する。

菊池によれば、消費税による税収は私たち一般国民の生活のためになどほとんど使われてこなかったという。

1989年度から2014年度までの消費税の累計282兆円に対して、法人税減税は累計255兆円。

実に消費税収の9割が法人税の減税に充てられてきたという衝撃的な事実が浮かび上がった。

菊池が言う。

「これ以外にも大企業には『租税特別措置による政策減税』などの税制優遇があり、実効税率は世界的に見てもかなり低くなっています。

その結果、大企業は近年、史上空前の利益を出していますが、経済の活性化にはまったく寄与していません。

このデフレ不況下で設備投資を積極的にするわけもないからです。収益のほとんどは株の配当金、役員報酬、そして内部留保に回っています」

菊池は安倍政権が国内の経済状況を無視して消費増税に踏み切る理由も「法人税の減税にあるのではないか」と指摘する。

「安倍政権は2013年度に37%だった実行法人税率を毎年引き下げており、2018年度には29.74%まで大幅に引き下げています。

安倍政権は消費増税を原資にすることをアテにして法人税の実効税率引き下げを決定したために、その財源確保のためにも消費増税を決行する必要に迫られているのでしょう」

政府与党は「消費増税は社会保障の充実のため」と主張している。しかし、事実としてこれほどまでに消費増税分が法人減税分に充てられてきている以上、その説明には納得しがたいというわけだ。

続きはここをクリック
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/65929?page=2

緊急拡散!山本太郎に新たな追い風が吹いた!



 ここにきて、山本太郎が主張する「消費税廃止」を支持する追い風が吹いた。

 あすは参院選の投票日。今夜23時59分まで選挙活動が出来る。急いで拡散しよう。

 「躍進するれいわ新選組、その公約、消費税廃止がかなり現実的なワケ」と銘打って現代ビジネスが伝えた。

***************************

 新選組が柱の政策として掲げるのが「消費税廃止」だ。一見突拍子もない公約と思われるかもしれないが、じつは経済のプロの間では決して突飛な話ではないどころか、実現性の高い政策として注目されている。

 経済学者の菊池英博は「消費税を廃止することは可能」と断言する。

 菊池によれば、消費税による税収は私たち一般国民の生活のためになどほとんど使われてこなかったという。

 1989年度から2014年度までの消費税の累計282兆円に対して、法人税減税は累計255兆円。

 実に消費税収の9割が法人税の減税に充てられてきたという衝撃的な事実が浮かび上がった。

 菊池が言う。

 「これ以外にも大企業には『租税特別措置による政策減税』などの税制優遇があり、実効税率は世界的に見てもかなり低くなっています。

 その結果、大企業は近年、史上空前の利益を出していますが、経済の活性化にはまったく寄与していません。

 このデフレ不況下で設備投資を積極的にするわけもないからです。収益のほとんどは株の配当金、役員報酬、そして内部留保に回っています」

 菊池は安倍政権が国内の経済状況を無視して消費増税に踏み切る理由も「法人税の減税にあるのではないか」と指摘する。

 「安倍政権は2013年度に37%だった実行法人税率を毎年引き下げており、2018年度には29.74%まで大幅に引き下げています。

 安倍政権は消費増税を原資にすることをアテにして法人税の実効税率引き下げを決定したために、その財源確保のためにも消費増税を決行する必要に迫られているのでしょう」

 政府与党は「消費増税は社会保障の充実のため」と主張している。しかし、事実としてこれほどまでに消費増税分が法人減税分に充てられてきている以上、その説明には納得しがたいというわけだ。  (以上 現代ビジネス)

続きはここをクリック
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/65929?page=2

消費税、年金、改憲に不安の声! ツイッター調査で判明!



 東京新聞によると、参院選に関するツイッターの投稿をデータ分析会社、ブレインパッド社が調べたところ、「消費税」「年金」「憲法」というキーワードが最も多くつぶやかれていたことが分かった。

 同社が、4日の公示日から10日間のツイッター投稿を解析した。最多が「消費税」で、9万4000超の投稿があった。このうち69%が、同社の解析システムで「ネガティブ(否定的)」と判定されたツイートで、増税に批判的な声が多かった。

 二番目に多かったのは「年金」で、8万9000超に上った。そのうち57%が否定的な内容。将来受け取れる年金額への不安や、老後資金が2000万円不足するとした金融庁審議会報告書を巡る問題への反響が多かった。

 「憲法」は三番目だった。約3万8000の投稿があり、安倍晋三が目指す改憲への批判が目立った。

 同社の担当者は「国民の消費税増税や年金、改憲に対する不安な心理が反映されている」と指摘する。

面従腹背で創価学会は野原ヨシマサに1票を!

 「れいわ新選組」から立候補した「野原ヨシマサ」と言う人は、なにかこう、人を和ませる雰囲気がある。ホンワカとしたいい空気が周りに漂っている。

 だが、選管の公営掲示板に張り出した選挙ポスターには、誰恐れることなく「創価学会員」と、どうとうと名乗っている。

 これに対し山口ナニガシ。現職の公明党の党首、代表でありながら、選挙ポスターには公明党の「コ」の字も見当たらない。

 これでは何党から出馬しているのかわからない。公明党の党名をなぜ、隠す?一体、何を恥じているのか?

************************
萩谷良さんがフェイスブックに、こんなコメントを寄せた。(原文のまま)

 精一杯の大音声で叫んでいるときも、温厚さを感じさせる野原さんの語りは、山本太郎さんも言うように、沖縄の風を感じさせつつ、いよいよテンションが高まってきました。

 山口氏や原田会長と野原さんとどっちが日蓮仏法に忠実かは明らかだと、学会に所属していない私にも思えます。

 日蓮は権力に媚びなかったひとです。

 そのため、学会員ならみんな知っている龍ノ口の法難にもあい、あわや斬首というときに無事に生き延びたのです。

 龍ノ口に比べたら、村八分がなんだ、と、野原さんは思っているのだろうと想像します。

 公明党設立のとき、池田会長の言った、この党が民衆を裏切るなら、遠慮なく潰してしまえ、という言葉が、野原さんの強い支えになっているはずです。それに対し、公明党の山口氏らには、なんの精神的支えがありますか。

 とにかく当選してほしい。国会で山口氏らと対決してほしい。

 心ある学会員の皆さん、面従腹背で野原さんを国会に送り出してください。

 野原さんが言う、公明党を下野させれば日本は救われるというのは、まったく間違いのないことだと思います。

心ある学会員は面従腹背で野原ヨシマサに1票を!



 「れいわ新選組」から立候補した「野原ヨシマサ」と言う人は、なにかこう、人を和ませる雰囲気がある。ホンワカとしたいい空気が周りに漂っている。

 だが、選管の公営掲示板に張り出した選挙ポスターには、誰恐れることなく「創価学会員」と、どうとうと名乗っている。

 これに対し山口ナニガシ。現職の公明党の党首、代表でありながら、選挙ポスターには公明党の「コ」の字も見当たらない。

 これでは何党から出馬しているのかわからない。公明党の党名をなぜ、隠す?一体、何を恥じているのか?

************************
萩谷良さんがフェイスブックに、こんなコメントを寄せた。(原文のまま)

 精一杯の大音声で叫んでいるときも、温厚さを感じさせる野原さんの語りは、山本太郎さんも言うように、沖縄の風を感じさせつつ、いよいよテンションが高まってきました。

 山口氏や原田会長と野原さんとどっちが日蓮仏法に忠実かは明らかだと、学会に所属していない私にも思えます。

 日蓮は権力に媚びなかったひとです。

 そのため、学会員ならみんな知っている龍ノ口の法難にもあい、あわや斬首というときに無事に生き延びたのです。

 龍ノ口に比べたら、村八分がなんだ、と、野原さんは思っているのだろうと想像します。

 公明党設立のとき、池田会長の言った、この党が民衆を裏切るなら、遠慮なく潰してしまえ、という言葉が、野原さんの強い支えになっているはずです。それに対し、公明党の山口氏らには、なんの精神的支えがありますか。

 とにかく当選してほしい。国会で山口氏らと対決してほしい。

 心ある学会員の皆さん、面従腹背で野原さんを国会に送り出してください。

 野原さんが言う、公明党を下野させれば日本は救われるというのは、まったく間違いのないことだと思います。

創価学会の特技「F作戦」を学ぼう!



F作戦、フレンド作戦と言うそうだ。選挙の季節になると、創価学会が得意技とするこの活動を念頭に、山本太郎は街頭でこう呼びかけた。

「携帯電話のアドレス帳に入っている友人、親戚、いろんな方に電話をしてください。

何とか学会がやっているような横に広げていくということを私たちがやらなきゃ」

その通り。彼らは人海戦術で毎日、これをやっている。選挙の時期になると必ずかかってくる電話。しつこいと言ったらない。

学会員は数字を上に報告する義務があるのでやらざるを得ないのだ。鉄の結束。怖い集団だ。火の玉となって襲い掛かってくる。

だが、この熱心さは大いに学ぶべきだ。

組織のない山本太郎と「れいわ新選組」は私たち一般市民が頼り。

今日一日、頑張ろう。メールは選挙違反になるが、電話はOKだ。

家族に電話をかけよう。

親戚に電話をかけよう

友達に電話をかけよう。

電話をかけまくろう。

私たちの力で安倍内閣をアッと驚かしてやろう。

私たちも創価学会の特技「F作戦」を学ぼう!



F作戦、フレンド作戦と言うそうだ。選挙の季節になると、創価学会が得意技とするこの活動を念頭に、山本太郎は街頭でこう呼びかけた。

「携帯電話のアドレス帳に入っている友人、親戚、いろんな方に電話をしてください。

何とか学会がやっているような横に広げていくということを私たちがやらなきゃ」

その通り。彼らは人海戦術で毎日、これをやっている。選挙の時期になると必ずかかってくる電話。しつこいと言ったらない。

学会員は数字を上に報告する義務があるのでやらざるを得ないのだ。鉄の結束。怖い集団だ。火の玉となって襲い掛かってくる。

だが、この熱心さは大いに学ぶべきだ。

組織のない山本太郎と「れいわ新選組」は私たち一般市民が頼り。

今日一日、頑張ろう。メールは選挙違反になるが、電話はOKだ。

家族に電話をかけよう。

親戚に電話をかけよう

友達に電話をかけよう。

電話をかけまくろう。

私たちの力で安倍内閣をアッと驚かしてやろう。

「#比例は山本太郎」がTwitterトレンド入り!



 ネット上を中心に草の根の支持が集まっている山本太郎のれいわ新選組について、「#比例は山本太郎」のハッシュタグがTwitterトレンド入りし、大きな話題になっている。

 また、安倍晋三にヤジを飛ばした聴衆が警察に強制排除された事態に批判が集中。安倍は都知事選の応援で「帰れ!」と叫んだ聴衆を指さし、「あんな人たちに負けるわけにはいかない」とブチ切れた。

 その一方で、福島の街頭演説の最中に、感情的になって太郎批判を続ける聴衆の声を聞き、時間をかけて懸命に対話する山本太郎。

 山本太郎と安倍晋三の器の違いを垣間見せた。

選挙戦は今日限り、悔いを残すな「自分で納得できる」戦いをしよう!

 泣いても笑っても山本太郎とわれら「れいわ新選組」を選挙で応援出来るのはきょう、20日限り。明日は運命の投票日だ。

みなさん、悔いのない「自分で納得できる」戦いをしよう。

これまでの声がけした人が何人いるか。「れいわ新選組」支持する人を何人確保したか。それで、今回の勝負は決まる。

みんなの力で山本太郎と「れいわ新選組」を当選させよう。

山本太郎への反応は日増しに上昇している。追い風が吹いている。

昨夜の新橋。ポツリ、ポツリと落ちていた雨が、山本太郎たち候補者が登壇するころになると、ピタッとやんだ。天がわれらに味方している。

私は午後から最後のチラシ100枚を各戸に配布する。

ひど過ぎ! 毎日新聞のこの記事は黙って見過ごせない!

 新橋の「れいわ祭2」の盛り上がりぶりには興奮したが、それ以上に怒りが収まらないのは毎日新聞の記事だ。

詳しくはここをクリック
https://85280384.at.webry.info/201907/article_192.html

 山本太郎と「れいわ新選組」にケチをつけた。

 現在、日付が変わって20日午前1時10分を過ぎている。普段なら眠りについているころだが、これを書かずには眠れない。

 「消費税廃止掲げるが…」と冷やかし半分に書いた毎日の記事に反論する。

反論
 1、「因縁の地・品川」だと言いながらグダグダつまらない御託を並べている。 太郎が品川駅前の広場を選んだのは「場所が広かった」それだけの理由だ。本人が明らかにしている。妙なコジツケはよしてもらいたい。

2、太郎たちを報道しない理由。
 公職選挙法上「政党」として扱うには「所属国会議員が5人以上いる」または「直近の衆院選または参院選で2%以上の得票があった」ことが条件だ。選挙には、政党も政治団体もたくさん登場する。すべての団体を等しく報じることは、物理的に不可能だ。

 政党要件は承知している。だが、「すべての団体を等しく報じる・・・」とはどういう意味か?

 市民は「すべての団体を等し報道しろ」などと、一言も言っていない。問題をすり替えるな。みっともないぞ、毎日新聞!

① 山本太郎はたった1人で3億7000万円超の寄付を得た。前代未聞の出来事。これだけで大ニュースだ。安倍晋三や麻生太郎は、まとまった企業献金は集めるが、庶民からの浄財はただの1万円も集められないだろう。やれるなら、やってもらおう。
② 「れいわ新選組」は、比例区の特定枠の1位に筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者の舩後靖彦さんを、2位に重度障害のある木村英子さんを充てた。当事者が自ら問題点を国会で議論する。素晴らしいことだ。これが画期的でなくて、何なのか?

③ 太郎の演説はどこに行っても黒山の人だかり。彼の話を直に聞きたいと聴衆で溢れている。これこそ「社会現象」。これを報道しないのは一体、どういうわけなのか?

④ 「れいわ新選組」から創価学会員が出馬した。在り得ないことが目の前で起きた。政治部にとって大ニュースだ。公明党以外から学会員が立候補した例があっただろうか?ゼロである。鉄の団結にヒビが入った。なぜ、報じない?

3、漫談調の麻生に対し、山本太郎はラップ調の感じだと?
「気付けば、後ろにいた20代とおぼしき女性がハンカチを握り締め、涙を流している」だと?

人を小バカにしたようなこの書き方は何だ? 

 太郎の演説に聴衆が魅かれるのは借り物でなく、「自身の言葉」でしかも、「本音」を語っているからだ。

 19日夜、新橋の会場で「れいわ新選組」のボランティアをしていた40代の男性教師が私に言った。

 「山本太郎さんの演説は私の琴線に触れた。感動した。手伝いたかったのでやって来た」。

  毎日新聞のお粗末記者クン、取材はもっとまじめにやってくれよ。

4、「新選組」が掲げる公約に、記者はちょっとモヤモヤしていた。 例えば消費税廃止。先進各国は消費税を導入し、財政と福祉のバランスを取ってきた歴史がある。これに反して、消費税をなくし、学説的な裏付けはあるのだろうか。普通に考えたら、お金持ちも大企業も、逃げ出すんじゃないかなあ。

おっとと、キミ、どっかで聞きかじったようなことを言うものではない。日本の消費税がどれほど不公平かキミは知っているのか?多くの経済学者が消費税廃止の「妥当性」を説いている。

知らなきゃ、これでも読みなさい。
 その公約「消費税廃止」がかなり現実的なワケ 消費税収の9割は法人税減税に化ける、と週刊現代が専門家の分析を紹介している。

 もう一度、消費税について図書館に通って勉強し直したら。

 お金持ちが逃げ出したかどうか、太郎が演説で既に答えを示した。そんなことも知らずに、能書きを垂れるな、愚か者!

5、2年前の衆院選で、既存の野党を支持した人の一部が、手のひらを返したように野党を批判し、「新選組」支持を公言する姿にも危うさを覚える。その時々で野党を「使い捨て」にするのではなく、不満があっても「野党を育てる」意識が必要だと思うが……。

まるで視点が、なっていない。

 立憲民主党を支持した無党派層のことを言っているのだろうが「使い捨て」にしたのではない。「使う前」に枝野のやる気が失せたのだ。この2年間、立憲民主党は一体なにをしてくれた?

 先の国会で安倍自民党は100日以上も予算委を開かなかった。にも拘らず予定調和で国会は日程通りに閉幕。なぜ、野党は徹底抗戦しなかったのか? 多勢に無勢の野党は「体を張って、理不尽な与党に抗うべきだ」と山本太郎は悔しがった。私たちも同じ思いだ。

 「野党を育てる」などと生意気なことを言う前に、もっと「野党の報道をしろ」と言いたい。自分たちは、安倍政権にソンタクしていながら、よく言うよ。開いた口が塞がらない。

 毎日新聞のヘナチョコ記者には、まだまだ言いたいことがあるが、バカバカしくなってきたので、もうやーめた。

今、午前2時28分、おやすみ。疲れた。風呂はあしたにしよう。

山本太郎と「れいわ新選組」にケチをつけた記者!

 新橋の「れいわ祭2」の盛り上がりぶりには興奮したが、怒りが収まらないのは毎日新聞の記事だ。

詳しくはここをクリック
https://85280384.at.webry.info/201907/article_192.html

 山本太郎と「れいわ新選組」にケチをつけた。

 現在、日付が変わって20日午前1時10分を過ぎている。普段なら眠りについているころだが、これを書かずには眠れない。

 「消費税廃止掲げるが…」と冷やかし半分に書いた毎日の記事に反論する。

反論
 1、「因縁の地・品川」だと言いながらグダグダつまらない御託を並べている。 太郎が品川駅前の広場を選んだのは「場所が広かった」それだけの理由だ。本人が明らかにしている。妙なコジツケはよしてもらいたい。

 2、太郎たちを報道しない理由。
 公職選挙法上「政党」として扱うには「所属国会議員が5人以上いる」または「直近の衆院選または参院選で2%以上の得票があった」ことが条件だ。選挙には、政党も政治団体もたくさん登場する。すべての団体を等しく報じることは、物理的に不可能だ。

 政党要件は承知している。だが、「すべての団体を等しく報じる・・・」とはどういう意味か?

 市民は「すべての団体を等し報道しろ」などと、一言も言っていない。問題をすり替えるな。みっともないぞ、毎日新聞!

① 山本太郎はたった1人で3億7000万円超の寄付を得た。前代未聞の出来事。これだけで大ニュースだ。安倍晋三や麻生太郎は、まとまった企業献金は集めるが、庶民からの浄財はただの1万円も集められないだろう。やれるなら、やってもらおう。

② 「れいわ新選組」は、比例区の特定枠の1位に筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者の舩後靖彦さんを、2位に重度障害のある木村英子さんを充てた。当事者が自ら問題点を国会で議論する。素晴らしいことだ。これが画期的でなくて、何なのか?

③ 太郎の演説はどこに行っても黒山の人だかり。彼の話を直に聞きたいと聴衆で溢れている。これこそ「社会現象」。これを報道しないのは一体、どういうわけなのか?

④ 「れいわ新選組」から創価学会員が出馬した。在り得ないことが目の前で起きた。政治部にとって大ニュースだ。公明党以外から学会員が立候補した例があっただろうか?ゼロである。鉄の団結にヒビが入った。なぜ、報じない?

3、漫談調の麻生に対し、山本太郎はラップ調の感じだと?
「気付けば、後ろにいた20代とおぼしき女性がハンカチを握り締め、涙を流している」だと?

 人を小バカにしたようなこの書き方は何だ? 

 太郎の演説に聴衆が魅かれるのは借り物でなく、「自身の言葉」でしかも、「本音」を語っているからだ。

 19日夜、新橋の会場で「れいわ新選組」のボランティアをしていた40代の男性教師が私に言った。

 「山本太郎さんの演説は私の琴線に触れた。感動した。手伝いたかったのでやって来た」。

  毎日新聞のお粗末記者クン、取材はもっとまじめにやってくれよ。

4、「新選組」が掲げる公約に、記者はちょっとモヤモヤしていた。 例えば消費税廃止。先進各国は消費税を導入し、財政と福祉のバランスを取ってきた歴史がある。これに反して、消費税をなくし、学説的な裏付けはあるのだろうか。普通に考えたら、お金持ちも大企業も、逃げ出すんじゃないかなあ。

 おっとと、キミ、どっかで聞きかじったようなことを言うものではない。日本の消費税がどれほど不公平かキミは知っているのか?多くの経済学者が消費税廃止の「妥当性」を説いている。

知らなきゃ、これでも読みなさい。
 その公約「消費税廃止」がかなり現実的なワケ 消費税収の9割は法人税減税に化ける、と週刊現代が専門家の分析を紹介している。

 もう一度、消費税について図書館に通って勉強し直したら。

 お金持ちが逃げ出したかどうか、太郎が演説で既に答えを示した。そんなことも知らずに、能書きを垂れるな、愚か者!

5、2年前の衆院選で、既存の野党を支持した人の一部が、手のひらを返したように野党を批判し、「新選組」支持を公言する姿にも危うさを覚える。その時々で野党を「使い捨て」にするのではなく、不満があっても「野党を育てる」意識が必要だと思うが……。

 まるで視点が、なっていない。

 立憲民主党を支持した無党派層のことを言っているのだろうが「使い捨て」にしたのではない。「使う前」に枝野のやる気が失せたのだ。この2年間、立憲民主党は一体なにをしてくれた?

 先の国会で安倍自民党は100日以上も予算委を開かなかった。にも拘らず予定調和で国会は日程通りに閉幕。なぜ、野党は徹底抗戦しなかったのか? 多勢に無勢の野党は「体を張って、理不尽な与党に抗うべきだ」と山本太郎は悔しがった。私たちも同じ思いだ。

 「野党を育てる」などと生意気なことを言う前に、もっと「野党の報道をしろ」と言いたい。自分たちは、安倍政権にソンタクしていながら、よく言うよ。開いた口が塞がらない。

 毎日新聞のヘナチョコ記者には、まだまだ言いたいことがあるが、バカバカしくなってきたので、もうやーめた。

 今、午前2時28分、おやすみ。疲れた。風呂はあしたにしよう。

こういう記事を読むと、カチンとくる!



 冗談ではない。こういう記事を読むと、カチンとくる。

 どこがって? 反論は後にして、

 まずはこの、毎日新聞の記事を全文読んでいただきたい。

 言いたいことは山ほどある。記事が長いので、別項でキッチリ反論する。

 黙認すれば、図に乗る恐れがあるからだ。 

**************************
(原文のまま)

 梅雨冷えの参院選も終盤である。メディアもあまり報じないけど、やっぱり気になる。山本太郎さん率いる政治団体「れいわ新選組」である。既存政党が幅を利かす中、報道各社の情勢調査を見ると、孤軍奮闘しているらしい。12日に東京・品川であった演説会を見に行った。【吉井理記/統合デジタル取材センター】

因縁の地・品川

 品川、実は史実の新選組に縁がある。

 明治維新の端緒となった鳥羽伏見の戦い(1868年)で、薩摩・長州連合軍に敗れた新選組隊士たちが、大坂から海路を逃れ、再起を期すべく上陸したのがここ、品川である。

 長州といえば、山本さんが厳しく批判してきた安倍晋三首相の地元。その山本さんが2004年のNHK大河ドラマ「新選組!」で熱演した新選組隊士・原田左之助も、この戦いに参加し、やはり品川に滞在しているのだ。

 因縁をかみ締めつつ、幕末の新選組は長州に敗れたが、令和の時代はいかに、というわけでやって来たのが、JR品川駅前の広場である。


「れいわ新選組」の候補者全10人が登場した「れいわ祭」=東京都港区で2019年7月12日

「どうして報じないの?」

 早速、人々の声を聞いてみる。

 「新選組」や山本さんへの賛辞が多いのは当然として、共通していたのがメディア報道への不満である。

 横浜から来た若い女性には「ニュースも新聞も『新選組』を報じませんよね。毎日さんも、政権や大政党に遠慮しているんですか。私たちの『知る権利』にも、しっかり応えてくださいよ」としかられてしまった。

記者もうなだれる

 公職選挙法上、「政党」として扱うには「所属国会議員が5人以上いる」または「直近の衆院選または参院選で2%以上の得票があった」ことが条件だ。

 選挙には、政党も政治団体もたくさん登場する。すべての団体を等しく報じることは、物理的に不可能だ。それゆえ、多くのメディアが政党の条件を、そのまま「報道する・しない」の基準にしている。だから「新選組」のような団体が報じられない、という現象が生まれる。

 一方で、公選法はウソや歪曲(わいきょく)を除き、選挙の報道や評論について、全面的自由を認めてもいるのだ。もはやSNS全盛のご時世、メディアも報道のあり方を考え直す時期なのか、と記者がうなだれていると、午後5時過ぎ、ウワサの主役が登場。京都での街頭演説を終えた山本さん、新幹線を降りたその足で、ステージ代わりに止めたトラックの荷台に飛び乗ってマイクを握った。

「この国、壊れてます」

 「子どもの約7人に1人が貧困。完全に壊れてますよ、この国。この厳しい状況を、あなたのせいにされていませんか? あなたの生活が苦しいことを、あなた自身の努力が足りないという話にされていませんか? これだけ多くの方が地盤沈下している世の中は、個人の責任なんかじゃない。国の間違った経済政策や、必要だった施策が打ってこられなかったことの結果じゃないか!」

 「好景気はいつまでたっても、あなたのもとにはやって来ない。一部の人だけが勝ち続けるそんな社会に誰がした? 政治がした! その政治を選んだのは誰? この国に生きる人々! 受け皿がないじゃないか? じゃあ、受け皿にさせてください!」

「あなた」の魔力

 それにしても、うまい。聞かせる。

 漫談調の自民党・麻生太郎財務相、闘士風の立憲民主党・枝野幸男代表も、聞き手を引き込む演説を繰り広げるが、こちらは、短いフレーズをリズムよく聞かせるラップ調の感じ。「あなた」「あなたたち」を繰り返し、問いかけるたびに聴衆が「うんうん」とうなずく。

 気付けば、後ろにいた20代とおぼしき女性がハンカチを握り締め、涙を流している。

 「ネットで演説動画を見て、実際に生で聞きたくて、仕事を終えて飛んできた。私も生活が苦しいし、過去の悪口じゃなくて、未来の話が聞きたかった。やっと私たちの生活をちゃんと見てくれる人が現れた感じ。ほかの野党? 自分のことばかり考えているような気がして。キライではないんですが」

 傍らにいた高齢男性もうなずく。「与党も野党も、どんなきれいごと言っても保身に思える。『原発ゼロ』を言っておきながら、電力会社の労働組合に遠慮して、原発を認めたり。本当に『国を変える』という気概を感じないよ。山本太郎さん? 野党らしい野党になってほしいね」

熱気に感じる「危うさ」

 安倍政権はもちろん、これまでの野党にも政治にもモヤモヤ。そんな不満を「新選組」がすくい取っているようにも見える。熱気に水を差すつもりはないが、「新選組」が掲げる公約に、記者はちょっとモヤモヤしていた。

 例えば消費税廃止。実現すれば記者も大喜びだが、先進各国は消費税を導入し、財政と福祉のバランスを取ってきた歴史がある。これに反して、消費税をなくし、その代わりに大企業や富裕層への課税強化などで「50兆円以上は税金ですぐに創れます」(政策チラシ)とのことだが、学説的な裏付けはあるのだろうか。普通に考えたら、お金持ちも大企業も、逃げ出すんじゃないかなあ。

 2年前の衆院選で、既存の野党を支持した人の一部が、手のひらを返したように野党を批判し、「新選組」支持を公言する姿にも危うさを覚える。その時々で野党を「使い捨て」にするのではなく、不満があっても「野党を育てる」意識が必要だと思うが……。

創価学会員も応援

 おや、三色旗? 会場の一角で、公明党の支持母体・創価学会の旗が風に踊っているではないか。何人もの学会員が山本さんの演説に耳をすましている。そのうちの一人、住友ヒサ子さん(67)は怒っていた。

 「『新選組』から立候補した学会員の候補者の応援で来たんです。私も安倍政権の解釈改憲に賛成した公明党は『おかしい』と思って。創価学会の集まりでも言ったんですが、地域の責任者から『そういう意見を言うのなら来ないでほしい』と言われて……。意見を言う自由も認めないなんて、おかしいでしょ。それを正したいから『新選組』を応援するんです」

 しばらく足を止めて聴き入っていたスーツ姿の中年男性は自民党支持。「まあ政治の安定が何よりだからね。安倍さんが好き、というわけじゃないんですが。山本さん? なかなか良いこと言うね。ああいう政治家、確かに自民党にはいないなあ……」

政治に「ときめき」を

 3時間の演説会が終わり、山本さんがマイクを置いたのは午後8時前。額に汗を光らせる山本さんに聞いてみた。

 「人気? さあ、どうでしょう。でも来てくれた人に言われました。『久しぶりに政治にときめきました』って。これはうれしいですね」

毎日新聞の情勢調査では、「新選組」は比例で1~2議席の獲得が見込まれる。令和の新選組、永田町に討ち入ることはできるのだろうか。

黙っておれない!こういう記事を読むとカチンとくる!



