ラッキー! 山本太郎に想定外の応援団が現れた!

 財政拡大論である「現代貨幣理論(MMT)」で知られる米ニューヨーク州立大学のステファニー・ケルトン教授は16日東京都内で講演し、「経済成長のけん引役は消費だ」と述べ、デフレが続く中での消費税増税は成長に逆行すると強調した。

 山本太郎は増税に反対し、消費税廃止を再三訴えている。ケルトン教授の主張は期せずして、山本太郎の経済政策を後押しする形となった。予期せぬ”応援団”である。

****************************
以下はロイターが伝えたケルトン教授の講演内容だ。

 MMTは、自国通貨発行権を保有する政府は物価上昇率が過度に高まらない限り積極的な財政支出を重視する理論。通貨発行権を持つ国家は紙幣を印刷すれば借金を返せるため、財政赤字で国は破綻しないと説明する。

 ケルトン教授は日本の経済政策に関し、「財政支出を拡大していれば、今よりも高い経済成長率を達成していた」と指摘。そして「経済成長のけん引役は消費だ」と強調。

 MMTに関し、財政赤字を問題視しない、紙幣の無限印刷を容認しているとの見方は誤りで、インフレにならない範囲で財政支出の規模を考える理論だと説明した。

 消費税率引き上げは、インフレ圧力を減らすのが目的ならば適切だが、インフレ圧力を減らす必要がない場合は経済的意味をなさないと話した。
0

この記事へのコメント