なぜ山本太郎を無視するのかと新聞のケツをたたいてやろう!

 山本太郎をなぜ、記事に取り上げない、との声がネットに相次いでいる。

 参院選挙情勢と称して安倍自民党をはじめ各党を新聞に載せている。

 山本太郎の「れいわ新選組」は国会議員が太郎一人ということで政党ではなく、まだ「政治団体」だからと無視されてきた。それは単なる言い訳に過ぎない。

 1人の政治家が、辻立ちで億単位の寄付を集めた例は戦前、戦後を通してゼロだ。これ一つとっても大ニュースである。

 さらに創価学会員の「野原ヨシマサ」さんが「れいわ新選組」から出馬した。

 創価学会と言えばイコール公明党である。一体、何があったのかと政界関係者は蜂の巣をつつくような大騒ぎ。

 しかも、沖縄創価学会所属の「野原ヨシマサ」さんが、東京選挙区から立候補した。同区からは公明党の親分、山口が出ている。政界の常識ではありえない話だ。

 関係者が驚くのも無理はない。これほどビッグな話題にもかかわらずマスコミは、あえて無視した。

 山本太郎が、あえて公明党代表にぶつけたわけだ。安倍自民党の相方として悪法成立に手を貸した醜い公明党の姿を白日の下にさらした。

 加えて、日ごろから創価学会・公明党のやり方に不満を持つ学会員の票の取り込みも狙っている。さすが山本太郎である。

 メディアは安倍に顔が向いている。だったら私たちで脅かして、ケツをたたいてやろうじゃあないか。

「やいやい、新聞はなぜ、山本太郎と「れいわ新選組」について報道しないのか」と電話をかけてやろう。

 催促しよう。きっと、ビックリするよ。テキは。

新聞社の電話番号は
ここをクリック
http://www5a.biglobe.ne.jp/~BeatZone/Useful/Tel/UT42.html
0

この記事へのコメント