 こういう記事を読むと、カチンとくる。

 どこがって?

 反論は後にして、

 まずはこの、毎日新聞の記事を全文読んでいただきたい。

 言いたいことは山ほどあるが、記事が長いので、別項でキッチリ反論する。

 黙認すれば、図に乗る恐れがあるからだ。 

**************************
(原文のまま)

 梅雨冷えの参院選も終盤である。メディアもあまり報じないけど、やっぱり気になる。山本太郎さん率いる政治団体「れいわ新選組」である。既存政党が幅を利かす中、報道各社の情勢調査を見ると、孤軍奮闘しているらしい。12日に東京・品川であった演説会を見に行った。
【吉井理記/統合デジタル取材センター】

因縁の地・品川

 品川、実は史実の新選組に縁がある。

 明治維新の端緒となった鳥羽伏見の戦い(1868年)で、薩摩・長州連合軍に敗れた新選組隊士たちが、大坂から海路を逃れ、再起を期すべく上陸したのがここ、品川である。

 長州といえば、山本さんが厳しく批判してきた安倍晋三首相の地元。その山本さんが2004年のNHK大河ドラマ「新選組!」で熱演した新選組隊士・原田左之助も、この戦いに参加し、やはり品川に滞在しているのだ。

 因縁をかみ締めつつ、幕末の新選組は長州に敗れたが、令和の時代はいかに、というわけでやって来たのが、JR品川駅前の広場である。


「れいわ新選組」の候補者全10人が登場した「れいわ祭」=東京都港区で2019年7月12日

「どうして報じないの?」

 早速、人々の声を聞いてみる。

 「新選組」や山本さんへの賛辞が多いのは当然として、共通していたのがメディア報道への不満である。

 横浜から来た若い女性には「ニュースも新聞も『新選組』を報じませんよね。毎日さんも、政権や大政党に遠慮しているんですか。私たちの『知る権利』にも、しっかり応えてくださいよ」としかられてしまった。

記者もうなだれる

 公職選挙法上、「政党」として扱うには「所属国会議員が5人以上いる」または「直近の衆院選または参院選で2%以上の得票があった」ことが条件だ。

 選挙には、政党も政治団体もたくさん登場する。すべての団体を等しく報じることは、物理的に不可能だ。それゆえ、多くのメディアが政党の条件を、そのまま「報道する・しない」の基準にしている。だから「新選組」のような団体が報じられない、という現象が生まれる。

 一方で、公選法はウソや歪曲(わいきょく)を除き、選挙の報道や評論について、全面的自由を認めてもいるのだ。もはやSNS全盛のご時世、メディアも報道のあり方を考え直す時期なのか、と記者がうなだれていると、午後5時過ぎ、ウワサの主役が登場。京都での街頭演説を終えた山本さん、新幹線を降りたその足で、ステージ代わりに止めたトラックの荷台に飛び乗ってマイクを握った。

「この国、壊れてます」

 「子どもの約7人に1人が貧困。完全に壊れてますよ、この国。この厳しい状況を、あなたのせいにされていませんか? あなたの生活が苦しいことを、あなた自身の努力が足りないという話にされていませんか? これだけ多くの方が地盤沈下している世の中は、個人の責任なんかじゃない。国の間違った経済政策や、必要だった施策が打ってこられなかったことの結果じゃないか!」

 「好景気はいつまでたっても、あなたのもとにはやって来ない。一部の人だけが勝ち続けるそんな社会に誰がした? 政治がした! その政治を選んだのは誰? この国に生きる人々! 受け皿がないじゃないか? じゃあ、受け皿にさせてください!」

「あなた」の魔力

 それにしても、うまい。聞かせる。

 漫談調の自民党・麻生太郎財務相、闘士風の立憲民主党・枝野幸男代表も、聞き手を引き込む演説を繰り広げるが、こちらは、短いフレーズをリズムよく聞かせるラップ調の感じ。「あなた」「あなたたち」を繰り返し、問いかけるたびに聴衆が「うんうん」とうなずく。

 気付けば、後ろにいた20代とおぼしき女性がハンカチを握り締め、涙を流している。

 「ネットで演説動画を見て、実際に生で聞きたくて、仕事を終えて飛んできた。私も生活が苦しいし、過去の悪口じゃなくて、未来の話が聞きたかった。やっと私たちの生活をちゃんと見てくれる人が現れた感じ。ほかの野党? 自分のことばかり考えているような気がして。キライではないんですが」

 傍らにいた高齢男性もうなずく。「与党も野党も、どんなきれいごと言っても保身に思える。『原発ゼロ』を言っておきながら、電力会社の労働組合に遠慮して、原発を認めたり。本当に『国を変える』という気概を感じないよ。山本太郎さん? 野党らしい野党になってほしいね」

熱気に感じる「危うさ」

 安倍政権はもちろん、これまでの野党にも政治にもモヤモヤ。そんな不満を「新選組」がすくい取っているようにも見える。熱気に水を差すつもりはないが、「新選組」が掲げる公約に、記者はちょっとモヤモヤしていた。

 例えば消費税廃止。実現すれば記者も大喜びだが、先進各国は消費税を導入し、財政と福祉のバランスを取ってきた歴史がある。これに反して、消費税をなくし、その代わりに大企業や富裕層への課税強化などで「50兆円以上は税金ですぐに創れます」(政策チラシ)とのことだが、学説的な裏付けはあるのだろうか。普通に考えたら、お金持ちも大企業も、逃げ出すんじゃないかなあ。

 2年前の衆院選で、既存の野党を支持した人の一部が、手のひらを返したように野党を批判し、「新選組」支持を公言する姿にも危うさを覚える。その時々で野党を「使い捨て」にするのではなく、不満があっても「野党を育てる」意識が必要だと思うが……。

創価学会員も応援

 おや、三色旗? 会場の一角で、公明党の支持母体・創価学会の旗が風に踊っているではないか。何人もの学会員が山本さんの演説に耳をすましている。そのうちの一人、住友ヒサ子さん(67)は怒っていた。

 「『新選組』から立候補した学会員の候補者の応援で来たんです。私も安倍政権の解釈改憲に賛成した公明党は『おかしい』と思って。創価学会の集まりでも言ったんですが、地域の責任者から『そういう意見を言うのなら来ないでほしい』と言われて……。意見を言う自由も認めないなんて、おかしいでしょ。それを正したいから『新選組』を応援するんです」

 しばらく足を止めて聴き入っていたスーツ姿の中年男性は自民党支持。「まあ政治の安定が何よりだからね。安倍さんが好き、というわけじゃないんですが。山本さん? なかなか良いこと言うね。ああいう政治家、確かに自民党にはいないなあ……」

政治に「ときめき」を

 3時間の演説会が終わり、山本さんがマイクを置いたのは午後8時前。額に汗を光らせる山本さんに聞いてみた。

 「人気? さあ、どうでしょう。でも来てくれた人に言われました。『久しぶりに政治にときめきました』って。これはうれしいですね」

毎日新聞の情勢調査では、「新選組」は比例で1~2議席の獲得が見込まれる。令和の新選組、永田町に討ち入ることはできるのだろうか。

ヤジ排除で北海道警に弁護団が抗議の申し入れ!

 
 警察はあくまで公正中立でなければならない。

 ところが安倍晋三が2012年に政権に返り咲いて以来、おかしくなった。

 政権の顔色ばかり窺うようになった。

 いままでの自民党政権時代には見られなかった、警察による首相官邸に対するソンタクが蔓延(はびこ)るようになった。

 これでは国民の信頼は得られない。官邸の私兵は必要ないからだ。

****************************

 安倍晋三の演説中にヤジを飛ばした人を道警が排除した対応について、弁護士団体が道警に説明を求める申し入れ書を提出した。
 
 19日道警に申し入れ書を提出したのは、「自由法曹団北海道支部」など札幌の弁護士団体と市民団体。

 「安倍辞めろ!」今月15日、札幌駅前で行われた安倍の街頭演説の会場で、「安倍やめろ」などと叫んだ男性らが警察官に取り押さえられその場から排除されたほか、安倍に年金問題についてのプラカードを掲げようとした女性も警察官に囲まれ移動させられた。

 これに対し弁護士団体は「権力者に対する批判を強制的に封じ込めることにつながりかねない」と道警の対応を批判。 佐藤哲之弁護士は「明らかに法令上の根拠のない違法な警察官による市民に対する排除行為。政治的発言を封じる排除行為」と道警の対応を批判した。 (以上 HTB北海道テレビ)

トランペットが響き、踊り出した「れいわ祭2」!




東京のJR新橋駅前SL広場で19日、「れいわ祭2」と題した山本太郎と「れいわ新選組」の必勝演説会が開かれた。

とにかく大変な盛り上がりに、さすがの私も度肝を抜かれた。

この熱気が、そっくり山本太郎と「れいわ新選組」の得票に結びついてくれればいいが、と念じるだけだ。

ブログ「半歩前へ」でみなさんに報告するため、現場に“取材”に行った。

新橋は今にも雨が降りそうな雲行きだ。

改札を出ると「れいわ新選組」や「山本太郎」と大書したピンクの幟が広場の各所にはためき、500人前後の市民が集まっていた。

着物姿の立川談四楼が登壇したので、私が「待ってました!」と一声かけた。師匠は「この場にお招きをいただき、生涯の思い出となるでしょう」と感激しきりだった。

師匠は、故談志を引き合いに「私、参院議員会館で落語をしたことがあるんです」といきなり聴衆を引き付けた。師匠の談志が稽古をつけてやるから来い、と言われて行った」

「受付で名前を書け、と言うので立川寸志と書いたら、ふざけたことを書くな」と叱られた話などを披露し、会場をリラックスさせた。

「寸志」とはチョイとしたお礼のことだ。だが談志が付けた立派な芸名。ふざけたことを言うのは、そっちじゃねーかてんだ。

もちろん最後は、「れいわ新選組」への支援をよろしく、の言葉は忘れなかった。

「れいわ新選組」の比例から出馬した東大教授の「やすとみ 歩」は、「子供が伸び伸び自由に生きられる社会は大人にとっても住みやすい社会」と自説を披露。

話が終わった途端、マイケルジャクソンのビートの効いた曲がかかると、子供を含む20人ほどの集団が登場。全員が踊り出した。イマジン盆踊り部・ふわだいすけと仲間たち❤️だという。

トランペットが響き渡り、大変な騒ぎ。大型スピーカーの前に陣取っていた私は難聴になったのではないかと思う。

すぐ、後ろでは若い女の子がリズムに合わせて飛び上がる。いっしょに踊っているのだ。

ボランティアが配ったハート形の無数のうちわが夜空に、右に左に舞う。新橋駅のホームからも、たくさんの人がこっちに向かって手を振っている。まさしく「れいわ祭2」と言うネーミングにふさわしい。

とにかく大変な盛り上がりだ。気が付けば広場は人であふれ、周辺の歩道も聴衆だらけで、山本太郎の話に聞き入っていた。何千人いるのか、見当がつかないほどだ。

最後に登壇した太郎は「みなさんの1票では足りないんです。その1票をみなさんのお力で3票、5票へと横に広げてください。山本太郎に力を貸してください」と訴えた。

山本太郎は最後まで冷静だ。頭領の器である。

耳をつんざくトランペットの響き!大変な盛り上がりの「れいわ祭2」!



 参院選挙の投票を2日後に控えた19日、東京のJR新橋駅前SL広場で「れいわ祭2」と題した山本太郎と「れいわ新選組」の必勝演説会が開かれた。

 ブログ「半歩前へ」でみなさんに報告するため、現場に“取材”に行った。

 新橋は今にも雨が降りそうな雲行きだ。

 改札を出ると「れいわ新選組」や「山本太郎」と大書したピンクの幟が広場の各所にはためき、500人前後の市民が集まっていた。

 着物姿の立川談四楼が登壇したので、私が「待ってました!」と一声かけた。師匠は「この場にお招きをいただき、生涯の思い出となるでしょう」と感激しきりだった。

 師匠は、故談志を引き合いに「私、参院議員会館で落語をしたことがあるんです」といきなり聴衆を引き付けた。師匠の談志が稽古をつけてやるから来い、と言われて行った」

 「受付で名前を書け、と言うので立川寸志と書いたら、ふざけたことを書くな」と叱られた話などを披露し、会場をリラックスさせた。

 「寸志」とはチョイとした、心ばかりのお礼のことだ。だが談志が付けた立派な芸名。ふざけたことを言うのは、そっちじゃねーかてんだ。

 もちろん最後は、「れいわ新選組」への支援をよろしく、の言葉は忘れなかった。

 「れいわ新選組」の比例から出馬した東大教授の「やすとみ 歩」は、「子供が伸び伸び自由に生きられる社会は大人にとっても住みやすい社会」と自説を披露。

 話が終わった途端、マイケルジャクソンのビートの効いた曲がかかると、子供を含む20人ほどの集団が登場。全員が踊り出した。イマジン盆踊り部・ふわだいすけと仲間たち❤️だという。

 耳をつんざくトランペットの響き。大変な騒ぎだ。大型スピーカーの前に陣取っていた私は難聴になったのではないか?

 すぐ、後ろでは若い女の子がリズムに合わせて飛び上がる。いっしょに踊っているのだ。

 ボランティアが配ったハート形の無数のうちわが右に左に夜空に舞う。新橋駅のホームからも、たくさんの人がこっちに向かって手を振っている。まさしく「れいわ祭2」と言うネーミングにふさわしい。

 とにかく大変な盛り上がりだ。気が付けば広場は人であふれ、周辺の歩道も聴衆だらけで、山本太郎の話に聞き入っていた。何千人いるのか、見当がつかないほどだ。


 最後に登壇した太郎は「みなさんの1票では足りないんです。その1票をみなさんのお力で3票、5票へと横に広げてください。山本太郎に力を貸してください」と訴えた。

 山本太郎は最後まで冷静だ。頭領の器である。


2000万円を1年で浪費する私たちの「副総理」!



 2000万円では足りない。厚労省の別のデータでは年金のほかに3000万円が必要と言った。

 これほどの額を、銀座や赤坂のバーやクラブでたった1年間で浪費するのが私たちの国の「副総理」麻生太郎だ。

 彼は親父や爺さんが残した会社の配当だけで毎年、数億円が転がり込むという結構な暮らしを続けている。

 相方の安倍晋三は親父がのこした7億円の脱税がバレそうになって1年足らずで政権を投げ出した。2007年当時の第1次安倍政権の崩壊である。

 2人は選挙区が福岡と山口だが、子供のころから東京で育ち、選挙区は議員バッジをつけるための「票の稼ぎ場」でしかない。何が地元だ。アホらしくて話にならない。

 こんな連中に、庶民の苦しみなど分かるわけがない。悩みなど理解できるわけがない。

ハチャー!  放送禁止物体がやって来た!


 山本太郎はテレビがスポンサーに配慮して山本太郎と「れいわ新選組」を取り上げない。それを受けた太郎は自らを「放送禁止物体がやって来ました」と言って笑いを取る。

 その「放送禁止物体」にどうしてこんなに大勢の人が詰めかけるのか?

 ナマで山本太郎の話を聞きたいと人が集まるのか?

 これこそまさに“世にも不思議”な話ではないか。

 大衆の心をつかんで離さない山本太郎の魂の訴えを、説くとお聞き願いたい。

ここをクリック
https://v.reiwa-shinsengumi.com/first/?fbclid=IwAR1p58JYG993vIdyL5fpFwUJjKC4CFKqw7s5VMGCvjCt2sytMMbtN_-i9O0

歓喜!座りションベンをして震えが止まらない?

 私たちの選挙応援もきょうと明日。明後日の日曜日は参院選挙の投票日だ。

 応援団のみなさん、山本太郎と「れいわ新選組」を押し上げる戦いを立派にやり遂げよう。

 山本太郎と「れいわ新選組」への関心はうなぎのぼりに上昇中だ。ひょっとしたら奇跡が起きるかもしれない。

 それにはあなたの踏ん張りが絶対に必要だ。

 あと10票、何が何でも積み上げてもらいたい。

 「れいわ新選組」の10人の侍が全員当選したらどうする?

 あなた、座りションベンをして、震えが止まらないのではないか?

 私は心臓発作で、突然死? 

週刊朝日は夏の夜に出てくるお化けか? 



 週刊文春に続いてまた出た。お化けである。山本太郎と「れいわ新選組」に横槍を入れる記事が出た。週刊朝日が「山本太郎は参院選挙が終わったら俳優に復帰する?」と書いた。

 バカも休み、休みに、言うものだ。俳優に復帰する者が黒山の聴衆の前でホップ、ステップ、ジャンプで政権を獲りに行く、というか?

 山本太郎は品川の決起集会でこう言った。

 この参院選挙は政権獲りの第一歩。「1年以内に衆院解散がある。3年後には参院選だ。山本太郎に力を貸してください」と訴えた。

 太郎は長期戦略で政権奪取を狙っている。

 週刊誌は何を書いても自由だと言っても、投票直前に泥水をひっかけるようなマネはするな!

 貧すれば鈍すというが 朝日も地に落ちた。

「仙台から何かが起こる」と予感した!



 みなさん、この写真を見たら杜の都「仙台から何かが起こる」と感じたのではないか。

 17日の仙台駅前。広場はおろか歩道まで人がはみ出した。

 それでも山本太郎の話を直に聞きたいと人が詰めかけた。歩道橋のデッキが聴衆で埋まった。

 人、人、人で鈴なりとなった仙台。

 「仙台から何かが起こる」―。私もそんな予感がしてきた。

仙台の写真集はここをクリック
https://www.chosyu-journal.jp/shakai/12304

こういうわけなのでみなさん、一つ!


私の投稿をみなさんに見ていただくのは有難いことだが、あなた方は仲間内だ。

私が見て欲しいのはあなたの家族や友達。どうしてか?

フェイスブックの外に発信し、広がらないと、山本太郎と「れいわ新選組」の支持、つまり票が広がらないからだ。

私の目的はただ一つ。「れいわ新選組」への得票だ。

こういうわけなので
みなさん、一つ、よろしくお願いいたします。

山本太郎が頼んでいます。

あなたの1票を3票、5票と横へ広げてください!

安倍晋三ならとっくにブチ切れているところ!



 山本太郎という男は本当に立派だと、改めてつくづく思った。人の話を聞かずに、自分の言いたいことを言う。

 そんな質問者にも、太郎は怒らず、丁寧に時間をかけて噛んで含めるように説明した。

 安倍晋三や麻生太郎なら「オイ、誰か早くアイツをつまみ出せ」と即座に命じるだろう。

 それを太郎は44歳の若さで・・・立派というほかない。ただただ、頭が下がる思いだ。やはり、並の器ではない。傑物だ。

***************************
質問者:
福島は、あの、東電事故があってね、悲惨な目に遭われた方いるの事実です。でもそれだけを取り上げるのが政治家ですか? 違うでしょ。ガスマスク背負わなくたって毎日生活できるんですよ、福島は。

放射能のホの字なんか、毎日気にして生きてないですよ。そりゃそうでしょ、それは何%ですか。

そうやって風評被害を煽ることが政治家の役目ですか? 違うでしょ。山本太郎さんのを見てると、結局、その東電の事故をネタに、福島県から票を取りましょうとすることしか見えないんですよ。

もう1つ、企業がどうしても頑張っても、600円しか払えないっていった時に、800円を国が補償してやるということですか。それとも、まるっきりもう1500円与えますよということなんでしょうか?

山本太郎:
おそらく、(さっきから私が説明している)お話を聞いていただけてなかったのかなという感じなんですけど、すいませんね。1500円の最低賃金っていう話ですね。

それに対して、前提がありますという説明を先ほどさせていただきました。

中小企業零細企業にとっての重荷である消費税を廃止にする。この時点で随分、中小零細にとっては大きな前進ですよね。

生き返ると思うんです、私。それだけじゃなくて税制改革をもって、法人税は、法人税を累進制導入すると。

となれば、当然、これまでの負担よりはずいぶん軽くなるはずなんですよ。違いますか。いや、違うんですよ、話を聞いてないのはそちらなんです。

1500円の最低賃金にするためには前提があるんだよ、今すぐに1,500円にするつったら今の最低賃金プラスそれを全部国が出すのか、そんなことやったら大変なことになるだろってご意見をされてる。

だからですよ。ちょっと待ってください、ちょっと待ってください。だからそういう話はしてないんですよ。

ちょっと待ってください。ごめんなさいね。話が進まないんで。消費税をやめることによってどれくらいの経済効果があるかってこと、イメージできますか。マイク通してくれますか。
**********************************

 こんな調子で1人の質問者とのやり取りが延々と続く。

 こういうことが起きるので街頭演説では、主な政策など自分の言いたいことだけ言って、政治家は引き上げるのだ。

 だが、山本太郎はどこへ行っても質問を受け付け、丁寧に応対する。

 時には政治と関係ない個人的な人生相談まで持ちかけられる。

 太郎は人間が出来ている。とてもマネは出来ない。

福島の街頭演説はここをクリック
https://v.reiwa-shinsengumi.com/activity/2010/

この選挙で傲慢不遜な与党の横暴を叩きのめそう!



けさ、こんな投稿があった。↓
 批判ではなく「総理、原発再稼働に賛成?反対?」という質問のプラカードを掲げた福島の女性から強引にプラカードを取り上げ、数人で羽交い絞めにして強制排除した自民党スタッフ。

 おまけにこの女性の仕事場まで調べ上げて会社宛てにプラカードを送りつけてくるという嫌がらせ。これが「アベ政治」だ。

*****************************

 札幌では15日に安倍の演説の際、道路を隔てて約20メートル離れた場所から「安倍やめろ、帰れ」「増税反対」と叫んだ市民を北海道警が排除した。

 警察権力が安倍政権にソンタクしたり、自民党関係者の横暴が目立つ。安倍一派は、わが物顔でのし歩いている。この「傲慢」をいつまで許すのか?

 この選挙で傲慢不遜な与党の横暴を叩きのめそう!

「不都合な真実」隠しても支持率下がらず、と傲慢政府!


