「選挙目当て」の安倍晋三の断念発言!



 ハンセン病患者の集団訴訟で、先に熊本地方裁判所が6月28日に家族が受けた損害について、国の責任を認める判決を言い渡した。

 これを受けて、安倍晋三は「今回の判決の内容については一部には受け入れがたい点がある。しかし、家族の苦労をこれ以上長引かせるわけにはいかない」として9日、突然、控訴断念を表明した。

 参院選挙のさなかに飛び出した発言。

 安倍はもっと早く見解を示すことが出来た。わざわざこの時期に発表したのは明らかに「選挙目当て」だ。

 人の「痛み」まで選挙に利用する安倍晋三という男はなんと汚い首相なのか。勝つためには手段を選ばない。

この記事へのコメント

哭きカラス
2019年07月10日 08:55
全くっ!安倍晋三という悪魔の化身は、何処まで人心を愚弄し利用したら気が済むのだ!!
コンナ輩を国の頭に据え続けた愚鈍の支持者の中に、良識有る人間は1人も居ないのか?
居れば、このタイミングでコノ奇行の目論見に疑問が湧き、人間性を疑う筈だろう。

気のせいか?勝訴した家族や支持者の喜びの表情はイマイチに見えたが。。

賠償金額が少ない!
安倍が海外へバラ蒔いた金額に比べると、余りにも少ない!
家族の苦労に値して余る賠償を!と願って止まない。