「れいわ新選組」を無視したTBSサンモニ!



 みなさんが大好きな番組TBSの「サンデーモーニング」。14日午前9時30分ごろ、放映された「この場面」を記憶しておいてもらいたい。

 番組は参院選挙を取り上げた。今回から比例代表で候補者の得票に関係なく優先的に当選する「特定枠」制度を設けたとTBS。

 そのうえで「この制度を利用したのは自民党だけで、ほかの政党は使わなかった」と図で説明。冗談ではない。

 山本太郎が立ち上げた「れいわ新選組」から41歳の夏に突如、難病ALSを患った「ふなご やすひこ」さんと、重度障碍者の「木村 英子」の2人が「特定枠」から出馬している。

 この事実をなぜ、TBSは報道しないのか? あえて隠したTBS。 

 「ほかの政党は特定枠を使わなかった」とは、どういう意味か?

 確かに現在のところ、前議員は山本太郎ひとりだが、今回の参院選挙で10人が立候補し、「れいわ新選組」は選挙の台風の目として話題になっている。TBSが知らないはずがない。

 なぜ、「れいわ新選組」に一言も触れなかったのか? 納得できない。

 TBSは選挙報道で明らかな差別をした。「れいわ新選組」を無視した。どうしてなのか?

 日ごろは正義感ぶっているが、TBSは社員で強姦魔の山口敬之がマスコミ志望の伊藤詩織をダマし、ホテルに連れ込んで無理やり性交した凶悪犯罪を解雇しなかった。

 山口敬之は、晋三のPR本を書くなど安倍晋三のバリバリの親衛隊。逮捕寸前に警察官僚がストップを命じた。英国のBBCや米国の有力紙、ニューヨータイムズは「権力の犯罪」として特集を組み、強姦事件を大々的に世界に向かって報道した。

 ところが肝心のTBSはただの一度も報道しない。身内の強姦魔をひた隠す。しょせんはNHKと五十歩百歩である。

この記事へのコメント

2019年07月14日 12:51
六臓五腑
2019年07月14日 18:03
>「この制度を利用したのは自民党だけで、ほかの政党は使わなかった」と図で説明。冗談ではない。

「特定枠」制度を利用している政党、政治団体は自民党(2人分)だけではなく、れいわ新選組(2人分)、労働の解放をめざす労働者党(1人分)ある。
つまり、tbsは捏造をしている。

それだけではない。

次にサンモニを放送するのは投票日当日。訂正放送しようにも番組の中では安易に出来ない。もし、次のサンモニの中で訂正放送すると、公職選挙法にひっかかる可能性がある。
かといって、再来週に訂正放送しても意味がない。2019年の参院選は終わってるから………

サンモニは死んだ