 消費税増税や年金など社会保障制度の在り方が大きな焦点となっている。ところが、安倍政府はその現状や将来予測を示す実質賃金の伸び率や公的年金の「財政検証」を公表せずに選挙戦に突入した。 西日本新聞が報じた。

有権者は政策の是非を判断する「事実」を知らされぬまま1票を投じることになるため、識者からは政府の姿勢を問題視する声が上がっている。

 厚生労働省の毎月勤労統計で伸び率が異常に上振れして注目されたのが、上振れ要因を取り除き、実勢に近いとされる実質賃金伸び率だ。

 野党は2018年の伸び率を前年比マイナス0・3%と独自に試算し「公式値」(0・2%増)との隔たりを指摘して、今年の初めから厚労省に正式な試算を要求。ところが、同省が設置した有識者検討会が難色を示して公表しておらず、実質賃金が伸びているか否かはあやふやなままだ。

 実質賃金が下がっているのに、消費税引き上げで物価が上昇すれば、生活を直撃する。「まさに泣き面に蜂。アベノミクスの失敗という『不都合な真実』がばれるのが嫌だから出さない」。安倍政権の経済政策「アベノミクス」を検証した著書のある明石順平弁護士は、そう指摘する。

 「実質賃金の真実は、消費税増税の是非に直接関わる。正しい情報を出さないのは有権者にとって大きな不利益だ」と批判する。

 公的年金の健全性を5年に1度、チェックする厚労省の財政検証も、6月に公表される見通しだったが、参院選後に先送りされた。

 財政検証は将来の人口や経済状況など変化予測を踏まえ、おおむね100年間の年金給付を試算し、制度が維持できるかを調べる。結果次第で保険料や給付水準を見直すことになる。

 老後資金2千万円問題で不安が高まる中、有権者の関心が高いテーマ。少子高齢化で将来の給付水準の低下が見込まれるため、選挙への悪影響を避けた形だ。

 元総務相の片山善博は「判断材料を示さなければ、有権者が誤った判断をしかねない」と指摘。安倍政権が公文書改ざんなどによる「隠蔽体質」を批判されながら高支持率を維持する現状を踏まえ、「隠しても支持率は下がらなかった。やり過ごせると高をくくっている」と分析する。

 片山は、野党の追及力不足や相次ぐ不祥事に「有権者の鈍感さ」が増していることも背景にあるとした上で「権力側が情報公開しなければ、民主主義は成り立たない。今、民主主義が崩れる過程にある。それを正せるのは選挙しかない」と警鐘を鳴らす。(以上 西日本新聞)

ブログ「半歩前へ」の読者へお断り



見出しが違うが内容は同じだ。なぜか? との疑問に答えます。

すべて承知でやっています。

山本太郎と「れいわ新選組」を応援するためです。
1人でも多くの支援者を集めるために全力を挙げています。
社会への最後の「ご奉公」だと考えて山本太郎を支援しています。

山本太郎「れいわ新選組」を応援する会
バラマキSTOP国民資産を守る会
の2グループに発信するために見出しを変えています。

出前の先が別でも、見出し、内容が同じものだとフェイスブックにはハネられました。
そこで見出しをわざと変えたのです。

参院選挙が終わるまでご辛抱願います。

あの談四楼が「れいわ新選組」の応援にやってくる!



 山本太郎と「れいわ新選組」の応援にあの、立川談四楼がやってくる!

 談四楼と言えば落語界きっての教養人。

 19日午後5時から東京・新橋のJR新橋SL前広場で開く「れいわ祭2」と銘打った参院選挙必勝イベントにゲストとして参加。何を語るか楽しみだ。

 コメント一つにしても、談四楼の言葉は研ぎ澄まされている。例えばこんな塩梅だ。

◎れいわ新選組の盛り上がりは明らかに社会現象だ。君は人、人、人で埋まる品川駅港南口での街宣を見たか? 私は無念にも行けなかったがツイキャスで視聴し、候補者の個性あふれる演説に、拍手と声援で応える聴衆の姿に胸を熱くした。やはりこれは社会現象だ。さあ地上波テレビよ、これでも報じないか!

◎「安倍やめろ」と言った男性と「増税反対」と言った女性がその場から強制的に排除された。道警と安倍SPが連携してのことらしい。凄いな、衆人環視の中でやったんだ。安倍さんが「この選挙はもらった、勝った」と思ってる証拠だね。怖いことだ。ラストの街宣、秋葉原はどうなる。団体で叫んでも排除か!

◎山本太郎とたつみコータローのWタローの街宣は正に「夢の共演」だった。「自分が危ないのに応援してる場合じゃない」と太郎は笑わせつつ、熱くコータローの後押しをした。私はいつそれを言うかと待ち構えたが、太郎はついに「比例は山本太郎に」と言わなかった。言いたかったろうに。グッときたなあ。

◎米ウォールストリート・ジャーナル紙が消費税増税に予言をしてた。「安倍晋三首相は増税によって、景気を悪化させようと決心しているように見える」と。そして安倍氏にとって「増税は自傷行為になろう」とも。自殺でなく自傷としたのは同紙の品格のあるところで、凄まじい不況に直面するわけだからね。

◎れいわの山本太郎代表が「横へのつながり」を呼びかけている。与党が危険視するほどの人気沸騰ぶりではあるが、それはSNSと街宣においてでマスコミが大々的に報じたわけではなく、現実には山本太郎もれいわも知らぬ人は多いのだ。与党は支持層の狙い撃ちで、何としても横に広げて投票率を上げようや。

「れいわ新選組」の応援にあの談四楼がやってくる!



 山本太郎と「れいわ新選組」の応援にあの、立川談四楼がやってくる!談四楼と言えば落語界きっての教養人。

 19日午後5時から東京・新橋のJR新橋SL前広場で開く「れいわ祭2」と銘打った参院選挙必勝イベントにゲストとして参加。何を語るか楽しみだ。

 コメント一つにしても、談四楼の言葉は研ぎ澄まされている。例えばこんな塩梅だ。

◎れいわ新選組の盛り上がりは明らかに社会現象だ。君は人、人、人で埋まる品川駅港南口での街宣を見たか? 私は無念にも行けなかったがツイキャスで視聴し、候補者の個性あふれる演説に、拍手と声援で応える聴衆の姿に胸を熱くした。やはりこれは社会現象だ。さあ地上波テレビよ、これでも報じないか!

◎「安倍やめろ」と言った男性と「増税反対」と言った女性がその場から強制的に排除された。道警と安倍SPが連携してのことらしい。凄いな、衆人環視の中でやったんだ。安倍さんが「この選挙はもらった、勝った」と思ってる証拠だね。怖いことだ。ラストの街宣、秋葉原はどうなる。団体で叫んでも排除か!

◎山本太郎とたつみコータローのWタローの街宣は正に「夢の共演」だった。「自分が危ないのに応援してる場合じゃない」と太郎は笑わせつつ、熱くコータローの後押しをした。私はいつそれを言うかと待ち構えたが、太郎はついに「比例は山本太郎に」と言わなかった。言いたかったろうに。グッときたなあ。

◎米ウォールストリート・ジャーナル紙が消費税増税に予言をしてた。「安倍晋三首相は増税によって、景気を悪化させようと決心しているように見える」と。そして安倍氏にとって「増税は自傷行為になろう」とも。自殺でなく自傷としたのは同紙の品格のあるところで、凄まじい不況に直面するわけだからね。

◎れいわの山本太郎代表が「横へのつながり」を呼びかけている。与党が危険視するほどの人気沸騰ぶりではあるが、それはSNSと街宣においてでマスコミが大々的に報じたわけではなく、現実には山本太郎もれいわも知らぬ人は多いのだ。与党は支持層の狙い撃ちで、何としても横に広げて投票率を上げようや。

油断禁物! 創価学会は最後の3日間で追い上げる!

「哭きカラス」さんがまたまた、有意義な情報を提供してくれた。これだ。

*************************************

 先ほど、友人で東京の創価学会員の幹部と話していた。

 この友人も、野原よしまさ候補同様、学会と公明党の暴走に憤懣やるせない思いで、様々な事情で席だけ置き距離を置いている会員だ。

  曰く「決して油断してはならない。公明党支持母体の創価学会は、最後の3日間で追い上げる。

 会員には投票依頼した友人(通称F《フレンド》)を期日前投票へ同伴依頼させている。

 高齢者は車で送迎までする。町内単位のリーダーは毎日、会合で会員に提出させた『友人台帳』をチェック。

 報告と擦り合わせ、地域内会員の集票報告をさせられて更なる得票の積み上げ数を強いられ、叱咤もされるから」と吐き捨てる様に繰り返し『油断大敵だ!』と警鐘をならしてくれた。

 比例区の山本太郎 代表 ともに東京選挙区の野原よしまさ候補は特に、油断大敵である。

 更に更に、家族や家族の友人にも投票依頼と共に、可能なら集票まで依頼しよう。

 せめて紹介して貰い『玉突き集票』まですれば盤石な集票行動になる。

 実は、創価学会はコノ集票行動で、かつて奇跡的な1000万超えを実現させた!と上記の友人は語り

 「1000万票は夢じゃない!私も隠密で支援している。山本太郎率いる『れいわ新選組』なら実現可能な1000万票を目指して頑張って欲しい!」とエールもくれた。

 ゴールは目の前に迫った! 今一度、友人・知人の名前を書いてみよう。

 依頼したか?チェックしてみよう。

★メールで投票依頼は選挙違反!をお忘れなく!

聴衆が熱狂!これは単なる選挙演説ではない!世直しの運動だ!

これは単なる選挙演説ではない!世直しの運動だ!

山本太郎が17日に仙台で行った街頭演説の「2019/7/17 19:45 仙台駅前
山本太郎 街頭演説」の「21秒の動画」を観てほしい。
ここをクリック
http://www.asyura2.com/19/senkyo263/msg/357.html

スゴい事になっている。

人、人、さらに人、人、人、人だ。

この群衆、一体どこから集まったんだろう。杜の都、仙台が地響きを立てているかのような光景。圧巻という言葉がぴったりだ。

これは単なる選挙演説ではない。世直しの運動だ。山本太郎の出現によって今、日本が大きく変わろうとしている。時代の節目だ。

*******************************
これは仙台演説の感想だ。 (原文のまま)
▼ツイッターでは 発信数では 山本太郎 れいわ 比例候補たちの動画
が氾濫している。

ユーチューブでは芋づる式に、いつでも、どこでも 太郎が浮いている。
世論調査は今時、はやらない新聞・TVの、安倍政権への忖度営業ネタでしかない。

新聞TVは 吉本芸人のバカ話に明け暮れいいところでCMを挟み アキ、アキ、イライラしてしまう。

NHKBSの旅番組&歴史&精神以外は汚染麻薬でしかない。

▼仙台 2019/7/17は凄かった。
石垣のり子さん、破壊力抜群、ジャンヌダルクです。
太郎さんと意気投合。

本日は、おしどりマコ サンと合体
原発の闇を暴く
浮動票1000万はいけるかも。
土曜日 地元に来る たっぷり衆院選向けのカンパしてきます。

▼半端ないな。何かが決壊したみたいだ。
動員なしで、こんな風景見たことない。

▼山本太郎さんの演説、熱かった。涙が出そうになった。仙台駅前には大変な人垣が。これだけの波を報道しないメディアって何?#山本太郎#れいわ#れいわ新選組#石垣のりこ#参院選

▼選挙演説で、これだけの人を集められる候補者!
政治家が他に、いるのでしょうか?#れいわ新選組 #山本太郎 #奨学金徳政令

▼今夜の仙台駅 西口「山本太郎 れいわ新選組」with「石垣のりこ 立憲民主党 宮城選挙区」街頭演説は凄い人、人でした。

ボランティアをさせて頂きながら聴衆の声援と拍手に票に繋がります様に🙏長蛇の列記念撮影に丁寧に対応している太郎さん凄い!皆さまお疲れ様でした。

▼本日(7/17)仙台駅前で行われたれた全国比例候補『れいわ新撰組・山本太郎さん』の街頭演説を聴きに行った。

後半に宮城選挙区野党統一候補『立憲民主党・石垣のりこさん』も合流。大勢の聴衆が耳を傾け、市民目線に立つお二人の演説は本当に説得力があり、かつ力強く圧倒された。

▼「あきらめるな、1票で政治は変えられる」 この考えが有権者に浸透し、寝た子を起こされたら、マズイ。

選挙区との相乗効果で、野党統一候補に票を奪われたら、たまらない。

れいわ旋風の大きなうねりを警戒しての黙殺なら、それこそ、政権もメディアも庶民の怒りをバカにしている。

▼山本太郎の演説に詰めかける群衆。これがニュースでない訳がない。これを報じないマスコミ。選挙報道の公平性とは何なんだろう。

政権党の嘘は、四六時中流されているのに。

マジかよ! 消費税10%で年間約1カ月分の所得が消える!

 なるほど言われてみるとその通り。消費税10%で年間約1カ月分の所得が消える!と山本太郎が警告した。

 これでは財布が軽くなる一方だ。

 これで景気が良くなった? どの面下げてそんなバカなことを言うのか? 安倍晋三はアホウではないか?

 以下は太郎の街頭演説の一部だ。

************************************

では、山本太郎が立ち上げたれいわ新選組、先々政権を取ったら何をするか。緊急政策、いくつかを挙げさせていただきます。

消費税は、廃止。「消費税廃止?そんなの無理だよ」。あなたは、そう考えましたか。実際に消費税を廃止した国、ありますよ。マレーシアです。

マレーシアは、法人税の次に税収の多かった消費税を廃止。高級なサービスなどを利用する時にかかる、金持ち向けの税制を復活させました。

なぜ、マレーシアでできたことが日本にできないって言うんでしょうか? 

マレーシアでは、人々がそれを本気で求めた。

そして、政治を動かした。だから、実現したのです。

皆さんは、消費税を1年間でどのくらい払っているか、知ってますか?

2014年総務省の調査をもとに試算で、

消費税が10%になった場合、年間で約1カ月分の所得が消える。

つまり、消費税を廃止にした場合、1カ月分の給料をあなたにお返しするイメージです。

「消費税なくしたら社会保障どうすんだよ」―。騙されないでください。消費税を増税した分はすべて、社会保障の充実と安定化に使うと、政府が約束した。

2014年4月から5%から8%に消費税は増税。答え合わせをします。3%の税収で8兆円程度になるが、そのうち社会保障の充実に使われたのは、たった16%のみ。

一方、現政権は7年間で社会保障を4兆円以上削った。じゃあ、消費税は何のためにあるんでしょうか?

消費税収の実に約73%が法人税収の減少分に割り当てられていた計算が成り立ちます。

金持ちに優しい、大企業に手厚い、でも、あなたのことは考えない。今の政治です。

消費税増税と強制的な物価の引き上げ。

そうです。消費税増税は強制的な物価の引き上げ。でも、あなたの賃金は上がっていない。実質賃金は下がるばかり。生活が苦しいのは当たり前。

消費に関わる全てを冷え込ませるのが、消費税。これがある限り本当の好景気は、あなたのもとにはやってこない。

ここで心配になるのが、じゃあ、消費税を止めて、その20兆円分をどうするんですかって話。

答えはシンプル。消費税を導入する前に戻す。所得税の最高税率を上げる。刻みを増やす。要は累進性の強化。他にも法人税の累進制の導入。

要は、儲かっていれば税率が高め、儲かっていない時は税率が低くなる。景気を加熱させすぎず、景気が低迷しても腰折れを防ぐ。

景気安定装置としての、税制を進めます。これにより、中小零細企業の負担は減ります。他にも、分離課税を止める。大企業優遇を止めるなど、全てで29兆円の財源が確保される。

消費税をやめてもお釣りが出ます。

消費税を廃止すれば、物価は初年度5%下がる。本物の好景気がやってくるので、企業も内部留保を投資に回し出す。

今年初めの参議院、代表質問で私は日本以外でデフレが20年以上続いた国があるかと安倍総理に聞いたところ、「わが国の他にはありません」とのお答え。

当たり前です。
戦争・紛争などをやっていない国々の中で、成長していないのは日本だけ。

どの国も穏やかなインフレ。日本は20年間デフレという、瀕死の状態です。

現在の日本、
子どもの貧困、約7人に1人。
高齢者の貧困、5人に1人。
一人暮らしの女性貧困、3人に1人。

このままでは、この国に生きる人々は持ちません。一方で、国は責任を果たす気は全くありません。

山本太郎は大胆に生活を底上げし、デフレからの脱却を実行いたします。先ほど提案した税制改革以外にも、財源が必要な場合には、デフレ期であれば躊躇することなく新規国債を発行します。

財政規律?財政再建?それは景気が良くなってからの議論です。今それをやれば、政府の財政カットと増税を進めることになる。間違いなく、デフレ不況は悪化。人が死にます。

このままでは野垂れ死です、と山本太郎が言った!


 安倍晋三の「痛みを伴う改革」は小泉純一郎からの受け売り。

「その後に残ったのは、痛みだけでした」と山本太郎。

 以下は山本太郎の街頭演説の一部である。お聞き願いたい。5回目は「」

 原稿も、メモも見ないで太郎はスラスラとデータを挙げた。努力の跡がしのばれる。大した男だ。

*******************************

20年以上に及ぶデフレ。奪われたのは、あなたの生活と人生。

厚労省・国民生活基礎調査の最新版。生活が苦しいと感じている人、57.7%、母子家庭80.7%、平均の所得を下回る世帯数、過去最高62.4%。

日本銀行の調査。ひとり暮らしの貯蓄ゼロ世帯、20代で61%。30代で40%、40代で43%にのぼる。

ここからわかることは、二つ。一人生きるだけで精一杯では、家族など持てない。少子化が加速するのは当たり前。

そしてもう一つ、貯蓄ゼロの若年から中年たちもやがて高齢化します。その時、国は人々を救うのか。救いません。このままでは、野垂れ死です。

あなたの生活が苦しいこと、あなたのせいにされてませんか?

これまでの政治による間違った経済政策と、構造上の問題です。

みなさん、台風が近づているそうです。投票は早めに!

みなさん、台風が近づているそうです。

21日の投票日は、天気が悪そうですから、投票は期日前がいいのではないですか。

私はとっくに投票してきました。

「れいわ新選組」東京選挙区は「野原ヨシマサ 」
        そして比例区「山本太郎」

*********************************

 大型の台風5号は18日、沖縄県の先島諸島を直撃した後、東シナ海を北上した。今後、参院選投開票日の21日にかけて九州北部や中国に近づく見通し。台風が伴う雨雲のほか、梅雨前線に台風周辺などから暖かく湿った空気が流れ込む影響で、西日本や東海、北陸を中心に大雨の恐れがある。 (以上 共同通信)

安倍政権へのソンタク記事と勘繰られても抗弁できない!


「安倍晋三首相は9月前半に内閣改造・自民党役員人事を行う方針を固めた」と、毎日新聞が報じた。

 参院選挙の投開票日を目前にしたこの時期に、「内閣改造」のニュースがなぜ出るのか?

 勘のいい人は、とっくにお分かりだ。自民党の選挙体制の引き締めを狙ったものである。

 マスコミ情報で与党有利が伝えられており、ともすれば陣営が緩みがちになる。そこを引き締めるために「改造話」をぶち上げたとみていい。

 自民党内には大臣待望組が列をなしている。そうした連中に「選挙で結果(得票数)を出せば、大臣の椅子も夢ではない」とニンジンをぶら下げたのである。

 安倍の周辺がわざとこんな情報を流しても、記者がスルーすればいい。それを、「9月の話」をなぜ、この時期に報道する必要があるのか?

 連立の相手を公明党から維新に乗り換えるというなら緊急性がある。報道する価値がある。

 だが、改造は政権にとっては「年中行事」である。選挙のさなかに、あえて報道する必然性はどこにもない。

 この毎日の記事は安倍政権へのソンタクと勘繰られても抗弁できない。お粗末の極みである。

日本のメディアはただの「政府広報」になり果てた!



 集団自衛権の行使などを盛り込んだ戦争法(安保関連法案)に反対する活動を主導した無党派の学生たちの団体「SEALDs(シールズ)」が国民運動を展開した2015年当時、逐一報道したのは日刊ゲンダイと東京新聞の2紙だけだった。

 抗議行動が大阪や札幌、福岡へと拡散し始めて、やっと毎日新聞が取り上げるようになった。それから相当時間を置いて朝日が後を追った。

 若者たちを市民が支持し、多くの学者が応援し、弁護士が助ッとを買って出た。こうして運動は社会現象となった。

 そうしたSEALDsの運動を、NHK、読売、産経などのグループは一切無視し続けた。報道機関としての役目を放棄したのである。

 あれから4年が経過した2019年4月、山本太郎は「れいわ新選組」を旗揚げした。「あなたは生きているだけで価値がある」との訴えは大衆の共感を呼び、わずかの間に3億円に寄付金が集まった。

 太郎がマイクを握る街頭演説は自民党のように動員をかけなくても、どこも黒山の人だかりができた。

 ついには政権党の自民党や創価学会・公明党が恐れるほどの存在となった。

 人気の高まりの合わせるかのように、山本太郎や東京選挙区から立候補している野原ヨシマサ の選挙ポスターが破られたり、剥がされたり、ペンキで塗り固められるなどの激しい妨害にあっている。 

 「れいわ新選組」では人手が足りないので警察への通報もできない状態だ。もし、見つけたら、みなさんが通報してほしい。誰がやったか?想像は付く。

 今や山本太郎と「れいわ新選組」は参院選挙の“台風の目”となった。ネットの注目率は安倍晋三の数百倍だ。これほど全国の関心を集めているにもかかわらず、NHKや民放、東京新聞を含む在京紙は今だに「完全無視」を決め込んでいる。

 報道は限りなくゼロに近い。例えばNHK。放送枠がないのではない。芸能プロの事務所経営者が死んだと大騒ぎ。ここぞとばかり大々的に放送しまくっている。NHKはすべてわかっていてやっている。だからなおのこと始末が悪い。

ハッキリ言おう。山本太郎は本音でものをいう。安倍政権を真正面から批判する。こんな「本当のことを言う男」は、新聞やテレビに出せない、というのが彼らの考えだ。

 第2次安倍政権になって日本のメディアは骨抜きになった。言論機関が自ら言論にフタをした。セミの抜け殻になった。ただの「政府広報」になり果てた。

変更!19日の「れいわ祭2」は新橋駅前に!




19日に東京・品川で行う予定だった「れいわ祭2」の場所が下記の通り変更となった。

広く拡散してみなさんに知らせてあげてください。

山本太郎と「れいわ新選組」

7月19日(金) 
17:00-20:00 東京・新橋駅SL広場「れいわ祭2」

【れいわ祭2情報】

ゲスト・スーピーカー:

作家で映画監督
森達也

落語界にこの人ありという教養人・噺家
立川談四楼

アーティスト:
イマジン盆踊り部・ふわだいすけと仲間たち❤️

驚き! 消費税10%で年間約1カ月分の所得が消える!

 山本太郎という男は何で、こんなに鋭いのだろう?

 街頭演説のどこを切り取っても現状の問題をとらえている。

 6回目は「驚き! 消費税10%で年間約1カ月分の所得が消える!」である。

**************************************

 では、山本太郎が立ち上げたれいわ新選組、先々政権を取ったら何をするか。緊急政策、いくつかを挙げさせていただきます。

 消費税は、廃止。「消費税廃止?そんなの無理だよ」。あなたは、そう考えましたか。実際に消費税を廃止した国、ありますよ。マレーシアです。

 マレーシアは、法人税の次に税収の多かった消費税を廃止。高級なサービスなどを利用する時にかかる、金持ち向けの税制を復活させました。

 なぜ、マレーシアでできたことが日本にできないって言うんでしょうか? 

 マレーシアでは、人々がそれを本気で求めた。

 そして、政治を動かした。だから、実現したのです。

 皆さんは、消費税を1年間でどのくらい払っているか、知ってますか?

 2014年総務省の調査をもとに試算で、

 消費税が10%になった場合、年間で約1カ月分の所得が消える。

 つまり、消費税を廃止にした場合、1カ月分の給料をあなたにお返しするイメージです。

 「消費税なくしたら社会保障どうすんだよ」―。騙されないでください。消費税を増税した分はすべて、社会保障の充実と安定化に使うと、政府が約束した。

 2014年4月から5%から8%に消費税は増税。答え合わせをします。3%の税収で8兆円程度になるが、そのうち社会保障の充実に使われたのは、たった16%のみ。

 一方、現政権は7年間で社会保障を4兆円以上削った。じゃあ、消費税は何のためにあるんでしょうか?

 消費税収の実に約73%が法人税収の減少分に割り当てられていた計算が成り立ちます。

 金持ちに優しい、大企業に手厚い、でも、あなたのことは考えない。今の政治です。

 消費税増税と強制的な物価の引き上げ。

 そうです。消費税増税は強制的な物価の引き上げ。でも、あなたの賃金は上がっていない。実質賃金は下がるばかり。生活が苦しいのは当たり前。

 消費に関わる全てを冷え込ませるのが、消費税。これがある限り本当の好景気は、あなたのもとにはやってこない。

 ここで心配になるのが、じゃあ、消費税を止めて、その20兆円分をどうするんですかって話。

 答えはシンプル。消費税を導入する前に戻す。所得税の最高税率を上げる。刻みを増やす。要は累進性の強化。他にも法人税の累進制の導入。

 要は、儲かっていれば税率が高め、儲かっていない時は税率が低くなる。景気を加熱させすぎず、景気が低迷しても腰折れを防ぐ。

 景気安定装置としての、税制を進めます。これにより、中小零細企業の負担は減ります。他にも、分離課税を止める。大企業優遇を止めるなど、全てで29兆円の財源が確保される。

 消費税をやめてもお釣りが出ます。

 消費税を廃止すれば、物価は初年度5%下がる。本物の好景気がやってくるので、企業も内部留保を投資に回し出す。

 今年初めの参議院、代表質問で私は日本以外でデフレが20年以上続いた国があるかと安倍総理に聞いたところ、「わが国の他にはありません」とのお答え。

当たり前です。
 戦争・紛争などをやっていない国々の中で、成長していないのは日本だけ。

 どの国も穏やかなインフレ。日本は20年間デフレという、瀕死の状態です。

現在の日本、
子どもの貧困、約7人に1人。
高齢者の貧困、5人に1人。
一人暮らしの女性貧困、3人に1人。

 このままでは、この国に生きる人々は持ちません。一方で、国は責任を果たす気は全くありません。

 山本太郎は大胆に生活を底上げし、デフレからの脱却を実行いたします。先ほど提案した税制改革以外にも、財源が必要な場合には、デフレ期であれば躊躇することなく新規国債を発行します。

 財政規律?財政再建?それは景気が良くなってからの議論です。今それをやれば、政府の財政カットと増税を進めることになる。間違いなく、デフレ不況は悪化。人が死にます。

生活が苦しいこと、あなたのせいにされてませんか?

