改憲の真の目的が「緊急事態条項」と談四楼!

頭脳明晰な立川談四楼が鋭く指摘した。

木村草太氏は「自衛隊は行政組織の一端ですから、憲法には書かれないのです。消防庁と同じでわざわざ『消防隊は合憲』と書きますか?

内閣総理大臣が自衛隊の指揮権を持つのも、自衛隊が行政組織の1つだからです」と明快。

安倍さんは9条に自衛隊を明記すると熱心だが、真の目的が「緊急事態条項」だからだ。  (以上 談四楼)

****************************************

 ほらほら、やっとみんな気づいてくれた。私が2年前から指摘し、警告している「緊急事態条項」。

 憲法9条より重要な問題だ。

 知らない人は、グーグル検索で

 「ブログ半歩前へ  緊急事態条項」でクリックすれば、たくさん出てくる。

 「古舘伊知郎  緊急事態条項」でも大事なことが出てくる。

もう一度言うが、

 この参院選で与党が勝利すれば、改憲→緊急事態条項へと進む。

 このあとは→自衛隊が米軍とともに参戦→徴兵制の導入だ。

 この流れを食い止めるには安倍政権に風穴を開ける必要がある。

 誰が開ける? 山本太郎に決まっている。

 だから山本太郎と「れいわ新選組」への投票を呼び掛けているのだ。あなた、頼りにしてるよ!

0

この記事へのコメント