「れいわ新選組」が創価学会員を擁立!

「れいわ新選組」が創価学会員を擁立!

山本太郎の「れいわ新選組」が公認候補として創価学会員の「野原よしまさ」さん擁立すると言ったときは仰天した。

創価学会と言えば=公明党である。公明党は安倍自民党のコバンザメ。

創価学会と公明党はワラジの表と裏。一心同体だ。

鉄の結束を誇る集団から山本太郎は「野原よしまさ」さんを引っ張り出して擁立した。

永田町の常識では考えられない出馬である。アリエナイことが起きた。もう、これだけで大ニュース。一般紙は報じたのだろうか?

「原点を忘れた創価学会」という誰もが感じていながら、誰も白日の下にさらけようとしなかった問題点を山本太郎はあぶり出した。

意表を突く太郎の勇気と手腕に改めて脱帽だ。

以下は「野原よしまさ」さんの弁である。



「れいわ新選組」の公認候補「野原よしまさ」さんを紹介する。

沖縄創価学会壮年部
生年月日:1960年1月16日

そもそも公明党の立党精神は①大衆とともに語り②大衆とともに戦い③大衆の中に死んでいく。というのが原点であったはずです。

しかし、公明党は自民党と連立を組んで以来、20年間に権力の旨味にどっぷりと浸ってしまい、今やそのような民衆救済の精神をすっかり忘れてしまった。

公明党が安保法制に賛成した結果、海外派兵できるようになり、また現代版の治安維持法といわれる共謀罪にも賛成しました。

立党以来、平和福祉を掲げてきた公明党が、このような戦争を肯定するような法案を通し、民衆を弾圧するような法案を通すことはおかしいと思います。

これだけ世の中が悪くなった根本的な原因は、キャスティングボードを握っている公明党と創価学会の変節にあります。

解決のためには創価を変革し原点に戻す以外にありません。

ファシズム前夜の様相を呈している現今の社会を変革するため、またこの世から不幸と悲惨をなくすため、山本太郎をリーダーとする「れいわ新選組」のなかまたちと力をあわせ頑張っていきたい。

詳しくはここをクリック
https://reiwa-shinsengumi.com/vote/#voteId05
0

この記事へのコメント