 小泉純一郎のマネをして安倍晋三がよく口にするセリフがある。

「痛みを伴う改革」。

「その後に残ったのは、痛みだけでした」と山本太郎。

 これは山本太郎の街頭演説の一部である。お聞き願いたい。

 原稿も、メモも見ないで太郎はスラスラデータを挙げた。努力の跡がしのばれる。大した男だ。

*******************************

20年以上に及ぶデフレ。奪われたのは、あなたの生活と人生。

厚労省・国民生活基礎調査の最新版。生活が苦しいと感じている人、57.7%、母子家庭80.7%、平均の所得を下回る世帯数、過去最高62.4%。

日本銀行の調査。ひとり暮らしの貯蓄ゼロ世帯、20代で61%。30代で40%、40代で43%にのぼる。

ここからわかることは、二つ。一人生きるだけで精一杯では、家族など持てない。少子化が加速するのは当たり前。

そしてもう一つ、貯蓄ゼロの若年から中年たちもやがて高齢化します。その時、国は人々を救うのか。救いません。このままでは、野垂れ死です。

あなたの生活が苦しいこと、あなたのせいにされてませんか?

これまでの政治による間違った経済政策と、構造上の問題です。

この時期に「内閣改造」のニュースが流れた裏事情!



「安倍晋三首相は9月前半に内閣改造・自民党役員人事を行う方針を固めた」と、毎日新聞が報じた。

 参院選挙の投開票日を目前にしたこの時期に、「内閣改造」のニュースがなぜ出るのか?

 勘のいい人は、とっくにお分かりだ。自民党の選挙体制の引き締めを狙ったものである。

 マスコミ情報で与党有利が伝えられており、ともすれば陣営が緩みがちになる。そこを引き締めるために「改造話」をぶち上げたとみていい。

 自民党内には大臣待望組が列をなしている。そうした連中に「選挙で結果(得票数)を出せば、大臣の椅子も夢ではない」とニンジンをぶら下げたのである。

 安倍の周辺がわざとこんな情報を流しても、記者がスルーすればいい。それを、「9月の話」をなぜ、この時期に報道する必要があるのか?

 連立の相手を公明党から維新に乗り換えるというなら緊急性がある。報道する価値がある。

 だが、改造は政権にとっては「年中行事」である。選挙のさなかに、あえて報道する必然性はどこにもない。

 この毎日の記事は安倍政権へのソンタクと勘繰られても抗弁できない。お粗末の極みである。

緊急のお知らせ! 19日の「れいわ祭2」は新橋駅前に変更!

19日に東京・品川で行う予定だった「れいわ祭2」の場所が下記の通り変更となった。

広く拡散してみなさんに知らせてあげてください。

山本太郎と「れいわ新選組」

7月19日(金) 
17:00-20:00 東京・新橋駅SL広場「れいわ祭2」

【れいわ祭2情報】

ゲスト・スーピーカー:

作家で映画監督
森達也

落語界にこの人ありという教養人・噺家
立川談四楼

アーティスト:
イマジン盆踊り部・ふわだいすけと仲間たち❤️

だれに投票しようかな、と決め兼ねている人にお得情報!

谷 修二さんからのメッセージです。


谷 修二 こんにちは。
突然のLINEでのお願い、お許しください。

7月21日(日)は参議院議員選挙です。
誰に・どの党に投票するかは、もうお決まりでしょうか。
もしまだでしたら、

一度「れいわ新選組」の全国比例候補、
【山本太郎】をチェックしてもらえたら幸いです。

消費税廃止・貧困と格差の解消を中心に、
今、日本に必要な緊急政策を訴えています。
https://v.reiwa-shinsengumi.com/policy/

お時間ある時にこの2分ほどの演説動画を見ていただけたら嬉しいです。
https://youtu.be/bU8eddh6qAY

よろしくお願いします!

ただの「政府広報」になり果てた日本のメディア!


 集団自衛権の行使などを盛り込んだ戦争法(安保関連法案)に反対する活動を主導した無党派の学生たちの団体「SEALDs(シールズ)」が国民運動を展開した2015年当時、逐一報道したのは日刊ゲンダイと東京新聞の2紙だけだった。

 抗議行動が大阪や札幌、福岡へと拡散し始めて、やっと毎日新聞が取り上げるようになった。それから相当時間を置いて朝日が後を追った。

 若者たちを市民が支持し、多くの学者が応援し、弁護士が助ッとを買って出た。こうして運動は社会現象となった。

 そうしたSEALDsの運動を、NHK、読売、産経などのグループは一切無視し続けた。報道機関としての役目を放棄したのである。

 あれから4年が経過した2019年4月、山本太郎は「れいわ新選組」を旗揚げした。「あなたは生きているだけで価値がある」との訴えは大衆の共感を呼び、わずかの間に3億円に寄付金が集まった。

 太郎がマイクを握る街頭演説は自民党のように動員をかけなくても、どこも黒山の人だかりができた。

 ついには政権党の自民党や創価学会・公明党が恐れるほどの存在となった。

 人気の高まりの合わせるかのように、山本太郎や東京選挙区から立候補している野原ヨシマサ の選挙ポスターが破られたり、剥がされたり、ペンキで塗り固められるなどの激しい妨害にあっている。 

 「れいわ新選組」では人手が足りないので警察への通報もできない状態だ。もし、見つけたら、みなさんが通報してほしい。誰がやったか?想像は付く。

 今や山本太郎と「れいわ新選組」は参院選挙の“台風の目”となった。ネットの注目率は安倍晋三の数百倍だ。これほど全国の関心を集めているにもかかわらず、NHKや民放、東京新聞を含む在京紙は今だに「完全無視」を決め込んでいる。

 報道は限りなくゼロに近い。例えばNHK。放送枠がないのではない。芸能プロの事務所経営者が死んだと大騒ぎ。ここぞとばかり大々的に放送しまくっている。NHKはすべてわかっていてやっている。だからなおのこと始末が悪い。

ハッキリ言おう。山本太郎は本音でものをいう。安倍政権を真正面から批判する。こんな「本当のことを言う男」は、新聞やテレビに出せない、というのが彼らの考えだ。

 第2次安倍政権になって日本のメディアは骨抜きになった。言論機関が自ら言論にフタをした。セミの抜け殻になった。ただの「政府広報」になり果てた。

政治への関心「入り口はこれでいいと思う」と山本太郎!


 現在の政治家の中で、演説のうまさでは山本太郎がナンバー1だと私は思う。彼の言葉は人の心を揺さぶる。政治家にとって「言葉は命」だ。

 太郎の対極にいるのが安倍晋三であり、麻生太郎だ。彼らの言葉は空疎だ。第一、何を言っているのか日本語の解読が不可能である。

 山本太郎の街頭演説からの抜粋。4回目は「政治への関心 入り口はこれでいいと思うと山本太郎!」

*****************************************

政権取りたいって山本君、今回の参議院選挙で君のグループ10人しか人出してないよね。そうなんですよ、10人しか出せてないんです。その10人が全員受かったとしても、政権を取るっていうとこまではいきません。

1回の選挙でそんなことはできません。けれども、1年以内には衆議院選挙があると言われてる。そして3年後には、参院選がある。

今回の選挙で私たちのグループ「れいわ新選組」から数多く当選させていただき、国会の中で徹底的に抗う。空気読まない。永田町の論理は無視。

すべての判断基準は「この国に生きる人々のプラスになるかどうか」、それで私は1年間一生懸命仕事をしていけば、次の衆議院選挙では人数増やせると思ってんです。

それだけじゃない、自民党の議員の中にも本当は、今トップが考えてることは自分には受け入れられない部分があるって人たちもいるんですよ。

例えばTPP。絶対反対で選挙に挑んだ自民党。政権取ったら何しました? 

大推進ですよ。アメリカがいなきゃならないっていうことを散々言っておきながら、アメリカが離れてもまだTPP。

その後にアメリカとの二国間協議、TPPそしてそれプラス、アメリカからも直接食われるようなことを許し続けてるんですよ。

この事に関しても本当は心の中では「間違ってる」って思ってる自民党議員もいます。けれども、間違ってるとは言えない。何故か? 選挙です。

選挙の時に自分の党から「公認」をもらえなければ、自分のキャリア終わっちゃうんですよ。気持ちは分かるが、「それないんじゃないか」って話なんです。

「ならぬものはならぬ」と言ってくれなきゃ困るじゃないかってことですよ。
(拍手)
行動を起こしてくれなきゃ困るってことじゃないですか。
(拍手) 

今、あなたの置かれた立場は、次の自分の仕事をどうするかっていう就活の問題じゃないんですよ。

今、あなたが異を唱えないことによって、この先、その協定や法律、成立してしまった後に、この国に生きる人々が、運用の部分で首を締められる可能性があるものに対して、次の自分の「公認」がもらえないからと押し黙ってもらっちゃ困るんですよ。
(拍手)

私はここに対しても、可能性があると考えてます。つまり何なのか? 

今回の選挙で、私たちの「れいわ新選組」が皆さんのお力を借りて議席数が増える。それは大きなメッセージを永田町に伝えることになります。 何か? 

組織票に頼らなくても、ひとりひとりの市民が力を合わせて横に繋がり議員を通そうとするプラットフォーム、それができたんだっていう話になるんですよ。
(拍手)

そういうものができたとしたらどうなるか? 

自分の気持ちを殺し、間違っていることにも、賛成したりしなきゃならない。一番自分が、最初に政治家を志した時の気持ちを裏切りながらも、毎日を生きなきゃならない。だってそうしなきゃ、勝てないんだからってことですね。

でもそういうところと決別したとしても、この国に生きる人々が、力を合わせて受からしてくれるようなプラットフォームがあるということになれば、こっちでやってみようかな、自分の心に正直に、一生懸命皆さんのために汗かいてみたいなって思う人も、私は流れてくると思ってます。

ものすごく重要な話です。これは。
このプラットフォーム、山本太郎を率いる「れいわ新選組」で、最初の結果が「その後どうなるか」を占う、そのような話になってます。

ぜひ力を貸していただきたい。

国会を皆の注目を集めるような場所にしましょ。

じゃなきゃ、世の中なんて変えられないんだから。緊張感がなさすぎる国会、それをわざわざ付き合う人いませんよ。

ただでさえ忙しい。今月乗り切ったっていうギリギリのところで生きてる中で、政治にまで目を配れなんて、はっきり言って、無理だと思います。

そこに対して政治が面白くなってくれば、これはコンテンツとして、エンターテイメントとしても楽しむ人が出てくる。

私は入り口はこれでいいと思ってます。「多くの人々が政治を監視する」きっかけ、その入り口を作りたいんですよ。力貸してくれませんか? 国会を面白くしよう。政治を面白くしよう。
(拍手)

空気読まないですからね。いや、本当は空気読めるんですよ。空気は読めるが、「読まないことにする」っていう話ですからね。

空気を読まない10人組が、国会の中に入った時の事を想像してみてほしい。ややこしいですよ。

そんなややこしい10人が国会の中で徹底的にやるということをやれば、他の野党は「何してんですか」って話になりませんか? 

国会の中が自然とガチンコで喧嘩する場になるって事ですよ。体張ってでも止める。緊張感が溢れる。

そうすれば与党側だって、次々に法案を出して、段取り通りに進めていくなんてことが不可能になる。

こういう緊張感あふれる国会を作るまず第一歩。

今回の参議院で、山本太郎率いる「れいわ新選組」にどうかお力を貸してください。

そしてその先、衆議院1年以内。そして、3年後、参議院選挙。そこでも大きく拡大をしていく。

一緒にやっていきませんか? 一緒につくっていきませんか? 一緒にやりたい。皆んなで作っていくもんでしょう、世の中って。
(拍手)
ありがとうございます。一緒にやって行きたい。

この国をこわす諸悪の根源は経団連と山本太郎!

 山本太郎の街頭演説からの抜粋。第2回目は「この国をこわす諸悪の根源は経団連と山本太郎!」

 言葉の端々から太郎の「怒り」「思い」が伝わってくる。

********************************

どんどん壊されていきますよ。今でさえ、今でさえ、人間を踏みつけるような働き方さしてるじゃないですか? これって誰のためですか? それを求めてんの誰? 

諸悪の根源は経団連だと思いますよ。

入管法を一番求めていたのも経団連。そして派遣法を求めていたのも経団連。

最初に小さな穴を開けて、「特別な仕事だけですよ、特殊な仕事だけですよ」と言いながら、小泉・竹中の時代に製造業まで開いた。

その後も、派遣労働者がどんどん首が締まるような働き方で解約されていく。誰が得すんの? 

非正規労働者がこの国の働く人々の4割に達している。

半年後にクビにされても、文句言えない。いつまで続けられるかわからない。そんな働き方、4割ですか? それで得するのは誰? それで首締まるの誰? それ決めたの誰? 政治ですよ。

この国に生きる人たちの首が締まる。一体どうして、そんな政治を行うの? 

現在の政治握っているのは自民党。その自民党に対して組織票、企業献金、そういったもので後押しし続けているのが経団連ですよ。

彼らは賢い。政治をコントロールすれば、「より自分たちが儲けられる」ってことを知っている。だから、選挙に一生懸命になる。

自分たちの代表者が、国会の中に多数入る。法律を変えられる。法律を作る。それによって皆んなの首を絞めてきたんですよ。

じゃあ、自民党に集まってる票ってどれくらいなの? 全有権者の数でみたら3割程度。3割の有権者の支持を集めれば、何だってできるんですよ。

他にも、大企業にとってコストとしてもうひとつあるのが税金ですよ。

1990年には法人税50%近かったものが、今やもう20%に突入している。

自分たちにより儲かるように、自分たちが利益をもっと増やすためには何をしたらいいか、政治をコントロールすればいいという、基本中の基本を彼らは愚直にやり続け、この国をコントロールし続け、ひとりひとりの首が締まっても致し方ないという考え方。これで、この国持ちますか? 

あなたの力を貸して欲しいんですよ。

このコントロール権を大企業側から取り戻しましょうよ。

そんなことできないと思う? 自分が一票投じたところで、そんなこと無理だと思う? 

あなたには力があるのに、それをもう忘れてしまってる。

これまで生きてきた人生の中で自分は力がある。力を合わせれば、皆んなでやれるんだってことさえも、もう頭の中からは消えてしまってる。

当たり前です。あなたには価値があるのかないのかって、常にマウンティングされるような社会の中で、自分自身が、自信をもって生きるなんて難しいことですよね。

だけど、あなたには力がある。あなたがいなきゃ始まんない。皆んなで力を合わせて、コントロール権、取り戻したいんですよ。力貸してくれませんか?

あなたのどこに好景気が来てんですか? 山本太郎!

 山本太郎の街頭演説はどこをとっても問題点を的確に指摘。「その通り」とうなずく内容である。

 そこでボランティアの方が夜を徹して全文「字起こし」してくれた中から、要約し、見出しをつけて掲載する。

 1回目は「あなたのどこに好景気が来てんですか?」

**************************************

2012年、第二次安倍政権始まって変わりましたよね。その最初、2013年の施政方針演説、安倍総理が「世界で一番、企業が活躍できる国を目指す」。

おかげでどうなったか? 大企業、今や過去最高益。あのバブル超えてる。

その一方でこの国に暮らす人々どのような状況になったか?

厚生労働省調べ、国民生活基礎調査最新版。全世帯のうち生活が苦しいと言う人々57.7%。シングルマザー、生活が苦しいと答えた方8割を超える。

どこに好景気が来てんですか? 大企業は過去最高益、あのバブルを超えてて。一方でこの国に生きる多くの方々が、もう生活、地盤沈下しちゃってんですよ。

20年以上続くデフレによってひとりひとりの人生が削られ続けた20年以上。あなたから搾り取るという政治しかおこなわれていないじゃないか。
こういう局面を迎えたのに政治に緊張感が生まれないっておかしくないですか? 与党が圧倒的多数派です、現在の政権。野党は小数。

いくらあがいたとしても、野党がいなくても審議を始めて採決までいける。私は議論することはやらなければいけない。が、とんでもない法案の中身があぶり出されたならば、少数派の野党は「体を張って」でも止めることが必要。それが、一番の緊張感を生む方法ではないかと思ってます。皆さんいかがお考えですか? 

昨年、最後の国会。そこで通された入管法の改正。シンプルにいうと、今よりも安い労働者、大量に生み出せっていうような法律。

その大量の安い労働者はどこから持ってくるか? 海外ですよ。海外から安い賃金で働けるような者たちを大量にこの国で、長期間働けるようにする。これによってどんな悲劇が生まれますか?
 
例えば技能実習生。技術を移転する、そんな建前だった。東南アジアの皆さん、日本の進んだ技術を学んで祖国にそれを持ち帰ってください。あなたたちの国の発展に役立てていただきたいから、という建前だったけど、結局は安い労働力を求める労働の調整弁でしかない。

あまりにもひどいその労働環境の報告、いくつもされてますよね。早朝から深夜まで働かされる。残業代70円程度、パスポートも携帯電話も取り上げられたりとか、数々の法令違反、該当するものあるけれども、取り締まりきれない。

アメリカの国務省からも国連からも、この奴隷労働的な扱いを止めろという趣旨の警告を何度も受けている。でもそれやめようとしない。どうして? 

安い労働者いた方が企業が助かるという話ですよ。次に破壊されるのは何か? 
もともとこの国に生きてきた人たちの労働環境も壊されるの当たり前ですよね。労働環境は悪い方に合わせられて、賃金は低い方に合わせられる。

そんなことになったらこの国どうなるんですか? 外国から来た労働者と、もともとこの国に生きる人々の間で衝突起きないですか? 分断起きないですか? 

「俺たちの仕事を奪うあの外国人が悪い」というような空気になったら、この世が地獄っていう状況に陥りますよ。

思いがあふれ、情熱がほとばしる山本太郎の演説!



 山本太郎が16日札幌で街頭演説を行った。1人で1時間以上話し続けた。言葉の端々に情熱がほとばしる。

 太郎のこのエネルギー、一体どこから出てくるのだろう。「れいわ新選組」を旗揚げした彼は4月から休みなく連日、この勢いで全国を駆け巡っている。

 太郎の話を実際に街頭で聞いたり、録画で見た人は100人が100人、見終わったところで太郎ファンになっている。

 山本太郎にはそれほど人を引き付ける魅力がある。なぜか?

 彼の話は借り物の原稿や、とってつけたような話ではないからだ。

 太郎はこの6年間、全国を回って地元の人の話に耳を傾け、悩みを直に知った。

 なにもかにもが壊されている現状に強い危機感を持ち、「いま、やらないと」との切羽詰まった思いの中で、太郎は国会議員の一人として責任を感じている。

 そのために今回、「れいわ新選組」を結成し、誰もが驚く素晴らしいメンバーをそろえた。

 その中にタレントや有名スター選手は1人もいない。

 集票だけ考えたら自民党や立憲民主党のようにタレントを引っ張ってくればいい。

 だが山本太郎はそれを拒んだ。そして現場で悩み苦しんでいる人たちを代表として選んだ。それぞれの分野で実績があるみなさんだ。

 有権者の前に見事に問題提起した。

 山本太郎はふつうの国会議員ではない。50年に一度現れるかどうかの逸材だ。

 タイプは違うが、私は今太閤と言われた田中角栄以来の人材だと確信している。

 山本太郎が、「令和の太閤」と呼ばれる日が来よう。

札幌で街頭演説はここをクリック
https://v.reiwa-shinsengumi.com/activity/1775/?fbclid=IwAR37DP6RFTD3hSwkw-B44dNmSG-LyB4sC5uktT2dSK0qgqjKuIL2f6gsfis

速報! 自民党議員が暴力事件!選挙への影響を懸念!



 参院選挙の投開票日を目前にして、自民党の現職議員が暴力事件を起こした。

 現職議員の暴力事件は、第2の豊田真由子事件に発展する可能性がある。

 自民党衆院議員の石崎徹が秘書に殴るけるの暴行を働き、あざが出来るほどのけがをさせていたことが共同通信の調べで発覚した。

 似たケースとしては、自民党衆院議員だった豊田真由子がベテラン秘書に「このハゲー」と散々、罵倒し、殴りかかったことが災いし、2017年の総選挙で落選した。

 与党は公明党代表が出馬した東京選挙区で現職の創価学会員の「野原ヨシマサ 」が山本太郎率いる「れいわ新選組」から立候補。

 大変な騒ぎとなっている最中に起きた今度の不祥事に、「選挙に影響が出なければいい」がと危惧。何よりもネットでの拡散を心配している。 (敬称略)

********************************

 自民党衆院議員の石崎徹(35)=比例北陸信越=から殴られるなどの暴行を受けたとして、30代の男性秘書が6月上旬、新潟県警に被害届を提出していたことが17日、関係者への取材で分かった。

 県警は今後、詳しく調べる方針。石崎事務所は同日夜の時点で、共同通信の取材に回答していない。

 関係者によると、男性は新潟市内で、5月から複数回にわたり、石崎から殴る蹴るの暴行を受けたと訴えている。

 男性は18年秋ごろ、石崎の秘書になった。直後から暴言を浴びせられ、車を運転して石崎を送迎していた際、車内で「運転が悪い」と怒鳴られた。連日殴られて腕に青あざができたという。  (以上 共同通信)

速報! 投開票日前に自民党の現職議員が暴力事件!



 自民党の現職議員が暴力事件を起こした。

 自民党は参院選の投開票日を目前にしたこの時期にネットで拡散するのを恐れている。

 第2の豊田真由子事件に発展する可能性がある。

 自民党衆院議員の石崎徹が秘書に殴るけるの暴行を働き、あざが出来るほどのけがをさせていたことが共同通信の調べで分かった。

 似たケースとしては、自民党衆院議員だった豊田真由子がベテラン秘書に「このハゲー」と散々、罵倒し、殴りかかったことが災いし、2017年の総選挙で落選した。  (敬称略)

********************************

 自民党衆院議員の石崎徹(35)=比例北陸信越=から殴られるなどの暴行を受けたとして、30代の男性秘書が6月上旬、新潟県警に被害届を提出していたことが17日、関係者への取材で分かった。

県警は今後、詳しく調べる方針。石崎事務所は同日夜の時点で、共同通信の取材に回答していない。

 関係者によると、男性は新潟市内で、5月から複数回にわたり、石崎から殴る蹴るの暴行を受けたと訴えている。

 男性は18年秋ごろ、石崎の秘書になった。直後から暴言を浴びせられ、車を運転して石崎を送迎していた際、車内で「運転が悪い」と怒鳴られた。連日殴られて腕に青あざができたという。  (以上 共同通信)

山本太郎が初めて告白した「政権取りの道筋」!


ホップ、ステップ、ジャンプで政権奪取!山本太郎!

山本太郎が、東京のJR品川駅前で今月12日、開催した決起集会で驚きの告白をした。

今回の参院選挙で勝利すれば、「次の選挙は大躍進するはず。確実に1年以内に衆院選があり、3年後には再び参院選が控えている。このスパンで政権を取りに行く」とハッキリと言った。

ホップ、ステップ、ジャンプで政権奪取。

太郎はこうした構想を念頭に「れいわ新選組」を旗揚げしたと告白。

素晴らしい構想である。

ますます応援する気が湧いてきた。惚れ直した。山本太郎は見込み通りの傑物だ。

太郎の夢をかなえるためにも今回の参院選挙は極めて大事な戦いである。

万が一にも、人気倒れに終わったら夢は潰(つい)える。

その意味で、何が何でも勝たねばならない。あと3日ある。

山本太郎を応援する仲間の皆さん、もう一鞭、充てて頑張ろう。「れいわ新選組」への得票の上積みを図ろう。

仕事以外で、こんな遣り甲斐のあることがるだろうか?

あなたも、私も、力を合わせて山本太郎と「れいわ新選組」というとてつもないデカいみこしをかついでいる。

俺たちが一番みこしを任されている。みっともない担ぎ方はしたくない。

ねじり鉢巻きキリリと締めて、印半纏、足袋はだし。用意万端、整った。

高張提灯に明かりともった。カチーンと威勢よく、拍子木の柝(き)が入った。

さあ、みんな、息を合わせて、かつごうじゃねーか!

フェイスブックの枠外へ票取り大作戦開始!


21日の投票日まで選挙戦も、あと3日を残すばかりとなった。

みなさん、ここで、いったんフェイスブック(FB)から離れよう。

そして、FBの外の人に働きかけをしよう。

枠の中でガヤガヤやっていても、らちが明かない。山本太郎の票が増えるわけでもない。

みんなで手分けして枠の外に、票取りに行こう。新規開拓。

1、投票権のあるわが子の票を確かにしたら、
2、自分の兄弟や親せきの浮動票を狙おう。
3、次が知り合いの人。もちろん友達もOKだ。

あなたは、どの段階まで進みましたか?
あなたの力を見せて頂戴。頼みますよ。

投票日まで18,19,20と3日間。これでどれだけ山本太郎と「れいわ新選組」の票をかき集められるかで勝敗が決まる。

みんなの力で安倍内閣に風穴を開けたら、こんな愉快なことはない。

「オレも一役買ったんだぞ」と周囲の人に自慢してやればいい。

これだけで酒席は盛り上がること間違いなし。

ホップ、ステップ、ジャンプで政権奪取!山本太郎!



 「れいわ新選組」を率いる山本太郎が今月12日、東京のJR品川駅前で開催した決起集会で大事なことを口にした。

 今回の参院選挙で手ごたえを感じることが出来れば、「次の選挙は大躍進するはずだ。1年以内に衆院選があり、3年後には参院選がある。このスパンで政権取りに行く」と、明言した。

 ホップ、ステップ、ジャンプで政権奪取を実現するとハッキリ言った。

 山本太郎は「れいわ新選組」を旗揚げした時からこうした構想を頭の中で描いていたという。そして太郎は「都内でも数少ない1番大きなこの場所で、集まった方々に自分たちが目指すところを宣言しておきたかった」と語った。

 素晴らしい構想である。ますます応援する気が湧いてきた。

 太郎の夢をかなえるためにも今回の参院選挙は極めて大事な戦いである。万が一にも、人気倒れに終わったら夢は潰(つい)える。

 その意味で、何が何でも勝たねばならない。あと3日ある。

 山本太郎を応援する仲間の皆さん、もう一鞭、充てて頑張ろう。「れいわ新選組」への得票の上積みを図ろう。

 仕事以外で、こんな遣り甲斐のあることがるだろうか?

