山本太郎が急きょ、大阪に駆け付けた理由!

 連日、現場から熱いメッセージを送るジャーナリストの田中龍作が、立憲民主党に票を食われて苦戦が続く辰巳コータローの応援に、山本太郎が駆け付けたと伝えた。

 辰巳コータローは絶対に落としてはならない。彼の実力は、これまでの国会での鋭い追及を見れば一目瞭然。なくてはならない人物だ。

 大阪に息子や娘、兄弟、知り合いがいる方は、電話かメールで「辰巳コータローを応援するよう」頼んでください。良質な前議員は国会に戻さねばならない。

 山本太郎は応援する際の人を、党派で選別しない。この人は「国民の代弁者」としてふさわしいと思ったら、党派など関係なく全力で応援する。それが山本太郎だ。

 私も太郎と同じ考えだ。安倍政権を倒すには党派を超えてスクラムを組むことが必要だ。

******************************
以下は田中龍作の現地レポートである。

【れいわ大阪発】 籠池夫妻「選挙区は辰巳コータロー、比例は山本太郎」
2019年7月11日 


 今回の選挙で最も割を食っているのが共産党であり、辰巳コータローだろう。

 党は野党共闘優先のあまり「共産らしさ」を失い、辰巳は立憲が擁立した人気弁護士に票を食われ、苦戦を強いられている。

 街宣現場で支持者が辰巳を叱咤激励した。「山本太郎さんのように腹をくくって下さいよ。巧みな戦術を学んでくださいよ。もう後がないんですからね」。

 この支持者(書道教室講師・女性)はこれまで比例は共産党に投票してきたが、今回は山本太郎に入れるという。

 山本はきょう11日、大阪市内(京橋、梅田)で辰巳の応援に入った。追及の名手同士のコラボとなった。

 「大阪に今日入った理由は、辰巳コータローさんを絶対に国会に戻さないとダメですよと皆さんに言うためです」。山本は開口一番言った。

 「辰巳コータローさんは権力側に嫌われる追及力(中略)こういう方は絶対に残って頂かなきゃいけない」。

 山本は「比例は れいわ に」と言わなかった。辰巳陣営からは「言ってもいい」と言われていたそうだ。

 言わなかった理由を山本に尋ねると「言わない方がいいだろうと思ったから」。

 共産党の度量の大きさにも敬服するが、先を見すえた山本の配慮にも舌を巻く。

 「比例は れいわ に」と言わなかったことで、共産党に貸しを作ったのである。

 「れいわ」の政策は、その哲学において共産党とよく似る。

 山本は辰巳に「消費税廃止で共闘できますよね」と釘を刺すことも忘れていなかった。選挙後の共闘体制をすでに視野に入れているのだ。

 梅田の街宣会場には籠池夫妻の姿があった。

 森友疑惑の隅々までを知る辰巳は、約1千人の聴衆に訴えた―

 「森友事件は終わってないんです。(中略)国家の私物化です。国の予算は安倍さんのものでも、アキエさんのものでも、トランプ大統領のものでもない。国民一人一人に使う為の国の予算なんです」

 「どうか皆さん、私を国会に送り返して頂いて森友事件の徹底究明をさせてください」。

 籠池夫妻は森友疑惑に話が及ぶと、しきりに声援を送った。

 籠池氏は「二人(辰巳、山本)とも真の保守だ」と目を細めた。

 諄子夫人共々、選挙区は辰巳に、比例は山本に投票するという。(敬称略)

   ~終わり~

    ◇
山本太郎を犬死にさせてはなりません―

弱者のために戦う山本太郎の革命を、田中龍作は最後まで見届けます。

全国移動の交通費が必要になります。ご支援何とぞ宜しくお願い致します。

詳しくはここをクリック
http://tanakaryusaku.jp/2019/07/00020478?fbclid=IwAR1Edg18XqQp6z3RgQIeWDVIIpWN9uAqxL6A3rxuZ9mwIIXcqsFRaViR0fE

0

この記事へのコメント