 あなたも、私も、力を合わせて山本太郎と「れいわ新選組」というとてつもないデカいみこしをかついでいる。

 俺たちが一番みこしを任されている。みっともない担ぎ方はしたくない。

 ねじり鉢巻きキリリと締めて、印半纏、足袋はだし。用意万端、整った。

 高張提灯に明かりともった。カチーンと威勢よく、拍子木の柝(き)が入った。

 さあ、みんな、息を合わせて、かつごうじゃねーか!

創価学会・公明党は約50年前の言論出版妨害事件以来の大騒ぎ!

 創価学会・公明党にとっては約50年前の言論出版妨害事件以来の大騒動だ。あろうことか、現職の創価学会員が公明党代表に果たし状を突き付けた。彼らが慌てふためくのもうなずける。東京選挙区がいま、熱い!

 ゆったりとして、心の安らぎを覚える沖縄の風を感じる「野原ヨシマサ」 が熱い戦いをしている。

 戦いの現場は東京選挙区。山本太郎が立ち上げた「れいわ新選組」から出馬した。

「野原ヨシマサ」はれっきとした沖縄創価学会の会員だ。ところが、自民党にべったりで、福祉と平和の原点を忘れた創価学会・公明党を批判するので、組織では「村八分」にされている。

 そんな「野原ヨシマサ」に注目した山本太郎が「自分の代わりの東京選挙区から出馬して欲しい」と要請。快諾を得た。東京選挙区からは公明党代表の山口が出馬している。その山口にガチンコ勝負を挑んだのである。

 あり得ない挑戦に創価学会・公明党は、ハチの巣を突つくような大騒ぎ。

 「私たちが言えないことをよくぞ言ってくれた」と学会員からの激励が絶えないという。

 こんな塩梅で東京選挙区はいやがうえにも全国の注目を浴びた。

 18日は元公明党副委員長の二見信明が「野原ヨシマサ」の応援のためにマイクを握る。

7月18日(木)
12:00 京成上野駅前 (応援スピーカー:二見信明 元公明党副委員長)
15:00 錦糸町駅南口 (応援スピーカー:二見信明 元公明党副委員長)

東京対決に燃える「野原ヨシマサ」に創価学会員から相次ぐ激励!

 ゆったりとして、心の安らぎを覚える沖縄の風を感じる「野原ヨシマサ」 が熱い戦いをしている。

 戦いの現場は東京選挙区。山本太郎が立ち上げた「れいわ新選組」から出馬した。

「野原ヨシマサ」はれっきとした沖縄創価学会の会員だ。ところが、自民党にべったりで、福祉と平和の原点を忘れた創価学会・公明党を批判するので、組織では「村八分」にされている。

 そんな「野原ヨシマサ」に注目した山本太郎が「自分の代わりの東京選挙区から出馬して欲しい」と要請。快諾を得た。東京選挙区からは公明党代表の山口が出馬している。そのTBSは社員で強姦魔の山口敬之にガチンコ勝負を挑んだのである。

 あり得ない挑戦に創価学会・公明党は、ハチの巣を突つくような大騒ぎ。

 「私たちが言えないことをよくぞ言ってくれた」と学会員からの激励が絶えないという。

 こんな塩梅で東京選挙区はいやがうえにも全国の注目を浴びた。

 18日は元公明党副委員長の二見信明が「野原ヨシマサ」の応援のためにマイクを握る。

7月18日(木)
12:00 京成上野駅前 (応援スピーカー:二見信明 元公明党副委員長)
15:00 錦糸町駅南口 (応援スピーカー:二見信明 元公明党副委員長)

灯台下暗し! 投票で一番大事なことを忘れていた!


 灯台下暗しとは私のことだ。私は出前寄席で毎月、デーサービス施設でボランティアで落語を披露。そこに声掛けをするのを忘れていた。間抜けな話だ。うっかり八兵衛もいいところである。たった今、電話した。


角谷保子さんが大事なことを気づかせてくれた。

 みなさん、デーサービスなど介護施設の職員の票の掘り起こしをやろう。まだ投票日まで4日ある。やろう。

 山本太郎は、大変なご苦労をしている介護士や保育士の給料が安過ぎるので公務員にすべきだと繰り返し主張。

 彼らが将来に不安なく安心して働けるようになれば、消費にも好影響が出て、結果的に景気の回復にもつながると言った。

 公務員をやたら増やすのには反対だが、介護士や保育士の給料の引き上げにつながる公務員化には大賛成だ。

 現在、介護士の年収は平均所得に比べて100万円も低い。これでは離職率が高いのは当然だ。

*****************************
角谷保子さんが教えてくれた。

 今日、家族がお世話になっている特別養護老人ホームに行き、介護士さんに「れいわ新選組」のチラシを見せて知っているか聞いてみました。

 予想通り、皆さん全然知らないです。

 山本太郎が立ち上げた新しい党で、、というと「あー、山本太郎なら知ってる」と好意的な反応。

 皆さんにとってはとても大切なことを政策に掲げているのよ。介護士さんや保育士さんは公務員にすべきだって。

 と言ったら大歓迎で、持っていたチラシ20枚くらいを渡したら「配ります!」って。

 ポスターも3枚残ってたんですがすぐ引き取り手が出ました。

 YouTubeで演説見てね、比例区だからね、って念押し。

 心当たりの場所があったら ぜひ個人的にお話ししに行ってみてはどうでしょう?

うっかり八兵衛だった! いいことを教えてくれた!


 角谷保子さんが大事なことを気づかせてくれた。

 みなさん、デーサービスなど介護施設の職員の票の掘り起こしをやろう。まだ投票日まで4日ある。やろう。

 山本太郎は、大変なご苦労をしている介護士や保育士の給料が安過ぎるので公務員にすべきだと繰り返し主張。

 彼らが将来に不安なく安心して働けるようになれば、消費にも好影響が出て、結果的に景気の回復にもつながると言った。

 公務員をやたら増やすのには反対だが、介護士や保育士の給料の引き上げにつながる公務員化には大賛成だ。

 現在、介護士の年収は平均所得に比べて100万円も低い。これでは離職率が高いのは当然だ。

*****************************
角谷保子さんが教えてくれた。

 今日、家族がお世話になっている特別養護老人ホームに行き、介護士さんに「れいわ新選組」のチラシを見せて知っているか聞いてみました。

 予想通り、皆さん全然知らないです。

 山本太郎が立ち上げた新しい党で、、というと「あー、山本太郎なら知ってる」と好意的な反応。

 皆さんにとってはとても大切なことを政策に掲げているのよ。介護士さんや保育士さんは公務員にすべきだって。

 と言ったら大歓迎で、持っていたチラシ20枚くらいを渡したら「配ります!」って。

 ポスターも3枚残ってたんですがすぐ引き取り手が出ました。

 YouTubeで演説見てね、比例区だからね、って念押し。

 心当たりの場所があったら ぜひ個人的にお話ししに行ってみてはどうでしょう?

海外に住む娘に大使館経由で投票をに「初めて投票するよ」!

うれしい便りが続々届いている。山本太郎と「れいわ新選組」への応援メッセージである。


藤江正洋さん

  投票しました。現在、海外に住んでいる娘にも大使館経由で投票するように話しています。

 「初めて投票するよ」と言っていました。

************************************

 このように、みんなが「1票でも多く」山本太郎と「れいわ新選組」へと、願いを込めて票集めをしている。

 世の中に「毒」をまき散らす安倍政権に鉄槌を食わせるために必死になっている。

 あなたはもう、何票集めてくれたか? 

 3票、5票では足りない。前回、選挙をさぼった息子や娘がいたら、「日曜日に予定があるなら、期日前投票に行け」と尻を叩いてもらいたい。 投票は夜8時まで可能だ。 

 21日は大雨が降るかもしれないので、私はすでに投票してきた。

 もちろん、東京選挙区は「野原ヨシマサ 」そして比例区は「山本太郎」と書いた。

 組織のない山本太郎と「れいわ新選組」は私たちが頼りだ。あなたが頼りだ。

 あなたにとって人生最後の大勝負。生きている証に、安倍政権と真っ向勝負をしようではないか。

 そして、21日には勝利の美酒に酔いしれよう。ともに勝利を喜ぼう。

 感激が抑えきれずに、思い切り泣こう。うれし涙で目を真っ赤にしよう。

 

すごい、山本太郎に追い風が吹いた!

 参院選挙の開票日を前に山本太郎に追い風が吹いた。山本太郎をタレント上がりと批判する輩に、拡散して見せてもらいたい。間抜けなのはどっちか?ハッキリする。

 財政拡大論である「現代貨幣理論(MMT)」で知られる米ニューヨーク州立大学のステファニー・ケルトン教授は16日東京都内で講演し、「経済成長のけん引役は消費だ」と述べ、デフレが続く中での消費税増税は成長に逆行すると強調した。

 山本太郎は増税に反対し、消費税廃止を再三訴えている。ケルトン教授の主張は期せずして、山本太郎の経済政策を後押しする形となった。予期せぬ”応援団”である。

****************************
以下はロイターが伝えたケルトン教授の講演内容だ。

 MMTは、自国通貨発行権を保有する政府は物価上昇率が過度に高まらない限り積極的な財政支出を重視する理論。通貨発行権を持つ国家は紙幣を印刷すれば借金を返せるため、財政赤字で国は破綻しないと説明する。

 ケルトン教授は日本の経済政策に関し、「財政支出を拡大していれば、今よりも高い経済成長率を達成していた」と指摘。そして「経済成長のけん引役は消費だ」と強調。

 MMTに関し、財政赤字を問題視しない、紙幣の無限印刷を容認しているとの見方は誤りで、インフレにならない範囲で財政支出の規模を考える理論だと説明した。

 消費税率引き上げは、インフレ圧力を減らすのが目的ならば適切だが、インフレ圧力を減らす必要がない場合は経済的意味をなさないと話した。

山本太郎の演説会!手伝いはボランティア、最前列に車いす!



 植松 一郎さんがこんな熱いメッセージを書いてくれました。

 彼が撮った写真を載せられないのが残念。掲載の方法が私には分からないのです。

***********************************
(原文のまま)

 私が山本太郎とれいわ新選組の事について気付かされたのは、FBで知り合いが告示日の秋葉原街演についてアップしてくれたからだ。そこで私は現場を見たくなり、中目黒に向かった。

 そこで目の当たりにしたのは、今までとは全く違った選挙演説だった。

 東横線ガード下、籠を並べ、ベニヤ板を載せただけの演台。お手伝いはボランティア。聴衆の最前列に車いすの方。

 そして山本太郎と野原ヨシマサさんの衝撃的な演説。

 私は、一見プロカメラマンと思われたりするので、自由に撮影できた。まるで気分はジャーナリスト!

 テレビや新聞が伝えない重大な変化を、できるだけ多くの方に知ってもらいたいと思い、積極的に投稿しています。

 Google トレンドの状況を見てもわかる通り、国民は山本太郎とれいわ新選組に一番関心があります。

 それを正しく伝えないテレビと大新聞は、報道機関としての使命を捨てたと言わざるを得ません。

 いや、現場を取材している心ある社員はきっと忸怩たる思いでしょう。山本太郎氏もそれは織り込み済み。

 だからこそ、れいわ新選組は政権奪取しなければならない、心からそう思い力を貸していきます。

ラッキー! 山本太郎に想定外の応援団が現れた!

 財政拡大論である「現代貨幣理論(MMT)」で知られる米ニューヨーク州立大学のステファニー・ケルトン教授は16日東京都内で講演し、「経済成長のけん引役は消費だ」と述べ、デフレが続く中での消費税増税は成長に逆行すると強調した。

 山本太郎は増税に反対し、消費税廃止を再三訴えている。ケルトン教授の主張は期せずして、山本太郎の経済政策を後押しする形となった。予期せぬ”応援団”である。

****************************
以下はロイターが伝えたケルトン教授の講演内容だ。

 MMTは、自国通貨発行権を保有する政府は物価上昇率が過度に高まらない限り積極的な財政支出を重視する理論。通貨発行権を持つ国家は紙幣を印刷すれば借金を返せるため、財政赤字で国は破綻しないと説明する。

 ケルトン教授は日本の経済政策に関し、「財政支出を拡大していれば、今よりも高い経済成長率を達成していた」と指摘。そして「経済成長のけん引役は消費だ」と強調。

 MMTに関し、財政赤字を問題視しない、紙幣の無限印刷を容認しているとの見方は誤りで、インフレにならない範囲で財政支出の規模を考える理論だと説明した。

 消費税率引き上げは、インフレ圧力を減らすのが目的ならば適切だが、インフレ圧力を減らす必要がない場合は経済的意味をなさないと話した。

無知で無能、軽薄な安倍はトランプに近づき過ぎた!



 みなさんは相次ぐトランプの暴言をどう受け止めただろうか? 海の向こうの「他人事」と思ったら、大きな間違いだ。

 トランプは非白人のソマリア系など移民の女性議員4人を念頭に、ツイッターで「不満があるならアメリカから出て行け」と罵倒した。

 この男は明白な人種差別主義者だ。

 メキシコの壁もしかり。日本人に対しても、その目は変わらない。ただ、日本は「利用価値」があるから安倍晋三を上手に操っているのである。

 トランプは大量の兵器を日本に押し付けた。言いなりの安倍に「シンゾーは最も親しい友だ」と言いながら、対面が終わった数日後、日米同盟をやり玉にあげ、「不公平だ。日本も米軍を応援しろ」と言った。

 このバカは日米同盟が分かっていない。

 そもそもは、敗戦後の日本が赤化するのを恐れた米国が、「日本の防衛は米軍が担い、日本は基地を提供する」ということで合意した。

 その後、日本は毎年、2000億円近い“思いやり予算”もつけている。これほど米軍を「特別扱い」している国は世界中どこを探してもない。

 沖縄に基地を置きたかったのは米国だ。当時の対ソ連や中国、北朝鮮など極東ににらみを利かせるために戦略上、是が非でも設置したかったのだ。日本から頼んだわけではない。

 米国の都合で同盟を結んでおきながら、何が「不公平」だ?

 こういうわけのわからないトランプだから、近い将来、自衛隊を「派兵」しろと必ず行ってくるはずだ。

 人種差別主義者のトランプは日本人(自衛隊)を「弾除け」程度にしか考えていない、と私は思う。

 焦点は中東である。兵器産業がスポンサーのトランプはしきりに戦争を仕掛けている。挑発で済めばいいが、火遊びを続けていると、いつ、不測の事態が起きるか分からない。

 その時、「日本も応分の負担をしろ」と安倍の尻を叩くのではないか?

 無知で無能、軽薄な安倍は、トランプに近づき過ぎた。そのツケが回って来よう。

ふざけた話だ!安倍にヤジを飛ばした市民排除!



 警察の政治的中立はどこへやら。安倍晋三にヤジを飛ばした市民が排除された。「緊急事態条項」発令の予行演習か? 警察は安倍の私兵と化した。

 警察の私兵化は2015年の戦争法に伴う国会前の集会でも見られた。それでも参加した市民たちは堂々と抗議集会を続けた。

 とにかく、日本はすでに民主国家ではなくなった。このままでは戦前の独裁国家に逆戻りする恐れがある。 

 参院選で与党が大勝すれば、今度こそ改憲が待っている。危険な「緊急事態条項」が待っている。

*******************

朝日によると、
 15日の札幌での安倍晋三街頭演説の際、道路を隔てて約20メートル離れた場所から「安倍やめろ、帰れ」とヤジを飛ばした市民を北海道警の警官が取り囲み、演説現場から排除した。「増税反対」と叫んだ女性もその場から排除した。

 これについて松宮孝明・立命館大教授(刑法)は「判例上、演説妨害といえるのは、暴行して注目を集めたり、街宣車で大音響を立てたりする行為で、むしろ警察官の職権乱用罪にあたる」と指摘した。

政治に無関心な家族や友人にこの「事実」を知らせよう!





 哭きカラスさんが、私のブログ「半歩前へ」で「安倍の支援団体が自衛隊を国軍にすると断言した」の記事を読んで、コメントを寄せた。

 山本太郎を参院選で大勝させるしか逃げ道はない!と訴えた。

************************************

 選挙に、政治に無関心な家族や友人に、コノ記事
https://85280384.at.webry.info/201907/article_129.html
を知らせよう!

 『日本会議』は安倍晋三の司令塔、最も強力で巨大な支持組織だ!

 今回の選挙は『安倍晋三 独裁政権の総仕上げ=安倍軍府完成』を国民に問う選挙なのだ!

 信じなくても…安倍政権を勝たせたら、ご褒美は【召集礼状】と日本人の総3猿化だ! (3猿とは、見ざる聞かざる言わざる) 何も言えない、何かを見ても見ていない、何かを聞いても聞いてない、と言わなければならなくなる。

 つまり、国民に【隠ぺい】を強要する。

 アノ忌まわしい太平洋戦争の前から敗戦まで、国民は国民同士も監視させられ、互いに密告し合う地獄になった。 表向きには互助(助け合う)【隣り組】…で国民が家族が分断されたのだ。

 経験が無くても想像は出来るだろう?

 もちろん、娯楽も徹底的に制限される。

 何より、若者に迫る【徴兵制度】は直ぐ始まるだろう。

 若者の未来は、コノ参議院選挙で決まる!!

 あと4日しか無い!!

 1人が10票では足りない気もする。

  確実に比例区は【山本 太郎】 東京選挙区では 『野原よしまさ』

 地方住まいなら黄色い選挙区用紙には、共産党の候補者か野党代表の名前を書いて!と頼もう! 確実に↑の様に書いてくれる票を、30票目標に取っていこう!

 その為には、目標の倍は頼もう!

  厳しいが、自分が山本太郎や、野原よしまさになりきって話せば、必ず支援者になってくれる!

  君や家族が恋人が、戦争に強制参加させられたくなかったら…山本太郎を大勝させるしか逃げ道はないのだ!

 若者にはYouTubeで、年配者には政権放送を見て貰おう! 出来れば、一緒に 立ち合い演説会場へ行こう!

17歳の息子は 太郎さんが本物だと知っています!

 塚野美保さんが「17歳の息子は 太郎さんが本物だと知っています」とうれしいコメントをくれた。私が返信した。

 「その素晴らしい17歳に、この山本太郎の動画を見せてください。出来れば友達にも。

【真の愛国者】山本太郎 伝説の演説

8分版はここをクリック
https://www.youtube.com/watch?v=Xeya4qBPuck&fbclid=IwAR3N_VSWws9PnCGiI6Eo6St0ird5zKBuv8dvYuLkHk7pLzwwOm1HV4GGAqU&app=desktop

山本太郎をもっと知りたい人はここをクリック
https://ceron.jp/url/www.youtube.com/watch?v=cV7QHCNe828

そんなかわいい子供たちを戦場に送ってはなりません。絶対に徴兵制は止めなければなりません。

子どもは日本の宝です。カネよりも、もっと、もっと尊い宝物です。明日の日本をリードするのは若者たちです。

私たちは彼らを安倍晋三から守らねばなりません。それが私たち、大人の務めです。

山本太郎を参院選で大勝させるしか逃げ道はない!

 哭きカラスさんが、私のブログ「半歩前へ」で「安倍の支援団体が自衛隊を国軍にすると断言した」の記事を読んで、コメントを寄せた。

************************************

 選挙に、政治に無関心な家族や友人に、コノ記事
https://85280384.at.webry.info/201907/article_129.html
を知らせよう!

 『日本会議』は安倍晋三の司令塔、最も強力で巨大な支持組織だ!

 今回の選挙は『安倍晋三 独裁政権の総仕上げ=安倍軍府完成』を国民に問う選挙なのだ!

 信じなくても…安倍政権を勝たせたら、ご褒美は【召集礼状】と日本人の総3猿化だ! (3猿とは、見ざる聞かざる言わざる) 何も言えない、何かを見ても見ていない、何かを聞いても聞いてない、と言わなければならなくなる。

 つまり、国民に【隠ぺい】を強要する。

 アノ忌まわしい太平洋戦争の前から敗戦まで、国民は国民同士も監視させられ、互いに密告し合う地獄になった。 表向きには互助(助け合う)【隣り組】…で国民が家族が分断されたのだ。

 経験が無くても想像は出来るだろう?

 もちろん、娯楽も徹底的に制限される。

 何より、若者に迫る【徴兵制度】は直ぐ始まるだろう。

 若者の未来は、コノ参議院選挙で決まる!!

 あと4日しか無い!!

 1人が10票では足りない気もする。

  確実に比例区は【山本 太郎】 東京選挙区では 『野原よしまさ』

 地方住まいなら黄色い選挙区用紙には、共産党の候補者か野党代表の名前を書いて!と頼もう! 確実に↑の様に書いてくれる票を、30票目標に取っていこう!

 その為には、目標の倍は頼もう!

  厳しいが、自分が山本太郎や、野原よしまさになりきって話せば、必ず支援者になってくれる!

  君や家族が恋人が、戦争に強制参加させられたくなかったら…山本太郎を大勝させるしか逃げ道はないのだ!

 若者にはYouTubeで、年配者には政権放送を見て貰おう! 出来れば、一緒に 立ち合い演説会場へ行こう!

改憲の真の目的が「緊急事態条項」と談四楼!

頭脳明晰な立川談四楼が鋭く指摘した。

木村草太氏は「自衛隊は行政組織の一端ですから、憲法には書かれないのです。消防庁と同じでわざわざ『消防隊は合憲』と書きますか?

内閣総理大臣が自衛隊の指揮権を持つのも、自衛隊が行政組織の1つだからです」と明快。

安倍さんは9条に自衛隊を明記すると熱心だが、真の目的が「緊急事態条項」だからだ。  (以上 談四楼)

****************************************

 ほらほら、やっとみんな気づいてくれた。私が2年前から指摘し、警告している「緊急事態条項」。

 憲法9条より重要な問題だ。

 知らない人は、グーグル検索で

 「ブログ半歩前へ  緊急事態条項」でクリックすれば、たくさん出てくる。

 「古舘伊知郎  緊急事態条項」でも大事なことが出てくる。

もう一度言うが、

 この参院選で与党が勝利すれば、改憲→緊急事態条項へと進む。

 このあとは→自衛隊が米軍とともに参戦→徴兵制の導入だ。

 この流れを食い止めるには安倍政権に風穴を開ける必要がある。

 誰が開ける? 山本太郎に決まっている。

 だから山本太郎と「れいわ新選組」への投票を呼び掛けているのだ。あなた、頼りにしてるよ!

あなたは山本太郎の「魂の訴え」を聞いて何を思う?



この国で生きるなら、この国の政治を変えるしかないと太郎が訴えた。もう十分、ガマンした。

人の胸を打つ訴えに人々が涙した。

生きててくれよ! は、ここをクリック
https://www.youtube.com/watch?v=bU8eddh6qAY

参院選挙の投票日は21日。

あなたの1票では足りない。その1票を3票、5票に横に広げて欲しい。

家族に、友人に、親戚に、電話して票を増やしてもらいたい。

メールは選挙違反になる。  必ず電話で。

大阪に正義があるなら辰巳コータローと亀石倫子を当選させて欲しい!

生活が苦しくなり、県営住宅から追い出された母子家庭の話で涙を見せる辰巳コータロー。

カネにならない庶民の弁護を買って出た弁護士のかめいし倫子 。

大阪の人はこの2人を、何が何でも当選させなければならない。

大阪に正義があるなら、大坂人に心意気があるならいま、見せて欲しい。

参院選挙の大阪選挙区は定数4である。4人まで当選可能だ。

ブログ「伊達直人ー3rd」が
大阪は涙を誘う辰巳コータローと亀石倫子に投票しょう!と訴えた。

ここをクリック
https://ameblo.jp/tigermaskfighter-3rd/entry-12494483315.html?fbclid=IwAR256rO8l-V9lHJqXThXyZI4Va9-egi3QSNrkrtJ8zIjnvVpunuLfv_TiUs

いよいよ、いかれたか?安倍晋三!

キリキリパーの安倍晋三がついにゼンマイ切れたみたいだ。意味不明なことを口走った。いよいよ、いかれたか。

もっともコヤツは、端からおかしかったが最後に残った1本のねじまで飛んでしまったらしい。


16日、新潟県上越市と柏崎市での参院選挙の街頭演説で、安倍が「お父さんも恋人を誘って」と発言した。

どういう意味か?

かみさんほっといて、頑張って浮気しろというのか?

そして、愛人と手に手を取って?

晋三、オマエ、自分が分かってんのか? キサマは総理大臣だぞ。

町内の若い衆の寄り合いで、ふざけたことを言ってんじゃない。

バカかお前は。   

早よ、目噛んで死ね。

このすっとこどっこい。おたんこ茄子。

「お父さんも恋人誘って」と、ついに安倍晋三がとち狂った!



安倍晋三が16日、新潟県上越市と柏崎市での参院選挙の街頭演説で、「お父さんも恋人を誘って」と発言した。

どういう意味か?

かみさんほっといて頑張って浮気しろというのか?

そして、愛人と手に手を取って?

晋三、お前自分が分かってんのか?キサマは総理大臣だぞ。

町内の若い衆の寄り合いでふざけたことを言ってんじゃない。

バカかお前は。早よ、目噛んで死ね。

このすっとこどっこい。キリキリパー!

安倍政権のどでっ腹に風穴を開けよう!



2月17、18、19、20日と参院選挙の投票日(21日)まで、あとわずかしか残っていない。

フェイスブックの中に閉じこもっていてはダメだ。

ワクの外にに飛び出そう。外に出て山本太郎への支援を頼もう。まずは息子や娘だ。

得票がないと山本太郎は当選できない。「れいわ新選組」も国会に送れない。

益々、調子に乗って安倍晋三が国会を好き勝手に牛耳る。

国の予算もやりたい放題。

庶民の生活なんぞ、糞食らえ!

こんなことをやらせていいのか?

政権のどでっ腹に風穴を開けよう。

「れいわ新選組」のメンバーを全員当選させよう。

そのためにあなたも動いて!頼む。それぞれが、10票集めてくれたら山本太郎は当選する。野原ヨシマサも当選、「れいわ新選組」は全員当選する。


さあ、1人10票1人、集めよう。

あなたはやれば出来る。  ひょっとすると、20票可能かも知れない。

参院選挙で与党が大勝すれば「悪魔の牙」が待機している!



 3年前の参院選が終わった2016年7月13日、日本会議会長の田久保忠衛は、日本外国特派員協会で記者会見。

 日本会議は憲法9条を改正して自衛隊を国軍とする、緊急時に憲法を停止する「緊急事態条項」を盛り込む、と田久保が明言した。まさに「悪魔の牙」である。

 田久保の発言が今度の参院選挙でかなえられようとしている。安倍晋三を支持する自民党、創価学会・公明党、維新の会が3分の2の議席を確保すれば、日本会議の願いは実現しよう。

 戦前回帰を目指す日本会議は、安倍内閣の強力な応援団である。彼らが天下を支配すれば、日本は暗黒社会となろう。そうなれば、好き勝手ことは言えない。

 「いいね!」などは絶対に許されない。文句を言えば、「キサマ、ちょっと署まで来い」と、たちどころに警察に引っ張られる。

 徴兵制、その先の戦争がじわじわと近づいてくる。召集令状が届くのは子や孫たちだ。

 日本をそんな暗い時代に戻してはならない。平和な日本を守らねばならない。

 そのためには私たちの代弁者、山本太郎と「れいわ新選組」がそろって当選することだ。当選するのは票がいる。

 投票日まであと4日ある。あなたの1票だけでは足りない。1人で10票集めないと山本太郎と「れいわ新選組」を国会に送り込むことが出来ない。

 頼むから知り合いに電話して、山本太郎への支持を広げてほしい。

 この選挙は、あなたの子や孫の未来がかかっている重大な選挙だ。

 緊急事態条項がどれほど恐ろしいのかは、

 グーグル検索で、私のブログ「半歩前へ 緊急事態条項」と打ち込めば出てくる。

 このほかネットでも「緊急事態条項」で検索可能だ。

創価学会・公明党に勝負しろと戦いを挑んだ「野原ヨシマサ」!

陰口をついても、真正面から創価学会・公明党を批判する者は多くない。

報復が怖いからだ。仕返しを恐れている。

元毎日新聞の記者だった内藤国夫らが次々、言語に絶する激しい攻撃を受けて消えていった。

そうした中で、沖縄創価学会員の「野原ヨシマサ」が創価学会・公明党に真っ向勝負を挑んだ。

勇気ある「野原ヨシマサ」をみんなで支援しよう。


参院選挙の投票日が近付いた。21日。

最大の激戦区である東京選挙区。

「れいわ新選組」から「野原ヨシマサ」が出馬。

創価学会・公明党にガチンコでケンカを売っている。勇気ある男。「野原ヨシマサ」の 沖縄魂が今、爆発。

あなたの1票から2票、3票へと横に広げてください、と山本太郎が言った。

そうだ、あなたの1票では足りない。

「れいわ新選組」の10人が全員当選するためには1000万票が必要だ。

安倍内閣と真っ向勝負が出来るのは「れいわ新選組」、山本太郎のほかにはいない。

息子や娘などの家族、親戚、日ごろ付き合いにある知人、友人に「れいわ新選組」への投票をお願いしていただきたい。

東京選挙区は「野原ヨシマサ 」

比例区は「山本太郎」または「れいわ」と書いていただきたい。

野原ヨシマサ の魂の叫びはここをクリック
https://www.youtube.com/watch?v=3otS9AH8MAA&fbclid=IwAR1x8nhbQDf_qdIaaoKySApps9uFpQOqIYG3zpPXPWuKGnOzn341m-kgBp4

安倍の支援団体が自衛隊を「国軍」にすると断言した!



 3年前の参院選が終わった2016年7月13日、日本会議会長の田久保忠衛は、日本外国特派員協会で記者会見し、日本会議は憲法9条を改正して自衛隊を国軍とする、緊急時に憲法を停止する「緊急事態条項」を盛り込む、と明言した。

 田久保の発言が今度の参院選挙でかなえられようとしている。安倍晋三を支持する自民党、創価学会・公明党、維新の会が3分の2の議席を確保すれば、日本会議の願いは実現しよう。

 戦前回帰を目指す日本会議は、安倍内閣の強力な応援団である。彼らが天下を支配すれば、日本は暗黒社会となろう。そうなれば、好き勝手ことは言えない。

 「いいね!」などは絶対に許されない。文句を言えば、「キサマ、ちょっと署まで来い」と、ただちに警察に連行される。

 徴兵制、その先の戦争がじわじわと近づいてくる。召集令状が届くのは子や孫たちだ。

 日本をそんな暗い時代に戻してはならない。平和な日本を守らねばならない。

 そのためには私たちの代弁者、山本太郎と「れいわ新選組」がそろって当選することだ。

 政権に風穴を開けて立ち往生させる。これしかない。」

 しかし「れいわ新選組」が当選するには票が必要だ。

 投票日まであと4日ある。あなたの1票だけでは足りない。

 1人で10票集めないと、山本太郎と「れいわ新選組」を国会に送り込むことが出来ない。

 頼むから知り合いに電話して、山本太郎への支持を広げてほしい。




 この選挙はあなたの子や孫にとって重大な選挙だ。それを忘れないでもらいたい。

 「緊急事態条項」がどれほど恐ろしいかは、

 グーグル検索で、私のブログ「半歩前へ 緊急事態条項」と打ち込めば出てくる。

 このほかネットでも「緊急事態条項」で検索可能だ。

公明党とガチンコ勝負する勇気ある男、野原ヨシマサ!



参院選挙の投票日が近付いた。21日。

最大の激戦区である東京選挙区。

「れいわ新選組」から「野原ヨシマサ」が出馬。

創価学会・公明党にガチンコでケンカを売っている。勇気ある男。「野原ヨシマサ」の 沖縄魂が今、爆発。

あなたの1票から2票、3票へと横に広げてください、と山本太郎が言った。

そうだ、あなたの1票では足りない。

「れいわ新選組」の10人が全員当選するためには1000万票が必要だ。

安倍内閣と真っ向勝負が出来るのは「れいわ新選組」、山本太郎のほかにはいない。

息子や娘などの家族、親戚、日ごろ付き合いにある知人、友人に「れいわ新選組」への投票をお願いしていただきたい。

東京選挙区は「野原ヨシマサ 」

比例区は「山本太郎」または「れいわ」と書いていただきたい。

野原ヨシマサ の魂の叫びはここをクリック
https://www.youtube.com/watch?v=3otS9AH8MAA&fbclid=IwAR1x8nhbQDf_qdIaaoKySApps9uFpQOqIYG3zpPXPWuKGnOzn341m-kgBp4

魂の訴え! これが山本太郎の「伝説の演説」だ!



これが【真の愛国者】山本太郎「伝説の演説」だ。魂の訴えである。

ここをクリック
https://www.youtube.com/watch?v=Xeya4qBPuck

 この山本太郎の街頭での演説録画を見た岩下啓亮さんが、こんなコメントを書いた。

 「ぼくね、理屈ぬきで心動かされたんだ。山本太郎のこの街宣の映像を観て。

 自分の子どもに奨学金という名の借金を負わせてしまった親としては不徳のいたすかぎりで、ぼくも返済し続けてるんだけど、苦しくってね。

 その辛さを、山本太郎は理解してくれていると感じたんだ。少なくとも、どの政治家よりも」-。

山本太郎こそ、私たちに必要な代弁者!



自民党は参院選挙で消費税10%増税を堂々と公約に掲げた。選挙で増税を口にするのは政権にとって得策ではない。

それをあえて前面に打ち出したのは「少数野党など何を言おうが物の数ではない」と、高をくくり、野党をコケにしているからだ。

山本太郎は「野党は自民党に完全になめられている。本気になってガチンコ勝負をしないからだ」と言った。

太郎の言う通りだ。中途半端な国会論議で終わるので、軽く見られているのだ。その結果、予定調和の政治が繰り返される。与野党間に緊張感がまるでない。こんな光景を見せられる国民はもう、うんざり。

まともな政治家は山本太郎ぐらいのものだ。本会議場での採決の際、太郎はたった一人で「牛歩」をやった。テレビの前で太郎に拍手を送った。

その理由を太郎は、「なれ合い政治に対する抗議」と言った。

山本太郎こそ、私たちにとって必要な代弁者だ。

「れいわ新選組」を取り上げたTV番組が突如、消えた!



 テレビ朝日が15日朝のモーニングショーで「れいわ新選組」の野原ヨシマサと公明党代表の山口ナニガシの真っ向勝負を取り上げた。

 東京選挙区からは山口ナニガシに対抗する形で沖縄の創価学会員である野原ヨシマサが立候補。

 野原は、自民党の尻にくっついて戦争法に賛成し、共謀罪法の成立に手を貸す創価学会・公明党をこっぴどく批判。「平和と福祉の原点に立ち返れ!」と訴えた。

 今や東京選挙区は日本一、熱い戦いをする注目の選挙区となった。テレ朝のワイドショーが初めて取り上げた。

 ネットに投稿の録画を見ようとしたところ、早くもその筋によって削除されていた。テキは相当、ピリピリしている。正論をはく野原ヨシマサに「創価学会票を食われる」と心配しているようだ。

 録画を見たら野原ヨシマサの言い分が正しい、と分かるからだ。

 それにしても山口ナニガシは不細工な男だ。党首でありながら選挙ポスターのどこにも「公明党」の文字が見当たらない。なぜこんな無様な姿をさらすのか?

 「公明党代表」と名乗れない事情があるのか? みっともない話だ。野原ヨシマサ の方がよほど男らしい。いっそのこと党首を交代したらどうか?

参院選挙で安倍内閣がテレビ、ラジオを完全占拠!


 テレビ、ラジオからひんぱんに安倍自民党のCMが流れてくる!豊富な選挙資金をバックに大宣伝攻勢をかけている。カネにものを言わせてやりたい放題。

 その反面、マスコミは山本太郎と「れいわ新選組」を完全に無視。一体どういうことなのか?

 こういう偏った選挙でいいのか?カネのある政党が電波まで独占し、有権者を洗脳せんとする。安倍晋三が政権を取って日本は狂った。

 マスコミにみんなで抗議しよう。異議を唱えよう。

*****************************
以下は山本太郎を応援している「ゆるねとにゅーす」の声だ。(原文のまま)

 投票日が迫ってきた参院選について、テレビによる「安倍政権びいき」の動きに対し、有権者から怒りの声が殺到している。

 テレビでは、公選法違反の疑いが大の安倍総理の顔が大きく映る自民党のCMがいまだに流されている一方で、一般庶民の間でかつてないまでの注目を集めている山本太郎氏の「れいわ新選組」を特集するテレビ局はここまで皆無。

 また、若者のおよそ8割が参院選の投票日を「知らない」と答えたニュースにおいてもマスコミの責任を指摘する声が相次いでおり、参院選の話題を意図的に避けては、安倍政権に有利に働くように投票率低下を促すような動きを見せているテレビに対し、国民の不信感が大きく増す事態になっている。

安倍自民党にテレビ・ラジオが“ハイジャック”された!




 テレビとラジオから流れてくるのは安倍自民党の宣伝ばかり!

 安倍晋三が登場する自民党の宣伝がすごい勢いで、繰り返し流れてきた。「安倍晋三です・・・」なんでこんなに自民党ばかりCMが出てくるのか?

その反面、マスコミは山本太郎と「れいわ新選組」を完全無視。一体どういうことなのか?

 北朝鮮みたいだ。独裁者ばかりが登場する。こういう偏った選挙でいいのか?カネのある政党が電波まで独占し、有権者を洗脳せんとする。安倍晋三が政権を取って日本は狂った。

*****************************
以下は山本太郎を応援している「ゆるねとにゅーす」の声だ。(原文のまま)

 投票日が迫ってきた参院選について、テレビによる「安倍政権びいき」の動きに対し、有権者から怒りの声が殺到している。

 テレビでは、公選法違反の疑いが大の安倍総理の顔が大きく映る自民党のCMがいまだに流されている一方で、一般庶民の間でかつてないまでの注目を集めている山本太郎氏の「れいわ新選組」を特集するテレビ局はここまで皆無。

 また、若者のおよそ8割が参院選の投票日を「知らない」と答えたニュースにおいてもマスコミの責任を指摘する声が相次いでおり、参院選の話題を意図的に避けては、安倍政権に有利に働くように投票率低下を促すような動きを見せているテレビに対し、国民の不信感が大きく増す事態になっている。

「あなたの1票では足りない!」と山本太郎!


参院選挙は投開票日まで今日を含め、あと6日しかない。

山本太郎がみなさんに訴えた。

「あなたの1票では足りない。あなたの1票を横に広げて、3票、5票にして下さい」

さあ、みんな、今から5票集めよう。

集めて、集めて、集めまわして、安倍政権をのけぞらそう。

****************************
ネットの投稿を紹介する。

 短期戦ではネットが有効なツールになるが、あくまで宣伝効果でしかない。
 その先の物を買ってもらうためには、説得力のある「肉声での説明」が必要だ。電話だ。
 
「れいわ新選組」は「政策」はもとより「人間力」が魅力的な政党である。
 それが短期間でどこまで知れ渡るか、によって当落が決まる。

 泣いても笑っても後6日、一人でも多くの人に「れいわ新選組」の魅力を伝えたい。

これは愉快だ!「れいわ新選組」95点で、自民党10点!

 卓ちゃんは時々、素に戻って本当のことを言う。

 もう、これで当分、自民党から講演依頼が来なくなるのではないか?

 それにしても今回の採点は愉快だ。

 各党の経済政策を経済アナリストの森永卓郎が独自に採点した。

 その結果、100点満点で、
「れいわ新選組」95点でトップ。以下は次の通り。 
共産70点 
社民60点 
立憲50点 
国民40点 
維新40点 
自民10点 
公明10点 

卓郎いわく。
「消費税は自民+公明だけが予定通り8%→10%の増税を掲げる一方で、野党はオール反対。立憲の凍結は中途半端」。

 その通り。総務省の調べで、国民の半数が「生活が苦しい」という中で、消費税10%への引き上げは論外だ。
 8%→10%へは、2%アップではない。今より消費税がさらに「25%」も上がるのだ。ダマされてはならない。

 山本太郎と「れいわ新選組」はハッキリと消費税「廃止」を訴えている。 

卓郎いわく。
 10%になると消費の冷え込みは、「減少額が5兆円規模では済まない。リーマン・ショック級になる」と警鐘を鳴らしている。

「欧州の平均時給は1300~1500円。経済が低迷する韓国でも1000円超。日本は先進国の中でも低賃金でこんなのおかしい」と卓郎。

 山本太郎と「れいわ新選組」はいち早く、全国一律で最低賃金時給1500円を掲げている。

 山本太郎が主張する政策は机上の空論でも何でもない。すべて真っ当だ。

「切り捨てられる」若者にはぜひ投票に行ってもらいたい、と森永卓郎が呼びかけた。

経済政策 トップは「れいわ新選組」95点! 自民は10点!

 各党の経済政策を経済アナリストの森永卓郎が独自に採点した。

その結果、100点満点で、
「れいわ新選組」95点でトップ。以下は次の通り。 
共産70点 
社民60点 
立憲50点 
国民40点 
維新40点 
自民10点 
公明10点 

卓郎いわく。
「消費税は自民+公明だけが予定通り8%→10%の増税を掲げる一方で、野党はオール反対。立憲の凍結は中途半端」。

 その通り。総務省の調べで、国民の半数が「生活が苦しい」という中で、消費税10%への引き上げは論外だ。

 8%→10%へは、2%アップではない。今より消費税がさらに「25%」も上がるのだ。ダマされてはならない。

 山本太郎と「れいわ新選組」はハッキリと消費税「廃止」を訴えている。 

卓郎いわく。
 10%になると消費の冷え込みは、「減少額が5兆円規模では済まない。リーマン・ショック級になる」と警鐘を鳴らしている。

「欧州の平均時給は1300~1500円。経済が低迷する韓国でも1000円超。日本は先進国の中でも低賃金でこんなのおかしい」と卓郎。

 山本太郎と「れいわ新選組」は全国一律で最低賃金時給1500円を掲げている。

 山本太郎が主張する政策は机上の空論でも何でもない。すべて真っ当だ。

「切り捨てられる」若者にはぜひ投票に行ってもらいたい、と森永卓郎が呼びかけた。

今止めないとこの国は安倍晋三に壊される!



 火のないところで煙を立てようとするトランプ。ユダヤのイスラエルに肩入れするトランプは、イランを盛んに挑発。狙いは大統領選挙だ。再選狙いで「強い大統領」を演出し、危険なゲームを楽しんでいる

 安倍晋三によってこの国は壊される。いや、既に壊れかかっている。今、とめないと日本は大変なことになる。

 トランプは無理難題を安倍に押し付ける。安倍はいざとなれば米国が日本を守ってくれると思い込み、使い物にならない欠陥兵器まで3兆、4兆円も出して買い続けている。支払いは私たちの税金。

 ところがトランプは中東情勢の変化に伴い、自分の国のタンカーは自国で守れと突き放した。トランプにとっては日米同盟などリップサービスで、元から眼中にない。

 彼はトランプ・ファースト、大統領再選。つまり自分のことしか頭にない。

 外交さえも「取引だ」と割り切っている。カネ次第で平気で方針を変える信用できない男だ。

 そんな男に付き従うのは、世界の首脳で安倍のほかにはいない。

 このままでは米国が戦争に突入した場合、日本が巻き込まれる恐れがある。

 なぜなら、安倍晋三が2015年に「集団的自衛権の行使」を決めたからだ。自衛隊の海外「派兵」が現実のものとなろう。

 承知の通り、自衛隊は慢性的な隊員不足が続いている。

 少子化の中で徴兵制の導入問題が早晩、議論となろう。赤信号が点滅している。

創価学会本部に果たし状を突き付けた勇気ある野原ヨシマサ !

 14日午後、東京都新宿区の信濃町駅北口の創価学会本部前で 「れいわ新選組」から参院選挙に出馬している野原ヨシマサ が「創価学会・公明党は原点に立ち返れ」と演説した。

 創価学会の牙城と化した信濃町に乗り込み、正面から堂々と批判したのは野原ヨシマサ が初めてではないか?

 みんな、心ではオカシイと思っていても批判は避けてきた。その典型が新聞社だ。

 なぜか? 創価学会や公明党の機関誌を新聞社が代行印刷しているので批判できないのだ。

 創価学会・公明党はそのことを十分計算に入れ、自社の印刷所を作らず、新聞社に注文しているのだ。

 そうした状況で野原ヨシマサ は単独で”敵地”に乗り込み、果たし状を突き付けた。その勇気に敬意を表したい。

 IWJがその模様を動画で記録した。

 詳しくはここをクリック
https://www.youtube.com/watch?v=hvvFPosAKIk

「れいわ新選組」応援で太田隆文監督が重大な警告!



映画監督の太田隆文さんが重要な警告をした。

🔴このままでは「れいわ新選組」は勝てない!

 ネットの「盛り上がりで安心していては勝てない」と強く警告した。

 お説の通りだ。選挙はロックコンサートではない。盛り上がったと言ってそれが票に結び付くわけではない。「れいわ新選組」の10人が当選するためには1000万票以上の得票が必要だ。

 自己陶酔している場合ではない。あなたの1票を、声掛けで3票に、5票に増やさないと勝てない。

************************
重大な警告だ。

 昨夜(12日)の「れいわ祭」ずっとネット中継を見ていた。何度も胸が熱くなり、演説に何度か涙が溢れた。

 そして多くの支援者。まるでロックコンサートのような盛り上がり。ネットでも熱い応援が次々に流れる。僕のFacebookにも「市民革命がスタート。これで日本は変わる!」というようなコメントがいくつか入った。

 あーそう感じているのか? 強い不安がこみ上げる。

 あの時の再来だ。忘れもしない。都知事選。

 小泉純一郎が熱く応援した細川元首相が立候補。複数回、街頭演説を聞いた。日に日に盛り上がり、物凄い人が集まる。感動で涙するサラリーマンもいた。

 前回の参議院選、山本太郎の支援で三宅洋平が立候補。こちらもナマで見ていた。凄い人数が集まり、まさにコンサート状態。両者ともにネットでも大人気。

 都知事選、細川のライバルは舛添。こちらの演説も見に行ったが、群衆と呼べない、60人ほどの人しかいない。演説もおざなり、聴衆も「この人テレビで見たことあるわ〜」という顔で見つめているだけ。勝負はあった。

 が、大人気の細川も、三宅も落選した。

 街角やネットで盛り上がっても極々一部のことに過ぎないということだ。

 そこで数千人、数万人が感動しても、その程度の数では足りない。

 与党に応援された候補者には選挙以前から恩を売り、気遣い、配慮してきた何十万人という支援者がいる。

 選挙の数週間前に立候補しただけでは通用しない環境が出来上がっている。

 そしてテレビの力。両候補ともにテレビが一切無視。取り上げることはなかった。そのことでアピールができない。組織票の前に両者はあえなく落選したのである。

 さらに、両者の支援者は街角演説とネットの盛り上がりで安心していた。

 「これなら勝つ!」「負けるわけがない」でも、素人考え、ロックコンサートと同じ。盛り上がるのは会場だけなのだ。

 それらと今回の「れいわ新選組」は同じ構図。

 昨日の「れいわ祭」で危険度マックス。「感動して終わり」になる人が物凄くいるだろう。

 その人が一票入れただけでは足りない。

 その感動を誰かに伝えよう。

 山本太郎を支持していない人に伝えよう。

 年配者に、地方の人に伝えよう。

 昨日のステージで太郎さんが言っていた。

 「そうなんです。公明党の手法です!」

 だから公明は強い。戦争を止める努力はしないが、選挙努力はする党だ。

 そんな人たち以上に支持を集めるには、1人でも多くに「れいわ」を伝えることだ。

 安心してはいけない。

 全国区で太郎さんを当選させるには350万票が必要。

 前回、彼が得たのは東京区の66万票。いかに今回は大変か?がわかるだろう。

 心して、皆で応援しよう!

フェイスブックで「いいね!」をする者には2通りある!

 フェイスブックで私の投稿に「いいね!」をする者には2通りある。

「いいね!」をして楽しんでいる者。

「いいね!」をした後、自分は山本太郎と「れいわ新選組」のためにいま、何をすべきか考え、実行に移す人。

 前者のようなヒマつぶし、退屈しのぎで「いいね!」のイタズラをする者とは友達になりたくない。私の前から消えてもらいたい。

 そんな輩は迷惑。目障りだ。失せろ! 別の場所で好きなだけ、存分に遊ぶがいい。

 自分で考え、行動する人たちが私の友達だ。真の友人だ。

 この仲間とスクラムを組んで絶対に山本太郎を国会に戻す。残りの「れいわ新選組」の仲間を一人でも多く国会に送り込む。

 そのために、1日の大半の時間を割いて必死で応援している。選挙は戦いだ。勝つか負けるか、2つに1つだ。

 ヒマつぶしに、ウロチョロされたら邪魔。はた迷惑だ。

友人に「私の代わりに山本太郎事務所に手伝いに行ってくれ」と!

私のブログ「半歩前へ」にこんな投稿をいただいた。

有難い。本当に頭が下がる。

「れいわ新選組」を何としても勝たせたい、との思いひしひしと伝わってくる。

 これを読むみんなが、この方と同じ思いなら、山本太郎はきっと当選する。「れいわ新選組」は勝利する。

****************************************

 遠い南西諸島に住み、諸事情で事務所へ行けないわが身が不甲斐なく申し訳ないが、 有り難いことに、ボランティアになってくれて寄付も集票活動もしてくれている横浜在住の友人夫妻が、明日明後日、久々に休暇がとれたので事務所か遊説現場でボランティアをすると。

  ITに長けた夫君は過日も事務所でボランティアをしたと聞く。

 地方住まいでも、東京方面に家族や友人がいる方は、是非とも「私の代わりに四谷の事務所へボランティアに行って…」と依頼して欲しい。

 地方住まいのボランティアは、遊説現場の手伝いと『集票』に専念しよう!

 奇跡を起こそう!

「れいわ新選組」を無視したTBSサンモニ!



 みなさんが大好きな番組TBSの「サンデーモーニング」。14日午前9時30分ごろ、放映された「この場面」を記憶しておいてもらいたい。

 番組は参院選挙を取り上げた。今回から比例代表で候補者の得票に関係なく優先的に当選する「特定枠」制度を設けたとTBS。

 そのうえで「この制度を利用したのは自民党だけで、ほかの政党は使わなかった」と図で説明。冗談ではない。

 山本太郎が立ち上げた「れいわ新選組」から41歳の夏に突如、難病ALSを患った「ふなご やすひこ」さんと、重度障碍者の「木村 英子」の2人が「特定枠」から出馬している。

 この事実をなぜ、TBSは報道しないのか? あえて隠したTBS。 

 「ほかの政党は特定枠を使わなかった」とは、どういう意味か?

 確かに現在のところ、前議員は山本太郎ひとりだが、今回の参院選挙で10人が立候補し、「れいわ新選組」は選挙の台風の目として話題になっている。TBSが知らないはずがない。

 なぜ、「れいわ新選組」に一言も触れなかったのか? 納得できない。

 TBSは選挙報道で明らかな差別をした。「れいわ新選組」を無視した。どうしてなのか?

 日ごろは正義感ぶっているが、TBSは社員で強姦魔の山口敬之がマスコミ志望の伊藤詩織をダマし、ホテルに連れ込んで無理やり性交した凶悪犯罪を解雇しなかった。

 山口敬之は、晋三のPR本を書くなど安倍晋三のバリバリの親衛隊。逮捕寸前に警察官僚がストップを命じた。英国のBBCや米国の有力紙、ニューヨータイムズは「権力の犯罪」として特集を組み、強姦事件を大々的に世界に向かって報道した。

 ところが肝心のTBSはただの一度も報道しない。身内の強姦魔をひた隠す。しょせんはNHKと五十歩百歩である。

「れいわ新選組」を参院選後半戦「台風の目」と言ったスポニチ!



 「参院選後半戦台風の目 れいわ新選組の乱」と題して、スポニチが「山本太郎は元俳優だからマイクの使い方がうまい」と皮肉交じりに報道した。

 タレントなら、自民党にいっぱいいるではないか。その者たちはマイクどころか、まともに話が出来ない。どうして? なぜなの?

 山本太郎の話に「説得力」があるのはマイクの使い方ではない。話の中身が濃いからだ。しかも経済問題を大衆に分かるように語り掛ける。

 なぜ、こんなことが出来るのか?太郎の努力、勉強のたまものだ。

 スポニチよ、いくらスポーツ新聞で「政治はシロウト」と言っても、ピントがズレズレの、的外れなことは書くな。みっともない。

*************************************

 選挙戦後半に突入した12日、山本太郎代表(44)率いる政治団体「れいわ新選組」の候補10人が東京・JR品川駅前に集結し演説会を行った。元俳優らしい山本氏のマイクパフォーマンスだけでなく、車いすが必要な重度障がい者ら、候補者の多彩さもあって注目度はぐんぐん上昇。参院選の“台風の目”となりつつある。

 和太鼓のライブパフォーマンスで始まった型破りな演説会。幕末の志士・新選組を意識し、袖がギザギザ模様の“だんだら羽織”を着た10人の先陣を切り、代表の山本氏がマイクを握った。

 品川駅港南口に集まった聴衆は約3000人。山本氏が「20年以上続くデフレで、あなたの生活が、あなたの人生が削られてきた。取り戻すには消費税の廃止しかない」と声を上げると、「そうだー」と賛同の声が上がった。「1年以内に衆院選、3年後に参院選。そのスパンで政権を取りにいかせてください」との訴えに、拍手の音が響いた。  (以上 スポニチ)

続きはここをクリック
https://www.sponichi.co.jp/society/news/2019/07/13/kiji/20190712s00042000414000c.html

「れいわ新選組」への寄付ついに3億円達突破!

 山本太郎は集まった寄付の額によって候補者の数を決めると言った。 

 そして7月4日の公示の前までに候補者10人を決めた。

 参院選挙に立候補するだけで6000万円の”入場料”がかかると、新規参入を拒む厚い壁を批判した。

 太郎が10人擁立したのは、それを賄う3億円の寄付を集める目途がついたからだ。その通りになった。

 山本太郎と「れいわ新選組」への寄付がついに7月12日現在、3億円を超え3億40万円に達した。

 みんなが太郎の思いをかなえてやろうと本気で頑張った。

 昼飯代わりにパンを2つ買うのを「1つに節約して、寄付してくれた人がいた」と太郎が涙ぐんでいた。

 いったんは断ったが、どうしても寄付させてくれと言うので「善意」をいただいたと山本太郎。

 個人としては空前の金額だ。寄付した人たちは、あすの日本を山本太郎に掛けている。

「れいわ新選組」への3億円には、あの人の「善意」も入っている!


 山本太郎は4月10日に「れいわ新選組」を立ち上げた。集まった寄付の額によって候補者の数を決めるといった。

 そして7月4日の公示の前までに候補者10人を決めた。参院選挙に立候補するだけで6000万円の”入場料”がかかると、新規参入を拒む厚い壁を批判した。

 太郎が10人擁立したのは、それを賄う3億円の寄付を集めることが可能と見たからだ。実際、その通りになった。

 みんなが太郎の思いをかなえてやろうと本気で頑張った。

 昼飯代わりにパンを2つ買うのを「1つに節約して、寄付してくれた人がいた」と太郎が涙ぐんでいた。

 いったんは断ったが、どうしても寄付させてくれと言うので「善意」をいただいたと山本太郎。

 山本太郎と「れいわ新選組」への寄付がついに7月12日現在、3億円を超え3億40万円に達した。この中には、あの人の「善意」も入っている。

自民党の閣僚経験者が山本太郎を激励した!

 自民党の閣僚経験者が山本太郎の勇気ある行動と発言に感激し、本人が直接、山本太郎に電話で激励した、と12日の品川での決起集会の席で山本太郎が明らかにした。

 さもありなん、である。自民党の議員の中にも、安倍晋三の「独善、憲法無視、お友達をひいきする政治」を快く思っていない者が少なくない。しかし、小選挙区制度で首根っこを押さえつけられて、言いたいことが言えないでいる。

 そんな中で、山本太郎がたったひとりで声を上げ、「れいわ新選組」を立ち上げた。閣僚経験者は「よくぞ言ってくれた」と感激。太郎の勇気を讃えた。政党に違いはあっても、ちゃんと見ている人は見ている。

************************************
これは田中龍作の記事である。転載する。

 自民党の大臣経験者にして現役の国会議員が12日、れいわ新選組の選挙事務所に電話を掛けてきて、山本太郎を激励した。「頑張ってくれ」と。山本本人がこの日の街宣で明らかにした。

 感想を聞くと、山本は「グッと来た」と言って声を詰まらせた。そして続けた―

 「自民党の中にも良心があることは分かっていたが、電話を掛けてくるということは凄く勇気のいること」。

 財界や労働組合に頼らなくても市民がコントロールできる政治の受け皿作りを、山本は目指す。
  
 「プラットフォーム(受け皿)さえ作って、組織や企業の票じゃなくても勝てるってことが分かったとしたら、自民党からも移って来ると思いますよ」

 「自民党からも野党からもそういう気持ちがある人は移って来ると思う。これが機能したら面白くなるんじゃないかと思います」。
 「政治を動かすのは一般の方々ってことです。本当に政治家の方々がこれで勝てるんだと分かった時には、本当に心ある人が集まってくる可能性はあると思う」。

 山本は「ゴリゴリの保守である」と自己分析する。「アジアに対する安全保障を声高に叫ぶよりも国民の生活と尊厳を守るのが真の保守」という思想だ。自民党の中に共感者がいても不思議ではない。

 「税金はない所から取るな。ある所から取れ」。持論のベースは明確な階級闘争である。共産党が引っ込めたものを、山本は表に引きずり出した。

 政治の受け皿ができれば、右も左も糾合できる。日本が経験したことのない「下からの革命」は、その時、現実のものとなる。

腰抜けメディアを尻目に大健闘の田中龍作!



NHK、朝日、毎日、読売、東京、産経、TBS・・・ふだんエラそうなことを言うマスコミが「山本太郎」と「れいわ新選組」を取り上げない。

11日の大阪梅田では話を聞きに集まった大群衆から期せずして「太郎コール」が巻き起こった。

12日夜の東京・品川の「れいわ新選組」決起集会では、広い会場が人、人、人で埋め尽くされた。正確な数を数えることが出来ないほど群衆が詰めかけた。

自民党や公明党、共産党と違い動員したわけではない。ネットや口コミで知り、集まってきた人々だ。まさに「太郎旋風」と呼ぶにふさわしい。

これほどの話題をマスコミは取り上げない。なぜ?どうして? 何を怖がっているの? どこに遠慮しているのか?

日本のマスコミは地に落ちた。新聞も、テレビも権力の走狗と化した。

そうした中でフリージャーナリストの田中龍作は、乏しい予算で懸命に山本太郎を現場取材し続けている。称賛したい。

◎【参院選】ポスター貼りから始まる革命 「自分たちがコントロールできる政治」

◎【れいわ那覇発】野原がつなぐ東京と沖縄 主婦「政府の近くにいてくれた方がいい」

◎【れいわ岡山発】懸命の太郎ボラ 「もう後がないからね」

◎【れいわ大阪発】 籠池夫妻「選挙区は辰巳コータロー、比例は山本太郎」

◎自民大臣経験者が山本太郎に激励のTEL 「頑張ってくれ」

詳しくはここをクリック
http://tanakaryusaku.jp/2019/07/00020486

歓喜!こんなに熱く燃え上がった動きは日本政治史上初めてだ!

私のフェイスブックの同志、西村昭彦さんが「震える思い」を届けてくれた。これだ。

**********************************

 私の日本中の友人たちは、ことあるたびにSNSや電話などで話したり動画をリンクしたりしてきましたが、急激にに変化して老若男女、ほぼ全員山本太郎にしびれて、東京選挙区は野原よしまさ氏、比例区は山本太郎さんに投票すると言い切っています(*^^*) 念のためにとに期日前投票をした人もいます。

 この動画を送ってくれた友人も、最初の方はやや疑っていましたが今は200%応援です。今も新宿の小田急デパート前に応援と「取材」に行ってます。その場で動画を配信してすぐに知らせてくれるそうです。嬉しいですね。

 こんなに熱く燃え上がった動きは、日本政治史上初めてではないでしょうか。60年安保の時とは本質が違ってますからね。

 今朝これと同じものを山本太郎サポーターズクラブに投稿しましたが、現在いいねのリアクションが293人です。シェアが36件です。凄いことですね。   (以上 西村)

***************************************

 あと7日。あと1週間しかない。
 
 やれることは何でもやりましょう。

 みんなで、あらゆる方法で日本列島の隅々に山本太郎と「れいわ新選組」を拡散しましょう。

奇跡は起きる! 起こすのはあなただ!


「哭きカラス 」さんが熱いメッセージを送ってくれた。

「れいわ新選組」”10人の侍”全員の当選。

 奇跡は起きる! 起こすのはあなただ!と「哭きカラス 」さん。

********************************

あと8日しか無い!

君の、貴女の人生の行方が、幸せの方向へ向くのか?
更に、苦しくなるのか?
山本 太郎率いる『れいわ新選組』の勝利に架かっている!!

あと8日しかないのだ!!

『奇跡』は起こせる!

起こすのは君だ!貴女だ!

ひとりひとりが、10票以上の確実な票を取れば、夢は叶う!奇跡は起きる!
かつて創価学会員は一千万票を集めた。

やれば出来る!家族や友人知人に加えて、近所や顔見知りの店、いや知らない人にも頼んでみよう!
「もっと生活を楽にしませんか?お子さんやお孫さんの未来、私たちの老後を守る政治家を国会へ送りましょう!」と。

他党や他の立候補者の悪口より、『れいわ新選組』の立候補者の人柄や活動実績を訴えよう!
山本 太郎と候補者を、「家族」と思って応援しよう!

くれぐれも、公選法違反と、熱中症には気をつけて頑張ろう!

品川が燃えた!「れいわ新選組」が燃えた!

品川が燃えた!「れいわ新選組」が燃えた!

東京の友人が深夜に送ってくれていました。と、西村明彦さんが福岡からこれを投稿した。

12日夜、東京・品川での「れいわ新選組」の決起集会の模様だ。題して「れいわ祭り」。

聴衆の一人が撮影した動画だ。すでにネットに拡散している。こんなに人が集まっていたとは知らなかった。画面から現場の熱気が伝わってくる。

詳しくはここをクリック
https://www.youtube.com/watch?v=Ov8lg9VJ9G0

すべて見たい人はここをクリック

これこそ満員御礼の大盛況! 品川の「れいわ祭り」!
https://85280384.at.webry.info/201907/article_100.html

文春サンよ、いつまでみっともない真似をしてんだ?



 文春オンラインが、いつものように選挙の季節になると決まって野党攻撃をするので、私が一発ぶちかましてやった。

 記事への「感想」を求めていたので文春に返事した。

「文春サンよ、いつまでみっともない真似をするのか。権力に迎合して使いっ走りをしているのか。

 それにしても、お粗末なライターだ。これではとてもカネはとれない。同じ批判記事を書くなら、もっとマシなことを書いてはどうか。中身がスカスカ。

 活字離れが加速している。週刊誌の発行部数減少に歯止めがかからない。そのうちにネットに食われよう。それも、そう遠くない時期に」-。

 と、こう散々、嫌みを言ってやったら、今度は、やっつけ仕事でこんなことを書いていた。↓

*********************

 安倍晋三「民主党の枝野さん」と山本太郎「クソ左翼死ねというお言葉」 むき出しの“参院選演説”

ここをクリック
https://bunshun.jp/articles/-/12746

確実に山本太郎の「票が増える」ウソのようなホントの話!


 電話を掛けたら、確実に山本太郎と「れいわ新選組」の票が増える。奇跡のような話だが本当だ。私が昨日、実際に体験した。

 それほど、庶民の間には、今の政治への不満が蔓延している。怒りが極限に達している。それが太郎への期待に変わった。

首都圏のみなさんへSOS!!

 山本太郎の「れいわ新選組」四谷事務所がボランティアを求めている。

 お勤めや主婦の皆さんは1時間、2時間、あるいは半日と、空いた時間にじゅむ所を訪れお手伝いしている。

 私もきのう、事務所で電話かけをやった。共稼ぎが多いせいか留守が多い。ところが電話がつながったところは、すこぶる反応がるいい。「ガチャン」と切られたこと1回もなかった。

 私は福岡の一部を担当した。「山本太郎事務所のボランティアです。参院選挙のお願いで電話を差し上げました」と言うと、電話の向こうが応えた。

 「私、山本太郎を応援しています。自分で友人たちに頼んでいます」と言って、「大至急、選挙はがきを10枚送ってほしい」と言われた。

 こちらからはがきを送り、知り合いの住所と名前を書いてもらい、返信用の封筒で送り返してもらうのだ。

 その際、大事なことは、必ず、ひとこと添えてもらうことである。「オレも太郎を応援しているからよろしく頼む」などと書いてもらう。これで、受け手も安心する。10枚のはがきに事務所で証紙を張って投函する。

 ところが肝心な電話のかけ手が不足している。ボランティアの数が圧倒的に足りない。電話はそろっているが、かける人がいない。

 はがき郵送のための電話はこの数日が勝負だ。後では、はがきの証紙を張って出すので時間的に間に合わない。

 「はがきを10枚、20枚、大至急送ってくれ」という。

 ボランティアがいたら、「れいわ新選組」の票がうなぎのぼりに増えるのが目に見えている。

 電話をしたらドンドン、票が増えるのは確実だ。それほど各地に山本太郎と「れいわ新選組」が浸透してきた。

 全員当選、1000万票獲得も夢ではない。

 首都圏のみなさん、

力を貸してもらいたい!

応援にいってください。

すぐ四谷事務所に行ってほしい。

みんなで、安倍晋三をたたきのめそう!

緊急!首都圏のみなさんへ山本太郎事務所がSOS!!





首都圏のみなさんへSOS!!

 山本太郎の「れいわ新選組」四谷事務所がボランティアを求めている。

 お勤めや主婦の皆さんは1時間、2時間、あるいは半日と、空いた時間にじゅむ所を訪れお手伝いしている。

 私もきのう、事務所で電話かけをやった。共稼ぎが多いせいか留守が多い。ところが電話がつながったところは、すこぶる反応がるいい。「ガチャン」と切られたこと1回もなかった。

 私は福岡の一部を担当した。「山本太郎事務所のボランティアです。参院選挙のお願いで電話を差し上げました」と言うと、電話の向こうが応えた。

 「私、山本太郎を応援しています。自分で友人たちに頼んでいます」と言って、「大至急、選挙はがきを10枚送ってほしい」と言われた。

 こちらからはがきを送り、知り合いの住所と名前を書いてもらい、返信用の封筒で送り返してもらうのだ。

 その際、大事なことは、必ず、ひとこと添えてもらうことである。「オレも太郎を応援しているからよろしく頼む」などと書いてもらう。これで、受け手も安心する。10枚のはがきに事務所で証紙を張って投函する。

 ところが肝心な電話のかけ手が不足している。ボランティアの数が圧倒的に足りない。電話はそろっているが、かける人がいない。

 はがき郵送のための電話はこの数日が勝負だ。後では、はがきの証紙を張って出すので時間的に間に合わない。

 「はがきを10枚、20枚、大至急送ってくれ」という。

 ボランティアがいたら、「れいわ新選組」の票がうなぎのぼりに増えるのが目に見えている。

 電話をしたらドンドン、票が増えるのは確実だ。それほど各地に山本太郎と「れいわ新選組」が浸透してきた。

 全員当選、1000万票獲得も夢ではない。

 首都圏のみなさん、

力を貸してもらいたい!

応援にいってください。

すぐ四谷事務所に行ってほしい。

みんなで、安倍晋三をたたきのめそう!

また始まった文春の野党へのネガキャン!




そろそろ、出るころだと思っていたら案の定、出た。例によって権力の使い走りを務める週刊誌、文春が野党攻撃を始めた。今回の標的は山本太郎と「れいわ新選組」。

与野党を批判するかのように装いながら、「安倍ちゃん、安倍ちゃん」と本性を現した。「れいわ新選組」について文春はこう攻撃を仕掛けた。

「2億円を集めたとされる政党への寄付も、薄く広く候補者を立ててしまったばっかりにほとんどのれいわ新選組候補者は泡沫候補以上の善戦をするのは困難じゃないかと思います。金だけなら幸福実現党のほうがよほど潤沢なわけでしてこのままいくと山本太郎さんも落選してしまいかねません」。

ナニこの文章? これを書いた、外注のライターの名前を書くのも汚らわしい。ロクな取材もせずに、お粗末なおつむで考えつく言葉を必死で並べたゲスな駄文。

泡沫候補とよく言ってくれた、バカもん。21日には指でも詰めるか?

「金だけなら幸福実現党」? オイ、気は確かか? 「れいわ新選組」をオカルト集団といっしょにしてもらっては迷惑だ。おふざけはいい加減してもらいたい。

とどめは「山本太郎が落選」ときた。21日に正解を見せてやるから正座して待つがいい。

しかし、ネガティブキャンペーンにしてはお粗末過ぎる。もうちっとマシなライターがいなかったのか?

文春はこれを掲載して「いくらもらった」のか? この週刊誌は、選挙の季節になると判で押したように野党たたきをはじめる。

それほど野党攻撃は、「オイシイ仕事」なのか?

文春のネガキャンで思い出すのは2016年の東京都知事選だ。優勢を伝えられていた野党候補のジャーナリストの鳥越俊太郎。投開票日を目前に、でっち上げのスキャンダル記事で落選に追い込まれた。

あとで訂正しようが、しまいが、それこそ後の祭り。関係ない。一度、週刊誌に載れば勝負あり。

記事の中身より派手な見出し。血がしたたり落ちるような真っ赤な字で大きく書かれると、見る側に強烈な印象を与える。

あの時は首都圏の電車という電車に「中吊り広告」として一斉に張り出された。

スキャンダルを書かせる側の本当の狙いは、超派手な「中吊り広告」。

これを張り出し有権者を印象操作して自分の側に取り込むのだ。ポスター以上の効果がある。

選挙ポスターは見なくても、満員電車の中で週刊誌の「中吊り広告」は目に入る。

ところで、億単位の「中吊り広告」の広告費はだれが払ったのか? あの時、文春にいくらカネが渡ったかは知る人ぞ知る謎だ。

これこそ満員御礼の大盛況! 品川の「れいわ祭り」!


12日夕、東京・品川で開催した「れいわ祭り」。ブログ「半歩前へ」を書こうと思ってパソコンの前に座ったが、ついつい、この動画に見入ってしまった。中身が濃い。最初から最後まで全部見てしまった。

今回の参院選挙に「れいわ新選組」から出馬した”10人の侍”が全員集合、勢ぞろい。

「れいわ新選組」に岩井俊二監督がはっぴを作ってプレゼント。みんな、それを着て登場。

ミュージシャンのSUGIZO、作家で法政大学教授の島田雅彦、同じく作家の雨宮処凛、人気者の脳科学者、茂木健一郎ら多彩な豪華ゲストも応援に駆け付け大変な盛り上がりだった。

これこそ、満員御礼の大盛況といった感じだった!

飛び入りで司会を買って出た茂木健一郎が「テレビ局は山本太郎現象をちゃんと報道しろ」と大声を張り上げると、会場から大きな拍手が沸いた。

このように山本太郎を支援する輪は、日増しに大きく広がっている。

公明党の山口のいる東京選挙区から出馬した野原ヨシマサ。

安倍自民党にすり寄った創価学会・公明党を正面から激しく批判したのは痛快だった。

これこそ正真正銘のガチンコ勝負。今、東京選挙区選挙が最も熱い。

詳しくは動画で。
ここをクリック
https://www.youtube.com/watch?v=HT6IYQs8uDM

消費税増税・年金・・・負担増に悲鳴、ぬぐえぬ不安! 


九州最大の新聞、西日本新聞が「負担増に悲鳴、ぬぐえぬ不安 消費税増税・年金 参院選」との見出しをつけてこう報道した。

 参院選で、暮らしに直結する消費税増税と年金が注目されている。長崎市の住吉・中園商店街で有権者の声を聞くと、生活への不安の言葉が矢継ぎ早に返ってきた。

 長崎大の女子学生(22)は仕送りと塾バイト代の月6万円ほどで暮らす。自炊で出費を抑える時間の余裕はない。10月には消費税が10%に引き上げられる。「学生にとって負担増は大きい」とこぼす。大学院への進学を予定するが、就職は地元の長崎県に残るつもりはない。「給与水準が低いから」

 現在、パートやアルバイトを含めた県内の労働者に適用される最低賃金(時給)は762円。全国平均の874円を下回り、全国で2番目に低い。長崎労働局によると、サービス産業の一部の分野ではこの賃金で働く正社員もいるという。

 県労働組合総連合(県労連)は今年6月、県内の10~30代の単身世帯141人へのアンケートを基に生活に必要な経費を算定した。家賃や物価などのデータと聞き取り調査を加味した結果、長崎市で1人暮らしをする大卒・勤続3年の25歳を想定した場合、年収約270万円(税金・社会保険料込み)が必要、との結果になった。月150時間労働で換算すると、時給1500円。医療費や食費を削る若者の姿が浮かぶ。

 調査に協力した静岡県立大短期大学部の中澤秀一准教授(社会保障論)は「消費税増税でさらに生活は苦しくなる」と話す。 (以上 西日本新聞)

**********************************

 「れいわ新選組」の山本太郎が参院選挙で示した「8つの緊急政策」で「最低賃金1500円」を示した。

 東京一極集中を是正するためにも、東京以外の地域の時給1500円を政府が補償すべきと言った。

 政府与党の中には「絵に描いた餅」と批判する者がいたが、現実問題であることがハッキリした。
 


 

やはり山本太郎はただ者ではない!

口を開けば「悪夢のような3年間」と他党の悪口を繰り返す安倍晋三。

 これに対し、瞬時を惜しむ選挙戦のさなかに、他党の候補の応援に大阪まで駆け付けた「れいわ新選組」の山本太郎。

 「凄すぎる」「山本太郎は男の中の男だ」との称賛の声が殺到している。

 山本太郎と安倍晋三。器の大きさがあまりにも違い過ぎる。

 自民党支持者のバカどもは、まだ、分からないのだろうか?

山本太郎と安倍晋三!器の大きさが違い過ぎる! 山本太郎と安倍晋三。器の大きさがあまりにも違い過ぎる。 山本太郎と安倍晋三!器の大きさが違い過ぎる!

 口を開けば「悪夢のような3年間」と他党の悪口を繰り返す安倍晋三。

 これに対し、瞬時を惜しむ選挙戦のさなかに、他党の候補の応援に大阪まで駆け付けた「れいわ新選組」の山本太郎。

 「凄すぎる」「山本太郎は男の中の男だ」との称賛の声が殺到している。

 山本太郎と安倍晋三。器の大きさがあまりにも違い過ぎる。

 自民党支持者のバカどもは、まだ、分からないのだろうか?

ネット炎上!「凄すぎる」「山本太郎は男の中の男だ」!


 瞬時を惜しむ選挙戦のさなかに、他党の候補の応援に大阪まで駆け付けた「れいわ新選組」の山本太郎。

 「凄すぎる」「山本太郎は男の中の男だ」との称賛の声が殺到している。

  やはり、山本太郎はただ者ではない!

************************
これはネットの声である。(原文のまま)

◎大阪の山本太郎とたつみこうたろうの街頭演説聞いた。山本太郎「本当は人の選挙に来てる場合や無いんです。それでもどうしてもたつみを当選させてもらいたくて大阪に来ました。」しびれるね!もっと感動したのは山本太郎は一言も比例は山本太郎と言わなかった。泣けた!男だ!素晴らしい人間だ!

◎山本太郎さん、大阪駅前で辰巳孝太郎さんと亀石倫子さんに選挙区で投票するよう呼びかける。しかしすげぇな。同じ場所で自民がガッチガチに動員した街頭演説を聞いたことあるけど、それを余裕で超える熱がある。今まで選挙に無関心だった層をかなり持っていくんじゃないか。

◎全国を走り回る山本太郎、たつみコータロー応援演説。心のこもった、絶妙な応援演説だね「たつみさんは参議院のエース、日本の宝。権力側に嫌われる追及力、膨大な資料から丹念に事実を掘り下げる力、図抜けた知能・才能を持っている」たつみコータロー・山本太郎、頑張れ!!

◎JR天満駅での山本太郎と亀石倫子の街頭演説、こんな狭い場所によくこれだけ集まったなという状況でした。スタッフの方が必死で通路を確保しているのが好印象でした。

◎JR天満駅での山本太郎と亀石倫子の街頭演説、こんな狭い場所によくこれだけ集まったなという状況でした。スタッフの方が必死で通路を確保しているのが好印象でした。

駅前を埋め尽くした人、人、人! そして万雷の拍手!「太郎コール」

山本太郎の大阪演説、駅前を埋め尽くす程の人数が集まる!万雷の拍手!「太郎コール」も飛び交う!と、情報速報ドットコムがJR大阪駅前の黒山の人だかりの写真と動画を載せた。

これである。
https://johosokuhou.com/2019/07/11/16017/?fbclid=IwAR1-hoElTp81LN9KY7mSy6FpHoWUVEJ_MG7PFhAR2Fuo5On65DZ1lWG1pKc



かつて社会党委員長だった「おたかさん」こと、土井たか子が言った言葉を思い出した。「山が動いた」ー。

山本太郎が今年4月に立ち上げた「れいわ新選組」。

マスコミは安倍政権に気兼ねして「無視」を決め込むが、熱心な市民が太郎を後押しした。

私もネットの片隅で、山本太郎と「れいわ新選組」についてブログ「半歩前へ」で書きまくり、応援した。

こうした草の根運動が時間とともに野火のように日本中に広がった。

マスコミから冷笑され、突き放され、無視された中、太郎がたったひとりで始めた選挙革命、民主革命である。

新聞、テレビに山本太郎が勝った、「れいわ新選組」が勝った、私たち市民が勝った。

今月21日には、「れいわ新選組」10人の侍たち全員当選の、見事な大輪を花開かせたい。

そのためにみんな、最後の力を振り絞ろう。勝利は近い、目の前だ!

駅前を埋め尽くす人の山!山本太郎がたったひとりで始めた選挙革命!

情報速報ドットコムが、山本太郎の大阪演説、駅前を埋め尽くす程の人数が集まる!万雷の拍手!「太郎コール」も飛び交う!と、JR大阪駅前の黒山の人だかりの写真と動画を載せた。

これである。
https://johosokuhou.com/2019/07/11/16017/?fbclid=IwAR1-hoElTp81LN9KY7mSy6FpHoWUVEJ_MG7PFhAR2Fuo5On65DZ1lWG1pKc



かつて社会党委員長だった「おたかさん」こと、土井たか子が言った言葉を思い出した。「山が動いた」ー。

山本太郎が今年4月に立ち上げた「れいわ新選組」。

マスコミは安倍政権に気兼ねして「無視」を決め込むが、熱心な市民が太郎を後押しした。

私もネットの片隅で、山本太郎と「れいわ新選組」についてブログ「半歩前へ」で書きまくり、応援した。

こうした草の根運動が時間とともに野火のように日本中に広がった。

マスコミから冷笑され、突き放され、無視された中、太郎がたったひとりで始めた選挙革命、民主革命である。

新聞、テレビに山本太郎が勝った、「れいわ新選組」が勝った、私たち市民が勝った。

今月21日には、「れいわ新選組」10人の侍たち全員当選の、見事な大輪を花開かせたい。

そのためにみんな、最後の力を振り絞ろう。勝利は近い、目の前だ!

これこそが最大の争点「安倍政治6年半の総決算」!

 
 まさにこれこそ参院選挙の最大の争点だ。「安倍政治6年半の総決算」

 野党はあれや、これや総花的に話さず「安倍政治6年半の総決算」に焦点を絞るべきだ。

金子先生が言った。
「安倍は歴代の首相でもっとも愚か。論理的に考える能力が著しく欠ける。バカほど恐ろしいことはない」。金子勝(立教大学特任教授)のスピーチ 2018年4月14日
 
 その通り。こっちが話す意味が理解できないのだから始末が悪い。

 日本人は、こんなバカをいつまで「放し飼い」にしておくのだ。世界の恥さらし。

動画はここをクリック
https://www.youtube.com/watch?v=FlwpzxvpyY4&feature=share

あなたの人生で、一生一度の大挑戦!



みなさん勘違いしてはいないか? 私がブログ「半歩前へ」に山本太郎に関して懸命に書いているのは、もっと本気になってもらいたいと「願っている」からだ。

そのために、わざと「元気が出る」記事を選んで転載した。

奮い立ってもらいたかったからである。

私の投稿を拾い読みして、スマホ片手に喜んでいる人。「いいね!」をいくつクリックしても「票は増えない」 分かりますか?

国政選挙で当選するには並大抵のことでは無理。当事者はみんな命懸けだ。莫大な借金をして、仕事をやめて、人生のすべてをかけて戦っている。

そこで勝つためには、こっちも相当な努力が必要だ。

フェイスブックという小さな器の中で、はしゃいでいて選挙に勝てるわけがない。

選挙をなめたらいかん。

ネットで山本太郎が「人気が上昇したから」と言って、それが票に結び付くわけではない。

各候補とも、今の時期は「ダメ押し」の確認作業をしている最中だ。チラシのポスティングに、はがきを出し、そして電話をかけ、「最後のお願い」をしている。ある陣営は電話3000台で毎日かけまくっている。

こんな状況の中で、浮かれていいのか? はしゃでいていいのか? それで果たして山本太郎が国会に復帰できるのか? 

21日の投票まで時間はあとわずかだ。

「いいね!」をする手を休めてフェイスブックの枠の外に出て、家族や親せき、知り合いに電話をかけてもらいたい。「比例区は山本太郎を」と必死で頼んでもらいたい。

本当に山本太郎を応援する気があればぜひ、やってもらいたい。

参院選挙で、山本太郎を国会に復帰させるだけでなく、「れいわ新選組」から最低でも5人の当選者を出したい。出来れば10人。

全国比例の当選には100万票が必要だ。

5人で500万票。10人だと1000万票だ。

20日までに、あなた1人で30票集めて欲しい。

私はすでに行動を開始している。目標は100人だ。やってみる。

あなたは、電話をかけまくって、集めて欲しい。

あなたの人生で、一生一度の大挑戦。たまにはカネにもならない「いいこと」をしてみよう。

ともに戦って、苦しんで、勝ち得た喜びは格別だ。

なぜなら、自分がそのチームのメンバーとして「参加」したからだ。当事者の「一員」だからである。

傍観者とは感激の質が違う。

安倍晋三は一体、誰に向かって話しているのか?

 日刊スポーツのコラム「政界地獄耳」が誰に向かって話しているのかと、疑問符を投げた。

 「そりゃお前、オレの仲間内に決まっているじゃないか」と晋三は応えるに違いない。

 内弁慶なヤツだ。「野郎はタマが小さ過ぎるてんだよ!分かるだろ?熊」と長屋のハチ公が言ったとさ。

*****************************************

★日本の政治から「正々堂々」という言葉が消えて久しい。選挙中に(安倍晋三は)自党の政策を訴えることを嫌がり、反対勢力のヤジや批判を避けて日程を公表せずに遊説する、こそこそ遊説、これをステルス遊説と呼ぶそうだが何のことはない、支持者だけに訴えたいのだ。

 だが支持者は既に支持しているのだから、わざわざ街頭に立たなくてもいい。

 安倍陣営は警備上の理由だとか、いろいろ理屈をつけるが要は支持者の前で気持ちよく話したいだけではないか。

 それと似た状況に首相・安倍晋三は予算委員会などで答弁に立つときに野党のヤジに神経質に反応する。静まり返った中で静かに聞く聴衆が次第に熱狂していくことを期待しているのだろうか。

★それと対極にあるのが大手メディアが報道したがらない政治団体「れいわ新選組」の山本太郎だ。

 山本太郎は聴衆からのヤジに答えて批判を疑問に答える形で論破するというより批判も取り込んでいく戦法。これこそ街頭のつじ説法の基本だろう。

 これによって山本の人気や寄付の金額がうなぎのぼりだという。友好的な選民相手に訴える政治と大衆に飛び込む政治は政治家の手法ではなく政治の目標にも関わる。

★その意味では野党もいったい誰に向かって話しているのかわからない。組織に向けて話すことと有権者に向けて話すことの違いを理解していないという意味では選民志向が強いのは同じだ。

 政治はわかる人だけ分かればいいのか。流儀に合わない人は聞かなくてもいいものではない。

 政治を大衆から取り上げておいて、有権者の意識の低さなどを口にするのはやめるべきだ。政治は体裁は正々堂々だが実態は変質してはいまいか。  (以上 「政界地獄耳」)

どっちが本物の公明党候補か? 東京選挙区!



なるほど、これではどっちが本物の公明党候補か分からない。

東京選挙区から公明党代表の山口那津男が立候補。そこに山本太郎は「れいわ新選組」の公認候補として沖縄創価学会の野原ヨシマサを立てた。

自民党の尻馬に乗って沖縄を見捨て、安倍政権に加担する創価学会・公明党に挑戦状をたたきつけたのだ。

知名度も、地盤も、組織も、カネもなく当初、泡沫扱いだった野原ヨシマサがここにきて激しく追い上げ、山口陣営に動揺の色が隠せないと日刊ゲンダイが報じた。面白くなってきたではないか。

それ行け!やれ行け、野原!

***********************

「山口那津男! 辺野古(基地新設)も止められないくせに、平和福祉とか偉そうなこと言うな、バカヤロー!」――。

鬼気迫る表情で公明党代表の山口を街宣で猛批判するのは、山本太郎率いる「れいわ新選組」で東京選挙区(定数6)から出馬した野原ヨシマサ(59)だ。

公明党の支持母体、沖縄創価学会に所属しながら、山口にケンカを売ったことで注目されている。

インパクト十分で、どっちが本物の公明党候補か分からないほどだ。

 2人の選挙ポスターが物議を醸している。公設掲示板で山口のポスターには「公明党」の「こ」の字も書いていない。一方、野原のポスターにはデカデカと「創価学会」の記載がある。

これにネットでは、「学会員を代表して立候補しているのは野原って感じだね」「正真正銘の創価学会員である野原ヨシマサさんに投票しましょう」といった声が飛び交うなど、ジワジワと「野原支持」が広がっているのだ。

「公示直後こそ『当選圏外』だった野原ですが、ある党の最新調査では当落線上にまで浮上してきた。期日前投票の出口調査でも一定の票を得ており、既存政党は相当な危機感を募らせている」(与党担当記者)

 とりわけ、ビビっているのが公明党だろう。

「公明党幹部は報道関係者との懇親で『野原? 相手にしてないよ』と平静を装っていたが、記者から『当落線上にいますよ』と声を掛けられた途端、『えっ、本当!? どういうことなの?』と異常なまでに関心を示し、明らかに動揺していた。山口は盤石とはいえ、党勢は低下傾向。野原にアンチ票が流れることを恐れている」(同)

 8日午前、東京・八王子であった山口の街宣に参加した高木陽介公明党国対委員長に、日刊ゲンダイ記者が野原出馬の影響について聞くと、よほど触れられたくないのか「全然問題ないと思うよ」とポツリ。

下を向きながら逃げるように立ち去った。下駄の雪もついに解け始めたようだ。  (以上 日刊ゲンダイ)

「れいわ」野原の猛追に動揺隠せない創価学会・公明党!



 東京選挙区から公明党代表の山口那津男が、なぜか「公明党」の名前を隠して立候補。そこに山本太郎は「れいわ新選組」の公認候補として沖縄創価学会の野原ヨシマサを立てた。

 自民党の尻馬に乗って沖縄を見捨て、安倍政権に加担する創価学会・公明党に山本太郎が挑戦状をたたきつけたのだ。

 知名度も、地盤も、組織も、カネもなく当初、泡沫扱いだった野原ヨシマサがここにきて激しく追い上げ、山口陣営に動揺の色が隠せないと日刊ゲンダイが報じた。

 天が「れいわ新選組」に味方したようだ。面白くなってきたではないか。それ行け!やれ行け、野原!

***********************

 「山口那津男! 辺野古(基地新設)も止められないくせに、平和福祉とか偉そうなこと言うな、バカヤロー!」――。

 鬼気迫る表情で公明党代表の山口を街宣で猛批判するのは、山本太郎率いる「れいわ新選組」で東京選挙区(定数6)から出馬した野原ヨシマサ(59)だ。

 公明党の支持母体、沖縄創価学会に所属しながら、山口にケンカを売ったことで注目されている。

 インパクト十分で、どっちが本物の公明党候補か分からないほどだ。

 2人の選挙ポスターが物議を醸している。公設掲示板で山口のポスターには「公明党」の「こ」の字も書いていない。一方、野原のポスターにはデカデカと「創価学会」の記載がある。

 これにネットでは、「学会員を代表して立候補しているのは野原って感じだね」「正真正銘の創価学会員である野原ヨシマサさんに投票しましょう」といった声が飛び交うなど、ジワジワと「野原支持」が広がっているのだ。

「公示直後こそ『当選圏外』だった野原ですが、ある党の最新調査では当落線上にまで浮上してきた。期日前投票の出口調査でも一定の票を得ており、既存政党は相当な危機感を募らせている」(与党担当記者)

 とりわけ、ビビっているのが公明党だろう。

「公明党幹部は報道関係者との懇親で『野原? 相手にしてないよ』と平静を装っていたが、記者から『当落線上にいますよ』と声を掛けられた途端、『えっ、本当!? どういうことなの?』と異常なまでに関心を示し、明らかに動揺していた。山口は盤石とはいえ、党勢は低下傾向。野原にアンチ票が流れることを恐れている」(同)

 8日午前、東京・八王子であった山口の街宣に参加した高木陽介公明党国対委員長に、日刊ゲンダイ記者が野原出馬の影響について聞くと、よほど触れられたくないのか「全然問題ないと思うよ」とポツリ。

下を向きながら逃げるように立ち去った。下駄の雪もついに解け始めたようだ。  (以上 日刊ゲンダイ)


2人のポスター写真はここをクリック
http://asyura.x0.to/imgup/d9/19060.jpg

山本太郎が急きょ、大阪に駆け付けた理由!

 連日、現場から熱いメッセージを送るジャーナリストの田中龍作が、立憲民主党に票を食われて苦戦が続く辰巳コータローの応援に、山本太郎が駆け付けたと伝えた。

 辰巳コータローは絶対に落としてはならない。彼の実力は、これまでの国会での鋭い追及を見れば一目瞭然。なくてはならない人物だ。

 大阪に息子や娘、兄弟、知り合いがいる方は、電話かメールで「辰巳コータローを応援するよう」頼んでください。良質な前議員は国会に戻さねばならない。

 山本太郎は応援する際の人を、党派で選別しない。この人は「国民の代弁者」としてふさわしいと思ったら、党派など関係なく全力で応援する。それが山本太郎だ。

 私も太郎と同じ考えだ。安倍政権を倒すには党派を超えてスクラムを組むことが必要だ。

******************************
以下は田中龍作の現地レポートである。

【れいわ大阪発】 籠池夫妻「選挙区は辰巳コータロー、比例は山本太郎」
2019年7月11日 


 今回の選挙で最も割を食っているのが共産党であり、辰巳コータローだろう。

 党は野党共闘優先のあまり「共産らしさ」を失い、辰巳は立憲が擁立した人気弁護士に票を食われ、苦戦を強いられている。

 街宣現場で支持者が辰巳を叱咤激励した。「山本太郎さんのように腹をくくって下さいよ。巧みな戦術を学んでくださいよ。もう後がないんですからね」。

 この支持者(書道教室講師・女性)はこれまで比例は共産党に投票してきたが、今回は山本太郎に入れるという。

 山本はきょう11日、大阪市内(京橋、梅田)で辰巳の応援に入った。追及の名手同士のコラボとなった。

 「大阪に今日入った理由は、辰巳コータローさんを絶対に国会に戻さないとダメですよと皆さんに言うためです」。山本は開口一番言った。

 「辰巳コータローさんは権力側に嫌われる追及力(中略)こういう方は絶対に残って頂かなきゃいけない」。

 山本は「比例は れいわ に」と言わなかった。辰巳陣営からは「言ってもいい」と言われていたそうだ。

 言わなかった理由を山本に尋ねると「言わない方がいいだろうと思ったから」。

 共産党の度量の大きさにも敬服するが、先を見すえた山本の配慮にも舌を巻く。

 「比例は れいわ に」と言わなかったことで、共産党に貸しを作ったのである。

 「れいわ」の政策は、その哲学において共産党とよく似る。

 山本は辰巳に「消費税廃止で共闘できますよね」と釘を刺すことも忘れていなかった。選挙後の共闘体制をすでに視野に入れているのだ。

 梅田の街宣会場には籠池夫妻の姿があった。

 森友疑惑の隅々までを知る辰巳は、約1千人の聴衆に訴えた―

 「森友事件は終わってないんです。(中略)国家の私物化です。国の予算は安倍さんのものでも、アキエさんのものでも、トランプ大統領のものでもない。国民一人一人に使う為の国の予算なんです」

 「どうか皆さん、私を国会に送り返して頂いて森友事件の徹底究明をさせてください」。

 籠池夫妻は森友疑惑に話が及ぶと、しきりに声援を送った。

 籠池氏は「二人(辰巳、山本)とも真の保守だ」と目を細めた。

 諄子夫人共々、選挙区は辰巳に、比例は山本に投票するという。(敬称略)

   ~終わり~

    ◇
山本太郎を犬死にさせてはなりません―

弱者のために戦う山本太郎の革命を、田中龍作は最後まで見届けます。

全国移動の交通費が必要になります。ご支援何とぞ宜しくお願い致します。

詳しくはここをクリック
http://tanakaryusaku.jp/2019/07/00020478?fbclid=IwAR1Edg18XqQp6z3RgQIeWDVIIpWN9uAqxL6A3rxuZ9mwIIXcqsFRaViR0fE

「れいわ新選組」に「胸の高鳴りを抑えることができない」!



 作家の辛淑玉さんが次のような投稿をした。山本太郎らが選んだ「れいわ新選組」の候補者を見て、「胸の高鳴りを抑えることができない」と心情を吐露した。

 そしてみんなの願いを叶える「可能性はあなたの手にある」と檄を飛ばした。

 山本太郎と「れいわ新選組」を心底から応援する皆さん、思いを叶えようではないか。やろう。後10人づつ、「れいわ新選組」の支持者を増やそう。

***************************
これが辛淑玉さんからのメッセージである。

 「れいわ新選組」の山本太郎が、次の選挙で、自身の当選順位を3番目にした。

 特定枠の1位には、全身の筋肉が低下する難病「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」患者で会社役員の船後靖彦氏(61)。2位には、脳性まひを抱える木村英子氏(54)。

 この二人が当選しなければ、山本太郎が当選することはない。誰を国会に押し出すかといったときに、まず、自身が捨て石となった。 

 候補者の顔ぶれを見て、目指す姿がはっきりと見えた。そして、このような選挙を、新社会や社民党の人たちにやってほしかったと思った。
 
 山本太郎らが選んだ候補者が、女性装で東大教授のやすとみ歩氏、元拉致家族会代表の蓮池透氏、沖縄創価学会野原よしまさ氏、レイバーネットの渡辺てる子氏と続けば、私ですら胸の高鳴りを抑えることができない。

 見事なケンカの仕方だと感心する。

 勝てる候補者選びに翻弄されて、少しでも名前のある人を求めてきたことの恥ずかしさ。

 いまでは、早くから組織内での育成が必要なんだという声すら陳腐に聞こえる。

 そう、送り出すべき候補者は、すでに私たちの隣にいるのだ。

 自民党と闘うということは、こういうことだ。

 残された選択肢をどう使うか。選挙権のない私は、結果を受けいれる以外、術がない。可能性はあなたの手にある。

「れいわ新選組」が大躍進するかもしれない!




 講談社の「現代ビジネス」が、消費税廃止を掲げる「れいわ新選組」が大躍進するかもしれないとネットで予想した。

以下はその要約である。 (敬称略)

******************************

 山本太郎率いる「れいわ新選組」の人気が高い。東京選挙区から比例代表に回った山本は、全国を駆け回って遊説、数多くの聴衆を集めている。

 人気は日を追うごとに高まっており、無党派層を大きく取り込むうねりを感じさせる。

 その象徴が、れいわ新選組のネット上での人気の高さ。

 選挙ドットコムの集計によれば、れいわ所属候補のツイートに対する「リツイート」と「いいね」の数は、1ツイートあたり1547.73にのぼり、自民候補の449.09、立憲民主候補の109.71を圧倒的に上回る。

 高度経済成長の果てにバブル経済が発生。その崩壊で日本経済がガタガタ。国民はガマンを強いられた。

 グローバリズムが世界各国を覆い、効率の良さで新自由主義経済が採り入れられた。世界の最も裕福な26人が、世界38億人の総資産と同額、という歪んだ二極化を生んだ。

 もうひとつ世界的潮流のなかで、「右派ポピュリズム」が台頭。典型がトランプ政権だ。安倍政権もその潮流だ。

 自民の3倍の「リツイート」と「いいね」に象徴されるように、山本太郎の「弱者へ向けたメッセージ」は、着実に拡散、支持を集めており、それが大河の流れとなる可能性もある。

 「れいわ新選組」は「何議席を確保するか」が、争点のない今回の参院選の一番の見所となっている。

東京選挙区は「野原よしまさ」 比例区は「山本太郎」!




梅雨の中休み。雨がやんでいるので、昨日、期日前投票に行ってきた。

東京選挙区は「野原よしまさ」 

比例区は「山本太郎」

比例区は政党名でも、個人名でもどちらでもいい。ただし令和と漢字で書くと無効になる。元号とみなされるからだ。 書くなら「れいわ」だ。 私は「山本太郎」と書いた。

21日の投票日はどんな天候になるか分からないので、空いた時間に早めに投票しよう。

60代の娘が高齢の父親を連れてきた。エレベーターの中で「公明党ですか」と聞くと、「そうです」と娘。創価学会員のようだ。こういうのがたくさん来ていた。

創価学会・公明党の動員力はすさまじい。痴呆症であろうが何であろうが選挙権のある者は絶対に投票所に連れていく。このパワーが創価学会・公明党の原動力だ。得票が1ケタまで読めるというから驚くほかない。まさに鉄の団結。

私たち「れいわ新選組」も負けてはおれない。10人全員当選に向けて1000万票獲得を目指そう。

イラン沖の有志連合で日本に協力打診!トランプ政権!


 トランプ米政権が中東のイラン沖などを航行する民間船舶を護衛するために同盟国の軍などと有志連合の結成をめざし、日本政府に協力を打診したことが10日、分かった。日経が報じた。

************************

 トランプは「自国のタンカーは自国で防衛しろ」と言った。これは日本に新たな負担を強いている。

 イランとの緊張を高めたのはトランプ本人だ。

 オバマが努力してやっと合意にたどり着いたイランとの核合意を一方的に白紙の戻し、挑発を繰り返すトランプ。

 トランプは大統領選挙を前に「強い米国」を演出するのが目的だ。

 自分の選挙のために世界を不安と混乱に陥れるとんでもない悪質な男だ。

 日本は専守防衛に徹していたら、平和憲法を盾に自衛隊の派遣を拒めばいい。

 ところが、バカな安倍晋三が勝手に憲法解釈を変えて、「集団自衛権の行使」に踏み切った。

 専守防衛の歴代政府の基本を逸脱し、世界のどこでも出動可能にした。自衛隊が米軍の下請けとなることを受け入れた。その付けが回ってきたと言える。

最高の結果を迎えられるかは、あなたの一票に! 「れいわ新選組」

「れいわ新選組」からのお願いとお知らせを転載する。

参院選は7月21日(日)が投票日です。
既に期日前投票日は始まっています。

東京選挙区の方は、1枚目の黄色い紙に「野原ヨシマサ」と書いてください。
※東京に住んでいない方は、東京在住のご家族・お友達・会社の方・お知り合いに伝えてください。

2枚目の白い紙、比例代表は全国どこからでも投票できます。
比例代表には「れいわ」と書いてください。

ご家族・お友達・会社の方・お知り合いに、一人でも多くこのことを伝えてください。

最高の結果を迎えられるかは、あなたの一票と、さらに勇気ある投票依頼にかかっています。
どうぞよろしくお願いします!!
________________________________________

ご寄附
リンク先から、お願いいたします!
https://reiwa-shinsengumi.com/donation/

********************************
私からの注意

2枚目の白い紙、比例代表

「令和」は元号とみなされて「無効」になります。バツ(X)です。絶対に漢字で書かないでください。

正しくは「れいわ」です。

2枚目の白い紙、比例代表には「れいわ」と書いてください。

このほか○○です、○○さん、○○殿、○○さま、○○をよろしく  などと余計なことを書くと無効です。注意してください。



逃走中の男は自民党幹部、野田毅の元秘書だった!



 衆院議員で、自民党税制調査会最高顧問の野田毅の元秘書、藤木寿人が9日午前7時半ごろ、熊本市の路上で熊本県警の家宅捜索を拒否し、車で逃走した。

 その際、止めようとした県警の警察官3人が車に引きずられ、軽傷を負った。藤木は2015年10月にも覚醒剤取締法違反の逮捕歴がある。10年以上、野田の私設秘書を務めた。

*****************************
 
 野田毅の元秘書と野田の名前を明らかにしたのは日刊ゲンダイだけで朝日やNHKなど大手メディアは国会議員の元秘書だった。ここでも権力側にソンタクか?

 それにしても、容疑者の逃走が多過ぎはしないか? 大分でも、宇都宮でも発生した。警察官は本気で市民の安全を守る気があるのだろうか?

 市民警察より、警備警察を優先している傾向が強い。だから「日常」が手薄となる。

「れいわ新選組」の選挙ポスターが公営掲示板から剥ぎ取られた!



 参院選挙に「れいわ新選組」から東京選挙区に出馬している創価学会会員の「野原よしまさ」さんのポスターが、何者かによって公営掲示板から剥ぎ取られ、跡形もなく消えた。

 明らかな犯罪、公職選挙法違反だ。近くの監視カメラを点検すれば、犯人は容易に特定できる。

 誰が、何の目的で犯行に及んだのか? 一体、誰に指示されたのか? 許しがたい犯罪だ。

 ふつうの人間なら絶対にやらない。選挙に関する犯罪は、軽犯罪法ではなく、警察に逮捕される重大事犯だからである。

 いたずらではなく、「特定の目的」があって犯行に走ったと私は見る。誰に頼まれたのか?

 沖縄創価学会壮年部の「野原よしまさ」さんの写真が載った「れいわ新選組」のポスターをはがして「得をする者」はだれか?そのあたりにヒントがありそうだ。

 「野原よしまさ」さんのポスターは選管が設置した公営掲示板のちょうど真ん中に位置する絶好の場所だ。大半の候補者は左右の両脇に偏って張られている。

 そうした中で「野原よしまさ」さんのポスターの右上に公明党の党首である人物のポスター。

 不思議なことに、この御仁は公明党代表でありながら、選挙ポスターのどこにも「公明党」の名前が記されていない。

 公明党と言えば創価学会・公明党というほど固い結束を誇っている。

 その創価学会員が山本太郎率いる「れいわ新選組」から出馬した。そして自民党のコバンザメと化した創価学会・公明党の執行部を徹底的に批判している。

 期せずして一騎打ちの対決構図が浮かび上がった。創価学会・公明党では批判票が「野原よしまさ」さんに流れるのを恐れている、ともっぱらの噂だ。東京選挙区から目が離せない。

 悪質な選挙妨害の再発を防ぐ意味から、ここに「警告」を込めて掲載する。